神経の痛みや間欠跛行で歩行がツラい時のケア方法/日常の過ごし方

腰痛の原因は様々だから状態や症状を知る事が大事

腰痛の原因は骨の変形や線維輪を突き破り、飛び出した髄核が
神経圧迫する事で痛んだり、脊柱管が狭まる事で

神経根を圧迫して痛んだり、あるいは接触性のスポーツで
他者と激しくブツかった事で急激に痛みが生じたり、など
 
痛みの原因は様々あるのですが、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、
間欠跛行、筋膜性腰痛、座骨神経痛などによる痛みで無い場合には

筋肉の疲労による炎症から来る痛みかも知れません。
 

ギックリ腰・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・間欠跛行/腰痛の原因

 
なので、まず どういった痛みか?、何が原因なのか?を知る事が
大事ですし、痛みや違和感を感じた時点で出来れば、整形外科や

ペインクリニックを受診する事が出来れば、日に日に悪化してしまう
と言った事態を避ける事が出来るかと思います。
 
まずは整形外科かペインクリニックを受診する事と、腰痛サポーターを
装着する事で負担を軽減しましょうね。

【幅広タイプの腰痛サポーターで腰周りをグッと締めて支え、
歩行時の負担を出来るだけ軽減するなら 安価な このサポーター↓↓】

 

日々忙しく働いていると、どうしても ゆっくりと身体を休める時間が
取れなくて、疲労の回復もキチンと出来て居ないままに、また新たな

忙しい1日の中に身を投じる事に なります。
 
そうした生活を繰り返していると、当然ながら身体全体を疲弊感が
覆い尽くし、重苦しさや怠さが身体の内部を蝕んでいきます。
 
重苦しく怠い日々が続くと、意欲も萎んで行き、身も心も重いまま、
これまでと同様の忙しさを こなさなければ なりません。
 
そうした状態で、相も変わらず 多忙な毎日を送っていると、疲れも益々
溜まり易くなり、身体の疲弊感は やがて足腰関節部位の痛みへと

転じてしまいます。

足腰が強く痛むと日常に大きな支障を来す

関節が痛み出したら、いよいよ これまでと同様に、と言う訳には行かなく
なります。
 
足腰の痛みと言うのは 仕事は おろか、日常生活にも多大な影響を与えて
しまうからです。
 

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

 
痛みが強くなればなるほど、2本の脚で自力で歩く事が難しくなり、その後は
杖を使用しても歩行困難に なってしまい、車椅子生活に・・・・
 
と言う流れになってしまうので、日常生活の中で如何に足腰に生じる
ダメージを小さく留めるか?が大切に なります。

 

腰痛関連の本を読んでみると、大抵ストレッチや動けるようならば、軽い
ウォーキングをしたり、軽い運動を進めて居ますが、これは布団から自力で
 
起き上がれ無い程の強烈な腰痛を体験した事のある人ならば、あるいは
日常的に近しい状態で苦しんでいる人ならば分かりますが、
 
強烈に腰を痛めている時と言うのは、ストレッチやウォーキングなどの
『軽い運動』すら行う事が出来ませんので、どうしても机上の空論と言う

印象が拭えません。

 

腰が強烈に痛む時はピークが過ぎ去るのをジッと待つ

 

強烈に腰を痛めた時に行えることは、ひたすら横になって痛みのピークが
過ぎ去る事を待つのみです。
 
痛みと言うのは私の経験上、常に一定では無いので、少し和らいで来たら
杖や手すりを頼りに室内を数歩程度でも歩いてみて、腰の筋肉である

脊柱起立筋が著しく脆弱にならない様に意識してみる事は大切です。

 
肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋
 

しかし、だからと言って痛みの波が少し落ち着いて来たからと言って、
張り切って外に杖を つきながら散歩・ウォーキングに出掛けてしまうと、

やはり腰を支える脊柱起立筋が疲弊してしまい、それが元で再び痛みが
あっという間に強くなってしまう事も あります。
 
すると、家に帰り着いてからも腰の疲弊から来る痛みに暫くの間、
苦しむ事になるので、腰の筋肉の衰えを防ぐ為に歩くにしても、

室内の短い距離を数歩づつ歩いてみて、疲労を感じたら直ぐに座ったり、
寝たりして腰に負担を掛けない様に するのが良いと思います。
 

外に張り切って出掛けてしまうと、結局、途中で間欠跛行の兆候が見られた時に
腰を下ろして休む所が無ければ、痛くて体感的に数㎝づつしか歩を進められ

なくても歩き続けるしか無くなってしまうので、これが腰に とって良い訳が
ありません。

間欠跛行は地獄の苦しみ

私は この様に間欠跛行で『腰が強烈に痛くて数㎝づつしか歩けないけれど、
家まで歩き続けなければならない』と言う苦しみを繰り返した挙句、

悪化に悪化を重ねて結局、日常生活を送る上で車椅子が欠かせない身体に
なりました。
 

腰の痛みのピークが訪れた前後に外に出ると、間欠跛行に苦しみやすく、そして
休む場所が無い為に歩き続けねばならず、この時の1歩1歩が腰に途轍も無い

大きなダメージを蓄積させてしまうのです。
 

間欠跛行を感じると、腰を下ろして休む場所が無い場合、その場に立ち尽くす
訳にも行かないので、(立っているだけで脊柱起立筋が収縮し、身体を

支え様とする為、どんどん痛みが強くなり続ける)

どんなに痛くても、『もう歩け無い』とギブアップしたくても、家に着くまでは
歩き続けなければならないので、そんな風に無理して歩き続けた事で

家に到着しても暫くの間、途轍もない痛みに襲われるのです。
 

結局、そんなにツラい間欠跛行を和らげる為には、腰の筋肉を過度に疲弊させない
様に するしか ありません。
 

歩行時にお腹に少し力を入れて腰痛による衝撃を和らげる

 
つまり、脊柱起立筋を著しく衰えさせたくないのならば腰の筋肉に疲労を感じた時に、
直ぐに腰を下ろして 一休み出来るように室内で、手すりや杖を支えに室内で歩いては

休み、歩いては休みを繰り返すのが確実な方法かと私は経験上思います。
イメージ的には、1人で行い続ける椅子取りゲームですね。

但し、音楽が途切れた瞬間に座るのでは無く、痛みや疲労感を感じた段階で
座る、と言うのを可能な限り繰り返すエンドレスゲームと なりますが。
 

腰の状態を見て、動けそうな日に そうやって室内を歩いてみて、少しづつ
筋肉の衰えに抗いましょうね。

そうして疲弊した身体を体圧分散マットレスなどの上に寝て、出来るだけ
負担を感じない様にして身体を回復させましょう。

【スイッチ操作で簡単に体位を替えられるエア体圧分散マットレス/
寝苦しさを感じた時にもリラックスできる体勢で眠るなら こちら↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です