腰に強い痛みが生じた時に就寝時・起床時の負担を軽減するには?

日々労働や家事育児、様々な用事で忙しなく

動き続けて 気付けば身体全体が疲弊し、

足腰関節には痛みが走っている状態に。

そうなると、まず仕事上は おろか、日常生活に

おいても、不便さを感じる様に なります。

足腰が痛んだ時に家で気軽に行える
対処法/マッサージとストレッチと車椅子

痛みが強くなれば なる程、不便さだけでは

済まずに、常日頃から痛みに悩まされ、

身動き一つ取るのにも苦労を感じる様になります。

脚と腰と言うのは、上体からの負荷を受け止めたり、

下方に流したり支えたりする部位で あるので、

少しでも痛みが生じ始めたら、途端に痛みの

進行が凄い速度で 始まってしまいます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

痛みの進行が何故早いのか?は 先ほども

書いた様に、上半身からの重力や衝撃を

緩やかなS字カーブを描く背骨が受け流し、

骨盤・仙骨まで伝え、

そして股関節~両足へと分散させて行くのですが、

これは全身の関節部位のスムーズな連動が

有ってこそ為せるのです。

【幅広腰痛サポーターで腰への負担を小さく留める↓↓】

例えば、肩を痛めた。とか肘関節や

手首が痛む。

とかならば、そちら側の腕で荷物を持たず、

歯磨きや箸を持つ腕さえも変えれば、

負担が掛かる事は ありませんが、足腰の

場合は勝手が違います。

立ち上がる時、座る時、歩く時と 何かと

体重を支える為に負担が生じ、

日常に おける動作で、負担をゼロにする事は

難しいでしょう。

痛みが生じているのに、無理を し続けると

杖無しでは歩行困難な程の

状態に なってしまいます。

腰の痛みは24時間付いて回る/悪化する前に
対策を施す事が大事

これが いわゆる間欠跛行の状態なのですが、

間欠跛行は日常で腰を中心に負担が掛かれば

掛かる程、痛みが どんどん強くなって行って

しまうので、身体に疲弊感を感じ始めたら

小休止する等して、腰周りに負担や疲弊感を

溜めない様に意識しながら過ごしたいものです。

そうした痛みや疲弊感が日々積もりに積もると

ある朝を迎えた時に、自力で布団から

起き上がれ無い。と言う状態に なる事も

あります。

痛みが酷くて動けずに居て、1日中寝たきり

状態になった場合ですら、

腰部に負担は掛かり続けてしまいます。

腰が痛い時の寝姿勢と身体への負担

同じ姿勢で寝続けて、腰の一点に負担が

掛かって居るな。と自身の感覚で感じて、

少し体勢を変えようか、と寝返りを打とうと

思っても、腰部が強烈に痛む場合には

ほんの数㎝身体を捻り、横に向く事さえ

自由には 行きません。

とは言え、私の経験上、ここまで痛む場合には

自力で起き上がる事が出来ないほど

腰の痛みが強くなっている と思うので、ここまで

自力で起き上がる事さえ出来ない程に痛む場合には、

同居している家族が居るならば 助け起こしてもらい、

その後は 椅子の上で腰に負担が掛からない様に

安静に過ごすと良いでしょう。

同居家族が おらず、一人暮らしの場合には腰の

痛みが強くなりそうな兆候が見られた場合には

出来れば数日前にはネット通販などで電動ベッドを

入手して、リモコン操作一つで寝姿勢から腰に負担を

掛けずに起き上がれるように準備しておいた方が

良いです。

【電動ベッドがある事で腰が激しく痛む時にも負担を
掛けずに起き上がる事が出来る↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です