月別アーカイブ: 2020年1月

腰を痛めた時に重宝するアイテム電動ベッドの負担軽減効果

足腰を痛めた時に日常生活に おいて、

ツラい点は何かと言うと、

歩行時の1歩1歩の歩みの度に 腰・股関節・膝・

足首関節などに痛みが走り、ひたすら苦痛に

耐え続けなければ ならない点と、疲れてイスに

腰掛けようとした時に、膝や腰に強い負担が掛かる点、

そして、立ち上がろうと思った時に、再び膝や腰に

強い負担が掛かると言う点。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

この様に、歩く・座る・立ち上がると言うのは

日常生活を送る上で 何度も頻繁に

繰り返す動作なので、足腰用の関節サポーターや

杖などで日常的に痛み・衝撃を和らげようとする

意識が大切です。

【安定感のある多点杖で身体を支えるなら こちら↓↓】

しかしながら、この『歩く・座る・立ち上がる』という

3つの動作以外にも 激しく苦痛を伴う動作が有ります。

それが 朝に目を覚ました時に『布団から身体を

起こす』という動作です。

腰の痛みが強く出た場合には、1度横に なって

しまうと、もう二度と起き上がれないのでは無いか?

と言う位、身体を起こそうとした時に非常に

強い痛みに襲われます。

自力で起き上がれ無い程の激しい腰痛時は
電動ベッドで起き上がる

そうした時に、敷布団を地面に直接敷いている

場合には、身体を起こす際に

何処にも支え等が無い為、ベッドに比べて

上体を起こすのが より困難に なります。

しかし、ベッド上に寝ているならば、脚だけ

どうにか腕で少しづつ ベッド外に

持って行きさえすれば、脚の重みにより

身体を起こし易い体勢に持って行けますし、

何よりも ベッドの場合には、手すりという

支えが あるので、起き上がる際に

手すりが大きな助けに なります。

腰が痛い時に自宅にあったら便利な支えアイテム3点

手すりが あるか無いかで、だいぶ起き上がり

易さに違いが出て来るのですが、

電動なので、リモコン操作で完全に身体を起こす

ところまで持って行けるので、

寝返りが激しくて落ちてしまう、と言う心配が無い

場合には、さほど手すりの有無は気に しなくても

良いかも知れません。

とは言え、寝返りが激しく無いと思っている場合でも

べッドから転落してしまう、と言う危険性は

誰にでも あるので、手すりが あるに越した事は

無いですが。

電動ベッドは今の時代、実際に お店に見に行か無くても

ネット通販で簡単に自分の身体に合ったものを探せるので、

お店に見に行く時間が取れない、と言う人の場合でも、

ネット通販で5分も探せば、自分に合いそうなアイテムを

幾つかに絞るところまで行けるかと思います。

そうして絞ったら、最終的には安全性や耐久力などを

重視して選ぶのが良いと思いますが、

あと選ぶの上で大切な点と言えば部屋のスペース上の

問題ですね。

サイズを見た上で取り入れると、日々起き上がるのが

楽になると思います。

【リモコン操作1つで腰に負担を掛けずに身体を起こせる
電動ベッドを活用するなら こちら↓↓】

知らず知らずの内に負担が蓄積しやすい股関節を日常で守るには?

毎日忙しなく働いていると、少しづつ少しづつ

疲労が足腰に積み重なり、ストレッチしたり

マッサージしたり、労働後のアフターケアが

上手く行われないと、一晩寝ただけでは

身体が回復しきらずに、そのままの状態で

また新たな1日を迎える事に なるのですから

このサイクルが続く限りは 疲れが取れるどころか、

どんどん足腰関節、筋肉が疲弊して行き

やがて疲弊感が 強い痛みへと転じてしまうのも

ある意味、自然な流れですね。

足腰が痛む時の対策法/身体への
負担を軽減するには?

足腰関節及び 足腰の筋肉と言うのは 歩く、立ち上がる、

座るという日常を送る上で必ず可動してしまう

部位なので、これらの動きを制限すると言うのは、

なかなか難しい事です。

トイレに行くにも、喉が渇いたから水分補給を

するにも、お腹が空いたから食事をしに、

テーブルに行くにも、お風呂に入るにも、足腰の

痛みにより、自宅で安静に過ごしている時にも

数歩の移動は せざるを得ません。

足腰が痛んだ時に家で気軽に行える対処法/
マッサージとストレッチと車椅子

なので、室内にいる場合には、まず壁際に手すりを

設置したり、室内用の杖を使用したりサポーターを

装着したりで、極力 足腰に掛かる負担を和らげようと

するのですが、しかし膝関節も腰も足首も各部位ごとの

サポーターを装着し、締めて固定する事で可動した際の

負担を和らげる事が出来るのですが、

股関節だけは専用サポーターを装着しても、関節の

可動を完全に制限する事が出来ないので、

室内で数歩の移動距離で 最も負担が生じやすい

部位が股関節で あると言えると思います。

股関節サポーターを かなりガッシリと装着しても

股関節の可動を制限できないと言う事は歩くたびに

痛みが積み重なって行くと言う事です。

日常を苦しめる腰と股関節の痛み

1歩1歩の歩行でドンドン腰から股関節に掛けて痛みが

強くなって行くものですから、目的地に向かう時や

帰路に着く道中で あまりの痛みに歩くのを放棄して

しまおうかと思う程です。

とは言え、その辺にバタン!と寝転ぶ訳にも行かない

ので、どんなに痛みが強くなって もう歩け無いと言う

状態に なっても 進行方向上に都合良く腰を下ろせる

ベンチ等が無い限り、歯を食いしばりながら

歩き続けなければ なりません。

これが腰部の間欠跛行や股関節の痛みの最もツラい点

なのですが、残念ながら私も長い事 間欠跛行や

股関節の痛みに苦しめられて来ましたが、結局 これを

すれば痛みが抑えられる、と言う決定的な方法を

見つけ出せないまま、悪化して車椅子生活になってしまい

ましたが、それ程に歩く度に可動する股関節の痛みを

和らげると言うのは難しいのです。

足腰の痛み/朝昼晩、年中無休で
痛むから車椅子で少しでも和らげる

なので、身体を休められるタイミングが ある毎に

マッサージしたり、温熱療法で温めたりするケアが

大切なのです。

私の場合は疲弊に対してケアが充分では無かった為か

ドンドン悪化してしまいましたが、キチンと日々の

ケアが行き渡っていれば、腰から股関節に掛けての

ダメージを もう少し抑えられたのかな?と思います。

【足腰を自宅でケアするなら筋肉を温めて血流を促す
温熱治療器が気軽で効果的↓↓】

日々の疲弊感が積もり、痛みが生じる腰を守るのに適したアイテムとは?

日々生きて行く中で労働、用事、家事など

毎日訪れる 24時間ある内の日常生活の中の

一部として行わなければならない事が山ほどあり、

あれもこれも 、なさなければならない日々に追われ、

身体は休まる暇も無く、唯々 疲弊して行くだけ。

すると、いつしか感じ始める身体全体を覆う

疲労感、重苦しさ、怠さ。

足腰が痛んだ時に家で気軽に行える
対処法/マッサージとストレッチと車椅子

それでも、日々のやるべき事は減るはずも無く、

無理して 今日も明日も明後日も

忙しさの中に身を投じ、依然として身体に鞭を

打ちながら 酷使し続け、

疲弊が身体全体に覆い被さった時に、疲弊感は

足腰への 痛みへと転じ、

いよいよ仕事は おろか、日常生活にも大きな

支障を来す様な状態になり、

不便さを感じたかと思えば、あっという間に

日々ダメージが積もりに積もり、

足腰の痛みは激しくなり続け、歩行困難の

状態に陥り、不自由な日常を強いられて

しまう様に なります。

日常で生じる足腰の痛みの原因と気軽に
行える2つの対処法

労働などで、どの部位に負担が溜まり易いかは

業種により 異なるでしょうから、

痛みの原因や痛みの強さは 人により大きく

異なるとは思いますが、歩いたり走ったり、

重い物を持ち上げたり 屈んだりなどの動作が

多い場合には 腰椎に痛みが蓄積し易く、

そして 負担が掛かり易い部位だけに、いざ

痛み始めた時の痛みも強く現れるのだと思います。

トレーニングや日常で怪我をしやすい
腰部・腰椎を守る意識

腰椎は上体の動き(前かがみ、後傾、捻る)に

対して、何かと負担を被り易い部位である為、

痛みが強く現れた時には歩くのも、立ち上がるのも、

座るのも、寝るのにさえ、腰部の痛みに

耐えなければなりません。

【日常生活の中で腰を直接守り、負担を軽減するなら
こちらの幅広タイプの腰痛サポーターが おすすめ↓↓】

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、間欠跛行、

筋膜性腰痛、腰の痛みには様々な原因があり、

腰の痛みは腰部に留まらずに、線維輪を突き破り

髄核が飛び出し神経を圧迫してしまうと、

臀部から股関節、膝~足先へと痛み、痺れが

発生してしまう事も あります。

この状態になった時に辛いのは、歩く時に

腰部、股関節、膝関節辺りに鋭い痛みが

走ると同時に、痺れも生じる事です。

ですので、腰部が痛むからと言って、腰痛対策だけ

していたのでは、場合によっては

脚にまで及ぶ痛み・痺れに対する処置が遅れて

しまうかも知れません。

身体全体の中で 脚は最下部に位置し、構造上、体重を

常に受け止め続けてしまうので、腰と同じく最も

負担が掛かる部位なので、休憩している時や1日が

終わって就寝する前にでも

ストレッチやマッサージをして足腰の筋肉の疲弊感を

癒すと、少しづつ痛みや疲労が抜けて辛さが和らぎます。

家で気軽に行うマッサージ手順

こうした毎日の細かな対処をする事で その都度痛みが

少しマシに なるのですが、こうしたケアが

上手く出来て居ないと、足腰に ただただ蓄積し続けて

行くだけになり、今日より明日、明日より明後日。

と痛みの状態が日に日に悪くなってしまうので、出来れば

毎日のアフターケアは欠かさずに行った方が良いと思います。

腰や膝関節などは、平坦な道以上に階段の上り下りや、

歩道の傾斜(勾配)を越えようと思った時に強い負担が

生じるので、細かなケアをして こうした状況でもスムーズに

移動出来る状態を保ちたいですね。

【自宅で空いた時間に疲れが取れる快適マッサージチェアは こちら↓↓】

美味しいプロテインでたんぱく質を効率的に摂取してダイエット

「プロテインは不味い!美味しくない!」プロテイン=

美味しくない、と言うネガティブなイメージも今は昔。

プロテインは太る、筋肉がムキムキになるから飲みたくない。

と言う声すら昔は よく聞こえきました。

ところが、そうしたステレオタイプなプロテインイメージに

相反するかの様に、今の時代ダイエット用のプロテインが

販売されていたり、不味いどころかチョコレート味から

ストロベリー味、ココア味、ストロベリーバナナ味、

ヨーグルト味、名前だけで飲んでみたい欲を刺激するダブル

リッチチョコレート味や、クッキーアンドクリーム味、

一見、プロテイン=乳製品で飲むドロッとした飲み物と言う

イメージを覆すかの様な、柑橘系の爽やかなグレープフルーツ味、

オレンジ味まで あります。

雨と曇りの狭間に出掛けるタイミングを見い出せず、
とうとう篭りっきりの1日に/食事はプロテイン

果ては、あまり聞き覚えの無い サワーミルク味まで普通に

流通していたりします。

もはや、ウエイトトレーニング後に たんぱく質摂取の為に

飲むもの というイメージは完全に覆され、

ダイエット目的でも 美容目的でも、健康の為でもトレー

ニングとは 無縁の人の日常生活の中に当たり前に

存在していても、何ら違和感が無いほどに充実した品揃え

ですよね。

プロテインは牛乳に溶かして飲むのも非常に美味しいですし、

牛乳が切れて居たり、乳製品が苦手な場合でも水や他の飲料に

溶かして飲むのも、新たなテイストが感じられて良いかも

知れません。

私が子供の頃は、ウエイトトレーニングとプロテインが結びついて

いたイメージで、それゆえプロテインを敬遠していた人が

周りに多い印象でしたが、今では健康志向でジョギングやウォー

キングをする人も非常に多いですし ハイキングやゴルフ、ヨガ等

身体に過剰な負担を掛けずに、身体を動かせるスポーツを行い

やすい環境が 増えて来たように 思います。

ジョギングやウォーキングで有酸素運動を行う

運動を気軽に続けられる環境が増えたと言う事は、筋肉を動かし、

疲労させる機会が増えたと言う事でも あるので、

動かして疲弊させた筋肉に対して、栄養補給を小まめにしないと

筋繊維は修復しきれません。

なので、スポーツなどで動いたら、筋肉にタンパク源を送る為に、

お好みの味のプロテインを飲むのが、気軽で効率的と言う訳です。

身体を構成する たんぱく質をプロテインから直接 摂取するので、

適度なら問題ないと思いますが、先ほども書いた様に美味しいので、

ついつい沢山飲んでしまうと全く動かない場合には、体重が

増えてしまうかも 知れません。

1日の食事回数は どうするべきか?

美味しいのは嬉しいですが、飲み過ぎてしまうのは困りものですね。

何故、ここまで美味しく飲みやすくなったのかは大体の流れから

想像するしか ありませんが、ここまで美味しく飲みやすくなり

気軽にタンパク質を摂取できる様になり、ネガティブなイメージを

払拭しつつ あるのは、やはり「より飲みやすくなる様に何度も

味を改良し続けて、プロテイン=不味いの固定概念を覆そうと

研究を重ねてきたから」では無いでしょうか?

飲むのに ちょっと覚悟が必要だった固定概念ありきのネガティブ

イメージから、いつしかパッケージは見るからに美味しそうな

様相に変わり、実際に試飲してみると やはり美味しい!そして、

更に 今では、フルーツ要素も加わり、美味しく飲んで

健康が保てる。

と、言うタンパク質を摂取する事による筋繊維の修復のみならず、

ダイエット要素や健康維持目的の方のニーズにまで合致した

嬉しい進化を遂げています。

【4種の中から好みのフレーバーが選べる大容量
(3㎏)プロテインは こちら↓↓】

1日に何度も必要以上に飲みたくなってしまいそうに

なるほど、チョコレートやストロベリーとの

相性が抜群で飲むのが楽しみで飲み忘れの心配も

無い程に美味しく変貌を遂げているのです。

部活動の終わりに不味いプロテイン飲むのが辛い。

と言う人も、過去に私の知り合いには居ましたし、実際に

過去には確かに不味い時期も ありました。

しかしながら 今の時代、ネット通販で気軽に取り寄せる

事が出来ますし、過去のイメージで苦手意識を

持って居る人にプロテインのマイナスイメージを覆す為に、

スプーン一杯程度でも 飲んでみてもらいたいものです。

足腰痛でダイエットが難しい時にも助かる
ダイエット用プロテイン

プロテイン=不味い!という認識改め、プロテイン=

美味しい!に変えるには それだけで充分だと思います。

そして、プロテインで驚くのは、その味の美味しさ

だけではありません。

プロテインは、ウエイトトレーニングを行う人が

重宝して小まめに摂取する為か、やたら大容量で

販売されて いたりします。

その中でも珍しいカフェオレ味のプロテインを
今回ネット通販で見つけました。

美味しいから毎日続けられる。そして、美味しく
飲んで健康な身体を保てる。

食べ物や飲み物によって、身体は作られていますので

出来れば 身体に良い物を食べて飲んで、

健康を維持したいですよね。

好きな食べ物も 程よく食べながら、美味しいプロテインも

日常的に摂取して健康を保ちましょうね。

【カフェオレ風味の美味しいプロテインで
日常的に たんぱく質を手軽に摂取する↓↓】

歩行時に腰と同じくらい負担が掛かり、痛みが生じると困るのが股関節

忙しい毎日を過ごしていると身体全体に疲労が蓄積し、

身体の重さや身体のだるさに繋がってしまいます。

それでも 尚も忙しい日々を過ごし続けていると、

重さ怠さだけでは無く、

疲弊感は足腰関節部位に鋭い痛みへと

変貌を遂げ、現れ始めてしまいます。

足腰が痛む時の対策法/身体への
負担を軽減するには?

そうなってしまうと 仕事は勿論のこと、

日常生活を送る上でも 非常に大きな負担に

なってしまいます。

足腰の痛みと言うのは、重さが約5kgも ある

頭部を支える首から 緩やかなS字カーブを描く

背骨へと伝わり、歩行時や日常での負担・衝撃を

骨盤・仙骨まで受け流し、

そして股関節から両脚へと分散して日々 大きな

負担を感じる事無く 日常生活を送る事が

出来ているのですが、足腰関節部位の何処か

1部位を痛めてしまうと、その衝撃・負担を

受け流す関節の連動機能が妨げられてしまい、

痛めた箇所に どんどん負担・痛みが

蓄積してしまいます。

トレーニングや日常で怪我をしやすい
腰部・腰椎を守る意識

その後は 痛む箇所を庇いながら生活して行く中で、

数日間~数週間も その様な状態で過ごすと

一方を庇う あまり、もう片側にも疲労・負担が

積み重なってしまい、やがて元々痛みが無くて

健康だった側の足腰にも強い痛みが 生じて

しまう様になり、その箇所を庇う事により

別の部位に痛みが散らばって行き、それを繰り

返して行く事で 結果的に足腰全体に痛みが

拡散されてしまうのです。

足腰が痛んだ時に家で気軽に行える
対処法/マッサージとストレッチと車椅子

そうなってしまうと 足腰関節部位の各専用サポーターや、

杖などを日常的に使用し 、少しでも負担の少ない毎日を

過ごそうと、色々な補助アイテムを試して 自身に合う

補助アイテムを探す様に なるかと思います。

【両股関節をしっかりとサポートする股関節サポーターは こちら↓↓】

私なりの経験談ですが、足首サポーターや膝関節

サポーターだけでも 充分 脚への負担を和らげる事が

出来るのですが、それに加えて腰痛サポーターと

杖を日常的に使えば かなり歩行時の負担・衝撃は

緩和できます。

しかしながら、それで充分か、というと 実は

膝関節や腰以上に股関節にダメージが

ジワジワ溜まっていたりするのです。

腰や股関節に痛みが走る坐骨神経痛/
無理して歩くのを避ける

股関節は身体の構造上、1歩1歩脚を踏み出す時に

必ず可動してしまう部位なので、その動きを

封じる事も、負担を完全にゼロにする事も難しいです。

そうして日々股関節に負担が掛かり続けて居る内に

股関節部分の筋肉の疲弊や炎症から痛みが発生し出したり、

あるいは、腰部の痛み(坐骨神経痛)の影響で

股関節にも痛みが生じ始めたり等。

私の場合は どちらにも該当するのですが、ここで

更に神経を刺激してしまうのが ファスティング(断食)を

行って居る時の3日目~4日目に発生するアシドーシスによる

関節部位・神経への影響ですね。

私は つい最近体験したばかりですが、アシドーシスの

症状が現れた時は どうも関節炎が反応してしまう様で、

腰の痛みが強くなったり、股関節の痛みが強くなったりで

なかなかファスティング3日目などは大変でした。

ただ事前に『そう言う事が起こる』と言うのを知って

居たので、冷静に痛みの具合を観察して時の経過を

待ちました。

その期間を過ぎると、何とも無くなるのですが

ファスティングにより 痛みが強くなって行く過程を

自身の身体で体験する事が出来たので、良い経験と

なりました。

そんな感じで股関節の痛みには幾つかの原因が

あるので、股関節サポーターと杖を併用して

負担を軽減したり、軽くマッサージして揉み解して

みるのも 良い痛み対策になると思います。

【歩行時の股関節や腰への負担を軽減する上で
最適なアイテム『杖』は こちら↓↓】

腰が強烈に痛む前に行うべき対策/電動ベッド

足腰を痛めたら関節サポーターで

膝周りや、膝関節などを守りつつ、

日々の衝撃に 耐えなければなりません。

杖や、関節サポーターで日々の負担を

和らげて過ごしても、

やはり1日が終わる頃には ドッ、と 疲労が

身体中に 現れてしまいます。

足腰の負担を日常の中で減らす4つのパターン

仕事や 1日の やる事を終えて、疲れた身体で

ストレッチやマッサージなどをして

身体の疲労を 取り去りたいですが、

疲れ切った身体では、少しの動きをするのも

気力を絞らなければなりません。

そういった時に、自分自身がストレッチの

動作をしたり、

手の届く範囲内を 揉み解したりする手間を省く為、

マッサージ器などが あれば、

スイッチを押すだけで 自動で脚や腰、腕などを

揉み解してくれるので 非常に楽です。

日常で筋肉を動かして活性化させつつ、
ストレッチやマッサージで疲労を取り除く

しかしながら、日々の疲弊は少しづつ、積もりに

積もり 足腰に強烈な痛みとして現れてしまいます。

通院も定期的にして、日々 足腰関節の痛み対策や

アフターケアを施して居ても、です。

1度痛みを感じて、それが あちこちに広がって

しまってからでは、

対策を施しても ダメージを完全に防ぎきる事は

難しいのです。

【腰が痛む時には幅広タイプの腰痛サポーターで
腰を支えるのが効果的↓↓】

杖と関節サポーターを併用して居ても、1歩1歩の

歩行の都度、ダメージが生じてしまうので、

それがピークに達した場合は、朝 目を覚ました時に

腰の痛みにより、

自力で起き上がれ無い、などの日常生活を送ること

自体が 困難になってしまう事も あります。

足腰が痛んだ時に家で気軽に行える
対処法/マッサージとストレッチと車椅子

そうした時には、私の経験上、ピークの痛みが

永久に続く訳では無いので、ジッ、として過ごし、

痛みのピークが過ぎ去るのを2~3日の間、

待てば良いのですが、

布団の上で 横になって居る姿勢で、腰が強烈に痛んだ時、

と言うのは、例えば 足首の角度を変える事も 腰に響くので

難しくなりますし、足首の向きよりも動きが大きい、

膝の向きや、膝を折り畳んだり等は かなり困難になるので、

実質、出来る事は2~3日の間、ただただ天井を眺めて

身体の向きなどを変えずに 時が過ぎゆくのを待つだけです。

腰が痛い時の寝姿勢と身体への負担

腰が強烈に痛む時は 当然、腰を捻る事も、上体を起こす事も

出来無いので、トイレに行ったり、食事をしたり、と言う事も

その間は 行えないので、出来れば腰の疲弊感が いつも以上に

強いな~、と感じた時は、

布団の直ぐ横に 蜂蜜や飴とストロー付きの飲料を幾つか

用意しておくと その間は どうにか凌げます。

そうこうして居る内に、状態を現時点で どの位 起こせるだろう、

とか、膝を曲げた時に 何処まで持って来ると痛みが強いのか?

と言うのを、時々確認しておくと、少しづつ痛みのピークが

過ぎつつあるのを感じる事が出来るので、

もう少しで起き上がれるかも。という希望が見えたりして、

気力が湧いて来るので時々確認してみる事を お勧めします。

こうした状態になると、『あっ、起き上がれないな。』と

思った時点で救急車を呼べば良いのですが、

まさか、この様な状態に なるとは思っていない時と言うのは、

手が届く範囲内に携帯電話を 置いて居なかったりします。

すると、私が書いた様に 天井を見つめながら、蜂蜜などで

糖分を補給しながら痛みがピークを越えるのを

待つしか無いのですが、この時に電動ベッドがあれば、

2~3日もの間、天井を眺め続けずに済みます。

と、言うのも腰が強烈に痛む時は、頭を持ち上げた状態から

腰を少し浮かせた角度が 最も腰に負担が掛かり 辛いので、

此処を乗り越えると、あと5㎝~10㎝ほど上体を起こすのは、

意外と楽なので、

その角度まで電動の力で腰に負担を掛けずに持って行く事が

出来るのです。

腰痛が悪化して起き上がれ無い、身動き
取れなくなる予兆と対処法

身体を起こす事さえ出来れば、後は 手すりや杖を使って

トイレにも行けますし、調理も出来ますので、

腰の痛みがピークに達した時の自力で起き上がれ無い、

という 最も辛い状況を楽に乗り越えて下さいね。

【腰が激しく痛む兆候を感じた時は腰に負担無く
起き上がれる電動ベッドがあると便利↓↓】

膝や腰が痛む時の対処法としてサポーターと杖を併用する

身体を休める暇も無いほど、多忙な日々を

送っていると、いつの間にか足腰に痛みが生じ、

ようやく1日を終えて 帰宅しても、自由な時間は

1時間2時間位しか無く、

お風呂や食事、少し一息ついたら 翌日に備えて就寝。

そして、目を覚ましたら また忙しい1日が始まり・・

『忙しいから仕方ない。』

と、身体のメンテナンスを 後回しに

してしまっては、関節部位に痛みや疲労が

重なり続ける ばかりです。

足腰が痛む時の対策法/身体への
負担を軽減するには?

しかも、足腰の関節部位の痛みで 怖いのは、

その箇所だけに 留まらない、と言う点なのです。

どういう事なのかと言うと、身体の構造上

頭部から加わる 重さ、重力・衝撃を緩やかな

S字カーブを描く背骨が受け流し、緩和させ

骨盤・仙骨に伝えて行き、

それを股関節~両脚へと 分散させて行くことで

歩行の度に生じる筈の 身体への負担を

躱しているのですが、

脚や腰の 何処か1部を痛めてしまうと、

この本来 備わっているスムーズな関節の連動が

妨げられ、痛めている関節部位で

つっかえる事で、其処に痛みが乗っかってしまい、

関節のクッション機能が 働かずに、1歩1歩

歩く度に、益々 強い痛みへと 変化して行きます。

その様な状態になったら、痛む箇所を 庇 かば いながら

歩かざるを得なくなり、

そうした日々を過ごしていると、今度は痛む箇所を

庇 かば う事で身体の重心バランスが偏り、

バランスが崩れて行き、庇って居る側の方に

負荷が掛かり、そちら側にも痛みが

生じ始めてしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、
痛みに繋がる

こうなってしまうと、あちこちに痛みが

拡散し出してしまうので、

時間を見つけて 整形外科やペインクリニックなどに

早めに通院する事を おすすめします。

とは言え、整形外科での治療時間は 長くても

20分~30分で、通院出来ても週に1回、2回程が

限界だと思います。

腰や脚の痛みを感じて整形外科を
受診した時の一連の流れ

ですので、大事なのは 治療時間以外の

日常に おいて、如何に関節へのダメージを

軽減させるか、が重要になります。

【しっかりと膝周りを覆い、日々の負担を
軽減するなら こちら↓↓】

その際に、非常に役立つ関節サポーターが

腰痛サポーターや股関節サポーター、膝サポーター、

足首サポーターなどの各部位関節保護サポーター

なのですが、

これらを装着しても、まだ歩行時に関節が痛む、

という方は 杖を使用して両脚とは別に、

3点目の 地面との接地点を 増やす事で

歩行時のツラい衝撃も 大分 だいぶ 和らげる事が

出来るので、おすすめです。

膝関節と云うのは、膝が曲がったり伸びたりする事で

歩行時の衝撃を緩和するクッションの様な役目を

担って居ますが、膝関節が どうしようも無く痛む時は

この当たり前に備わっている機能を膝サポーターを

ガッシリと装着する事を思い切ってやってみるのも

効果的な方法の一つです。

かと言って両膝ともガチガチに固めてしまうと非常に

ぎこちないロボットの様な動きに なってしまう

でしょうから、より痛む片側だけガッシリと固定

する様に装着して、もう一方の膝は軽く装着して

支える程度に留めると、歩行に支障を来さない

範囲内で歩く事が出来ます。

但し、片側の膝の動きを ほぼ塞ぐ訳ですから、杖の

支えは絶対的に必要になります。

それも1本では無く、杖2本を使い、身体の重心

バランスが どちらか一方に偏る事無く意識しながら

歩む事が大切です。

足腰の痛みを軽減する為に、補助アイテムを
有効に活用するには?

杖も膝サポーターも今の時代 ネット通販で気軽に

探せるので、自身の身体に合ったものを

探してみて下さいね。(杖ならば身長や脚・腕の長さ、

膝サポーターならば肌が荒れない材質)

【安定性の高い杖で足腰を支え、負担を軽減するなら こちら↓↓】

足腰関節に痛みが生じた時にどうケアするか?テーピング

毎日仕事や日常生活の中で、足腰関節に疲労が

溜まり続け、帰宅後にストレッチやマッサージなどの

アフターケアを行ったりしないと、ただ只管に

疲弊感が積もり続け、ぐったりとした何事にも

やる気の起きない日々が続いてしまいます。

日常で筋肉を動かして活性化させつつ、ストレッチや
マッサージで疲労を取り除く

その様な状態で、尚も 忙しい日々を継続させて

いると、筋肉の疲労は足腰関節部位の痛みへと転じ、

痛みを感じ始めると、そこからが更に厄介で、

その箇所に体重が乗らない様に、

なるべく重心を片側に移しながら歩く様に

なってしまうので、

今度は庇いながら歩く事で、重心を多く受けている側の

足腰の筋肉、関節が疲弊して強く痛みだしてしまうと言う

悪循環に陥ってしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、
痛みに繋がる

一方を庇えば、一方に多く負荷が掛かり、過度に

疲労して痛み出し、そのサイクルを腰、股関節、

膝、足首などに広がりながら繰り返し、

気づけば、あちこち痛みが広がり過ぎて

自力で歩く事が困難な程の状態に

なってしまいます。

足腰で痛めた時に直ぐにでも 対処したいのは、

腰と膝関節だと経験上 思います。

と言うのも 歩く時、立ち上がる時、座る時

何かと体重を受け止めたり、

筋肉が細かく可動する部位故に、一旦痛み出すと

ダメージの深化の速度が 速い様に感じるからです。

まず、大切なのは整形外科に行き、自身の身体の

状態を専門医に診てもらう事。

そして、病院での治療に任せっきりにしないで、

自身でも日常生活の中で

ダメージを抑える様に意識して、対策を施す事が

大切です。

腰を痛めた場合、何処まで病院に任せるか?
日常でどう過ごすか?

自宅で直ぐにでも膝関節を守る事が出来るのは

膝サポーターか、テーピングです。

関節サポーターは各部位にしか用途の幅が

ありませんが、テーピングの場合は

腰に貼ったり、肩に貼ったりと汎用性高く

応用できるので、おすすめです。

【手元にあれば直ぐに貼れるテーピングテープは こちらから↓↓】

しかし、テーピングは筋肉の流れに沿って貼る必要が

あるので、貼る前に少し筋肉の構造について

調べてから貼る事が効果を引き出す為に大切なのが

ネックですね。

貼る際にもテーピングの効果を引き出す為にテープを

ピン、と張りながら皺になら無い様に貼らなければ

ならない為、慣れて居ないと なかなか難しいです。

そうした手間を省こうとすると、やはり各部位ごとの

関節サポーターを揃えるのが手っ取り早いですが、

それに加えて 足腰を負担から守る上で関節周りを支え

だけで無く、脚への負荷を和らげる為に杖を併用する事も

大切になります。

杖と関節サポーターの併用で足腰を負担から守る

今の時代、かなり安価な杖もネット通販で探せますから

必要だと思ったら、直ぐに入手する事が出来ますが、

杖を選ぶ時に自身の身長に合っているもので無いと、

逆に足腰への負担になってしまうので注意が必要です。

選ぶ時に重視するべきは身長と腕の長さに適した杖の

サイズですが、両腕をブラン、と下げた手首か

もしくは親指の付け根の膨らみの位置が地面から何㎝の

所に位置するか?をザっと計って、その長さの杖を探すと

自身の身体にとって丁度良い長さになります。

その上で、出来ればリストストラップを別売りで買うよりも

セットで付いて来るものを購入した方が経済的ですから

ネット通販でストラップ付きの杖を探してみると

良いと思います。

【ストラップ付の杖は こちらから↓↓】

日常の中で腰の負担を軽減する為に幅広腰痛サポーターを活用する

腰や膝、足首、股関節、肘・肩、手首、首など

日々の労働や家事育児、その他の用事で忙しなく

動き続けていると いつの間にか身体中に疲労が蓄積し

身体全身に広がる疲弊感、怠さ、重苦しさ。

そして身体の疲労から意欲減退し、精神的にも

疲れてしまうと、

いよいよ嫌々毎日動き続ける事になるので、

精神が追い付かないと身体も余計に疲弊してしまい

遂には疲労が転じて、

身体のあちこちの関節部位に痛みとして

現れ始めてしまいます。

足腰が痛む時の対策法/身体への
負担を軽減するには?

私の経験上、上半身の関節部位の痛みは首筋、

頚椎付近で無い限り、

日常で負担を掛けない様に過ごす事は

出来るのですが、

首周りの痛みは日常における あらゆる仕種・動作に影響を

及ぼしてしまうので、専門医に診て貰うか、安静に過ごして

痛みがマシになるのを 待つのが最善の

選択だと思います。

足腰を痛めた時に、ちゃんとした整形
外科を選ぶポイント/問診時に見極める

何よりも大切なのは検査をして、自身の状態が

どの様になって居るのか?を把握する事ですね。

把握する内容によって対処法も変わってくると

思うので、通院を重ねつつ、

保存療法で経過を じっくり時間を掛けて見守るか、

要手術なのか?という医師の判断に従い、要手術で

無い限りは 自身で日常の中で、

保護サポーターなどを活用しながら 守る必要があります。

足腰の痛みを軽減する為に、補助アイテムを
有効に活用するには?

そして、腰から下の部位に関しては私も長い間

痛みに悩まされていますが、

足腰と言うのは日常的に どうしても負担が掛かってしまう

部位なので、完全にダメージを防ぐ事は出来ません。

関節部位と言うのは、元々柔らかく曲がったり、

各関節が連動する事で 歩行やジャンプなどの

衝撃を分散させる事が 出来るのですが、

膝は屈伸の要領で前方に柔らかく可動し、

クッション機能が 働き、歩行や高いところから

降りた時のダメージを柔らかく

受け止める事が出来ます。

腰に至っては、前方にも後方にも大きく動くので、

その分、衝撃を分散する能力に 長けてそうですが、

同時に腰椎を起点に体重、負担、動きを

受け止めるので、大きな負荷が掛かり易い

部位でも あります。

トレーニングや日常で怪我を
しやすい腰部・腰椎を守る意識

自身の痛みを受け止める容量を超えると、

強い痛みが腰部に現れ始め、

腰部の柔軟性が損なわれ、

日常に おける、あらゆる動作に

支障を来してしまいます。

腰痛が酷い時には、自力で布団から

起き上がることも出来ないので、

そういった時には ご飯を食べる事も

トイレに行く事も出来ません。

なので、1日~2日程度、その時により 異なりますが、

痛みが少しマシになるまで、じっと待つしか ありません。

痛みが少しマシになったら、いよいよ関節サポーターが

効果を発揮します。

【幅広タイプの腰痛サポーターで しっかりと腰周りを
支えるなら こちら↓↓】

これまで色々試してきましたが、私の中で

『関節サポーターは生地面積が広く、

ベルトでガッシリと締め付け固定できるタイプが

関節サポーターとしての役割を果たしてくれ易い』

と言う結論に至りました。

腰痛サポーターは幅広でメッシュ生地が最も機能的

これは どういう事かと言うと、腰痛サポーターの場合は

特に、なのですが、

幅広タイプの場合は生地が緩んでしまうのを

避けるかの様に、

ボーンが しっかりと備え付けられているものが多く、

その加工が施されているが故に、

背骨に沿って支える機能が優れている、

と言う事に結びつきます。

つまり、単純に生地面積が広くてボーンが

しっかりと備え付け加工されているものは

サポーターとしての機能性に優れている。
と言う事です。

面積が広く、且つ背中部分のボーン加工が
しっかりしている腰痛サポーターを日々

装着して腰を負担から守りましょうね。

【面積が広い腰痛サポーターで腰を負担から
守るなら こちら↓↓】

【送料無料】お医者さんのがっちりコルセット 男女兼用 3L-5L 腰痛ベルト 腰サポーター 腰痛 コルセット メンズ 腰椎コルセット 腰痛サポーター 腰痛グッズ 男性用 女性用 腰痛グッズ 大きいサイズ 3L 4L 5L 運転 ぎっくり腰 サポーター ギックリ腰

日常で生じる腰の負担を和らげるには、どう対処するべきか?

腰痛と言うのは、ギックリ腰や椎間板ヘルニア、

脊柱管狭窄症や その延長線上の間欠跛行、

他には筋膜性腰痛等々、様々な痛みの

発生原因が ありますが、

何れの場合も、痛みの発生時に上手く対処して

きちんとした適切な処置を施せば、

痛みが強く出る前に、完治に向かわせる事が

出来ると思いますが、

私も そうでしたが、多忙な日々を送っていると

腰に痛みや違和感を感じていたとしても、

中々その時点で、速やかに整形外科に行く事は

難しいです。

腰の痛みは24時間付いて回る/悪化する前に
対策を施す事が大事

当然ながら、処置が遅れる程に 腰の痛みは日々

積もり積もって悪化して行く一方になります。

腰部、骨盤と言うのは立ち上がったり、

座ったり歩いたり、

腰を曲げたり日常で ほんの少しの動きの際にも

起点と なる部分なので、起点に近い腰椎は

何かと大きな負担を受け止めてしまいます。

トレーニングや日常で怪我をしやすい
腰部・腰椎を守る意識

骨盤、腰椎を起点に考えた場合、海外の

調査によると 体重70㎏の人の場合、

第3椎間板には立っている状態で100㎏の負荷が

掛かっていて、軽く お辞儀をすると 150㎏、

着席時に同様に軽く お辞儀をすると、何と180㎏もの

負荷が掛かって居る事が判明したのです。

この様に日常生活を送る上で 何気なく している

動作でも、数字を見てビックリするぐらいの

大きな負荷が掛かって居るのですが、肉体に意図的に

負荷を与えるウエイトトレーニングなどは

ともかくとして、重い荷物を持ち上げたり、

その状態で走ったりする必要がある職業の場合、

腰部(脊柱起立筋)への負担は計り知れない

ものが あります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

まして、肉体と言うものは、日々衰えて行くもの

ですから、20代よりも30代、

30代よりも40代と なってしまうと、痛みが発生した時は

ともかく、その後の肉体回復の速さに差が出て、

治療期間も大きく延びてしまう事かと思います。

例えば、腰痛の原因の一つである脊椎分離症・

すべり症の場合、肉体が未だ若い 10代20代の場合には

コルセットの装着をしっかりと厳重に守り続ければ

分離部は癒合するのですが、

成人を超えた肉体の場合、保存療法で分離の骨癒合は

起こらない為に、手術が必要と なります。

若い肉体と30代、40代の肉体とでは、

こうした例からも回復力に大きな差が

生じてしまうのが分かるかと思います。

それが50代60代ともなれば、痛めた箇所が

完治に向かうまでに、

より多くの時間を要する事は 想像に難くありません。

結局、年代に関わらず 腰部を痛めたら、

するべき事は決まっていて、

まず整形外科を受診し、自身の状態をしっかりと

認識する事。

レントゲンや医師からの説明で きちんと認識する事で

保存療法の際、どの部位を どの様に守るかの

尺度に なるからです。

足腰を痛めた時に、ちゃんとした整形外科を
選ぶポイント/問診時に見極める

緊急で手術を要する状態でない場合、ブロック注射などで

処置をして、経過を見守る 保存療法と言う流れになり、

結局のところ、次回の通院日までに出来るだけ

状態を悪化させない様に、

日常生活の中で自身で腰部周り(足関節を含む)を

守る腰痛対策を施さなければ ならないのです。

【幅広タイプで大きなサイズの腰痛サポーターが
必要な場合は こちらから↓↓】

日常で行える腰痛対策とは、腰の筋肉の疲弊感を癒す
マッサージや温熱療法、

または、腰痛サポーターや杖で直接的に支えて日常で
生じる負担を軽減するパターン。

それらを併用して居ても痛みが悪化し続けてしまう
場合には、車椅子の使用を検討すると言う選択肢も

あります。

足腰が痛み始めたら早い段階で車椅子の
使用を検討して悪化の速度を抑えたい

兎も角、日常で考えるのは腰に負担を極力掛けない様に
する事と、1日過ごして疲弊した腰を始めとした

筋肉を柔らかく解す事ですね。

こうした事は それほど難しい事では無いです。

補助アイテムやマッサージ機器を2つ3つ持っていれば
負担を和らげる事が出来るので、活用してみて下さいね。

【マッサージチェアで日常的に疲れが溜まった
腰を解して筋肉を柔らかく保つなら こちら↓↓】