常に可動する股関節の痛みを防ぐには?/効果的な対処法

足腰の痛みは、過労の結果や突発的な衝撃を受けて痛み出したり、
あるいは加齢による軟骨の磨り減りにより、その周辺の筋肉が

補助的に支える役割を果たし過度な筋肉疲労で痛みが生じたり、
骨の変形などで痛んだり、そして何らかの要因で神経を

圧迫している場合に激しい痛みが現れます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

足腰の場合は何処が痛んでも日常生活に影響を及ぼす可能性があり、
例え痛みが軽めだからと言って、処置を後回しに してしまうと、

日を追うごとにダメージが蓄積されて、やがて歩行困難と言う状態に
まで悪化してしまいます。

日常の中で腰に負担が掛かり易い状況と足腰への痛み対策/車椅子

腰(脊柱起立筋)・股関節・膝・足首と、日常を送る上で痛んでは困る
部位で日々体重を支えたり歩行時の衝撃を受け止めているので、疲労が

蓄積したり痛んだりするのを どんなに避けようと思っても、なかなか
難しいです。

日常生活も辛い程の腰痛時に如何に対策を施すか

そうした中で体重を支えるだけでなく、上体の動きにも左右される『腰椎』は
最も負担が掛かり易い部位でありますが、腰と同じくらい疲弊しやすいのが

股関節で あります。

股関節の場合、その他の関節部位と異なり関節サポーターで締めて固定する事で
動きを制限する、と言うのは完全には行えなえません。

どうしても1歩1歩の歩行の度に脚を踏み出す事で股関節が大きく動き、痛みを
伴ってしまいます。

股関節サポーターを装着すれば、ある程度の衝撃や、負担から守る事が出来
ますが、どうしても歩数が増えると痛みが強くなり、苦痛に耐え続けなければ

なりません。

股関節が痛み出したら1歩1歩の歩行で苦痛が伴う

股関節の痛みには私も毎日悩まされていますが、杖2本と腰痛サポーター、
そして股関節サポーターを併用した上で、歩幅を小さく留めて慎重に歩く事で

足先から股関節・腰に響く衝撃を小さく抑える事が出来ます。

股関節に痛みを感じ始めたら何も歩行時だけで無く、椅子に座っている時にも
ジワジワと痛みや痺れを感じる様に なります。

股関節の痛みの原因は、腰部の神経圧迫による事が多いらしいのですが、病院で
聞いた時に納得しました。

確かに、腰が激しく痛んで来たタイミングと、股関節の痛み・痺れが顕著に
現れる様になったタイミングとが 一致していましたし、何よりも腰が強く

痛む周期には股関節の痛み・痺れも より顕著に現れるのを感じるからです。

つまり、股関節の痛みを どうにか和らげたい!と思う場合には腰のケアも
同時に行わなければならない、と言う事です。

しかしながら、先程ほども書いた様に腰や膝関節とは異なり、関節サポーターで
動きを完全に制限するのは難しく、歩く度に どうしても痛みを感じてしまい易い

部位であるので、ケアも容易では ありません。

結局のところ、股関節に凝りや張りを 感じるのならば、マッサージをして
揉み解したり、温熱療法で血流を促したり、何時でも行える対処法で

一時しのぎ的に筋肉の張りや血液の流れを正常に保つ、と言うのを意識して
頻繁に行って行くのが、股関節には効果的なのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です