足底筋膜炎が痛み出した時の簡単な対処法

日々の疲弊感の蓄積から足腰関節が

痛み出してしまう

毎日休む間もなく労働や用事を続けていると、身体全体に疲労感が
どんどん溜まり続け身体は重苦しくなり、怠さや倦怠感を伴います。

その様な状態でも尚も無理して稼動し続けると、ある時から足腰に
痛みが現れ始めます。

足腰の痛みと言うのは非常に厄介で、日常で どんなに避けようと
思っても常に足腰には負担が掛かり続け、日を追うごとに

どんどん痛みは強くなって行ってしまいます。

関節部位の痛みとは別に脚には痛む要素が他にもあります。

それは足の裏、踵から伸びる筋膜である足底の筋膜が過度な

疲弊から炎症を起こしてしまう足底筋膜炎と言う症状です。

足底の痛み、と言うと何だか『我慢すればどうにかなりそう。』と
思ってしまいますが、ところが実際にこの症状が現れ始めると

歩くのも立っているのも辛くなってしまいます。

足底筋膜炎で痛む足を守るインソール靴底クッション

立っている状態と言うのは、当然ながら足に体重が強く掛かっている
状態なので、体重を支えようと足が負荷を受け止めてしまいます。

すると踵から伸びる筋膜がピン、と張り詰めてしまい強い痛みが
生じるのです。

血行が促されると痛みが落ち着くのが

足底筋膜炎の厄介な点

更に歩き始めると その途端に痛みが強く生じたり、かと思えば無理して
動き続けていると血流が促され足先まで活性化して痛みが和らいで

落ち着くので、そのサイクルが続いている間は『厄介な痛みだな』と
思っても放ったらかしてしまいがちです。

まさにこれが足底筋膜炎の厄介な点で歩き始めは激痛なのですが、しばらく
我慢して稼動している内に痛みが落ち着いてしまうので対処も後回しにして

しまうので、いつまで経っても治りません。

長引く足底筋膜炎の痛みも足底ストレッチで和らげる

それどころか、足底筋膜炎を庇いながら歩いている内に身体の重心バランスが
崩れ、膝関節や腰など別の部位に無理な負担が掛かる様になってしまうのです。

私の場合、足底筋膜炎から始まり膝・股関節・腰・足首と色々な部位を痛め、
遂には歩行困難な状態にまで陥ってしまったので足底筋膜炎は早い段階で

処置をするべきだと思います。

始動時に毎回激しい痛みが伴う足底筋膜炎

話は戻りますが、動き続ける事で血流が促され 一時的に痛みが落ち着くのですが、
10分~15分程度小休止して再び動き出すか、となった時にも 再び振り出し状態に

戻り、また動き始めの激しい痛みに襲われます。

それは お昼休憩の時にも午後の休憩の時にも同じで、休憩する度に稼働中は
落ち着いていた痛みが振り出しに戻るので動き始めは毎回 歯を食い縛りながら

痛みに耐える必要が あります。

ですので、こうしたサイクルを繰り返して居る内にあちこちにまで痛みが広がって
しまうのは避けられないので、なるべく早い段階で整形外科に行くなどして

対処した方が良いです。

整形外科への通院と同じくらい大切な日常での足腰のケア

とは言え、整形外科に行っても最初の内は湿布を貼ったり痛み止めで様子を
みたり、改善されない場合はブロック注射を打ったりなどの流れになるかと

思いますが、要手術の場合を除いては やはり自身で日常のダメージから
足を守る必要があります。

そうした時に役立つのが私の場合、足首サポーターや厚めのサンダルでした。

足底を守る時に厚いサンダルで歩行時の衝撃を和らげると言うのが最も効果的
でしたので試してみて下さいね。

【そこが厚めのサンダルで足底筋膜炎の痛みから足裏を守る↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です