知らず知らずの内に負担が蓄積しやすい股関節を日常で守るには?

毎日忙しなく働いていると、少しづつ少しづつ

疲労が足腰に積み重なり、ストレッチしたり

マッサージしたり、労働後のアフターケアが

上手く行われないと、一晩寝ただけでは

身体が回復しきらずに、そのままの状態で

また新たな1日を迎える事に なるのですから

このサイクルが続く限りは 疲れが取れるどころか、

どんどん足腰関節、筋肉が疲弊して行き

やがて疲弊感が 強い痛みへと転じてしまうのも

ある意味、自然な流れですね。

足腰が痛む時の対策法/身体への
負担を軽減するには?

足腰関節及び 足腰の筋肉と言うのは 歩く、立ち上がる、

座るという日常を送る上で必ず可動してしまう

部位なので、これらの動きを制限すると言うのは、

なかなか難しい事です。

トイレに行くにも、喉が渇いたから水分補給を

するにも、お腹が空いたから食事をしに、

テーブルに行くにも、お風呂に入るにも、足腰の

痛みにより、自宅で安静に過ごしている時にも

数歩の移動は せざるを得ません。

足腰が痛んだ時に家で気軽に行える対処法/
マッサージとストレッチと車椅子

なので、室内にいる場合には、まず壁際に手すりを

設置したり、室内用の杖を使用したりサポーターを

装着したりで、極力 足腰に掛かる負担を和らげようと

するのですが、しかし膝関節も腰も足首も各部位ごとの

サポーターを装着し、締めて固定する事で可動した際の

負担を和らげる事が出来るのですが、

股関節だけは専用サポーターを装着しても、関節の

可動を完全に制限する事が出来ないので、

室内で数歩の移動距離で 最も負担が生じやすい

部位が股関節で あると言えると思います。

股関節サポーターを かなりガッシリと装着しても

股関節の可動を制限できないと言う事は歩くたびに

痛みが積み重なって行くと言う事です。

日常を苦しめる腰と股関節の痛み

1歩1歩の歩行でドンドン腰から股関節に掛けて痛みが

強くなって行くものですから、目的地に向かう時や

帰路に着く道中で あまりの痛みに歩くのを放棄して

しまおうかと思う程です。

とは言え、その辺にバタン!と寝転ぶ訳にも行かない

ので、どんなに痛みが強くなって もう歩け無いと言う

状態に なっても 進行方向上に都合良く腰を下ろせる

ベンチ等が無い限り、歯を食いしばりながら

歩き続けなければ なりません。

これが腰部の間欠跛行や股関節の痛みの最もツラい点

なのですが、残念ながら私も長い事 間欠跛行や

股関節の痛みに苦しめられて来ましたが、結局 これを

すれば痛みが抑えられる、と言う決定的な方法を

見つけ出せないまま、悪化して車椅子生活になってしまい

ましたが、それ程に歩く度に可動する股関節の痛みを

和らげると言うのは難しいのです。

足腰の痛み/朝昼晩、年中無休で
痛むから車椅子で少しでも和らげる

なので、身体を休められるタイミングが ある毎に

マッサージしたり、温熱療法で温めたりするケアが

大切なのです。

私の場合は疲弊に対してケアが充分では無かった為か

ドンドン悪化してしまいましたが、キチンと日々の

ケアが行き渡っていれば、腰から股関節に掛けての

ダメージを もう少し抑えられたのかな?と思います。

【足腰を自宅でケアするなら筋肉を温めて血流を促す
温熱治療器が気軽で効果的↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です