足腰に疲労やストレスが溜まり痛みに変わった時の対処法

日々の労働や用事などで何かと忙しなく

身体を動かし続けて居ると、

腰部や脚に疲労やストレスが積み重なり、

ただでさえ加齢で軟骨が磨り減ったり、

髄核の水分が減少して 衝撃に弱くなっているのに、

身体を酷使し続けるのは、

それに拍車を掛けてしまう事に繋がります。

足腰の痛みを軽減する為に、補助アイテムを有効に
活用するには?

肉体的な疲弊で一番分かりやすいのは、身体の

重苦しさや怠さですが、

そういう時には 筋肉内部で血流が鈍り、乳酸、

老廃物が排出されずに体内に残り続けてしまい、

そこから筋肉の痛みへと繋がって行くので、

『まだ少しでも余裕がある内に』マッサージや

ストレッチをして、少しでも血行を促進させましょう。

寒さに耐えていると痛む足腰関節/疲労・
炎症を和らげるには?

身体に違和感を感じ始めたら、1番最初にするべき事は、

整形外科を受診して、

自身の身体の状態を把握しながら日常で痛み対策を

施しながら気を付ける事ですが、

それでも、何となくで過ごせる日々は ある時急に

終わりを告げてしまう事もあります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を
受診する

足腰関節サポーターや杖を使用する事で、今までは

騙し騙し歩けていた筈なのに、

突然 状態が悪化して歩くのも、立ち上がるのも

座るのも寝るのも辛くなってしまうと、

只でさえ不便を感じていた日常で益々、何もする事が

出来なくなってしまいます。

今までは、腰痛サポーターをがっしりと巻いて、

杖で体重を分散させていれば

どうにか過ごせていたのに、ある時から腰に

疲労が溜まり易くなったり、

単純に痛みが強くなったり、筋肉か皮膚の表面か

何処か分からない位置が ピリピリと痛み出したり、

歩いている時、寝ている時、座っている時、脚、腰

臀部に痺れを感じたりした時には、

私の経験上、数日後くらいに腰痛が悪化して来たので、

いつも以上に 日常でダメージが溜まらない様に

慎重に、神経質な程に杖を2本使用したり、

電動ベッドや体圧分散マットレスの上で寝て

身体にストレスが掛からない様にしたり、

あるいは、温熱治療なども積極的に行ってみると

良いと思います。

腰が痛い時の寝姿勢と身体への負担

但し、先ほど書いた様な 腰部に疲労が溜まりやすく

なったり、痺れや痛みが強くなって来た頃には、

ストレッチやマッサージは痛くて行えない状態に

なって居るので、

そういう時には無理してストレッチなどを行おうと

しない方が無難です。

しっかりとストレッチをして怪我をしやすい腰を守る

痛い時に無理をすると、当然ダメージとして

身体に跳ね返って来てしまうので、

まず、動作上で痛い・辛いと思う姿勢になる事は

避けましょう。

そういう状態の時の痛い・辛い姿勢と言うのは、

前かがみになる事、床に座る事

(深く腰を下ろすのが大きな負担になる)、

高い位置に ある物を取ろうとする事、身体を

捩じる事、身体を反らす事、

脚(膝)を持ち上げようとする事。

など、腰を痛める前には 何とも無かった当たり前の

動作が、総て強いダメージとして

腰に反映されてしまうのです。

なので、これらの激しい腰痛の兆候を感じた時には、

それ以上の悪化を防ぐため、

通常より神経質に、慎重に対策を施し、

自身の身体を守りましょう。

腰を痛めた場合、何処まで病院に任せるか?
日常でどう過ごすか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です