間欠跛行で痛む時の対策/腰痛サポーターと疲弊を癒す

多忙な日々を送る事で身体が疲弊し、足腰の各関節部位に
痛みが生じ、首の凝り・肩周りの張り・背中や腰の痛みに

悩まされる日々が始まってしまうと、朝起床した時に
起き上がるのも 一苦労で立ち上がり、トイレに行くにも

1歩1歩の歩行の度に腰に響いたり何かと日常生活に おいて
忍耐を強いられて しまいます。

トレーニングや日常で怪我をしやすい腰部・腰椎を守る意識

背中は姿勢矯正サポーターで ある程度、痛みや衝撃を和らげ
られますが、腰の場合は腰痛サポーターを装着して、

日々守っていても休息時に座って身体を休めようと思った時、
座り姿勢にも気を付けて、腰にダメージが溜まらない様に

気を張っていなければ なりません。

【お手頃価格の幅広タイプ腰痛サポーターで腰を日々の
負担から守る↓↓】

少しでも休もうと思っていても、椅子に座る深さや、背骨の
形状を意識しなければならない為、余計に疲れが溜まって

しまう場合も あります。

座る度に 身体が休まるどころか、疲労が積み重なってしまうと
言うのも、非常に困るのですが、 腰の痛みで更に厄介なのは、

就寝時にも負担が掛かり 1番疲れが取れる筈の睡眠時間にも
疲れが溜まり続け、翌朝に起床した時から腰の強い痛みに

耐え続ける1日が始まってしまう事です。

腰の痛み、と言うのは 整形外科やペインクリニックに通院して
いても1日2日で治る、と言う物では無いので日常生活に おいて

如何にダメージを軽減させるか、 と言う意識の持ち方と対策が
重要に なります。

足腰を痛めた時に、ちゃんとした整形外科を選ぶポイント/
問診時に見極める

日常で治療の経過を診ながら治療を進めて行く事を保存療法と
言いますが、ブロック注射などの処置を病院で施して貰ってから

次の通院日まで出来るだけダメージが蓄積しない様に この間は
過ごさなければなりませんが、間欠跛行の場合は この期間

何事も無く過ごす、と言うのは難しいです。

間欠跛行と言うのは、歩行して行く内に腰の疲弊感や痛みがドン
ドン強くなって行ってしまい、その内に とうとう足を

1歩踏み出すのもツラくなってしまう症状の事を指します。

歩いて居る時と言うのは脚の筋肉ばかりで無く、腰の筋肉である
脊柱起立筋も常に可動していて、歩く距離が長引く程に

脊柱起立筋に負担が掛かり続け疲弊感も強く感じるように
なってしまいます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

間欠跛行が強く現れて居る時と言うのは、例え杖を使用して足腰に
掛かる負担を軽減させようと思っても1歩1歩脚を踏み出す度に

脊柱起立筋が張り続けて それが原因で痛みが強くなり、1歩脚を
踏み出す事もツラくて直ぐにでも何処かに腰を下ろして

一旦 休みたくなりますが、進行方向にベンチが都合良くある訳では
無い場合、どんなに足腰に強い痛みが生じて居ても 歩き続けるしか無く、

気持ち的には その場に倒れ込みたくなりますが、それは出来無いので
目先の電信柱さえも遥か遠くに感じながら、家に着くまでは

何としてでも歩き続けなければ ならないので、この瞬間は地獄の如き
苦痛を感じますが、どうにか家に辿り着いた後は ゆっくりと身体を

休めつつ、痛む腰周りを中心にマッサージを施して 筋肉の疲弊感を
和らげる様に処置を施すと痛みが多少マシに なるので、

どうしようも無くツラい時には試してみて下さいね。

【リラックスした姿勢で簡単に身体をマッサージできる
コンパクトなマッサージチェアは こちら↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です