膝関節を歩行時の負担から しっかりと守る補助アイテム

膝の痛みの原因は働きすぎて膝関節に疲労が蓄積して、
血液の流れがスムーズに行われ無くなって乳酸や

老廃物が体外に排出されなくなると、炎症を起こす事で
痛みが発生する場合や、加齢により骨と骨の間にある

軟骨が磨り減る事で支え機能が弱くなり、それに伴い
脚の筋肉が衰え、低下した所で何か衝撃を受けたり、

ダメージが生じる事で膝関節周りに激しい痛みが
生じる場合、あるいは接触性のあるスポーツで

人と ぶつかって外的要因により膝を痛めたり、ウエイト
トレー二ングや肉体労働で重い物を無理に持ち上げようと

した為に、腰に痛みを抱えたりなど、痛めた腰を庇いながら
過ごす事で膝に余計な負担が掛かリ、痛みが生じたり、

様々な原因で痛み出すパターンが ありますが、いずれの
場合にも早急に整形外科に行き、自身の現在の腰部の

状況を知りつつ、専門医に適切な治療してもらう事が大事です。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

しかし、私の経験上 整形外科に行ったからといって、直ぐに
『この箇所が こうなってるから痛みが生じている』

と、痛みの原因を的確に見極める事は なかなか難しい様です。

特に、痛み出してから最初に通院する迄に期間が空けば空く程、
一部位だけの痛みでは済まなくなり、あちこちに痛みが

散らばってしまうので、当然ながら痛みの大元と なっている
部位を特定するのが遅れたら、それだけ完治までに時間を

要してしまいますので、仕事や用事で行けない日々が続いても、
出来るだけ早く受診する事を おすすめします。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

今回は膝関節を痛めた場合に病院での治療時間以外の日常でも
膝に極力 負担が掛からない方法として、杖を日常的に使用する

と言う選択肢が ありますが、それでも1歩1歩 足を踏み出す度に
膝関節には負担が掛かってしまうので、それを緩和する為に

膝サポーターをグッ、と装着して、膝関節を周囲から固定して
支え様にするのが、膝を守るのに適していると思いますが、

杖と膝サポーターを併用して居ても どうしても日々 膝関節には
ダメージが生じてしまいます。

【膝関節を しっかりと覆い包み、上下のベルトで締めて
固定する膝関節サポーターは こちら↓↓】

そうした時にアフターケアとして、脚の筋肉をマッサージしたり、
ストレッチで解したりする事が大事ですが、それだけで無く

湯舟に ゆっくり浸かったりしてリラックスしながら、体内の
血液の流れを促す事も効果的です。

血液が疲れた身体の隅々にまで行き渡る事で、膝周辺の乳酸・
老廃物の排出も促されるので、血流の鈍りには気を付けて、

温める事で対処しましょう。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

これから本格的に夏場に突入する段階で湯舟には熱くて入れない、
と言う方の場合、膝だけを直接温める事が出来る

家庭用温熱治療器と言う物が今の時代 ネット通販で気軽に
入手できるので膝関節をピンポイントで温め、血液の流れを

促し、普段は膝サポーターで負担を 極力緩和しながら
過ごしましょう。

【膝関節サポーターで しっかりと膝関節を覆い包み、上下の
ベルトで しっかりと締め付けて歩行時の負担から膝関節を守る↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です