月別アーカイブ: 2020年1月

腰を痛めた時に最も直接的に腰を守るアイテム/幅広腰痛サポーター

足腰の痛みと言うのは日々の労働や用事など、

過労や身体への負担の蓄積でジワジワと、

あるいは、急激に関節部位に痛みと

なって現れます。

この時の足腰関節部位の痛みと言うのは、

最初期の段階では それほど辛い状態では無くて、

我慢すれば仕事も日常も さほど不自由なく過ごせる。

という状態でも、

1度関節部位に痛みや違和感となって現れて

しまうと、その痛みの進行速度は

驚くほど速い場合も あります。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を
軽減するには?

何故、痛みが どんどん強くなって行くか?

と言うと、足腰というのは(特に腰)、

以前も書いた様に骨盤・腰椎を起点に

前のめり姿勢になると、

負荷が強まり、前傾の角度を深める程に

腰への負担が どんどん強く掛かってしまいます。

トレーニングや日常で怪我をしやすい
腰部・腰椎を守る意識

座り姿勢でも同様に、会釈程度に頭を

下げただけでも 腰椎へ重い負荷が必然的に

掛かってしまうので、腰を痛めた時に、

まず するべき事は腰痛サポーターで

腰周りをガッシリと締め付け固定し、

衝撃・負担から守る事ですね。

間欠跛行,椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,筋膜性腰痛

と言った腰の痛みの原因は 幾つも あるのですが、

腰痛サポーターをしっかりと締めて固定する事で、

脊柱起立筋の過度な疲弊を妨げる事が出来、

姿勢もある程度 保てて身体の重心バランスの崩れも

防ぐのに 役立つので、

まずは腰痛サポーターを活用する事が大切です。

【腰を日々の負担から守る為に最も素早く、適切に
守れる幅広タイプの腰痛サポーター↓↓】

『まだ何とかなる。』『もう少し放っておいても

大丈夫そう。』と言う判断を万が一にも してしまうと、

いざ、急激に悪化した時に 病院に行って、状態を

診て貰った時に、要手術と言う程の状態では無いけれど

その手前の段階だから、保存療法で様子見。

と、なってしまった時に 早い段階で治療を

行って来た人に比べて、

辛い思いを するのは自分自身です。

腰の痛みは24時間付いて回る/悪化する前に
対策を施す事が大事

と、言うのも、痛みが未だ そこまで強くない

早い段階で、様々な処置を受けている人は

左側の腰が痛い、右膝が痛い、と直ぐに

完治は せずに、1箇所、2箇所と

痛みが広がって行くに しても、その都度、

痛い箇所に対してブロック注射やリハビリなどを

施して貰えているのに対し、あちこちの痛みが

強くなってから行く場合、

足首も、膝も股関節も、腰も頚椎も痛い、と言った

場合でも要手術で無い場合、

1番の原因は腰にあるのか?頚椎にあるのか?

など、レントゲンやMRIで原因を特定するのに

時間が掛かりますし、(MRI検査は予約が必要)

その間は私の経験上、脚の痛みなどは後回しに

されてしまいます。

結局、脚の痛みの原因も はっきりとは分からず

終いだった場合、

凡、その医師の経験上の判断で腰に何かある、

と腰へのブロック注射やリハビリなどは

施されるのですが、相変わらず、脚へは痛み止めと

言った服薬のみで直接的な治療は行われません。

ですので、直ぐに でも手術する必要がある場合

以外には、極力 早い段階で通院した方が

保存療法中に辛い日々を送らずに済むのです。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を探す事が
大事/逆に言えば・・

私の場合は、当時 忙しくて痛みを感じながらも

病院に行けずに、かなり痛みが強くなって、

ギリギリ何とか自力で歩けるという段階に

なってから 受診したので、

既に痛みは何箇所かに広がっていて、

さっき書いた様な流れで、適切な治療は

なされずに、最初に受診した日から 幾らも

経たない内に歩行困難の状態になり、

日常生活に大変な不自由さを強いられる様に

なりました。

なので、大切な点は 痛み・違和感を感じた段階で

『まだ大丈夫』などと、判断せずに 速やかに通院し、

その時点での自身の状態を知りつつ、治療を受ける事。

しかし、それだけでは 未だ不十分で、日常生活の中で

如何に痛みを和らげる腰痛対策・足腰の痛み対策を施すか、

が何よりも大切に なります。

腰を痛めた場合、何処まで病院に任せるか?
日常でどう過ごすか?

歩行困難の状態になってしまうと、自由に外出する事も

ままならず、毎日毎日 孤独感が押し寄せてきます。

更に、腰の痛みが激しい日は 布団から

起き上がる事すら出来ず、それどころか

身体を横に向ける事も、脚を曲げたり、

角度を変えたりする事も出来ない為、

基本的に天井を眺める事しか出来ずに、

孤独感よりも もう1段階先の虚無感に

心も身体も覆われ、ただ無駄に時が過ぎるのを

天井を眺めながら待つしか ありません。

同年代よりも、心も 身体の衰えも 著しくなりますが、

それでも日々、腰痛サポーターや杖、

室内用手すりを始めとする補助アイテムを

有効に活用し、

毎日積み重なり続ける痛みを 少しでも和らげて

過ごして行きましょうね。

【幅広タイプの腰痛サポーターでしっかりと腰を
支えるなら こちら↓↓】

【送料無料】【ゆうパケット対応】らくらく腰をしっかり支えるコルセット 腰ベルト 腰痛ベルト 腰用 腰痛対策 サポーター 腰サポーター 骨盤ベルト 補正 スポーツ サポートベルト メッシュ 腰 二段式調整 男女兼用 メッシュ素材

前方が見えづらい夜間でも安心して歩行できる/ライト付き杖の効果

何もせずとも じっとしているだけで 汗が滴るほど暑かった

灼熱の夏も終わり、涼やかな気候を感じる心地良い秋の風が

吹いていたと思ったら、いつの間にか急激に冷え込み、

肌寒さを感じる冬~真冬に掛けての今の時期。

風と同時に雨も降り、時には嵐が吹き荒び、そういった中で

寒さに身を縮めながらも ちょっとお買い物に出かけようかな?

と、いうのは非常に危険が伴いますし、荒天の際は 屋内からは

極力出ずに、大人しく空が鎮まるまで待つのが最善の

判断でしょう。

まして、膝や腰が悪くて 痛みを抱えている方ならば 尚更 危険

ですので、家で雨や雪が過ぎ去るのを待ちましょうね。

腰の痛みは24時間付いて回る/悪化する前に
対策を施す事が大事

嵐とまでは行かずとも、雨降りの時 片手に杖、もう片手に傘で

夕暮れ時や 微かに見える月明かりに照らされた夜道を歩く時、

向かい側から人が歩いて来たり、あるいは自転車が走って来たり、

自動車・バイクだったり、

道幅が広ければ、さほど問題が無い状況ですが 車1台分しか

行き来できない様な

道幅の場合、無理に来られたら、とっさに判断できずに

あわや、接触してしまう。

と言う様な状況になった事は 誰しも経験あるのでは

無いでしょうか?

杖を使うと決めた時/杖の選び方と使用後の
メリットデメリット

雨で傘差していなくても、無灯火の自転車が いきなり

突っ込んで来たり、あるいは歩道で自転車に接触しそうに

なったり、と言う状況は 割と多く経験されているのでは

無いでしょうか?

そういった際に、相手の動きが読めれば予め、片側に

避ける事が出来ますが、そうで無いと事故に巻き込まれて

しまう恐れが あります。

そういった接触を避ける為に、私は杖に蛍光テープを

巻いたりしてみましたが、思ったほどは効果が無い様で、

度々あわや、と言う状況に会ってしまいます。

【ライトが無い時は蛍光テープを杖に巻いておくと
前方からの歩行者自転車に見えやすくて安全↓↓】

視覚的に少し離れた位置からも分かりやすく見える様に

対策をしない事には、いつまでも こういった危ない状況は

続くので、では どうするべきか?というのを探していると、

LEDライト付きの杖という物が 今は販売しているのですね。

しかも、杖ストラップも付いていて、軽量の折り畳み式。

持ち手は滑らかな握りやすい形状で 使いやすく、身体を

支えてくれます。

時々ありますが、何かの はずみで、杖が手から外れて

しまった際にも、ストラップ付きならば安心ですね。

杖を突く度に 光が点滅するというのが、向かい側から

歩いて来た人に対して、(あるいは自転車など)非常に

分かりやすく視覚的効果が望めますよね。

月明かりに照らされた夜道で 杖を地面に設地するごとに

点滅するのならば、例え 向かい側から無灯火の自転車が

来たとしても、狭い道で自動車が来ても お互いが

どう動くか読みやすいので、危険な状況と言うのも、

かなり減るのでは無いかと思います。

坂道でも安定するLEDライト付き4点杖

何しろ脚や腰が悪いと、素早く判断して避ける。と言うのが

出来ませんので、現状、身を守る為には 個々で自衛の手段を

探して対策するしか無いのです。

秋冬は夏場に比べて 益々、夜の暗がりが深みを増し、無灯火の

自転車は ほぼ見えないステルス機の様な存在に なって

しまいますから、 こちらから相手を認識出来ないのなら、

相手が はっきり視認出来るように対策をして

身を守りましょうね。

【夜間でもライト付き杖があれば安心安全/
前方からの歩行者に見えやすい↓↓】

生姜サプリメントで身体をポカポカ温めて健やかに過ごす

何もせずともポタポタ汗が滴るほどの暑い夏が過ぎ去り、

何時しか季節は 葉が紅く染まったかと思えば

1歩踏み出すごとに ザクザクと落ち葉が足元で音を

奏でる寒い冬に。

秋が訪れた時は冷んやりと肌を刺激する冷たい空気が

心地良かったものの、年末に向けて気温はグッと下がり

全身が寒さでブルブル奮えるほどに。

厚着をして冬用の装いをしてマフラー、手袋まで しっかりと
身に付け、防寒対策ばっちりかと思っても足先、手先の寒さは

どうしても拭えない。

夜から雪の予報だからこそ早い段階で防寒対策を施し、
身体を温める

外で温かいコートなどを羽織り、万全の備えをしていても
尚も身体の末端が冷えてしまう。

そして家の中や室内では暖房が部屋を暖めてくれるので、
寒さに身を竦めることも無く、リラックスして過ごせるけれど、

寝ている間中 暖房を点けっぱなしに しておくと後々電気代が
怖いし、かと言って寒い中では手先・足先が冷えて寝られ無いし・・。

と言う方にも安心の電気を使わない防寒対策としては、アルミと
ビーズで構成された電気不要のフットウォーマーで

足先を温めたり、あるいは生姜サプリメントで身体自体を
ポカポカ温めると言う方法が あります。

生姜の効能としては身体を中から温める効果と言うのが昔から
広く知られていますが、以前にテレビで紹介された

『レンチン生姜』と言うダイエットに効果がある調理法も
ありますね。

生姜は代謝を高めてくれる効能があり、調理法も様々で お料理の
風味を高めてくれたり、味を引き立ててくれたり等、

単純に効能その物を除外しても食事を美味しくしてくれる
素晴らしい食材です。

しかしながら、生姜の保存方法は なかなか難しく、保存状態が
上手く行っていないと干からびたり、変色してしまったりと

毎食食べる位の頻度じゃないと状態の良いまま食材を使い切れ
なかったりする事が あります。

食材としての生姜は保存が難しい面も ありますが、しかしながら
その難点はサプリメントと言う製法が解決してくれます。

サプリメントはご存知の様に成分をピンポイントで抽出し、そして
凝縮させて錠剤・カプセルにするので当然ながら、

そうして製造されたサプリメントは生ものの生姜よりは保存なども
遥かに簡単な上、カバンに入れれば いつでも何処でも好きな

タイミングで気楽に摂取する事が出来ます。

夜寝る前や朝のご飯を済ませた後、あるいは出先で お昼ご飯を
済ませた後など 飲もうと思った時に飲めるのは

とても便利で、サプリメントだからこその気軽さですね。

身体が冷えると指先やお腹が冷えるばかりでは無く、腰痛や関節痛に
悩まされている方の場合、寒くて身体に力を入れる時間が

増えてしまう事で血の巡りが鈍り、腰痛・関節痛の状態悪化に繋がって
しまう恐れも あるので、身体の芯から温めて防寒対策を

しっかり行いましょうね。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

こちらの生姜サプリメントは黒生姜を使用していて、丁寧に精製・
配合されているので 寒い冬に身体をポカポカ温めるのに

ピッタリですし、安心して飲めますね。

しかも お手頃価格でありながら送料無料なのも良いポイントですね。

こうした寒くて指先がかじかんで冷えが気になる季節にピッタリの
アイテムを日常に取り入れて身体の内側からポカポカ温めて

日常での悩みを少しでも減らしましょうね。

【黒ショウガに5つの要素をブレンドしたダイエットにも寒い冬に
身体を温めるにも有効なサプリメントで毎日を健やかに生きる↓↓】

疲弊感が抜けない毎日に気軽にアミノ酸を摂取したい

日々多忙で 疲労困憊の状態が続き、

元気が無かったり、

身体が疲弊して 重苦しくて怠い。

こうした日々を送って居ると 仕事や1日の

やるべきことを 終えた後に

疲れを癒す暇も無く、翌日に備えて 寝て、

陽の出と共に目を覚まし、また身体に鞭打って

忙しい日常に身を投じ続け、日々 ホッと一息付ける

僅かの休息時間に きちんと安らぐというのは

中々難しいと思います。

身体は 少しでも 休んで、マッサージや

ストレッチなどで 癒さないと

どんどん疲労が蓄積して行く一方です。

日常で筋肉を動かして活性化させつつ、
ストレッチやマッサージで疲労を取り除く

休めるタイミングを見計らって きちんと休む事が

出来ないと 足腰の関節部位が 疲弊し炎症を起こし、

強い痛みが 生じてしまう様になるので、

マッサージやストレッチなどをして 疲労して

硬くなっている筋肉を リラックスさせる為にも

意識的にアフターケアを行い、血液の流れを促しましょう。

【マッサージパッドが あれば疲れた身体に直ぐに
マッサージを施せて のんびりリラックス出来る↓↓】

あるいは、疲れ切った身体には ご飯をたくさん食べて

エネルギーを補給するのもいいですね。

そして食事だけでは 補いきれない栄養分を

サプリメントなどの 健康補助食品で

しっかりサポートするだけでも 身体は かなり楽になります。

血を食べる食文化そして、血粉サプリメントとは?

サプリメントなどの栄養分を補う健康補助食品は

今の時代たくさんありますね。

足腰関節を痛めた時にはグルコサミンが効くとか、

視力回復には このサプリメントが、

とか、色々な種類がありすぎて どれを選べば良いのか

分からない位に 各成分ごとに 様々流通しています。

その中でも 私が気になったのは、アミノ酸パウダーを

水に溶かして飲むだけの アミノ酸飲料です。

500mlの水にサッと混ぜて溶かして飲むだけなので、

何時でも飲めますし、持ち運びも簡単です。

持ち運びの際には 予め水に溶かしてペットボトルと

して持ち歩くのも良いですし、

粉末のまま 持ち歩けば カバンの中の容量も小さく

抑えれられ、

カバンが重くて余計な疲労を感じる事も避けられます。

通常の食事で魚やお肉から摂取する事で 体内で分解される

アミノ酸は20種類となります。

その後、体内で再合成され、たんぱく質と なるのですが、

体内で合成・分解を繰り返す為に、

意識的にアミノ酸を摂取する事が 身体を元気に保つのに

必要な要素となります。

必須アミノ酸と 非必須アミノ酸とが あり、20種類の内

9種類のアミノ酸は 体内で生成する事が 出来ない為に、

食べ物・飲料から 摂取する必要があります。

これが、必須アミノ酸と呼ばれる物です。

身体を健康に保つ為に上手く水分補給をする

つまり、必須アミノ酸を 身体に取り込むためには

お肉や魚などを 普段から意識的に食べる事が大切に

なるのですが、

魚は季節により、価格の変動がありますし、高い時は

高いので、日常的に購入し続けるのは 難しい場合も

あります。

なので、基本的に安めの鶏肉などを 日常的にたんぱく質源と

して補給しながら 過ごせば良いのですが、

飽きが来たりした場合には、調理法を変えて 食べれば、

飽きずに 鶏肉料理を食べ続ける事が 出来るかと思います。

今時は サプリメントなどの健康補助食品が非常に種類豊富で、
食事だけに頼らずとも、比較的気軽に 様々な栄養素を

体内に摂取出来るように なりました。

食事内容の見直しと、運動を計画的に
行う事で ダイエット効果を引き出せる

こちらのアミノ酸パウダーも24g入りが30袋という

大容量の内容なので、

日常的に 気軽に体内にアミノ酸を 採り入れる事が

可能になりました。

食事だけでは どうしても 食事量が増大して 肥満にも

繋がってしまい、体重が増えると

身体に掛かる負担も増え、足腰の痛みの悪化に

直結してしまいます。

なので、そういう場合には サプリメントや こういった

アミノ酸飲料で 過剰に食べ過ぎるのを避けつつ、

必要な成分を摂取しましょうね。

【30袋入りの大容量アミノ酸パウダーがあれば毎日
定期的にアミノ酸を摂取出来る/持ち運んで常備↓↓】

寒い冬場でもポカポカ温まり汗を流せる/自宅用サウナ機器

何もしなくとも 汗が滴り落ちる暑い夏が過ぎ去り、季節は風が
冷んやりと冷たくなり始めた心地の良い秋の気候を

迎えたかと思えば、年末年始以降は急激に冷え込み、地域に
よっては雪が降りしきる 凍てついた寒い冬が到来しました。

夏場には 早く秋冬が訪れて欲しいと願っていても、

いざ本格的な冬に差し掛かると

防寒対策をして寒さに震えながら風邪をひかない様に

じっと堪える日々が 春の訪れまで連日続きます。

冬場の凍える就寝時間を身体の底から
温める発熱パッド

寒さに耐えていると、ブルブル身体が震えて

全身に力を入れっぱなしになるので、

筋肉の緊張状態が持続し、腰の筋肉(脊柱起立筋)の

疲労から 強張りへと繋がり、腰痛が悪化してしまいます。

寒さによる筋肉の強張りが身体に

どんな影響を 齎 およぼ すかと言うと、

緊張状態が長く続いた事による疲労、首・肩周りの

凝り・張り、腰痛を元々抱えている場合には

状態の悪化など。

筋肉を鍛えるウエイトトレーニングの場合には

重りで負荷を掛ける事で、

筋肉の緊張状態を意図的に作り上げているのですが、

1セットにつき、掛かる時間は1分も無い位の時間です。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

ウエイトトレーニングの様に、筋肉の1部位に対して

局所的に意図して 負荷を短い時間かけるのとは違い、

寒さに震えている場合には、それぞれの部位に

掛かる負荷は強くないとはいえ、

長時間掛かり続けるので疲弊 ひへい した筋肉は その後も
強張って血流も悪くなり、結果として首の張り、

肩こり・腰痛や冷え性などに繋 つな がってしまうのです。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

しかし、かと言って、防寒の為に温かい室内に

ばかり居ると、ある1つの問題が生じてしまいます。

それは、汗を掻かない為に 代謝が鈍くなり、

エクリン腺の機能が低下し、べたべた汗になってしまう、

と言う対人関係のエチケットに気を使う現代人に

とっては、避けたい問題ですね。

エクリン腺(いわゆる汗腺)とアポクリン線の2種類の

汗が存在する事は知られていますが、

寒い冬場に身体を冷やしたくないからと言って、

汗を掻く事を拒んで 避けて居ては、

汗腺の機能が低下し、エクリン腺から流れる

通常のサラサラ汗では無く、

アポクリン線から流れる腋臭の原因になる

べたべた汗を流す事に なってしまいます。

汗と言うのは、流れ出た時には 無色無臭なのですが、

汗の種類により、衣服や身体で乾いてからニオイを

放つ事になってしまうのです。

ニオイの原因はアポクリン線から流れるタンパク質や

ミネラル脂質・アンモニアなど 細菌の餌になり 易 やす い

成分が含まれている為です。

細菌が乾いた衣服の上で増殖し、嫌なニオイを

放つという 流れなので、

対策としてはシンプルに常日頃から意識的に

汗を流して、汗腺の機能低下を 防げば良いのです。

ジョギングやウォーキングで有酸素運動を行う

しかし、寒い冬に雨だったり雪が降ったりで

天候も定まらない中、トレーニングウェアに着替えて

ジョギングに行くのも 続けられないし、運動するのが大変。

と言う方にピッタリなのが、室内で気軽に半身浴・

サウナ効果を体験できるハーフスパというアイテムです。

【自宅で気軽にサウナを楽しめる/コンパクトサイズの
サウナマシンで身体をポカポカ温めるなら こちら↓↓】

半身浴やサウナ、と言っても、水分不要でリビングでも

あるいは、寝室でも何処でもドームサウナの様に

サウナ装置の中に下半身を入れるだけです。

すると、丁度 机に座った様な状態になるので、

足元に設置されている薬石のトルマリンと

座面下から内蔵ファンにより、温風がサウナ装置内の

温度を高めるので、気軽に簡易半身浴が行えるのです。

先ほど書いた様に、水分不要で机に座った様な

状態になるので、本を読みながら、

あるいは、PC作業やスマートホンで楽しみながら

のんびりとした時間を過ごせるのです。

電気で動くので、電気代が気になる所ですが、1時間に
つき 約10円と、思いのほか 安く済みます。

温度調節機能も 冷え性の方の場合は60℃以下で

設定して30分~60分、

腰痛・関節痛の方の場合は、55℃までの設定で

60分程度など、

個人個人の身体の状態や、求める効能によって

温度設定や 時間設定も変わって来ますので、

下記画像のサイトを参考にしてみて下さいね。

関節が痛んだり、冷え性などは寒くなって来ると

特に気になりますし、

一方、代謝の低下により汗腺の機能低下は

暑くなって薄着になった時に気になってしまう物です。

ですので、日常的に気軽に暖まりつつ、心地よく

汗を流して行きましょうね。

【自宅でノンビリとポカポカ温まる/自宅に丁度良い
コンパクトサイズのサウナマシンは こちら↓↓】

ハーフスパ 家庭用 IF-003 家庭用サウナ 高血圧 温活 妊活 遠赤外線 半身浴 サウナ ドームサウナ エステ 足浴 冷え 手足 足首 加温

膝の負担を軽減する膝サポーターはガッシリ固定感強めを選びたい

日々忙しく動き続けていると身体中に

疲労が蓄積し、身体全体に重苦しさや

怠さが覆い被さり、動くのも億劫になり、

日々の意欲すらも減退させてしまいます。

そうした状態で重い腰を上げ、嫌々多忙な

日々を過ごして居ると、

身体にも悪い影響が出てしまい、疲労感が

足腰の痛みへと転じてしまいます。

腰の痛みの原因としては 筋肉の疲弊から

筋肉内部で血流の鈍りが生じ、

乳酸・老廃物が排出されずに溜まり続け、

痛みを発する様になったり、

脊柱起立筋の過度な負担による疲弊から炎症を

起こしたり、線維輪を突き破り 髄核が飛び出し

神経を圧迫したり、あるいは骨自体の変形や、

脊柱管が狭まり神経根に圧が掛かる事で

痛みや痺れが生じたりなど、様々な原因が

挙げられますが、

何れの場合にも、痛みや違和感を感じた

最初期の段階で整形外科に行き、

自身の身体の状態を知った上で適切な治療を受け、

そして要手術と言う場合以外、

自宅で安静に過ごしたり、あるいは、さほど歩行など

日々の生活に不自由していない段階でも

腰痛サポーターや杖などで、毎日積み重なり続ける

足腰へのダメージを最小限に留めようとする意識が

大切に なります。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

要手術で無い場合は、ブロック注射、リハビリ、

牽引などを病院で する以外に、

通院日以外は服薬や補助アイテムを使って

保存療法で様子見、という事になるので

病院以外での日常生活で、如何に足腰に負担を

掛けずに過ごして、次回の通院日までに

状態を悪化させずに無難に過ごすかが

重要になります。

足腰の痛みを軽減する為に、補助アイテムを
有効に活用するには?

実際には 前回の通院から次回の通院まで

負担を全く感じずに過ごす事は不可能なので、

どうやっても、前回の状態よりも悪化して

しまうのですが、

それでも、少しでも早い完治を見据えるのならば、

日々の腰痛対策と言うのが、

病院での治療以上に大切に なります。

腰の痛みの症状として、椎間板ヘルニアや、

脊柱管狭窄症、間欠跛行、坐骨神経痛、筋膜性

腰痛などが挙げられますが、日常での対策が

出来ておらず、依然として日々強い負担が

腰部を中心に掛かり続けていたら、自力で

歩く事も難しくなる歩行困難の状態に

陥ってしまう事も あります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

私の場合、腰からでは無く、脚を最初に痛め、

その影響が腰に出始めて、

足腰の痛みが その日ごとに強く出た箇所を

優先的に守る様にしていたら、

結局、左の腰が強く痛む日、右の腰が強く痛む日、

股関節が痛む日、膝関節の痛みが強い日と

痛む箇所が悪戯に増え続けて行く事は避けられた

(と思う)のですが、

足腰の関節各箇所ごとの痛みは 耐えられる

限界を超え、結局、歩行困難な状態に

なってしまいました。

【(M~XL)小さめサイズから大きめサイズまで選べる
がっしり膝サポーターは こちら↓↓】

私の場合、膝の痛みは特に 日によって強弱に

差が あるのですが、強く痛む時は布団の上で

横になって居るだけでも膝周りが痛むので

困ったものです。

結局は日々のケアとしてマッサージをしたり、

ストレッチをしたり、あるいは関節サポーターや

杖を併用して そもそもの脚に掛かる負担を

軽減する事が大切ですね。

痛みが強くなってからでは やはり苦しい日々が

続いてしまうので、出来るだけ そうなる前に

日々のケアを大切にしましょう。

【(長さ67.5cm~90cm)日々のダメージから膝を守るなら
安定感抜群の6点杖が おすすめ↓↓】

背骨をゆったりと伸ばし、腰から背中に掛けてストレッチ効果を感じるアイテム

腰周りの痛みは 身体を休める暇もない程、肉体を

酷使し続けた結果だったり、

運動時、急に強い負荷を掛けた為、痛みが生じたり、

加齢により腰の筋肉の衰えや

クッションの役目を果たす椎間板の摩り減り等に

よって 痛みが発生したり、あるいは長時間

座りっぱなしのデスクワークなどで腰への負担が

掛かり続け、痛みへと繋がったり。

トレーニングや日常で怪我をしやすい
腰部・腰椎を守る意識

痛みが生じる要因は 個々の状況によって様々ですが、

いずれにしても 1度痛みが生じると仕事は勿論、

日常生活に おいても、常に痛みという物は

付きまとうので少しでも痛みや違和感を

感じた段階で、速やかに整形外科かペインクリニック

等に行かれることを お勧めします。

私の実感として、自然の治癒力よりも日常生活の

中で 蓄積するダメージの方が上回るので、

安静に過ごしていても ほんの少しの歩行が、

ほんの少しの座り姿勢が、安静にして負担が

掛から無い様に 気を付けていた分も上回る痛みを

生じさせてしまうので、1度でも痛みを感じたら

専門医に診てもらうのが その時点で最善の選択

だと思います。

足腰を痛めた時に、ちゃんとした整形外科を
選ぶポイント/問診時に見極める

腰は牽引したり、温めたり マッサージで解したり、

治療・リハビリを行って ひと時 楽になったとしても、

帰路に着く段階で杖や腰痛サポーターを装着して

腰周りを保護して 極力負担を和らげる様に

過ごしたとしても、大体の治療時間20分~30分よりも、

それ以外の日常生活の時間の方が 遥かに長いので、

病院以外の時間を 如何にダメージ少なく過ごすか?

と言う事を考えながら、日々の対策を施す事が

大切になります。

腰の痛みは24時間付いて回る/悪化する前に
対策を施す事が大事

自分自身の少し先の健康的な生活を思い描いた時に、

まずは どの様に守るべきか?

その次に、どの部位に負担が強く生じているのか?

と言うのを、冷静に日々の生活の中で分析して 腰を

主に、その他に痛みが生じている部位に対して、

関節サポーターや 杖などで負担を和らげる事が大切です。

【幅広タイプの腰痛サポーターで腰を守る/小さなサイズから
大きなサイズまで選べるこちらが おすすめ↓↓】

通常病院以外で出来る各々の日常に おける

腰を保護する対策の手段ですが、

腰痛サポーター・コルセットを装着する事で、

立ち上がる時、歩行時、座る時と ほとんどの

腰に負担が掛かる状況でのダメージを

軽減する事が出来ます。

しかし、腰痛サポーターは 長時間装着は して

いられないので、必ずしも万能では ありません。

では、それ以外の対策は 腰の痛みのツラさにも

よりますが、

可能ならばストレッチをして伸ばしたり解したり。

ストレッチが出来るのならば、腰が伸びて

少しは楽になるのですが、

痛みが強い場合はストレッチを行う事が出来無いので、

誰しもに当てはまる対策では無いと思います。

疲弊を軽減する為に、ストレッチやマッサージで
筋肉を解す事が大切

そこで日常に おける、長時間出来る腰痛

対策として 寝て過ごす。

と言うのが 負担も少なく 誰でも出来る

対策ですね。

その上で、ただ寝るだけで、より腰痛対策になる

背骨にフィットした、ストレッチクッションが

あるのです。

背骨が自然なカーブを描けるように設計されて

いるので、腰周り・背骨のフィット感が

とても快適です。

そして、腰痛対策の補助アイテムとして優れている点は

寝る事によって ストレッチ効果が発生するのですが、

特に、『負担が強いから何時間しか装着してはいけない』

みたいな時間の縛りが無い 事です。

横に なっている姿勢は、腰の痛みが どうしようも無く

強くて、何もする事が出来ない時に、

1番長く保っている姿勢なので、この寝ている姿勢でも

ストレッチ効果が得られるのは 非常に助かりますね。

【背骨をゆったりと伸ばし、快適にストレッチを
行うなら こちらの専用クッションが おすすめ↓↓】

腰に強い痛みが生じた時に就寝時・起床時の負担を軽減するには?

日々労働や家事育児、様々な用事で忙しなく

動き続けて 気付けば身体全体が疲弊し、

足腰関節には痛みが走っている状態に。

そうなると、まず仕事上は おろか、日常生活に

おいても、不便さを感じる様に なります。

足腰が痛んだ時に家で気軽に行える
対処法/マッサージとストレッチと車椅子

痛みが強くなれば なる程、不便さだけでは

済まずに、常日頃から痛みに悩まされ、

身動き一つ取るのにも苦労を感じる様になります。

脚と腰と言うのは、上体からの負荷を受け止めたり、

下方に流したり支えたりする部位で あるので、

少しでも痛みが生じ始めたら、途端に痛みの

進行が凄い速度で 始まってしまいます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

痛みの進行が何故早いのか?は 先ほども

書いた様に、上半身からの重力や衝撃を

緩やかなS字カーブを描く背骨が受け流し、

骨盤・仙骨まで伝え、

そして股関節~両足へと分散させて行くのですが、

これは全身の関節部位のスムーズな連動が

有ってこそ為せるのです。

【幅広腰痛サポーターで腰への負担を小さく留める↓↓】

例えば、肩を痛めた。とか肘関節や

手首が痛む。

とかならば、そちら側の腕で荷物を持たず、

歯磨きや箸を持つ腕さえも変えれば、

負担が掛かる事は ありませんが、足腰の

場合は勝手が違います。

立ち上がる時、座る時、歩く時と 何かと

体重を支える為に負担が生じ、

日常に おける動作で、負担をゼロにする事は

難しいでしょう。

痛みが生じているのに、無理を し続けると

杖無しでは歩行困難な程の

状態に なってしまいます。

腰の痛みは24時間付いて回る/悪化する前に
対策を施す事が大事

これが いわゆる間欠跛行の状態なのですが、

間欠跛行は日常で腰を中心に負担が掛かれば

掛かる程、痛みが どんどん強くなって行って

しまうので、身体に疲弊感を感じ始めたら

小休止する等して、腰周りに負担や疲弊感を

溜めない様に意識しながら過ごしたいものです。

そうした痛みや疲弊感が日々積もりに積もると

ある朝を迎えた時に、自力で布団から

起き上がれ無い。と言う状態に なる事も

あります。

痛みが酷くて動けずに居て、1日中寝たきり

状態になった場合ですら、

腰部に負担は掛かり続けてしまいます。

腰が痛い時の寝姿勢と身体への負担

同じ姿勢で寝続けて、腰の一点に負担が

掛かって居るな。と自身の感覚で感じて、

少し体勢を変えようか、と寝返りを打とうと

思っても、腰部が強烈に痛む場合には

ほんの数㎝身体を捻り、横に向く事さえ

自由には 行きません。

とは言え、私の経験上、ここまで痛む場合には

自力で起き上がる事が出来ないほど

腰の痛みが強くなっている と思うので、ここまで

自力で起き上がる事さえ出来ない程に痛む場合には、

同居している家族が居るならば 助け起こしてもらい、

その後は 椅子の上で腰に負担が掛からない様に

安静に過ごすと良いでしょう。

同居家族が おらず、一人暮らしの場合には腰の

痛みが強くなりそうな兆候が見られた場合には

出来れば数日前にはネット通販などで電動ベッドを

入手して、リモコン操作一つで寝姿勢から腰に負担を

掛けずに起き上がれるように準備しておいた方が

良いです。

【電動ベッドがある事で腰が激しく痛む時にも負担を
掛けずに起き上がる事が出来る↓↓】

腰を痛めた時に重宝するアイテム電動ベッドの負担軽減効果

足腰を痛めた時に日常生活に おいて、

ツラい点は何かと言うと、

歩行時の1歩1歩の歩みの度に 腰・股関節・膝・

足首関節などに痛みが走り、ひたすら苦痛に

耐え続けなければ ならない点と、疲れてイスに

腰掛けようとした時に、膝や腰に強い負担が掛かる点、

そして、立ち上がろうと思った時に、再び膝や腰に

強い負担が掛かると言う点。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

この様に、歩く・座る・立ち上がると言うのは

日常生活を送る上で 何度も頻繁に

繰り返す動作なので、足腰用の関節サポーターや

杖などで日常的に痛み・衝撃を和らげようとする

意識が大切です。

【安定感のある多点杖で身体を支えるなら こちら↓↓】

しかしながら、この『歩く・座る・立ち上がる』という

3つの動作以外にも 激しく苦痛を伴う動作が有ります。

それが 朝に目を覚ました時に『布団から身体を

起こす』という動作です。

腰の痛みが強く出た場合には、1度横に なって

しまうと、もう二度と起き上がれないのでは無いか?

と言う位、身体を起こそうとした時に非常に

強い痛みに襲われます。

自力で起き上がれ無い程の激しい腰痛時は
電動ベッドで起き上がる

そうした時に、敷布団を地面に直接敷いている

場合には、身体を起こす際に

何処にも支え等が無い為、ベッドに比べて

上体を起こすのが より困難に なります。

しかし、ベッド上に寝ているならば、脚だけ

どうにか腕で少しづつ ベッド外に

持って行きさえすれば、脚の重みにより

身体を起こし易い体勢に持って行けますし、

何よりも ベッドの場合には、手すりという

支えが あるので、起き上がる際に

手すりが大きな助けに なります。

腰が痛い時に自宅にあったら便利な支えアイテム3点

手すりが あるか無いかで、だいぶ起き上がり

易さに違いが出て来るのですが、

電動なので、リモコン操作で完全に身体を起こす

ところまで持って行けるので、

寝返りが激しくて落ちてしまう、と言う心配が無い

場合には、さほど手すりの有無は気に しなくても

良いかも知れません。

とは言え、寝返りが激しく無いと思っている場合でも

べッドから転落してしまう、と言う危険性は

誰にでも あるので、手すりが あるに越した事は

無いですが。

電動ベッドは今の時代、実際に お店に見に行か無くても

ネット通販で簡単に自分の身体に合ったものを探せるので、

お店に見に行く時間が取れない、と言う人の場合でも、

ネット通販で5分も探せば、自分に合いそうなアイテムを

幾つかに絞るところまで行けるかと思います。

そうして絞ったら、最終的には安全性や耐久力などを

重視して選ぶのが良いと思いますが、

あと選ぶの上で大切な点と言えば部屋のスペース上の

問題ですね。

サイズを見た上で取り入れると、日々起き上がるのが

楽になると思います。

【リモコン操作1つで腰に負担を掛けずに身体を起こせる
電動ベッドを活用するなら こちら↓↓】

知らず知らずの内に負担が蓄積しやすい股関節を日常で守るには?

毎日忙しなく働いていると、少しづつ少しづつ

疲労が足腰に積み重なり、ストレッチしたり

マッサージしたり、労働後のアフターケアが

上手く行われないと、一晩寝ただけでは

身体が回復しきらずに、そのままの状態で

また新たな1日を迎える事に なるのですから

このサイクルが続く限りは 疲れが取れるどころか、

どんどん足腰関節、筋肉が疲弊して行き

やがて疲弊感が 強い痛みへと転じてしまうのも

ある意味、自然な流れですね。

足腰が痛む時の対策法/身体への
負担を軽減するには?

足腰関節及び 足腰の筋肉と言うのは 歩く、立ち上がる、

座るという日常を送る上で必ず可動してしまう

部位なので、これらの動きを制限すると言うのは、

なかなか難しい事です。

トイレに行くにも、喉が渇いたから水分補給を

するにも、お腹が空いたから食事をしに、

テーブルに行くにも、お風呂に入るにも、足腰の

痛みにより、自宅で安静に過ごしている時にも

数歩の移動は せざるを得ません。

足腰が痛んだ時に家で気軽に行える対処法/
マッサージとストレッチと車椅子

なので、室内にいる場合には、まず壁際に手すりを

設置したり、室内用の杖を使用したりサポーターを

装着したりで、極力 足腰に掛かる負担を和らげようと

するのですが、しかし膝関節も腰も足首も各部位ごとの

サポーターを装着し、締めて固定する事で可動した際の

負担を和らげる事が出来るのですが、

股関節だけは専用サポーターを装着しても、関節の

可動を完全に制限する事が出来ないので、

室内で数歩の移動距離で 最も負担が生じやすい

部位が股関節で あると言えると思います。

股関節サポーターを かなりガッシリと装着しても

股関節の可動を制限できないと言う事は歩くたびに

痛みが積み重なって行くと言う事です。

日常を苦しめる腰と股関節の痛み

1歩1歩の歩行でドンドン腰から股関節に掛けて痛みが

強くなって行くものですから、目的地に向かう時や

帰路に着く道中で あまりの痛みに歩くのを放棄して

しまおうかと思う程です。

とは言え、その辺にバタン!と寝転ぶ訳にも行かない

ので、どんなに痛みが強くなって もう歩け無いと言う

状態に なっても 進行方向上に都合良く腰を下ろせる

ベンチ等が無い限り、歯を食いしばりながら

歩き続けなければ なりません。

これが腰部の間欠跛行や股関節の痛みの最もツラい点

なのですが、残念ながら私も長い事 間欠跛行や

股関節の痛みに苦しめられて来ましたが、結局 これを

すれば痛みが抑えられる、と言う決定的な方法を

見つけ出せないまま、悪化して車椅子生活になってしまい

ましたが、それ程に歩く度に可動する股関節の痛みを

和らげると言うのは難しいのです。

足腰の痛み/朝昼晩、年中無休で
痛むから車椅子で少しでも和らげる

なので、身体を休められるタイミングが ある毎に

マッサージしたり、温熱療法で温めたりするケアが

大切なのです。

私の場合は疲弊に対してケアが充分では無かった為か

ドンドン悪化してしまいましたが、キチンと日々の

ケアが行き渡っていれば、腰から股関節に掛けての

ダメージを もう少し抑えられたのかな?と思います。

【足腰を自宅でケアするなら筋肉を温めて血流を促す
温熱治療器が気軽で効果的↓↓】