路面状況によって足腰のダメージも大きくなる

日々の忙しさから疲労が蓄積し、足腰に

痛みとして反映されてしまう

日々忙しく動き続けていると いつの間にか身体中に疲労が広がり、それでも尚
身体を酷使し続けていると 身体を包む疲労感は足腰関節部位への痛みへと転じ、

仕事はおろか 日常生活に多大な影響を及ぼす様になります。

日々の疲弊の蓄積で痛めてしまう2つの簡単な腰痛対策法

肩・肘・手首などの痛みだったら、まだ その箇所を使わない様に注意をすれば
余計な負担が掛かる事は避けられますが、こと足腰の痛みに関しては

その余計な負担を避け続ける事は難しいです。

何故ならば、体重が常に掛かり続ける部位であり、腰椎に至っては上半身の動きに
より 負担の度合いが大きく左右される部位であるので、痛み・負担を完全に

避けると言う事は不可能と言っても良いでしょう。

体重増加で腰に掛かる負担が増えると痛みも増える

しかも足腰と言うのは、少しでも痛みが現れ始めてからが厄介で、腰から下の何処かの
部位が痛みを感じて、その箇所を庇いながら歩く様に自然と なってしまいますから、

今度は庇って歩いた事で元々痛みが無かった側の足腰にも負担が蓄積して そちら側の
部位にまで痛みが広がってしまうのです。

出来れば早い段階で

整形外科を受診したい

この様な状態になる前に、出来れば整形外科を受診し、治療を受けた方が良いですが、
基本的には要手術とみなされない場合には保存療法で経過を見ながらジックリと

時間を掛けて治すのが殆どなので結局は日常生活の中で自身で痛み対策をして自身で
足腰の痛みをどうにか軽減させないと いけません。

整形外科への通院で早く完治を目指す上で大切な事

とは言え、自身で行える対策と言っても、足腰各部位ごとの関節サポーターを装着したり、
あるいは杖を日常的に使用したり、それらの併用に加えて痛み始めには冷やしたり、

腫れや熱が引いてきたら温熱治療器で患部を温めて血行を促したり、もし痛みに余裕が
あるようだとマッサージしたり、ストレッチしたりなどが有効ですが、これらの内

あれもこれも行うのは中々大変ですので、足腰を直接的に衝撃から守る関節サポーターと
杖の併用が最も日常で備えやすい対策手段かと思います。

家で気軽に行うマッサージ手順
 
 
杖と関節サポーターの併用で足腰を負担から守る

そうして日常的に関節サポーターと杖で歩行によるダメージから守りながら歩くのは
とても有効なのですが、しかし路面状況によっては必ずしも有効であるとは

言い切れない場面が あるのです。

路面状況によって足腰へのダメージが変わる

それがアスファルトがヒビ割れて居たり、抉れていたり、あるいは砂利道を通らざるを
得ない状況の時、または階段・段差・坂道・勾配を避けては通れない時、これからの

季節は暫く大丈夫ですが、積雪があって路面凍結して居る時など、様々なシチュエー
ションで普段は万能とすら思える杖と関節サポーターの併用が さほど足腰を

守ってくれなくなってしまいます。

とは言え、雪以外の状況の場合には何も装着していないよりは足腰へのダメージは小さく
抑える事が出来るので、痛みが日々強くなり続けるよりも、関節サポーターと杖で

可能な限り小さく留めた方が良いと思います。

これは殆どの場合、自宅周辺の路面状況次第で足腰へのダメージの度合いも変わって
来ると言う事でも あるので、出来るだけ平坦な路面に住んでいる方が足腰への負担が

少なく済む、と言う事でもあるので足腰へのダメージを極限まで減らそうと思うの
ならば、完全に平坦な路面状況の地域に引っ越すしかありません。

それは多くの人にとっては難しい選択でしょうから、少なくとも関節サポーターと
杖で日常的にダメージから身体を守ろうとする事が平坦な路面の地域に

住んでいない人にとっての最善の足腰の痛み対策になると思います。

【幅広タイプの腰痛サポーターで腰をしっかりと支えて守る↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です