足腰に負担が掛かる立つ時、座る時の負担を和らげる専用アイテム

多忙な日々を送り毎日ぐったり疲れて碌に身体を休める暇も無く
就寝して朝を迎えまた多忙な1日が始まり、と言う生活を

繰り返していると身体中に疲労が溜まり、それが関節部位に
徐々に及んで行き、やがて強い関節の痛みへと発展して行くと

仕事は勿論の事、日常生活にも影響が出始め・・・・と、身体の
疲労、特に関節部位への積み重なった疲労・ダメージと言うのは

1歩1歩の歩行の度に足腰に衝撃が伝わり強い痛みが生じる事に
よって近所に お買い物に行くのですら、ツラくなってしまいます。

日常生活も辛い程の腰痛時に如何に対策を施すか

特に足腰の疲弊から来る関節痛というのは厄介で、腰部の脊柱起立筋
などの血流の鈍りから炎症が起こり、痛みが発生し、何処か1箇所が

痛み始めると その箇所を庇いながら日々過ごす様になり、痛みが
無い方に重心を傾けながら 生活をする事に なるので、その様な

状態で数日~数週間過ごすと重心の偏りから身体のバランスが崩れ、
元々痛みを感じていなかった側にも 疲労が積み重なり、痛みが

生じる様に なってしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

そうなると悪循環の繰り返しで右が痛めば左を多用する様に なり、左に
痛みが強く出れば右に重心を傾ける様になり、そして結果的に身体中

あちこちに痛みが拡散してしまう様に なるので、出来れば足腰関節部位に
痛みや違和感を感じ始めた初期の段階で整形外科、ペインクリニックを

受診する事が その時点での最善の選択に なります。

ですが、通院したからといって今日明日に直ぐに治る物でも無いので、治療
以外の日常でのダメージ緩和対策が大切に なります。

その対策として1つは足腰が痛む場合は腰痛サポーター、股関節サポーター、
膝サポーター、足首サポーターなどの各部位専用サポーターを日常的に

活用して 日々の歩行や立ち上がる時、座る時の負担を和らげる事が重要に
なります。

関節サポーターで痛む患部を守ると言う選択肢

立ち上がる時や座る時に 支えになる補助アイテムがあれば尚 良いのですが、
そういう時には 杖よりも手すりの方が心強いです。

と、言うのも、椅子に座る時ならば 高さ的に それ程 気にならないですが、
床に敷かれた布団に入る時、あるいは床に直接座る時と なると、

杖の場合、手で支える位置が胸よりも上の位置、頭上の位置で杖の持ち手を
支える事になるので、この高さで無理に杖を支えとして頼ってしまうと、

肘関節や肩なども痛めかねません。

なので、縦に一直線の杖では無く、横に走る手すりを 支えに座る様にする事で
(勿論、立ち上がる時も)足腰への負担も小さく留める事が出来ます。

しかし、この方法に もし問題点があるとしたならば、手すりは基本的に壁際に
しか設置されていませんので、壁際で一旦座り、布団まで膝立ち姿勢のまま

移動するような恰好に なってしまいます。

この問題点を解消してくれるのが立ち上がり専用手すりの存在です。

立ち上がり専用、と言うだけあって、手すりの底の部分はガッシリと横に広く
設計されており、安定感を重視して作られているのが分かります。

この手すりならば、部屋の中央だろうが、布団の直ぐ傍に置いておこうが
自由なので、これで立ち上がる時も 座る時も困りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です