燦々太陽 のすべての投稿

燦々太陽 について

身体の不具合に対処する方法について 日々情報収集してます。 健康食品・サプリメント、関節サポーターや杖、 体圧分散マットレスや姿勢を正しく保つサポーター等を 活用し 関節の痛み、腰の痛み改善方法についても 色々探しています(^_^) 私自身、身体のあちこちを痛めているので どうすれば日常が楽になるかを サポーターや関節保護用具、テーピングを 自分の身体で試して 試行錯誤しながら日々過ごしています。 イラストなどを交えて毎日綴っています。

足底筋膜炎で痛む靴底にインソールを敷き、負担を軽減させる

それは突然生じたり、あるいは日々の

激務の中での 疲弊の蓄積により、

徐々に健康な脚が ダメージにより 蝕まれて

行く様に ジワジワと 痛みが積もりに積もって、

ある時突然強く痛みだしたり。

私の場合は、後者のパターンだったのですが、

痛みが強くなりつつ あっても、

騙し騙し 仕事し続けなければならず、

とうとう、ある時 どうしようも無くなり、

繁忙期が過ぎてから、

長めの休みをもらう事が出来たので、ようやく

整形外科を 受診する事が出来ました。

痛みを感じ始めた初期の段階で通院出来ないと
長引いてしまう

それでも、長い間 我慢し続けていたので

思っていた以上に 状態は悪くなっており、

未だに定期的な 通院が欠かせません。

脚というのは、上半身からの衝撃や重力を

背骨の緩やかなS字カーブで受け流し、

骨盤・仙骨を通じて、股関節へと伝え、

両足へと分散させるように 仕組みとして

出来ており、また、逆に地面からの衝撃も

足底が接地し、

足首、膝、股関節・骨盤~という様に 上から下、

下から上、と それぞれの関節部位が上手く

衝撃を受け流す事で、歩行などが速やかに

行えるように なっています。

足腰の厄介な点は日々生じるダメージが
あちこちに拡散されてしまう事

しかし、悪い事に 脚や腰を痛めた場合、

その各関節ごとの 受け流す機能が損なわれ、

足腰に 非常にダメージが溜まる様に

なってしまいます。

私は、足底筋膜炎を庇う様にして 歩くように

していたら、足首・アキレス腱、膝・腰など

各部位にも 痛みが出始めて、どんどん状態が

悪くなってしまったので、早い段階での対処が

非常に重要だと 痛感しました。

対策としては、まず整形外科などに 通院しつつ、

日常生活に おいては、

杖や足腰の各部位ごとのサポーターを有効に

活用し、関節部位を 衝撃から守り、

痛みを緩和させる事ですが、足底筋膜炎に

関しては、足首までの対策だけでは無く、

足底までしっかり 痛み対策をしよう!と

意識する必要が あります。

足底を守るなら厚めの履物か靴底インソールで
クッション性を高める事

この足底の対策に関して、

私は底が厚めのサンダルを履くことで

かなり緩和できたのですが、

(サンダルなのは靴だと締め付けられる感覚が強い為)

靴を履く場合の対処法としては、

足底を歩行の衝撃から しっかり守ってくれる

クッション性の高いインソールを使用する事です。

足底筋膜炎に対しては、足底の痛みを庇う為に

重心が 一方に偏り、歩行時の身体の バランスが崩れ、

他部位にダメージが 蓄積してしまう為、

杖・腰、膝、足首など各部位サポーター、

クッション性の高いインソール

(もしくは弾力性のある厚めのサンダル)まで

備える必要が あると思います。

準備万端で日々過ごすと少しづつ効果を実感出来る

出来れば、股関節保護サポーターもあれば

より万全な 対策となります。

ここまで対策をして、定期的に通院する事で

少しでも 日常生活を送る上で、

痛みが和らぎ、いつか楽に歩行出来るように

なる日が訪れて、痛む足底が 早い完治に繋がる事を

願っています。

Dr.NOMADO ドクターノマド dr.nomado インソール 足底筋膜炎インソール プレミアム 形状記憶インソール MOCAモカ シューフィッターお勧め商品 偏平足 足底筋膜炎 外反母趾 モートン病 腰痛 ゴルフなどにも最適 男女兼用 ギフト プレゼント 贈り物 中敷き

股関節の痛みを和らげる股関節サポーター

毎日の仕事疲れ等が積もりに積もって身体が

疲弊すると、身体の重苦しさに加えて

足腰に痛みと なって反映されます。

足腰の痛みと言っても 間欠跛行椎間板ヘルニア

脊柱起立筋の疲弊により、

腰の筋肉が炎症を起こしたり、軟骨の

磨り減りに よる痛みだったり、

足首を捻ったり、足底筋膜炎だったりなど、

様々ありますが、いずれの場合も仕事にも

日常生活にも支障を来してしまいます。

そうした時に、何とかダメージを大きくしない様に

関節サポーターを装着したり、

テーピングを施したり、どうにか対策を すると

思うのですが、足腰の痛み対策には

路面状況や天候、季節ごとの気候なども

考慮しなければ なりません。

地面が凸凹だったり、砂利道だったり、

急な坂道・傾斜だったりすると

杖を支えにしていても足への負担は

避けられませんし、とは言え、

日常に おいて、直接的に足腰を支えてくれる

アイテムという事を考えた時に

杖の存在は欠かせません。

特に、坂道・傾斜に関しては どうしても

路面の角度に合わせて、

足底を地面にピッタリと付けなくては

ならないので、足首が痛い場合や

足底筋膜炎の足には非常にツラい障害物に

なります。

そして意外に辛いのが、股関節の痛みが

発症した場合なのです。

股関節の痛みは平坦な路面を杖を支えに

歩いている場合でも、1歩1歩足を踏み出す度に

痛みが生じます。

それは何故かと言うと、前回書いた様な膝関節の

場合には関節サポーターで締めて、

動きを制限しても杖が ありさえすれば、歩行は

可能なのですが、股関節は そうもいきません。

どんなに、股関節サポーターで締めて動きを

制御しようとしても、股関節が可動しない限り、

前進出来ないですし、前に進もうとすると、

必ず股関節が可動し、その度に痛みが

伴うのは避ける事が出来ません。

先程も書いた様に、平坦な路面ですら その様に

痛みが生じるのに、更に歩道に頻繁に現れる

車が出入りする為の勾配となると、通常よりも

足を強く踏み出さなければバランスを

崩してしまいますし、勾配の上りにも下りにも

対応出来ません。

歩道の構造上、頻繁に勾配が現れるのは

避けられませんし、かと言って、

それが分かって居ても股関節に生じる痛みを

緩和する事は難しいです。

私は長い期間 股関節の痛みに悩まされているので、

日々どうしたら少しでも痛みを抑える事が出来るかと、

股関節サポーターや杖を併用して、歩幅や背筋の

角度などを考えながら過ごして居るのですが、

結局の所、歩幅と背筋を意識しつつ、歩めば 少しですが、

股関節のダメージを小さく留める事は可能です。

しかし、小さく留めたところで、毎日毎日少しづつ

ダメージが蓄積し続けている、と言うのは

動かしがたい事実なので、幾ら歩行法に気を付けた

ところで、いつか積もり積もった痛みは爆発してしまいます。

なので、1日の終わりにマッサージや温熱治療器で

温めたりなどのアフターケアが大切に なります。

アフターケアとして疲弊して凝り固まった股関節

周りを解したり、

血流を促進させるのとさせないのとでは

翌日の股関節の状態が かなり違うので、

歩行時にばかり気を遣うのでは無くて、疲弊した

股関節を癒す事を意識する事も大切です。

うす楽スイスイ インナー股関節サポーター 左右兼用 男女兼用 股関節サポーター 股関節ベルト 歩行補助 整体 骨盤補正 股関節 骨盤 矯正 送料無料

電動ベッドを使用して、朝起きた時の腰の負担を軽減する

日々労働や家事育児、様々な用事で忙しなく

動き続けて 気付けば身体全体が疲弊し、

足腰関節には痛みが走っている状態に。

そうなると、まず仕事上は おろか、日常生活に

おいても、不便さを感じる様に なります。

痛みが強くなれば なる程、不便さだけでは

済まずに、常日頃から痛みに悩まされ、

身動き一つ取るのにも苦労を感じる様になります。

脚と腰。

上体からの負荷を受け止めたり、下方に流したり

支えたりする部位で あるので、

少しでも痛みが生じ始めたら、途端に痛みの進行が

凄い速度で 始まってしまいます。

痛みの進行が何故早いのか?は 先ほども

書いた様に、上半身からの重力や衝撃を

緩やかなS字カーブを描く背骨が受け流し、

骨盤・仙骨まで伝え、

そして股関節~両足へと分散させて行くのですが、

これは全身の関節部位のスムーズな連動が

有ってこそ為せるのです。

例えば、肩を痛めた。とか肘関節や

手首が痛む。

とかならば、そちら側の腕で荷物を持たず、

歯磨きや箸を持つ腕さえも変えれば、

負担が掛かる事は ありませんが、足腰の

場合は勝手が違います。

立ち上がる時、座る時、歩く時と 何かと

体重を支える為に負担が生じ、

日常に おける動作で、負担をゼロにする事は

難しいでしょう。

痛みが生じているのに、無理を し続けると

杖無しでは歩行困難な程の

状態に なってしまいます。

痛みが酷くて動けずに居て、1日中寝たきり

状態になった場合ですら、

部に負担は掛かり続けてしまいます。

同じ姿勢で寝続けて、の一点に負担が

掛かって居るな。と自身の感覚で感じて、

少し体勢を変えようか、と寝返りを打とうと

思っても、部が強烈に痛む場合には

ほんの数㎝身体を捻り、横に向く事さえ

自由には 行きません。

とは言え、私の経験上、ここまで痛む場合には

自力で起き上がる事が出来ないほど

腰の痛みが強くなっている と思うので、

ここまで自力で起き上がる事さえ出来ない程に

痛む場合には、同居している家族が居るならば

助け起こしてもらい、その後は 椅子の上で

に負担が掛からない様に安静に過ごすと

良いでしょう。

同居家族が おらず、一人暮らしの場合には

腰の痛みが強くなりそうな兆候が見られた場合には

出来れば数日前には電動ベッドを用意して、

リモコン操作一つで寝姿勢から腰に負担を掛けずに

起き上がれるように準備しておいた方が良いです。

私が初めて自身の力だけでは起き上がれ無い程の

激しい腰の痛みに襲われた時には、

3日程 布団から動く事が出来ずに 何とか手が届く

範囲内にあった 蜂蜜と飴を舐めて飢えを凌いだ

と言う経験が あるので、腰に いつも以上の

疲弊感が生じていると感じた時は、

その翌日か翌々日には強烈な痛みが現れてしまう事が

経験上多いので、

兆候を感じた時点で『その時』に備える事が

自身の生命を守る上で とても大切だと思います。

ここまで足腰に痛みが生じる事の辛さに ついて

綴りましたが、電動ベッドを用意したり、

他にも関節サポーターや杖を使用したりすると、

負担を ある程度は軽減させる事が出来ますが、

一番良いのは足腰の痛みを感じた段階で整形外科へ

行く事だと思うので、

出来るだけ早めに受診してみて下さいね。

★ポイント最大16倍★【全国配送可】-電動ベッド 穂高 1モーター 宮付 / HBS-134-MY1 ダークブラウン コイズミファニテック 1ケ JAN4905959454583 kt336656 取寄品(非課税)-【介護福祉用具】

背中ストレッチクッションで1日溜まった疲れを取る

周りの痛みは 身体を休める暇もない程、

肉体を酷使し続けた結果だったり、

運動時、急に強い負荷を掛けた為、痛みが

生じたり、加齢により腰の筋肉の衰えや

クッションの役目を果たす椎間板

摩り減り等によって 痛みが発生したり、

あるいは、長時間座りっぱなしのデスクワークなどで

への負担が掛かり続け、痛みへと繋がったり。

痛みが生じる要因は 個々の状況によって様々ですが、

いずれにしても 1度痛みが生じると仕事は勿論、

日常生活に おいても、常に痛みという物は

付きまとうので少しでも痛みや違和感を

感じた段階で、速やかに整形外科ペインクリニックなどに

行かれることを お勧めします。

私の実感として、自然の治癒力よりも

日常生活の中で 蓄積するダメージの方が

上回るので、安静に過ごしていても

ほんの少しの歩行が、

ほんの少しの座り姿勢が 安静にして

負担が掛から無い様に 気を付けていた分も

上回る痛みを生じさせてしまうので、

1度でも痛みを感じたら、

専門医に診てもらうのが その時点で最善の

選択だと思います。

腰は牽引したり、温めたり マッサージで

ほぐしたり、治療・リハビリを行って、

ひと時 楽になったとしても、帰路に着く段階で

杖や腰痛サポーターを装着して

腰周りを保護して 極力負担を和らげる様に

過ごしたとしても、

大体の治療時間20分~30分よりも、それ以外の

日常生活の時間の方が 遥かに長いので、

病院以外の時間を 如何にダメージ少なく過ごすか?

という事を考えながら、日々の対策を施す事が

大切になります。

自分自身の少し先の健康的な生活を

思い描いた時に、まずは どの様に守るべきか?

その次に、どの部位に負担が強く生じているのか?

というのを、冷静に日々の生活の中で分析して

腰を主に、

その他に痛みが生じている部位に対して、

関節サポーターや 杖などで負担を和らげる事が

大切です。

通常病院以外で出来る各々の日常における

腰を保護する対策の手段ですが、

腰痛サポーター・コルセットを装着する事で、

立ち上がる時、歩行時、座る時と

ほとんどの腰に負担が掛かる状況での

ダメージを 軽減する事が出来ます。

しかし、腰痛サポーターは 長時間装着は

していられないので、

必ずしも万能では ありません。

では、それ以外の対策は 腰の痛みのツラさにも

よりますが、

可能ならばストレッチをして伸ばしたり

解したり。

ストレッチが出来るのならば、腰が伸びて

少しは楽になるのですが、

痛みが強い場合はストレッチを行う事が

出来ないので、誰しもに当てはまる対策では

無いと思います。

そこで日常に おける、長時間出来る

腰痛対策として 寝て過ごす。

というのが、負担も少なく、誰でも出来る

対策ですね。

その上で、ただ寝るだけで、より腰痛対策に

なる 背骨にフィットした、

ストレッチクッションが あるのです。

背骨が自然なカーブを描けるように

設計されているので、

腰周り・背骨のフィット感が とても快適です。

そして、腰痛対策の補助アイテムとして優れている点は

寝る事によって ストレッチ効果が発生するのですが、

特に、

『負担が強いから何時間しか装着してはいけない』

みたいな時間の縛りが無い 事です。

横に なっている姿勢は、腰の痛みが

どうしようもなく 強くて、

何もする事が出来ない時に、1番長く

保っている姿勢なので、

この寝ている姿勢でもストレッチ効果が

得られるのは 非常に助かりますね。

お医者さんの背中ストレッチクッション 【3点】yubi_okrjs

歩行がツラくなったら車椅子の使用を検討する

腰の痛みの原因は働きすぎて部に疲労が

蓄積して、

血液の流れがスムーズに行われ無くなって

乳酸や老廃物が体外に排出されなくなる事で

筋肉内部に炎症を起こす物質であるヒスタミンが

発生して 炎症を起こし 激しい痛みへと場合や、

加齢により、骨と骨の間に ある髄核の水分が減少し、

弾力が低下した所で、

何か衝撃を受けたり、ダメージが生じる事で

髄核の中身が飛び出して神経に触れ、

圧迫する事で 激しい痛みが生じる場合、

あるいは、接触性のあるスポーツで 人と

ぶつかって 外的要因により 部を痛めたり、

ウエイトトレー二ングや肉体労働で重い物を

無理に 持ち上げようとした為に、

に痛みを抱えたりなど、様々な原因、痛み出す

パターンがあります。

いずれの場合にも 早急に整形外科に行き、

自身の現在の部の状況を知りつつ、

専門医に 適切な治療してもらう事が大事です。

しかし、私の経験上、整形外科に行ったから

と言って、直ぐに『この箇所がこうなってるから

痛みが生じている』

と、痛みの原因を的確に見極める事は

なかなか難しい様です。

特に、痛み出してから 最初に通院する迄に

期間が空けば空く程、

一部位だけの痛みでは済まなくなり、あちこちに

痛みが散らばってしまうので、

当然ながら痛みの大元となっている部位を

特定するのが遅れてしまい、

何回も通院を重ねて ようやく特定となると、

それだけ完治までに時間を要してしまいますので、

仕事や用事で行けない日々が続いても、

出来るだけ早く受診する事を お勧めします。

そして、を痛めた場合に 病院での治療時間

以外の日常でも に極力、

負担が掛からない方法として関節サポーター

杖を日常的に併用して居ても 足腰が痛み続け、

『もう歩く事は無理』と、なった場合に 杖などを

使用し 歩く、と言う選択肢以外の日常での対策として、

車椅子を選択した場合の、使い始めた頃に

苦労する点に ついて 書いて行きたいと思います。

以前も書きましたが、病院内では無い 通常の

路面で 車椅子を使用する際に大変なポイントは、

まずは、車椅子に乗らなければ気付かないくらい、

一見、平坦に見える道でもガタガタ振動が激しいですし、

昔、欠陥住宅か否か?を見極める為にビー玉を

転がすのをテレビで観た事が ありますが、

ビー玉の気持ちになる位の 微妙な傾きを感じて、

車椅子のコントロールが急に難しくなる事があります。

そうした時には、右腕・左腕、どちらかの力を強めて

バランスを保たなければならないので、

只でさえ 体力の消耗が激しい自走式車椅子が、重量感を

ズシン、と 増したように感じます。

『通常の平坦なアスファルト』を進んでいる時でも、

後輪の側面に付いて居る 走行用のハンドリムを

グイッ!と前に回した時、(実際計った訳では

無い私の感覚ですが)その ひと漕ぎで進む距離は

大体20㎝~30㎝位なので、コンビニに行こうとした時、

スーパーに行こうとした時、目的地まで

数100メートルの距離でも、物凄い時間が掛かるのですが、

それに加えて先ほど書いた様に微妙な地面の傾斜が あった場合、

車椅子自体のコントロールの難しさ、重さが加わり、

歩けば 直ぐに辿り着く様な、数100メートルの距離が

果てしなく遠く感じてしまいます。

最初の頃は平坦な道でのコントロールだけでも大変なのですが、

馴れて来たら、歩道の微妙な段差や 勾配にも対応して行ける様に

少しづつ試してみて下さいね。

スポーツ車椅子 軽量 折り畳み 自走式 介助ハンドル 転倒防止バー付 マリブナイン 24インチ A709 カドクラ

アミノ酸パウダーで過度な体重増加を防ぐ

日々多忙で 疲労困憊の状態が続き、

元気が無かったり、

身体が疲弊して 重苦しくて怠い。

こうした日々を送って居ると 仕事や1日の

やるべきことを 終えた後に

疲れを癒す暇も無く、翌日に備えて 寝て、

陽の出と共に目を覚まし、また身体に鞭打って

忙しい日常に身を投じ続け、日々 ホッと一息付ける

僅かの休息時間に きちんと安らぐというのは

中々難しいと思います。

身体は 少しでも 休んで、マッサージ

ストレッチなどで 癒さないと

どんどん疲労が蓄積して行く一方です。

休めるタイミングを見計らって きちんと休む事が

出来ないと 足腰関節部位が 疲弊し炎症を起こし、

強い痛みが 生じてしまう様になるので、

マッサージストレッチなどをして 疲労して

硬くなっている筋肉を リラックスさせる為にも

意識的にアフターケアを行い、血液の流れを促しましょう。

あるいは、疲れ切った身体には ご飯をたくさん食べて

エネルギーを補給するのもいいですね。

そして食事だけでは 補いきれない栄養分を

サプリメントなどの 健康補助食品で

しっかりサポートするだけでも 身体は かなり楽になります。

サプリメントなどの栄養分を補う健康補助食品は

今の時代たくさんありますね。

足腰関節を痛めた時にはグルコサミンが効くとか、

視力回復には このサプリメントが、

とか、色々な種類がありすぎて どれを選べば良いのか

分からない位に 各成分ごとに 様々流通しています。

その中でも 私が気になったのは、アミノ酸パウダーを

水に溶かして飲むだけの アミノ酸飲料です。

500mlの水にサッと混ぜて溶かして飲むだけなので、

何時でも飲めますし、持ち運びも簡単です。

持ち運びの際には 予め水に溶かしてペットボトルと

して持ち歩くのも良いですし、

粉末のまま 持ち歩けば カバンの中の容量も小さく

抑えれられ、

カバンが重くて余計な疲労を感じる事も避けられます。

通常の食事で魚やお肉から摂取する事で 体内で分解される

アミノ酸は20種類となります。

その後、体内で再合成され、たんぱく質と なるのですが、

体内で合成・分解を繰り返す為に、

意識的にアミノ酸を摂取する事が 身体を元気に保つのに

必要な要素となります。

必須アミノ酸と 非必須アミノ酸とが あり、20種類の内

9種類のアミノ酸は 体内で生成する事が 出来ない為に、

食べ物・飲料から 摂取する必要があります。

これが、必須アミノ酸と呼ばれる物です。

つまり、必須アミノ酸を 身体に取り込むためには

お肉や魚などを 普段から意識的に食べる事が大切に

なるのですが、

魚は季節により、価格の変動がありますし、高い時は

高いので、日常的に購入し続けるのは 難しい場合も

あります。

なので、基本的に安めの鶏肉などを 日常的にたんぱく質源と

して補給しながら 過ごせば良いのですが、

飽きが来たりした場合には、調理法を変えて 食べれば、

飽きずに 鶏肉料理を食べ続ける事が 出来るかと思います。

今時は サプリメントなどの健康補助食品が

非常に種類豊富で、

食事だけに頼らずとも、比較的気軽に 様々な栄養素を

体内に摂取出来るように なりました。

こちらのアミノ酸パウダーも 30袋プラス6セットという

大容量の内容なので、

日常的に 気軽に体内にアミノ酸を 採り入れる事が

可能になりました。

食事だけでは どうしても 食事量が増大して 肥満にも

繋がってしまい、体重が増えると

身体に掛かる負担も増え、足腰の痛みの悪化に

直結してしまいます。

なので、そういう場合には サプリメントや こういった

アミノ酸飲料で 過剰に食べ過ぎるのを避けつつ、

必要な成分を摂取しましょうね。

VAAM ヴァーム ヴァーム ウォーターパウダー 30袋×6セット 5.5g/1袋 スクイズボトル付き 2650729

膝関節サポーターを装着する事で歩行時の負担を軽減する

9月最後の日も気温が高いですね。

この様に暑い日々が続くと、出かけるのも
億劫で少しの買い物も躊躇ってしまいますね。

ましてや、膝や腰を悪くしていると

痛い関節に 負担を掛けて 無理してまでは

ちょっと。と、よほどの用事が無ければ

なるべく外出は 控えてしまいます。

膝関節というのは、一度痛めてしまうと

歩行時は もちろん、

立ったり座ったりする度に負担が掛かり、

痛みが生じますし、歩道の緩い傾斜や

崩れたアスファルトなどの道は ほぼ必ず

何処を歩いても ありますので、

膝や腰が悪い状態で出掛けるというのは、

ただ体感的な暑さに耐えるだけでなく、

それらの道を通る際の 痛みにも同時に

抗わなければならないのです。

アスファルトが そういう構造な以上、多くの場合、

目的地まで平坦な道ばかりでは無いと思うので、

近所に買い物に行く、というのにも

気を張り詰める必要があるのです。

歩道の構造は変えられないので、対策として

膝サポーターを装着したり、

腰痛サポーター、杖などが自身の身体を

守るのに 欠かせないアイテムなのです。

近頃は、ディスカウントストアにも安価で

腰痛サポーターや 膝サポーターなども

置いてありますが、しかし なかなか季節ごとに

適したサポーターというのは 置いてありませんので、

私の場合、夏場は薄いメッシュ生地素材のサポーターを

ネット通販で検索して入手しています。

そうすると、夏場用のメッシュ素材サポーター、

それ以外の季節用サポーターが

幾つも常備してあり、季節ごとに使い分けが

可能なので、消耗品ですが長持ちしています。

メッシュ生地サポーターというと、薄さと

通気性重視で 肝心の膝関節を保護する機能・性能は

どうなの?と、私も最初は ちゃんと支えられるのか

不安でした。

しかしながら、購入して使ってみると、

ダブルのベルトが しっかり支えて、

膝関節を固定してくれるので、効果を実感してからは、

これで暑い夏場も 出掛けられる。

と、今では幾つもメッシュ生地サポーターを

常備して 重宝しています。

勿論、燦々照りつける太陽は どうしようも無いですが、

少なくとも、通常のサポーターの生地の様に

蒸れて 熱がこもる感じは しないので、

メッシュ生地を 使用する様になってからは、

かなり快適ですし、夏場でも使えるという事は

秋でも冬でも気温関係なく、

年中使用可能という事なので、暑さと痛み対策のため、

メッシュ生地素材の 膝サポーターを常備することを

お勧めします。

この様に、季節問わず 日常的に装着できる

補助アイテムを有効に活用して、

日々の身体のダメージを少なくして、過ごしましょうね。

メール便送料無料 セルヴァン ウォーキングサポーター膝用(1枚) 代引き不可

電動ベッドで腰に負担少なく起き上がる

多忙な日々を過ごす事で身体に疲労が溜まり続け、

それが原因で身体全体が重くなったり怠くなったり。

身体全体の重苦しさは労働や日常の意欲も徐々に

薄れさせて行き、それでも毎日忙しさが和らぐ事は

無く、

と 言う時には 身体全体のみならず、足腰の関節部位に

疲弊感が 鋭い痛みへと変貌を遂げて 現れてしまいます。

足の痛みの場合には股関節サポーターから、

膝関節サポーター、

足首関節サポーターなどの各部位ごとの関節サポーターを

装着したり、あるいは それでも尚、

1歩1歩の歩行の度に痛む様だと それらの関節サポーターに加え、

杖を日常的に使用する事で、両足に加えて 体重を

3点で支えられる為、

かなり歩行時の衝撃・負担を和らげる事が出来ます。

しかしながら、それだけの対策を施しても

完全に痛み・衝撃を緩和する事は出来ないので、

やはり1番重要なのは 整形外科やペインクリニックなどに

痛みを感じ始めた初期の段階で 通院する事だと思います。

足は そうして関節保護サポーターと杖と通院を

継続する事で、少しづつ状態が良くなる兆候を

感じられると思いますが、

歩行する際には 同時に腰にも負担が蓄積し続けています。

腰も同じく腰サポーターベルトを日常的に

装着する事である程度の負担を和らげる事が出来ます。

とは言え、完全に防ぐことは出来ない為、足もそうですが、

腰も足と同様に 日常での少しづつの蓄積が怖いのです。

その、少しづつが ある時急に 爆発してしまう事も

あるのです。

日常的にサポーターや杖などでダメージを出来るだけ

少なくしようと意識しながら過ごしていても、

完全には防げていない為に、突然急激に

強い痛みが発生してしまう事があるのです。

腰の痛みが急激に痛くなると、杖や関節サポーターベルトを

装着していても

数cm単位で 歩くのも座るのも、布団から起き上がろうと

身体を起こすのですら 困難になります。

私の場合、この様な状態になり、1番苦しんだのは

トイレに行けない事や身体を起こせないが故に

ご飯を食べる事も出来ない点でした。

更に苦しいのは、脚の指先に微妙に掛かった状態の

毛布の位置をズラしたい、と思っても脚を動かすのも

出来ず、

もちろん、上体を少しでも動かすと 鋭い痛みが

発生してしまう為、手で毛布をズラす事すら出来ず、

秋冬で足の指先が冷気に触れ寒くても忍耐せざるを

得ないという事もありました。

そうした中で介護用の電動ベッドが あると非常に

助かるという事に気付きました。

その介護用電動ベッドの利点としては、リモコン1つで

傾斜角度が自在に変えられる為、

少しでも状態を起こそうと思うと 強烈な痛みが生じる、

と言う 最もツライ点を 電動の力で解決する事が出来るのです。

腰が痛いと身体を起こす、という動作が恐らくは最も

腰に負担が掛かる瞬間だと思います。

腰が強烈に痛い時には自力では何10パターンもの

身体に負担の少ない起き上がり方を脳内に描き、

試してみて その都度、その総てが虚しい結果に終わり

結局トイレにも行けず、ご飯も食べられず。

という所に落ち着いてしまうのですが、

(結局、自力では起き上がる事が出来無い為)

身体を負担の少ない角度まで起こす、という

最難関のハードルをリモコン操作一つで越える事が

出来るので、その後は 立ち上がり時に杖や手すりを

頼りに ゆっくりと立ち上がり、歩むことが出来ます。

この様な 家に1台あるだけで生活を大きく支えてくれる

アイテムを日常的に用いて

負担の少ない毎日を過ごしてくださいね。

増税前最後のチャンス★最大P24倍★ 9/25-9/27【全国配送可】-電動ベッド 福祥 昇降2モーター マットレス・サイドレール付 / HXS-072YN2 ダークブラウン コイズミファニテック 1ケ JAN4905959441453 kt325298 取寄品(非課税)-【介護福祉用具】

電動ベッドで腰の負担少なく起き上がる

9月も末に到達し、朝晩は勿論の事、日中でも

やや涼しさを感じる気候が訪れて

心地良い空気を感じ始めて来ました。

しかし、涼しくて快適な気候のすぐ先には
寒さが押し寄せて来ます。

もう少しで寒さが増し、常に冷えを感じる様に
なると、どうなるか?

というと、身体全体に力を入れて 寒さに

抗おうと自然としてしまう為に、

全身の筋肉が強張り、その状態が長引く事で

余計な筋肉の緊張状態から疲労感を強く感じたり、

筋肉の内部では血流が鈍り、 老廃物 ろうはいぶつ の

排出機能も弱まったり、

代謝が低下する事で 脂肪を蓄えやすい

身体になり、そして血液の循環が鈍る事で

肩周りや足腰に凝り・張り、痛みが

生じ始めてしまいます。

特に、腰の痛みが強烈に現れてしまうと、仕事は

勿論、日常生活にも大きな支障を

来してしまう様に なります。

室内限定の腰痛対策では ありますが、

一つは電動ベッドを取り入れる事ですね。

何故、電動ベッドなのか?と言うと、腰を強烈に

痛めてしまうと、

通常の平面のベッド(もしくは布団)から上体を

起こすどころか、

脚を ほんの数cm動かす事すら出来なくなって

しまうので、

自身の力では無く、電動の力を借りて

ある一定の角度まで

身体を起こして貰う事で腰に掛かる負担を

大分 だいぶ 和らげる事が出来ます。

私の場合、腰が強く痛んだ時は身体を起こす事は

出来ないし、

脚を動かす事も身体を横向きに変える事も出来ずに、

仰向け状態で何時間も身体を動かす事が出来ない

絶望と向き合いましたが、

そうなってしまうと、トイレにも行けないですし、

身体を動かせないから 勿論、ご飯も食べられない。

ただただ、仰向けで数cmづつ足を移動させて、

身体を起こしやすく、腰に負担が少ない角度を

手探り状態で探しつつ、少し身体を起こせたら

肘をついて、身体を その角度より

低く下ろす事が無い様に 細心の注意を払いつつ、

数cmづつ、同様の作業を繰り返して行く、という事を

やって、数時間後に ようやく起き上がる事が

出来たのですが、電動で上体を起こす所まで

持ち上げてくれると、そんなに神経を張り詰めたり、

何時間も掛ける必要も無いので、腰に不安がある方は

電動ベッドを取り入れた方が

日常の負担が少なく済むので、取り入れてみるのも

選択肢の一つだと思います。

そうして、身体を起こして いざ立ち上がろうと

思っても、ベッドの高さがある分、

脚を布団の外に簡単に出せるし、立ち上がりやすい

姿勢には なるのですが、

立ち上がる時には、足の踏ん張りという物が

必要に なってしまうので、

その時に強い負荷が腰に掛かってしまいます。

ですので、その時の負担を和らげる為には

手すりという 支えの存在が非常に大切になって来ます。

特に、起きて立ち上がろうとする時には まだ眼が

冴えていないのもあって、

バランスを崩したり、と言った身の危険も

あり得るので、しっかりと支えに手を付き、

安定した状態で 立ち上がりましょう。

立ち上がって、トイレに行くなり、ご飯を

食べる為にテーブルに行くなりする為には

数歩の歩行が 必要になります。

安静に していても、トイレや ご飯時に

ほんの数歩、歩まなければならない

シチュエーションという物が訪れますので、

その時に役立つのが室内用の杖ですね。

室内用と言っても、普段外で使う杖と同タイプの

杖を 室内で使用するだけなのですが、

杖を常時使うだけでも、足腰に掛かる負担は

大分違います。

安定感を考えれば、多点杖の方が良いと

思うのですが、自宅の場合、

床に物が散らばってたりするので、 寧 むし ろ接地面の多さが

故に、物を潰してしまう恐れがあるので、

室内用は 1点杖の方が個人的には良いと思います。

1点杖は 支えが1点のみなので、床に物があっても

隙間を通して杖をつく事が 出来るので、

自由度は高いです。

これらの腰痛対策アイテムを日常的に取り入れて

日々掛かる負担を和らげてくださいね。

膝が痛む時は関節サポーターで支える

の痛み、それは労働で休む間も無く

働きづめでに負担が蓄積した場合や、

激しい運動、急な方向転換を行って

衝撃がに強く掛かってしまった場合や、

外部からの衝撃を受けて痛めたり、

あるいは加齢による筋肉の衰えや

を支える縦方向からの支持構造、

横方向からの支持構造がスムーズに

働かなくなり、柔軟性が低下することにより

膝関節にダメージが蓄積する場合など。

膝関節というのは立ち上がる時、座る時、

歩く時、階段や段差の上り下り、

ジャンプや着地する時、つまり長時間座っていたり

寝ている時以外、ほとんどの時間 動いて

負荷が掛かっているのです。

それだけ日常に おいて、歩いて走って上って降りて、

と、たくさん使用しているにも関わらず、

帰宅してからも、さほど休む間もなく

明日を迎え、

また明日も、そのまた明日も 労わる暇も無く

動かし続けていたら、当然の如く

いつの間にか疲れが溜まって、その疲労は

膝関節の違和感や痛みへと 変わってしまいます。

私の経験上、痛みや違和感が生じてから

自然の治癒力だけで いつか回復するだろう、と

騙し騙しやっていても 身体の治癒力よりも

日常でのダメージの蓄積の方が勝ってしまうので

結局、状態は悪くなるばかりです。

一度痛み・違和感が生じてから我慢しても

どんどん悪化するだけですので、

速やかに 整形外科などを受診される事を

お勧めします。

しかし、膝やも含めて治療・リハビリを行っても、

その時間は 大体20分~30分程度ですので、

それ以外の日常で、如何に膝関節に負担を

掛けないで生活するかが、

早い段階で回復するか否かの分かれ目な気がします。

とは言え、日常で全く歩かずに居ることは難しいので

移動時に を守るために 杖を使ったり、

膝サポーター周りをがっちり支え、

保護したりするのが の衝撃を和らげる

最善の手段では 無いかと思います。

膝サポーターといっても、今時はディスカウント

ストアなどにも売ってますし、

ネット通販で検索しても 種類が多いですよね。

私も最初は どれが負担が少なく楽なんだろう?

と悩みましたが、

現時点で行き着いた答えはクロスベルト型や

V字型サポーターが しっかりと周りを固定して、

支えくれて の負担が少ないかな、と感じてます。

そして、もう一つ大切な要素として

サポーターというのは当然ながら、

しっかり締め付けて支えるものですから、

夏場は かなり暑いです。

なので、私の場合は 夏場はメッシュ生地の

や腰のサポーターを使っています。

メッシュ生地は 通気性を重視して、薄いから

頼りないかも?と 最初思っていたのですが、

実際、使用してみると そんな事も無く

しっかり歩行や階段・段差の上り下り時に

助けてくれています。

特に、年々暑くなっていますから 少しでも

暑さ対策をする上で、

これから先、身体を支え守ってくれる

薄生地メッシュ素材のサポーターの存在が

非常に大切に なってきます。

しかし、どんな膝サポーターにも

弱点はあります。

歩行時や、ちょっとした段差のダメージは

軽減できても、坂道は どうしても上る際にも

降りる際にも、に結構なダメージが

乗っかってしまいます。

そればっかりは 重力がある以上、抗えないので

仕方ない部分ではありますが、

しかし、坂道を除けば 歩行時、立ち上がる時、

座る時、そして 階段や、

ちょっとした段差の上り下りは だいぶ楽に

なりますので、膝の痛みや違和感を感じた方は

整形外科に行くと ともに、日常に おいては、

膝サポーターで しっかり支え、

守る事を おすすめします。