足腰が どうしようも無く痛むのならば車椅子の使用を検討する

朝から晩まで日々忙しく働いていると自身でも気付かない内に、あるいは
途中で気付いては いるけれど、やるべき事を優先してしまい、自身の事は

後回しに している内に身体全体に疲労感がドッと押し寄せて その疲労感から
来る身体の重さ、怠さ、倦怠感に包まれてしまうと何事に対しても

意欲が削がれ、それでも尚 生活の為に!と無理をし続ければ足腰など関節
部位に痛みが生じ始めてしまいます。

日々の疲弊の蓄積で痛めてしまう2つの簡単な腰痛対策法

身体全体の重苦しさと言う身体からの警告サインを『これ以上は危険だ』と
分かっていながら忙しい仕事を日々、乗り越えるを優先してしまうと

当然ながら、身体は そんなに頑丈では無いので、自身のキャパを超えた時に
突如として無理をしていれば している程、痛みが強く爆発してしまいます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

時には 忙しない日常の ほんの一瞬でも時間を見つけてマッサージするなり
ストレッチするなりしていれば多少は筋肉が解れたり、血液の流れが

促進されたりするのですが、忙しい日々に追われている内は自身の身体の
ケアは後回しにしてしまいがちです。

問題は疲弊が積もりに積もり、足腰の痛みが爆発した後に どうケアをするか?

と言う事なのですが、足腰と言うのは約5kgもある頭部からの重力・重心を
緩やかなS字カーブを描く背骨が柔らかく受け流し、骨盤・仙骨へと伝え 、

それを両脚に分散して行く事で日々 負荷やダメージを感じる事なく歩行が
行えている訳なのですが、ところが腰を支える脊柱起立筋が過度に疲弊して

炎症を起こしたりして、痛めてしまうと この滑らかな関節の連動は痛めた
箇所で妨げられ、1歩1歩の歩行の度に腰や足に負荷が乗ってしまう様に

なるので、益々日常で感じる痛みが強くなってしまうのです。

腰痛にはサポーターに加えアフターケアも重要

ですので、日常の中で関節サポーターを装着したりして極力 関節部位に負担が
掛からない様に 対策を施す訳ですが、日常生活に おいては関節サポーターを

装着する以外にも関節部位に掛かる負担を抑える方法が あるので、それについて
書いて行きたいと思います。

腰が痛む時に行う対策/腰が痛む時に行えない事

その方法は車椅子を使用する、と言う事です。

勿論、車椅子の使用を検討している、と言う事を担当の医師に伝えてから、判断を
仰ぐことが大切ですが、整形外科の医師は あくまで、骨の変形や神経を

圧迫しているか否か?から、身体の痛みの状態を推測しているので、もし骨の変形が
痛みの原因で無い場合、基本的にブロック注射を打ったりリハビリを行ったり、

などの保存療法で経過を診て、次の通院日には これをして、などの判断になるので、
基本的に医師には通院日と通院日の間の日数で毎日痛みが重なり続けている、と言う

事実は見てくれません。

医師は あくまで医師で、痛めている患者では無いので日々積み重なる痛みが どれ程、
辛いのかは分かりません。

腰を痛めた場合、何処まで病院に任せるか?日常で どう過ごすか?

なので『日々生じる痛みに耐えるのが辛い。』と、なったら車椅子を使用して、痛みを
極力 抑えましょう。

とは言え、いきなり車椅子を使い始める、と言うのは簡単では ありません。

それは、何処へ行くにも平坦な道続きならば良いのですが、実際には何処へ行くにも、
多少なりとも歩道の勾配や ちょっとした段差・道路脇の溝・アスファルトの抉れ等の

状況に出くわす可能性が あるからです。

車椅子で響くガタガタ路面/振動の影響を受ける膝と腰

これらを腕の力だけで避けたり、乗り越えようと思うのは容易では ありません。

最初の内は平坦な道ですら上半身のみで身体を運ぶだけで心拍数は上がり、呼吸も
激しく乱れますし、日常に車椅子を取り入れるにしても、多少なりとも動作に

慣れる為の練習が必要です。

なので、もし日常で使用するならば自宅周辺の平坦な道で少しづつ慣らして行くのが
良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です