足腰の中でも股関節に痛み・疲弊感が強く現れると歩行困難になる

日々 碌(ろく)に身体を休める暇も無く忙しなく動き回っていると、
身体全体が疲労感に包まれ、身体は重苦しく怠さや倦怠感が身体全体を

蝕んでしまいます。

この様な状態になると、仕事を終えて帰宅してから食事や お風呂を
済ませて、一晩ぐっすりと休んだ程度では全身から疲労感が

取りされないので、その状態で また忙しい1日に身を投じて・・・・と
言う繰り返しでは、いつまで経っても身体から疲労感が

抜ける筈も ありません。

そうして、毎日毎日疲労感が蓄積し続けると積もり積もった疲弊が足腰
関節へ痛みとして現れてしまいます。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

これは足腰の筋肉の疲弊から、筋肉内部で血流が鈍り、乳酸・老廃物の
体外への排出が滞り、残った結果として痛みを感じてしまうからです。

腰や膝などの痛みの原因の一つとして、筋肉の過度な疲弊が挙げられ
ますが、他にも痛みの原因としては骨の変形やズレ・軟骨の磨り減り、

髄核の水分減少による衝撃に脆くなったりなど、幾つか要因は あります。

この様に足腰の痛みの原因は様々で、当然 人によって痛みの強さも
違えば、痛む箇所の併発なども症状として現れる人も居ます。

一箇所でも辛いのに併発してしまうと、あっちも こっちも気にしながら
日々過ごさなくては ならなくなります。

トレーニングや日常で怪我をしやすい腰部・腰椎を守る意識

私も併発して行って、どんどん痛む箇所が増えて行った結果として、
関節サポーターや杖の支え無しでは歩行困難な状態に なったのですが、

私の感覚としては膝関節よりも足首よりも、場合によっては腰の痛み
よりも厄介なのが股関節の痛みだと思います。

股関節と言うのは、1歩1歩 脚を踏み出す度に必ず可動する部位なので、
股関節サポーターを装着しても その痛みを完全に防ぐ事は難しいです。

例えば、膝関節が痛む場合は、ガッチリと強めに膝サポーターを装着して
片膝の動きを封じてしまっても、もう片方の膝が従来通りに歩行の度に

クッションの機能を果たしてくれさえすれば特に大きな問題なく歩く事は
出来ます。

日常で生じる股関節の痛みは避けれないのでケアを大切にする

しかしながら、股関節の場合は先程も書いた様に脚を踏み出す度に必ず可動
してしまうので、動きを封じることは出来ませんし 且つ、下半身の繋ぎ目で

あるので体重をズッシリと受け止めてしまい、1歩1歩 脚を踏み出すごとに
苦痛が伴う様に なるのです。

ストレッチやマッサージ、あるいは手間の掛からない温熱治療器により、
患部を直接的に温めて血液の流れを促進させる、と言う方法が

疲れている時、痛くて動きたくない時に簡単に行える方法として
こうした温熱治療が気軽に行えるアイテムが おすすめです。↓↓

【痛む患部を上からジワジワと温めて血行を促せる/筋肉の
疲弊や強張りを解消するならば自宅用の温熱治療器が効果的↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です