腰が痛む時の対処法としてサポーターや温熱治療器を有効に使う

腰を痛めた時に どう

対処するか?

朝早くから、夜は遅くまで忙しく動き回り身体を休める暇も無い程に
多忙な日々を送り、身体のあちこちが痛む様になると、結局その先には

整形外科やペインクリニックなどへの通院の日々が待っています。

その際に、特に厄介なのが足関節の痛みと腰の痛みです。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

この足腰の痛みがある事で、1歩1歩の歩行が とてもツラい物になり、
膝や足首、あるいは股関節や 腰に強い痛みが走り、足を踏み出し

地面に接地する その都度、脚から腰に掛けて走る衝撃に堪えなければ
なりません。

身体の構造上、約5kgもある 頭部からの重さと重力・衝撃を緩やかな
S字カーブを描く 背骨が受け流し、骨盤・仙骨へと伝え、股関節から

両脚へとスムーズに 連動して 受け流して行くことで衝撃や重力が各関節
部位に乗っかること無く、身体への負担が少ないまま、日常生活を送る事が

出来ているのですが、足腰の何処か1箇所でも 痛めてしまうと、この
滑らかな伝達・連動が遮られ、その痛む箇所に負担の大部分が

乗っかってしまい、痛みは更に強い物へと変わってしまいます。

痛み出したら出来るだけ早く整形外科を

受診する

 

そして『厄介』と言うのは、ここからなのですが、その痛む箇所を
少しでも衝撃から守ろうと庇いながら 日々を送っていると、

今度は重心が偏る事で身体のバランスが崩れ始め元々 痛みの無かった側にも
負荷が乗り続けた事で、鋭い痛みが発生し出してしまう、と言う点です。

こうなってしまうと、後は悪循環に陥り こっちを庇うと、別の部位が
痛み始め、と言う連続に なってしまうので、日々多忙だとしても出来るだけ

時間を見つけ、整形外科への通院などが その後の悪化を 避ける為に
大切なのです。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

しかし、いざ病院を受診してもレントゲン撮影で骨の変形などの目に見える
異常が無い場合、医師から症状が軽い、と見られる為か、痛み止めを

処方されて、何種類かのリハビリをやって後は保存療法で その後の経過待ち、
と言う事になり、次の通院日まで状態が悪化しない様に自分自身で

足腰の痛みの管理をしなければなりません。

 

如何にして日々生じる負担を軽減するか?

 

こう言った場合には足や腰の筋肉の疲労から来る炎症が原因(筋膜性腰痛)
だと診断され、自身が如何に次の通院日までの期間に痛みを抑えて

過ごすか?と言うのが重要になるのですが、考えてみれば痛くて どうしようも
無くなったから病院に行ったのに、痛みに関するケアの素人である

自分自身で対処しなければならない、と言うのは なかなか酷な選択を
突きつけられた様に感じてしまいます。

実際にはケア、と言っても そんなに大袈裟な事を する必要は無いのですが、
少なくとも 必要なのは、関節サポーターと(痛みの強さに よっては杖も)

氷、そして患部を温める為の機器です。

関節サポーターは腰周りや膝関節を直接的に締めて固定して支えてくれるので、
最も重宝する補助アイテムに なります。

【幅広タイプの腰痛サポーターを装着する事で日常で生じる
負担を軽減する/S~6Lまで あるから適切なサイズで支えられる↓↓】

それでも、立ち上がる時や 歩く時に痛みが足腰に響いてしまう様だと、杖も
併用した方が良いです。

そして、炎症は疲弊した筋肉の内部で血液の流れが鈍り、乳酸・老廃物の排出が
スムーズに行かなくなり、留まってしまう事から炎症を起こす物質である

ヒスタミンが作られ、炎症を引き起こしてしまうのですが、この炎症が起こった時に
血流が高まる事で熱が強くなり、腫れも生じてしまうので、これを沈める為に

ビニールに氷を入れた即席の氷嚢が必要に なる訳です。

暗闇に浮かぶ三日月が美しい秋の夜/痛めた膝を即席の氷嚢で冷やす

そうして、何回も冷やし続ける事3日ほど経過したら、発熱や腫れが治まり、
今度は冷し続けた事で筋肉が硬くなっているので、血液の流れを正常に

近づける為に筋肉が硬くなっている患部を温める必要が あります。

例えば、腰の筋肉である脊柱起立筋を例にすると、温熱治療器で腰周りを
ジックリと温める事で血流が促進され、筋肉の強張りが少しづつ

解消されるのですが、何も温熱治療器の様な専用の機器が無くとも、お風呂に
入り、湯船に ゆっくりと浸かる事で身体全体を温めて血の巡りを良くする

簡易的な温熱療法は行えますし、あるいは浴槽の お湯と同じくらいの温度の
お湯に浸したタオルを絞り、直接患部に充てるのも効果的です。

こうした日常で行える いくつかの方法で 保存療法中も足腰に痛みを溜める事
無く、過ごしてみて下さいね。

【温熱治療器で痛む患部を直接ジワジワと温める事で
筋肉を解したり、血流を促して痛みを緩和する↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です