夜間でも安心して歩く事が出来るLEDライト付き伸縮杖

足腰を痛めて思う様に動けない時は

天候によって危険が増減する

ガタガタ震える程 凍て付いた気候の冬場が過ぎ去り、涼やかな気候を
感じる心地良い春の風が吹き始めて来ましたね。

しかしながら、まだまだ日々の寒暖差は激しく、風と同時に雨も降り、
時には嵐の様な大雨が吹き荒び、そういった中で ちょっと

お買い物に出かけようかな?

と、言うのは足腰を痛めている身体には非常に危険が伴いますし、
荒天の際は 屋内からは極力出ずに、おとなしく空が鎮まるまで

待つのが最善の判断と なりますね。

膝や腰が悪くて痛みを抱えている身体にとっては天候の変動によって
危険度が増減するので、荒天の際は家で身体のケアに努めるのが

最善の判断になるかと思います。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

嵐程では無いにしろ雨降りの時 片手に杖、もう片手に傘で夕暮れ時や
微かに見える月明かりに照らされた夜道を歩く時、向かい側から

人が歩いて来たり、あるいは自転車が走って来たり、自動車・バイク
だったり、道幅が広ければ、さほど問題が無い状況ですが車1台分しか

行き来できない様な道幅の場合、無理に来られたら、とっさに判断
できずに あわや、接触してしまう。

と言う様な状況になった事は 誰しも経験あるのでは無いでしょうか?

道幅や時間帯によって

大変な危険に遭遇する事も

雨で傘差していなくても、無灯火の自転車が いきなり突っ込んで来たり、
あるいは歩道で自転車に接触しそうに なったり、と言う状況は

割りと多く経験されているのでは無いでしょうか?

そういった際に、相手の動きが読めれば予め、片側に避ける事が出来ますが、
そうで無いと事故に巻き込まれてしまう恐れが あります。

そういった接触を避ける為に、私は杖に蛍光テープを巻いたりしてみましたが、
思ったほどは効果が無い様で、度々あわや、と言う状況に会ってしまいます。

視覚的に少し離れた位置からも分かりやすく見える様に対策をしない事には、
いつまでも こういった危ない状況は続くので、では どうするべきか?

と言うのを探していると、LEDライト付きの杖と言う物が今は販売しているの
ですね。

坂道でも安定するLEDライト付き4点杖

しかも、杖ストラップも付いていて、軽量の折り畳み式。持ち手は滑らかな
握りやすい形状で 使いやすく、身体を支えてくれます。

時々ありますが、何かの はずみで、杖が手から外れてしまった際にも、
ストラップ付きならば安心ですね。

杖を突く度に 光が点滅するというのが、向かい側から歩いて来た人に対して、
(あるいは自転車など)非常に分かりやすく視覚的効果が望めますよね。

LEDライト付きの杖だから夜間でも

見えやすく安心安全

月明かりに照らされた夜道で 杖を地面に設地するごとに点滅するのならば、
例え 向かい側から無灯火の自転車が来たとしても、狭い道で自動車が来ても

お互いが どう動くか読みやすいので、危険な状況と言うのも、かなり
減るのでは無いかと思います。

何しろ脚や腰が悪いと、素早く判断して避ける。と言うのが出来ませんので、
現状、身を守る為には 個々で自衛の手段を探して対策するしか無いのです。

秋冬の場合は春・夏に比べて益々、夜の暗がりが深みを増し、無灯火の自転車は
ほぼ見えないステルス機の様な存在に なってしまいますから、 こちらから

相手を認識出来ないのなら、相手が はっきり視認出来るように対策をして
身を守りましょうね。

【夜間でも安心のLEDライト付き杖で安心して歩行する↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です