燦々太陽 のすべての投稿

燦々太陽 について

身体の不具合に対処する方法について 日々情報収集してます。 健康食品・サプリメント、関節サポーターや杖、 体圧分散マットレスや姿勢を正しく保つサポーター等を 活用し 関節の痛み、腰の痛み改善方法についても 色々探しています(^_^) 私自身、身体のあちこちを痛めているので どうすれば日常が楽になるかを サポーターや関節保護用具、テーピングを 自分の身体で試して 試行錯誤しながら日々過ごしています。 イラストなどを交えて毎日綴っています。

腰の負担を和らげる就寝時の体勢作りを工夫するには?

日々の労働や用事などの疲労が蓄積して

身体全体の疲弊感が

やがて痛みに転じて足腰関節に現れ始めて

しまうと、仕事にも日常生活にも大変な

不便さを強いられる様に なってしまいます。

痛みが強くなる程に、日常生活に大きな支障を

来してしまうので

極力、早めに対処するのが望ましいです。

日常生活も辛い程の腰痛時に如何に対策を施すか

痛みや違和感を感じた段階で、整形外科を

受診できれば良いのですが、

忙しい日々を送っていると、病院に行く事を

後回しに してしまいがちですが、

後回しにする程に 治療期間を長く費やす事に

なってしまう事も あるので、

暇を見つけて行けるのがベストですね。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

とは言え、通院しても適切な治療が なされないと

結局、日々痛みは積もり積もって

酷くなれば歩行困難に なってしまうので、

事前に口コミで どういう病院かを調べて

評判の良い病院を選ぶことも大切です。

1~2回通って合わなさそうな病院だったら

直ぐに、他の病院に変える、と言う選択も

自身の身体の為には重要です。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を
探す事が大事/逆に言えば・・

良い病院が見つかるまでに、数か月も

要してしまう場合も ありますが、

いろいろ探して居る内に腰の場合は、布団から

自力で起き上がれ無い状態に なる事も あるので、

特に注意が必要です。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

とは言え 私の経験上、自力で起き上がれ無い

状態も 常に続く、と言う訳では無いので、

数日して痛みがほんの少しマシに なった段階で

腰痛サポーターや杖を始めとした

腰痛対策を施しましょう。

杖2本使用して歩く事と同時に 腰を痛みから
守る上で大切な点

日常で腰部を守る上で効果的なのは、腰痛サポーターと

杖で体重による負荷や衝撃から腰をダイレクトに

守る事ですが、どんなに気を付けていても 日々腰部に

負担・疲弊、ダメージは徐々に 蓄積して行ってしまいます。

そうした毎日を過ごして居ると、腰にストレスが

溜まって どうにも落ち着かない状態に陥る事が

良く あります。

とは言え、強烈な腰痛で起き上がれ無い状態になった

直後や、その寸前の状態の時というのは

下手な事を して、痛みを悪化させてしまうのが

怖くて何もする事が出来ません。

この状態の時に、ストレッチやマッサージをして

下手に刺激を与えてしまうと 、

と思うと、大人しく何もせずに過ごすのが無難。

という結論に至ってしまいますが、腰にストレスが

溜まり、落ち着かない時は 私は思い切って

寝姿勢の改善を試してみます。

寝姿勢の改善、と言っても大げさな事ではなく、

体圧分散マットレスの上で寝たり、

電動ベッドの上で寝る。という改善や、あるいは

腰部に折り畳んだ毛布を充てがい、

腰部を緩く弓なり状に意図的に反らせると言う事も

良い対策になります。

これは普段は しない方が良いとは

思いますが、腰が痛いという

特殊な状況下の時は別です。

緩く反らせて寝る、と言うのは、腰が痛くて

普段行えないストレッチの効果を感じられるので、

かなり楽に なります。

これに効果を感じた私は、毛布何枚積み重ねるのが

最も腰にストレッチ効果を齎してくれるか?

と、言うのを昨晩試してみたのですが、

4枚~5枚まで積み重ねてしまうと、確かに

積み上げた分だけ大きく反り、

ストレッチ効果も強くなるのですが、

ところが、ストレッチ効果を強く感じると

同時に、『反り』により 腰部に痛みを感じますし、

何よりも、頚椎に負荷が強く掛かり、呼吸が

苦しくなったり、首の後ろ側を中心に

強い痛みが生じる様に なってしまうので、

高くし過ぎるのは逆効果です。

腰から脚に掛けてストレッチ効果を感じるには

次に 毛布2枚分に加えて、腰部に枕がピンポイントで

充たる様にセッティングして、

寝ようと してみたのですが、最初は程よくストレッチ感を

得られていて良かったのですが、

ところが、数分も しない内に、痛みが強い側の(私の場合、左側)
腰・臀部、太腿に掛けて痺れが強くなり、感覚が

麻痺して来たので、

これ以上は危険だと判断し、直ぐに枕を抜きました。

結局、程よい高さは折り畳んだ毛布2枚分と

言う事で 落ち着きました。

腰の痛みが強くなる程の高さに積み上げては

逆効果になって、危険な結果を招いてしまう、

と言う事を感じましたが、痛みを感じるギリギリの

ポイントは心地良さを感じるので、塩梅が難しいところです。

【送料無料】ボリュームたっぷり軽くて暖かい5層構造毛布セット 【シングル 3色組 グリーン・ネイビー・ワイン】 洗える 厚手 発熱 吸湿

足腰の負担を和らげるケアの方法

腰の痛みの原因は様々ありますが、何れの

場合も厄介な点は急激に悪化した先には、

仕事は おろか、日常生活にも大きな支障を

来してしまう、という点です。

更に腰が痛むだけでは無く、腰を庇いながら

毎日生活して行く中で、

重心が変に偏り、いつしか足にも痛みが

広がってしまい、益々日常が制限され、

自力で歩く事も難しくなり、杖や腰痛

サポーターの補助無くしては、

数歩程度歩くのも辛い状態に なって

しまいます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

(数歩 歩くのもツラくなる間欠跛行↓↓)

そうした時に、腰部をダイレクトに締め付け、

支えてくれる腰痛サポーターの存在が

非常に日常を助けてくれるのですが、選ぶ際に

注意したい点は、幅広でボーンが背骨に沿って

しっかりと支えてくれる構造に なっているか

どうか?と、これからの時期は寒くなり、

衣服も厚くなるので、腰周りをガッシリと装着して

支え続けると、徐々に熱が篭り蒸れて汗ばんで

しまうので、上手く熱を腰周りに蓄えない様にメッシュ

生地素材のサポーターで蒸れ感じずに、装着出来ると

熱が冷えた時に急激に冷えを感じ無くて済むので、

出来れば分厚い生地タイプのサポーターよりも

メッシュ生地素材を選びたい所です。

しかし、同時に腰周りを温めた方が良いと言う面も

あるので、メッシュ生地サポーターと温かい冬用の

腰痛サポーターの2種類を その日の体調や気温ごとに

使い分けると良いと思います。

腰痛サポーターは装着しっぱなしと言う訳には

いかないので、時々外して腰周りを圧迫感から

解放する必要が あります。

メッシュ生地の通気性良好な蒸れにくい腰痛サポーター

その時に出来れば1箇所に集中して居た熱でシャツの

腰周りは汗で湿っていると思うので、着替えた方が

体調を崩さずに済むので、腰痛サポーターを外す都度、

替えのシャツに着替えて、体調を崩さない様に

努めた方が良いと思います。

汗拭きシートと爽快なスプレーで身体を冷やして
暑い夏を乗り切る

腰痛サポーターは万能と言う訳では無いので、装着

している内は ある程度 腰をダメージから守る事が

出来ますが、しかし、完全に防げている訳では

無いので、ジワジワと疲弊感やダメージが

蓄積していて 1日が終わる頃には すっかり腰への

痛みが強く現れたりします。

毎日毎日こうした状態に なって居ては、日を追う毎に

状態が悪化して行くのは明白で、私の場合、整形外科や

ペインクリニックに通いつつ、腰痛サポーターと杖を

併用してダメージを小さく留めたつもりでも

とうとう歩行困難に なりましたので、車椅子が必要に

なりましたが、1日を終えた時に腰に強い疲弊感や

痛みが生じて居る時は、アフターケアとしてマッサージや

温熱治療器で患部を温める、と言う処置が必要だと

後々痛感させられました。

家で気軽に行うマッサージ手順

ジワジワと毎日蓄積し続ける腰の痛み、疲弊感は毎日の

ケアで最小限に留めて、その上で通院を重ねる事が

重要なのです。

今の時代、ネット通販で気軽に温熱治療器やマッサージ

チェアなど入手できるので、疲れた身体を癒すのに

日常に取り入れてみるのも良いと思います。

マッサージチェアやリクライニング
ソファーで足腰を楽にする

コルセット 腰痛 腰らく2重コルセット セルヴァン腰痛 サポーター コルセット 高齢者 介護用品

このアイテムなどを活用して足腰を楽にする事が日々の生活を楽にする

脚が張って、しょっちゅう自分で揉んだり

指圧して 揉み解してもらったり、脚の張りは

日常を送る上で、何かとツラいですし、

気になりますよね。

長時間のデスクワークで腰周りが疲れたり、

長時間勉強やパソコン作業をして、

同じ姿勢で居続けたり、普段の姿勢が お尻の

負担になる様な、座りっぱなしだったりで、

重心が腰・お尻に行ってしまうことで、脚・腰

周りに負荷が掛かり、それが結果的に

なかなか取れない脚の疲労や脚の浮腫みに

繋がってしまいます。

20代~50代以上まで親しまれている
男女兼用の姿勢矯正サポーター

長時間同じ姿勢でいると、どうしても同じ部位に

負荷が掛かり続けてしまい、

椅子上で微妙に 重心をズラしたり、なぁなぁで

騙し騙し負担の少ない重心バランスを探す事でしか

乗り切る術は有りません。

その間にも、臀部と腰周りで身体を支え続け、筋肉が

ずっと緊張状態を強いられます。

僧帽筋や脊柱起立筋を意識的に鍛えて姿勢を整える

すると、長時間の疲労で筋肉は強張り、固くなり、

それが原因で 血液の流れが悪くなり、

血行の不良が原因で 血液によって運ばれる栄養や

酸素が不足し、老廃物が排出されにくくなり、

それが積もりに積もり、浮腫みや張り、足腰の

痛みに繋がります。

血流の鈍りから腰痛になる理由

ですので出来るだけ普段から姿勢に気を付けたり、

休息時にはストレッチをして伸ばしたり、

緊張状態を解して和らげるのが張りや浮腫み・

痛みを軽減させるのに効果的です。

学びや労働は生きる上で大切ですので着座姿勢で

居る時間が長いからと言って、日常から省く事は

出来ません。

ですので、その時どういう姿勢で居るかを

意識したり、足腰周りの疲労が気に なったら、

その都度ストレッチして 足腰を伸ばして

労わって下さいね。

疲れを取る為に足腰を伸ばして解す/簡単ストレッチ

そして症状が改善されなかったり、痛み・浮腫みが

酷いな、という時は病院に行くことを お勧めします。

会社から帰宅したら、疲れた身体を休める為に

ストレッチに時間を掛けて、身体全体を伸ばしたり、

あるいは、家に一台マッサージ器が あると、非常に

助かりますよね。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

しかしマッサージ器って場所取るし、ネット通販で

探してみたは良いけど、値段も そこそこで手が出ない。

と、仕事を終え、つかの間の自由時間にどう安らぐか?

を考えた時に選択肢から外してしまいがちな

マッサージ器ですが、普段 お使いの椅子やソファーに

座り、体重計程のフットマッサージ器に

脚を乗せるだけなので、かさ張らないし、

場所も取らないです。

マッサージ器本体を足元に置くだけで、ヒーター

機能内蔵のマッサージ器が 暖めながら足元を

快適に癒してくれます。

マッサージチェアやリクライニング
ソファーで足腰を楽にする

簡単設置で 重量も女性でも無理せず運べる約1.7kg

と言う2リットルのペットボトルよりも少し軽めなので、

如何に持ち運びが楽かが分かるかと思います。

この様に簡易な体重計の様な フォルムで ありながら、

電気治療が行える 進化した家庭用電気治療器で

足底に気持ち良くフィットするマッサージ部分で

快適に 心地の良い足元マッサージ。

そして、リモコンで簡単に操作できるので、ほんのり

温めながら揉みほぐし、1日働いて疲労した

足元の疲れを癒すのに非常に効果的な1台です。

気軽に1日の疲れを癒す事が出来る上に、約1.7kg

と言う軽量な足元電気治療器なので働いてクタクタに

なって 帰宅しても、パッと足元に用意できて、簡単

操作で マッサージ開始。

これほど気軽だから毎日続けられますね。

持ち運び・足元に設置するのも簡単ですし、使用後の

後片付けも 部屋の隅に置きに行くだけの数秒で行える

気楽さですので、日常の負担に なりませんし、足裏

だけで無く、足元に熱や伝導機能で血行を促したり、

負担の掛から無い範囲内で低周波を送る事で血液の

流れが鈍りがちな 足に血が巡り、結果的に血流が

促進されて行き、老廃物を体外に排出したり、代謝を

活発にするので、足元の浮腫みも徐々に解消されて行く、

と言う訳ですね。

仕事終わりで、ぐったりしながら帰宅して、気力も体力も

無い!という時にもシンプルで操作性抜群のリモコンで

快適な時間を過ごせます。

温めて解して、身体を労わって健康な毎日を過ごしましょうね。

家で気軽に行うマッサージ手順

歩行時にツラい足底筋膜炎の痛みを和らげるには?

毎日の労働や加齢などで足腰に疲労が蓄積し、

身体の重さや 怠さ、倦怠感が積もりに積もり

いつしか痛みとなって足腰に現れてしまいます。

それでも尚、疲労感や痛みの対処を後回しにして、

忙しい日々の中に身を投じ続けてしまうと

痛みは更に強くなり 仕事はおろか、日常生活にも

大きく支障を来してしまう様になります。

なので、足腰に痛みを感じた段階で整形外科を

受診し、専門的な治療・リハビリを受け、

少なくとも数か月以上の通院生活が始まって

しまいます。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

レントゲンだけでは実際の症状が分からなかったり

するので、別日にMRIを撮ったり 主治医の指示に

従い、少しづつ治療・リハビリを行って行くため、

かなり時間が掛かりますし、

その時々の治療が自分に効果が無い、と感じた

ならば、直ぐに次の通院日に主治医に告げて、

別の方法を考えて貰わねばなりません。

日常生活の中で、特に意識せず過ごしていても

上体の前傾、後傾、捻りなどの動作は

自然と行ってしまうので、身体の中でも

腰椎に最も負荷が掛かるのですが、

腰椎以外にも負担が掛かり易い部位といえば、

股関節、膝、足首などの下半身ですね。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

日常の中で強く痛みやすい股関節/歩けば歩く程
痛みが強くなる

そして更に、その下に位置する足底は365日

常に負荷を受け止め続けていると言っても

過言では無いので、知らない内に強い痛みを

抱えている場合が あります。

身体の疲弊と足底の疲弊は勿論、直結しているので、

身体全体が重苦しさを感じたら足底の疲労感も

気にしてみましょう。

この足底の痛みの原因は、足底筋膜炎という症状で、

踵から土踏まずに向かって伸びる筋膜が

炎症を起こしている状態です。

なので、べったりと足裏を地面につけた状態では

踵から伸びる筋膜がピン、と張って

緊張状態に あるので、痛みが発生してしまいます。

この足底筋膜炎の辛いのは、痛みを抱えている

本人以外は どれほど痛いのか

視覚的に分からない点と、歩き始め、動き始めの

始動時は 強い痛みを感じるのですが、

動き始めて5分、10分と経つごとに足裏の血行が

促進され、筋膜が解れて痛みが一時的に

和らいでしまう点です。

足底筋膜炎で歩くのがツラい時に役立つ
ダメージ緩和アイテム

なので、周りの人からは『大した痛みじゃ

無いじゃん』とか、『大げさに痛がっている』などの

見方をされ、整形外科などを受診しに行く きっかけすら

切り出せずに、我慢して労働を続けて行く内に

状態が どんどん悪化してしまう最悪の流れに

なって しまいがちです。

『我慢出来てしまう』痛みだからこそ、対応が

後手後手になり、我慢しながら日常生活を

送って居る内に、あちこちに痛みが拡散されて

しまうのが、この足底筋膜炎の 最も恐ろしい点です。

足底筋膜炎からあちこちに痛みが拡散されるのを防ぐには

足底を庇いながら歩いていると、身体の重心バランスが

崩れたまま日々を過ごす事になり、

その影響が足首、膝関節、股関節、腰と出始めると、

いよいよ歩行困難の状態となり、

大変不自由な毎日を過ごさざるを得なく

なってしまいます。

足底筋膜炎を悪化させない為に 大切なのは、足底に痛みや

突っ張り感を感じた最初期の段階で、

整形外科などを受診し、治療・リハビリを受ける事です。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を
探す事が大事/逆に言えば・・

整形外科で治療を受けているからと言って、それだけで

完治する訳では無いので、

私がいつも書いて居るように、日常生活の中で

如何に 痛み対策を施すのか、が重要に なります。

足底筋膜炎に とっての痛み緩和対策と言うと、

整形外科では湿布を貼ったり、ブロック注射を打ったり、

痛み止めを処方されたりで、それらが効果あるか どうかは、

人によって異なりますが(私の場合効果を感じませんでした)

私の経験上、足底筋膜炎で辛い思いをしている人の

多くに当てはまるであろう緩和対策としては、

普段の履物はクッション性能が高そうな分厚めの

サンダルを履く事です。

サンダルを履く、と言うのは 靴だと どうしても

窮屈感を感じてしまい、長めの時間履いていると

結局、痛みが強くなってしまう為です。

サンダルの場合、歩いている途中にでも 爪先の位置を

ズラしたり等の融通が利くので、

痛みだしたらサンダルの履き位置をサッと変えることが

出来る分、足にダメージが溜まりにくいのです。

そして、分厚めというのは1歩1歩足を踏み出して

地面に接地した段階で、

衝撃が生じるのをクッション性能で最小限に

留める為です。

私としては 以上の点から分厚めのサンダルが

一番良いと思うのですが、

靴を履く場合でも 1サイズ大きめの靴を選択すれば

窮屈さが生じるのを防ぐ事が出来ます。

靴の場合、今どきは相当研究が進んでいて

ウォーキング用、マラソン用など、

靴底インソールの性能が非常に衝撃を

分散させるのに特化した構造になっており、

厚めのサンダル以外の履物だと、こうしたマラソン用の

衝撃を分散させてくれる性能に優れた靴底インソールが

内部に構成されているタイプの 自身のサイズよりも

1サイズ大きめの靴を履く事を お勧めします。

日常で足腰に負荷が掛かるのは、立ち上がる時、座る時、

そして 歩行時です。

足腰の痛み対策に2本杖、そして足腰の
疲れを取る安らぎアイテム

その歩行時の負担、衝撃、脊柱起立筋の過度な疲弊を

和らげる為に杖や各関節部位ごとのサポーターで

締めて守るのも良いですが、更に 身体の下に

目を向けてみると、

意外と履物には気を使っていない、という場合も

多いかと思います。

ですが、先ほども書いたように、今どきは

靴底インソールの性能も非常に優れており、

身体の負担を和らげよう、と考えたときに

身体全体の負荷を受け止める足底の履物に

気を遣う事の重要さに 気づく筈です。

ですので、履物は何でも良いと、軽視せずに

自身の足を守るのに適した靴やサンダルを

探してみて下さいね。

日々の負担で痛んでしまう膝関節は、どの様にケアするべきか?

足腰の痛みは仕事やスポーツ、そして

日常の何気ない、ふとした時に現れますが、

その症状の原因も痛みの強さも 人によって様々です。

例えば、重いものを常日頃から持ったりする

職業の場合には、腰部に疲労が蓄積して、

回復しないままに日々忙しく働いて、気付けば

『筋膜性腰痛』と診断される状態に

なってしまうでしょうし、他に腰に痛みが生じて仕方が

無い場合、レントゲンやMRI撮影をした結果として、

何らかの異状が見られれば椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、

その延長線上で間欠跛行という診断が されるでしょうし、

また、膝関節の場合も同様で、痛みを感じて

整形外科に行き、問診からレントゲン撮影などの

一連の流れを経て、骨に異常が認められれば

変形性膝関節症と診断されるでしょうし、

もし、原因が走っている時に急激な方向転換を

した時や、日々の蓄積で痛みが生じ始めた時は

腸脛靭帯炎などと診断されると思います。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の時に
如何に安静に過ごすか?

筋膜性腰痛などで痛む腰の負担を和らげる

膝関節の外側に位置する靭帯で かなりの

スピードで走っている時に、急に方向転換を

した時に、腸脛靭帯に激しく負荷が掛かり、

あっという間に痛めてしまう場合も あれば、

毎日ジョギングを欠かさずに行っていて

アフターケアが充分で無く、疲労が上手く取れて

居ないまま、毎日繰り返した結果として

痛めてしまったり、あるいは方向転換の例の様に、

頻繁にジャンプをする必要があるスポーツの場合、

跳んで着地する都度、過度な負担が掛かってしまうので、

痛めやすい靭帯でも ありますね。

腰や足関節を痛めた時の日常で
行える対策とアフターケア

何れの場合も、痛み初めに応急処置として、

まずは冷やして、腫れや発熱が引いた その後、

筋肉の強張りや血行の鈍りを正常な状態に

戻すために 温める事が大切です。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

痛み始めた関節部位の いわゆる『急性期』の

処置として冷やすのは 冷凍庫から氷を出して

スーパーのビニールに入れたのを 痛む患部に

充てるのですが、これは専用の氷嚢を使った方が

水分がポタポタ滴ったりせずに済みますが、

ビニールでも患部から熱を取り除く、

という効果は充分に発揮できるのでビニールでも

問題ありません。

冷やすのは3日程で熱と腫れが引くので、

続いては温めて鈍くなっていた血流を

促す必要があります。

血流が滞っていると、血液が酸素を運ぶ働きも

鈍くなり、そして老廃物や乳酸の排出機能も

満足に働かない為、状態が どんどん悪く

なってしまう為です。

ですので、『冷やして熱や腫れが引いた後は

温める。』という流れが非常に大事なのです。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

膝を温める場合には、例えば お湯に浸けた

タオルの水分を しっかり切った物を

患部に充てて温める方法が専用の器具など無い時に

お手軽に行える方法ですが、お湯に浸けたタオルを

絞る時は 熱すぎる場合は火傷に注意したり、

タオルは熱が冷めてしまうのが早い為、

小まめに変える手間が あります。

専用の温め器具(温熱治療器)があれば、

その手間を省けて 好きな時間温め続ける事が

出来るのですが、温熱治療器が手元に無い場合は、

やはり お湯に浸けたタオルが

最も お手軽な手段だと思います。

咳やクシャミの度に響く腰の痛みを緩和するには、どうするべきか?

ここ数日また暑い日、寒い日を繰り返し体温調節機能が
正常に働かなくなりそうな程 日毎に暑い日、寒い日が

目まぐるしく入れ替わっています。

こうして寒暖差が激しい日が続くと、体調管理が

非常に大変に なりますし、

クシャミ、鼻水、咳、発熱と、日々これらに抗う為に
神経を使わねば なりません。

咳・くしゃみ・吐き気の度に響く腰の痛み

これらに加えて、私の様に慢性的な激しい腰痛を

抱えている身の場合、クシャミや咳をする度に

必然的に腰に強い衝撃が生じてしまい、

咳・クシャミの生理現象の都度、ダメージが

重なってしまいます。

ですので、風邪に加え 日々の腰痛対策を施すと共に、
突発的なクシャミや咳に対しても対応可能な

対策を講じなければ なりません。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

とは言え、生理現象である咳やクシャミを防ぐ事は

難しいですし、もし無理やりにでも止めてしまったら

クシャミが出なかった時 特有のモヤモヤが残り、

ストレスが生じて しまうでしょう。

ですので、無理やりクシャミ・咳を止めるよりも

出した瞬間の衝撃に耐える方法を考えた方が

寧ろ身体に生じるストレスは少なく済みそうです。

急な寒さで体調を崩して咳やクシャミが
出てしまうと腰に響く

私にとって、腰を守る上で最高の方法というと、

やはり幅広タイプの腰痛サポーターになります。

【腰】【男女兼用】お医者さんのコルセット[プレミアム仕様]S〜3L 【腰痛予防】【アルファックス】【サポーター】【コルセット】【お医者さんシリーズ】【腰椎】【骨盤】【運動】【下腹】【体幹】【腰痛ベルト】【介護】【父の日】【送料無料】

『幅広』である事が重要なのですが、狭い幅の

ベルトよりも単純に面積が広いと、

それだけ腰から背筋まで締め付けてくれる幅が広く、

且つ、ボーンもしっかりしているものが多く、

締め付け感が強い為です。

クロス型腰痛サポーターでしっかり締めて
腰を支える

背筋に沿うボーンの有る無しは非常に大切な

ポイントで、これが言ってみれば、

腰痛サポーターの要でも ある訳です。

背筋を支えて、そしてベルト部分で巻き付け

固定する訳ですから、

幅広タイプでボーンがしっかりと備え付けられ

ているベルトが、如何に腰痛サポーターとして

機能的であるかが、分かるかと思います。

背筋を支えて、そしてベルト部分で巻き付け

固定する訳ですから、

幅広タイプでボーンがしっかりと備え付けられ

ているベルトが、如何に腰痛サポーターとして

機能的であるかが、分かるかと思います。

本題は ここからなのですが、クシャミや

咳をした時に響くのは、大体 腰の下の方の

位置です。(丁度仙骨の位置辺り)

脚や腰が痛む時に衝撃を加えると悪化が加速する

これは勿論、一括りに腰痛と言っても

人によって 腰痛の原因は異なるので、

咳・クシャミをした時に響く位置も少しづつ

異なるでしょう。

そうした時に、仙骨から背中の途中まで

しっかりと覆って支える幅広タイプの

腰痛サポーターが活きて来る訳です。

ピンポイントで守ろうと思って、基本的に咳や

クシャミと言うのは、突発的な ものなので、

その都度その都度、自身の体勢も異なる事でしょう。

体勢が異なれば、微妙に衝撃を被る位置にも

ズレが生じる訳で、あまりにもピンポイントで

此処!と限定的に守ろうとしない方が

寧ろ、ダメージを避けられると思います。

幅が広いが故に、多くの痛みが生じそうなポイントも

覆えているので、クシャミや咳が強く出ている時には

通常よりも気持ち強めに締めて、固定感を増して

衝撃に備えましょう。

とにもかくにも、熱による体調の崩れと寒暖差の激しい
季節から身を守る為には日頃からの自身の意識上の

備えが大切です。

冷え始めた気温について行けずに体調管理が
難しく感じる今日この頃

強烈な腰痛で自力で起き上がれない時は、このアイテムがあると助かる

日々労働や家事育児、様々な用事で忙しなく

動き続けて 気付けば身体全体が疲弊し、

足腰関節には痛みが走っている状態に。

そうなると、仕事上は おろか、日常生活に

おいても、不便さを感じる様に なります。

痛みが強くなれば なる程、不便さだけでは

済まずに、常日頃から痛みに悩まされ、

身動き一つ取るのにも苦労を感じる様になります。

日常生活も辛い程の腰痛時に如何に対策を施すか

脚と腰。

上体からの負荷を受け止めたり、下方に流したり

支えたりする部位で あるので、

少しでも痛みが生じ始めたら、途端に痛みの進行が

凄い速度で 始まってしまいます。

痛みの進行が何故早いのか?は 先ほども

書いた様に、上半身からの重力や衝撃を

緩やかなS字カーブを描く背骨が受け流し、

骨盤・仙骨まで伝え、

そして股関節~両足へと分散させて行くのですが、

これは全身の関節部位のスムーズな連動が

有ってこそ為せるのです。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

例えば、肩を痛めた。とか肘関節や

手首が痛む。

とかならば、そちら側の腕で荷物を持たず、

歯磨きや箸を持つ腕さえも変えれば、

負担が掛かる事は ありませんが、足腰の

場合は勝手が違います。

立ち上がる時、座る時、歩く時と 何かと

体重を支える為に負担が生じ、

日常に おける動作で、負担をゼロにする事は

難しいでしょう。

脂肪が増え、体重増加すると共に、
足腰の痛みも強くなる

痛みが生じているのに、無理を し続けると

杖無しでは歩行困難な程の

状態に なってしまいます。

痛みが酷くて動けずに居て、1日中寝たきり

状態になった場合ですら、

腰部に負担は掛かり続けてしまいます。

同じ姿勢で寝続けて、腰の一点に負担が

掛かって居るな。と自身の感覚で感じて、

少し体勢を変えようか、と寝返りを打とうと

思っても、腰部が強烈に痛む場合には

ほんの数㎝身体を捻り、横に向く事さえ

自由には 行きません。

急激な腰痛で動く事が出来ない時に
役立つ電動ベッド

とは言え、私の経験上、ここまで痛む場合には

自力で起き上がる事が出来ないほど

腰の痛みが強くなっている と思うので、

ここまで自力で起き上がる事さえ出来ない程に

痛む場合には、同居している家族が居るならば

助け起こしてもらい、その後は 椅子の上で

腰に負担が掛からない様に安静に過ごすと

良いでしょう。

同居家族が おらず、一人暮らしの場合には

腰の痛みが強くなりそうな兆候が見られた場合には

出来れば数日前には電動ベッドを用意して、

リモコン操作一つで寝姿勢から腰に負担を掛けずに

起き上がれるように準備しておいた方が良いです。

自力で置き上がれ無い程の激しい
腰痛時は電動ベッドで起き上がる

私が初めて自身の力だけでは起き上がれ無い程の

激しい腰の痛みに襲われた時には、

3日程 布団から動く事が出来ずに 何とか手が届く

範囲内にあった 蜂蜜と飴を舐めて飢えを凌いだ

と言う経験が あるので、腰に いつも以上の

疲弊感が生じていると感じた時は、

その翌日か翌々日には強烈な痛みが現れてしまう事が

経験上多いので、

兆候を感じた時点で『その時』に備える事が

自身の生命を守る上で とても大切だと思います。

ここまで足腰に痛みが生じる事の辛さに ついて

綴りましたが、電動ベッドを用意したり、

他にも関節サポーターや杖を使用したりすると、

負担を ある程度は軽減させる事が出来ますが、

一番良いのは足腰の痛みを感じた段階で整形外科へ

行く事だと思うので、

出来るだけ早めに受診してみて下さいね。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

疲弊が日々腰周りに蓄積している時に役立つのはマッサージと、このアイテム

足腰を痛めたら関節サポーターで

膝周りや、膝関節などを守りつつ、

日々の衝撃に 耐えなければなりません。

杖や、関節サポーターで日々の負担を

和らげて過ごしても、

やはり1日が終わる頃には ドッ、と 疲労が

身体中に 現れてしまいます。

関節サポーターで痛む患部を守ると言う選択肢

仕事や 1日の やる事を終えて、疲れた身体で

ストレッチやマッサージなどをして

身体の疲労を 取り去りたいですが、

疲れ切った身体では、少しの動きをするのも

気力を絞らなければなりません。

ストレッチとマッサージを行い、筋肉の強張りを解す

そういった時に、自分自身がストレッチの

動作をしたり、

手の届く範囲内を 揉み解したりする手間を省く為、

マッサージ器などが あれば、

スイッチを押すだけで 自動で脚や腰、腕などを

揉み解してくれるので 非常に楽です。

しかしながら、日々の疲弊は少しづつ、積もりに

積もり 足腰に強烈な痛みとして現れてしまいます。

通院も定期的にして、日々 足腰関節の痛み対策や

アフターケアを施して居ても、です。

腰痛にはサポーターに加えアフターケアも重要

1度痛みを感じて、それが あちこちに広がって

しまってからでは、

対策を施しても ダメージを完全に防ぎきる事は

難しいのです。

杖と関節サポーターを併用して居ても、1歩1歩の

歩行の都度、ダメージが生じてしまうので、

それがピークに達した場合は、朝 目を覚ました時に

腰の痛みにより、

自力で起き上がれ無い、などの日常生活を送ること

自体が 困難になってしまう事も あります。

そうした時には、私の経験上、ピークの痛みが

永久に続く訳では無いので、ジッ、として過ごし、

痛みのピークが過ぎ去るのを2~3日の間、

待てば良いのですが、

布団の上で 横になって居る姿勢で、腰が強烈に痛んだ時、

と言うのは、例えば 足首の角度を変える事も 腰に響くので

難しくなりますし、足首の向きよりも動きが大きい、

膝の向きや、膝を折り畳んだり等は かなり困難になるので、

実質、出来る事は2~3日の間、ただただ天井を眺めて

身体の向きなどを変えずに 時が過ぎゆくのを待つだけです。

自力で置き上がれ無い程の激しい腰痛時は電動ベッドで起き上がる

腰が強烈に痛む時は 当然、腰を捻る事も、上体を起こす事も

出来無いので、トイレに行ったり、食事をしたり、と言う事も

その間は 行えないので、出来れば腰の疲弊感が いつも以上に

強いな~、と感じた時は、

布団の直ぐ横に 蜂蜜や飴とストロー付きの飲料を幾つか

用意しておくと その間は どうにか凌げます。

そうこうして居る内に、状態を現時点で どの位 起こせるだろう、

とか、膝を曲げた時に 何処まで持って来ると痛みが強いのか?

と言うのを、時々確認しておくと、少しづつ痛みのピークが

過ぎつつあるのを感じる事が出来るので、

もう少しで起き上がれるかも。という希望が見えたりして、

気力が湧いて来るので時々確認してみる事を お勧めします。

こうした状態になると、『あっ、起き上がれないな。』と

思った時点で救急車を呼べば良いのですが、

まさか、この様な状態に なるとは思っていない時と言うのは、

手が届く範囲内に携帯電話を 置いて居なかったりします。

すると、私が書いた様に 天井を見つめながら、蜂蜜などで

糖分を補給しながら痛みがピークを越えるのを

待つしか無いのですが、この時に電動ベッドがあれば、

2~3日もの間、天井を眺め続けずに済みます。

と、言うのも腰が強烈に痛む時は、頭を持ち上げた状態から

腰を少し浮かせた角度が 最も腰に負担が掛かり 辛いので、

此処を乗り越えると、あと5㎝~10㎝ほど上体を起こすのは、

意外と楽なので、

その角度まで電動の力で腰に負担を掛けずに持って行く事が

出来るのです。

身体を起こす事さえ出来れば、後は 手すりや杖を使って

トイレにも行けますし、調理も出来ますので、

腰の痛みがピークに達した時の自力で起き上がれ無い、

という 最も辛い状況を楽に乗り越えて下さいね。

腰の負担を減らす為に日常で行える5つの対策・手段

日常の中で腰への負担を和らげるなら温熱治療器と、これの併用

日々の疲労の蓄積や、加齢による軟骨の

磨り減りなどで関節周りの靭帯などが、

その部位を支えようと過剰に働いて

疲弊する事により 痛みが生じたり、

あるいは、スポーツなどで急激な負担が

掛かったりなど、人によって足腰に

痛みが生じる状況、過程は異なりますが、

1度でも痛み出せば、仕事や日常生活に おいて、

大きな不便さを強いられる事は共通しています。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

しかも、足腰の痛みと言うのは、腰部の痛み

(間欠跛行,椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,

筋膜性腰痛など)から 足首、足底の足底筋膜炎まで

何処か1箇所が痛めば、その部位を守ろうと

自然と重心が 身体の痛みがマシな方に偏ってしまい、

そうした 歪な重心で数日から数週間も過ごせば、

痛みがマシな方の足腰にまで、過度な負担が生じ

そちらにも痛みが広がって行ってしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

そして、その結果として歩行困難などの不自由な

日常を強いられる様に なってしまうのです。

つまり、この悪循環を防ぐには最初に足腰の

何処かに痛みや違和感を感じた段階で整形外科に行き、

問診で何処が どの様に痛むか、というのを

しっかりと伝えて、

その後レントゲンやMRI検査などで自身の

現状を知る事が大切です。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

病名や状態を知る事で、病院での治療・リハビリ

時間だけでは、状態を改善する事は なかなか難しいので、

治療・リハビリ時間よりも遥かに長い日常生活の

中での痛む患部への痛みを緩和させる

関節保護サポーターを装着したりと、あるいは

家庭用の温熱治療器で患部を直接温めて

血流を促したり、日常生活の中でのケアも

行い易くなります。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

病院での実際の治療時間は、腰の牽引や

膝に超音波を充てたりなどの場合、

せいぜい長くても20分~30分程度で終わって

しまうので、

24時間の内『23時間30分』治療以外の

時間の方が遥かに長いので

つまり、治療時間よりも日常生活の中で

足腰への負担を如何に小さく留められるか?

という事に意識を向けるかが重要に なるのです。

23時間30分の内、就寝時間が8時間あるとしたら、

残るは15時間30分ですが、

身体が沈んでしまう様な柔らかい布団で寝ると

腰への負担が8時間もの間、掛かり続けるので、

その場合、腰部が痛んだり、臀部が痺れたり

身体に負担が掛かって居る時間は

やはり23時間30分と なってしまいます。

この就寝時間を身体を休められる快適な

時間にするには 体圧分散マットレスの上で

寝る事が重要な要素と なります。

心地良く眠る為には 適切な寝具と寝返りが大切

体圧分散マットレスは今の時代、様々な

種類があり、どれを選べば良いのか

迷ってしまう程です。

これは購入する側は 非常に悩みに悩んでしまい

結局選べずじまい、何てことも多くあるでしょうが、

これだけ多くの種類が市場に出ている

と言う事は、それだけ腰や身体に疲労感や

痛みを抱えて居て、充分な睡眠が取れておらずに

悩んでいる人が多い事の裏返しでも あります。

腰の痛みの場合は、腰の筋肉である脊柱起立筋が

疲弊しきっている場合が多いので、

しっかりと休められる環境づくりが大事です。

腰の怪我を防ぐには脊柱起立筋を
無理の無い範囲内で鍛える

私も体圧分散マットレスを購入する時には、

いつも迷ってしまうので見極めるポイントを

自分の中で決めて、それに合致したものを

選ぶようにしています。

そのポイントは ネット通販で買う場合、質感や寝心地と

言うのは、サイト上の写真や マットレスの構造を

見て、想像するしか ありません。

しかし、それだけでは実際に購入してから

『あれ?思ってたのとちょっと違う』と

なってしまう事もあるので、自身がサイトを見て

イメージした物と実際の質感・寝心地に

相違点が生じない物を選択するには、写真と

構造以外で その質感・弾力が視覚的に

分かりやすいマットレスを探す事が大切ですね。

そして もう一つは もし万が一、それでも

イメージとの隔たりがある、と感じた場合に

品質の保障期間が明記されている物が

望ましいですね。

これが有るか無いかで、その後の身体への

負担が少ない快適な睡眠時間を得られるか

否かが大きく変わってくるので、以上のポイントを

踏まえた上で 良い商品を選択することが大切です。

激しい腰痛時は椅子に座るのもツラいけれど・・・そんな時に役立つアイテム

日々忙しくバタバタと動き回っていたり、

労働で毎日毎日身体を酷使し続けて、

クタクタに身体が疲れるものの、

碌 ろく に休む暇も無いと、疲労は毎日積み重なり

続けて、グッタリと身体が重苦しくなり、

身体の重苦しさから動くのも億劫になってしまい、

それでも生活の為に 働き続けねばならず、

肉体も精神も疲弊しきってしまいます。

そういう状態で身体から警告サインが

出ているのに、尚も嫌々重い身体に鞭打って

身体を酷使し続けてしまうと、足腰関節部位に

痛みが発生し出してしまい、

痛みが強くなると、いよいよ仕事も日常も不便する程、

取り返しの つかない状態に なってしまうので、

出来れば早い段階での専門医による適切な

治療を 受けた方が良いです。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

痛みが日々積み重なり続けてしまうので、

整形外科に行くのが遅れるほどに

状態が悪化し続けて、痛みが あまりにも

強いと、

通院しようにも向かうために歩くことすら

困難に なってしまいます。

つまり、病院に行けずに 家で ただひたすら

痛みが引くのを待つしか出来ずに、

時間だけが悪戯に 経過してしまいます。

足腰の痛みが どうしようも無く悪化したら
車椅子を取り入れる

なので、あまりにも状態が悪くなったら、

いよいよ救急車を呼んで助けて貰うしか

なくなってしまうので、そこまで状態が

酷くなる前に 病院に行き、対処しましょう。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などと

診断されたら、

朝起きて布団から起き上がる事も自力で

出来なくなったり、

どうにか時間を掛けて起き上がれたとしても、

続いての難関が 立ち上がったり、

歩くことなのです。

自力で置き上がれ無い程の激しい
腰痛時は電動ベッドで起き上がる

この立ち上がり、歩く。という2つの点に

付いては、立ち上がり専用手すりと

室内用の杖や手すりを使う事で負担を

和らげる事が出来ます。

そして、もし一人暮らしで自力で起き上がれない時に

補助してくれる人が居なくても、

電動ベッドを活用すれば腰に負担を掛ける事無く

起き上がることが出来ます。

しかしながら、起き上がり立ち上がって

トイレやテーブルまで歩いて行った後に、

もう一つの難関が待ち構えているのです。

それが椅子に座る、という動作時に

足腰に生じる負担です。

腰痛を意識しながら そ~っと座ろうとしても、

どうしても足腰を踏ん張る必要があるので、

腰や膝に軋む様な痛みが その都度

生じてしまいます。

ですので、そうした時にテーブルで身体を

支える以上に支えとしてあれば、

便利で安心出来るのは頑丈な椅子に

設置された手すりです。

やはり、体重を預ける訳ですから、頑丈さと

安定感は重要ですよね。

その上で 手すりも備え付けられていたら、

安心して座る事が 出来ますね。

これらのポイントを踏まえた上で、アイテムを

駆使して負担の少ない朝を毎日迎えられたら、

気分も沈まずに活力の湧いた日々を

過ごせますね。