足腰が痛む時は杖で日々の負担を軽減した上で温熱療法で温める

様々な要因で痛みが

生じてしまう腰周り

腰を痛める原因には間欠跛行・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・筋膜性腰痛
などの他にも腰の筋肉(脊柱起立筋)が疲労する事で内部で血流が鈍り、

乳酸・老廃物の排出が滞り それが元で痛みが発生したりなど様々ありますが、
どう言ったケースも まずは整形外科を受診し、現状の痛みの原因を知る事が

その後の腰痛対策を施す上で とても大切に なります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

しかし、腰痛対策を施すと言っても、例えば骨の変形や線維輪を突き破り髄核が
神経を圧迫している状態では自宅で大人しく安静に過ごし、保存療法に

時間を費やしても、悪化し酷くなる ばかりなので、そう言う時には医師の判断に
従い、手術が必要ならば検討しましょう。

それ以外の腰の痛みで『要手術では無い』と判断された場合には、やはり病院での
治療と保存療法が基本に なるので、如何に日常生活の中で足腰への負担を

少なく過ごすか?と言うのが、毎回の治療の度に治療効果がキチンと現れるか
否か?の1つの分かれ目に なるかと思います。

日常で如何に負担を

軽減して過ごすか?

そこで、今回は杖と関節サポーターを使うのは大前提として日常の中で、どの様に
日々積み重なる足腰へのダメージを小さく留めるか?に ついて書いて行きたいと

思います。

歩行補助器具を使い日常生活の中で生じる足腰への負担を軽減する

腰痛が悪化すると歩行困難になり、例え 杖を2本使っても歩くのが大変難しくなって
しまいます。

腰部だけの痛みに加え、股関節や膝関節まで強く痛み出すと、いよいよ杖2本
用いても、ほんの数歩 歩くだけで痛くて動けなくなります。

【歩行時に足腰に生じる負担を軽減する為に杖を支えにするなら こちら↓↓】

ですので、私の経験上こうした時に大切なのは まず第一に姿勢を
意識して過ごす、と言う事です。

この『姿勢を意識する』と言うのは、一般に言われている様な背筋を
ピン、と伸ばし続けるだけでは無く、時には敢えて背筋を緩める事も

含みます。

時には脊柱起立筋を意識的に緩める事も大事

背筋を張る姿勢を意識して保つ、と言う事は腰を支える筋肉である
脊柱起立筋が張りっぱなしの状態が持続する。と言う事なので、

筋肉の過度な疲弊を招き、その疲弊から血流の鈍り乳酸・老廃物の
蓄積から炎症に繋がり、痛みが発生してしまうので、

上手く脊柱起立筋を緩めつつ筋肉の張りの強弱を付ける事が大事に
なります。

日々の疲弊から生じる足腰の痛み/腰を緩める意識とは?

そして休める時に休み、マッサージやストレッチ、あるいは温熱
治療器で患部を温めて血行を促し、血管の開きを良くして

乳酸・老廃物の排出を促す様にすると、少しは状態が楽になります。

今の時代は こうしたアイテムもネット通販で気軽に探せるので
マッサージ器や温熱治療器を探してみて下さいね。

日常で生じる疲弊感を毎日寝る前に解して身体をリラックスさせて
から眠りに就くと翌朝 目を覚ました時に身体が楽になるので、

この様なアイテムを活用して日々負担を和らげ楽に過ごしましょうね。

【家庭用の温熱治療器を活用して腰や脚の痛む部位の筋肉を温めて
和らげる事によって痛みを緩和する↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です