「股関節痛」カテゴリーアーカイブ

足腰の痛みを各部位関節サポーターで和らげる

忙しい毎日が続くと 関節部位に疲労と

負担が蓄積し、いつの間にか足腰に痛みが生じ、

日常生活を送る上で、大きく支障を

来してしまいます。

足腰と言うのは、立ち上がる時にも座る時にも

そして、歩く時にも負荷が掛かり、

キチンとケアをして 労わらないと、

加齢と共に どんどん状態が悪くなって行って

1歩1歩の歩行が とてもツラい物に なってしまいます。

足腰に 痛みや違和感が生じ始めた段階で、

速やかに整形外科ペインクリニックに行くのが

その時点での最善の選択ですが、中々時間が取れずに

通院出来ない繁忙期などは、自宅で出来る遠赤外線療法や

各種関節サポーターなどで、少しでも痛みを和らげよう、

とする 意識と対策が大切です。

足腰の関節部の疲労・痛み、と言うのは、

通院出来ずに 治療出来ない日々が

長引いてしまう程に 痛みが積み重なって

しまいますから、少しでも行けるタイミングが

出来たら、通院する事を おすすめします。

ですが、病院での治療時間は 長くても

20分~30分程度で、通院も 週に1回か

2回行ければ 良い方だと思います。

ですので、大切なのは 治療以外の時間に

如何に 関節部へのダメージを 少なく過ごすか?

という事を考え、対策を施すか、です。

身体の構造上、頭部からの重み・重力・衝撃を

緩やかなS字カーブを描く背骨が緩和し、

骨盤・仙骨へ伝え、そして股関節から両脚へと

受け流し 分散する事で、

歩行時の 関節部に掛かる衝撃を ほとんど

感じる事無く、日々過ごせています。

しかし、足腰の何処か一部でも 痛みが

生じてしまうと、

このスムーズな関節の連動・伝達が妨げられ、

痛んでいる箇所に 強く負荷が 乗っかってしまいます。

そうなると、当然 負担と痛みが増すので、

1歩1歩の歩行の際に、

その箇所を庇いながら歩くことになり、

そうした日々を過ごしていると

今度は庇っている側に 重心が偏ってしまい、

身体全体の バランスが崩れ、

庇って居る側にも 痛みが発生し出して しまいます。

そうなると、足腰関節の あちこちに痛みが

拡散してしまい、

通院していても 完治まで かなりの期間を

要する事に なってしまいます。

ですので、少しでも悪化を防ぐためには、

先ほども 書きましたが、日常での対策が

重要になります。

腰痛サポーターで腰を守る→

腰痛サポーター、股関節サポーター、膝サポーター、

そして 足首サポーターという保護アイテムを

有効に活用する事で、日々の衝撃による

ダメージの蓄積を 和らげる事が出来ます。

各部位ごとの関節サポーターを装着して、痛む部位を
守る、と言うのは関節痛に悩む人が真っ先に思い付く

対策法だと思うのですが、今の時代ネット通販で肌に
影響が生じない生地の物を探したり、

メッシュ生地で通気性の良い関節サポーターを探す事も
容易なので、自身に合ったものを探してみて下さいね。

股関節サポーターで股関節を守る→

股関節が激しく痛む場合は無理せずに楽な歩幅で歩く

毎日忙しなく働いていると、少しづつ少しづつ

疲労が足腰に積み重なり、

ストレッチしたりマッサージしたり、労働後の

アフターケアが上手く行われないと、

一晩寝ただけでは身体が回復しきらずに、

そのままの状態で、

また新たな1日に身を投じるのですから、

このサイクルが続く限りは 疲れが取れるどころか、

どんどん足腰関節筋肉が疲弊して行き、やがて

疲弊感が 強い痛みへと転じてしまうのも

ある意味、自然な流れですね。

足腰関節及び 足腰筋肉と言うのは 歩く、

立ち上がる、座るという日常を送る上で

必ず稼動してしまう部位なので、これらの動きを

制限すると言うのは、なかなか難しい事です。

トイレに行くにも、喉が渇いたから水分補給を

するにも、お腹が空いたから食事をしに、

テーブルに行くにも、お風呂に入るにも、足腰

痛みにより、自宅で安静に過ごしている時にも

数歩の移動は せざるを得ません。

なので、室内にいる場合には、まず壁際に手すり

設置したり、室内用のを使用したりサポーターを

装着したりで、極力 足腰に掛かる負担を和らげようと

するのですが、しかし膝関節も足首も各部位ごとの

サポーターを装着し、締めて固定する事で

可動した際の負担を和らげる事が出来るのですが、

股関節だけは専用サポーターを装着しても、

関節の可動を完全に制限する事が出来ないので、

室内で数歩の移動距離で 最も負担が生じやすい部位が

股関節で あると言えると思います。

私も慢性的な股関節の痛みを抱えていて、歩く時の

重心や関節の可動をどうすれば 歩行の際のダメージ

少なく済むのか?を毎日試しながら過ごして

居るのですが、股関節ダメージを軽減する対策の

一つに 歩行時の姿勢と言うものが大きく

関係しているかな、と思います。

例えば、(を使って歩くのを前提として)足を1歩

踏み出す度に 股関節が可動し、前後に大きく動きます。

股関節を痛めている時に、この可動範囲が

広ければ広い程、生じるダメージ

大きくなってしまいます。

(背筋が立っている時は重心が身体の中心に

ある為、を踏み出した時に

大きく踏み出す必要がない)

この時に、股関節の振り幅を極力抑えようとすると、

出来るだけ背筋を立てた状態が望ましいのですが、

身体がピン、と立っている状態と言うのは、

股関節の可動範囲を狭められる代わりに、

脊柱起立筋の負担の割合が必然的に大きくなり、

室内での数歩の移動距離ならば良いのですが、

もし、食料などが尽きた時にお買い物に出かけて

歩数が増えてしまった場合、

帰路に着く頃には脊柱起立筋は すっかり疲弊し、

に痛みを抱えてしまう恐れがあるので、

出掛けて歩数が多くなるのが分かっている場合には

股関節を気にしすぎるあまり、身体を立てすぎない様に

注意する事が大切です。

(重心が前に行き過ぎていると、バランスを

保つ為に を大きく踏み出さなければならない)

一方、歩いている内に、股関節との負担が

大きくなり背筋を立てるのが辛くなった時に

杖が あるからこそ、可能な 前のめり姿勢で

歩いてしまうと、

股関節の可動範囲が大きくなってしまい、後ろから

前に持ってくる振り幅が広くなると、

当然ながら股関節の痛みも強くなるので、移動距離が

長くて歩数が増えてしまう場合には、

背筋を立てた姿勢を保つのが辛くなった時点で

公園、もしくはバス停のベンチでも

何処か小休止出来る ところを見つけて、無理せずに

一旦休みましょう。

股関節サポーターで痛む股関節を守る→

股関節と腰の痛みを軽減する歩き方

毎日忙しなく働いていると、少しづつ少しづつ疲労が

足腰に積み重なり、ストレッチしたりマッサージしたり、

労働後のアフターケアが上手く行われないと、一晩

寝ただけでは身体が回復しきらずに、

そのままの状態で また新たな1日に身を投じるのですから、

このサイクルが続く限りは 疲れが取れるどころか、

どんどん足腰関節、筋肉が疲弊して行き、

やがて疲弊が強い痛みへと転じてしまうのも
ある意味自然な流れですね。

足腰関節及び足腰の筋肉と言うのは、歩く・立ち上がる
座るという、日常を送る上で 必ず可動してしまう部位なので

これらの動きを制限すると言うのは、なかなか難しい事です。

トイレに行くにも、喉が渇いたから水分補給をするにも、

お腹が空いたから食事をしにテーブルに行くにも、

お風呂に入るにも、足腰の痛みにより 自宅で安静に
過ごしている時にも数歩の移動は せざるを得ません。

なので、室内にいる場合には、まず壁際に手すりを
設置したり、室内用のを使用したり

サポーターを装着したり、で極力足腰に掛かる負担を
和らげようとするのですが、

しかし膝関節も足首も各部位ごとのサポーターを装着し、
締めて固定する事で、

可動した際の負担を和らげる事が出来るのですが、股関節だけは
専用サポーターを装着しても、

関節の可動を完全に制限する事が出来ないので、室内で数歩の
移動距離で 最も負担が生じやすい部位が

股関節で あると言えると思います。

私も慢性的な股関節の痛みを抱えていて、歩く時の重心や
関節の可動をどうすれば

歩行の際のダメージが少なく済むのか?を毎日試しながら
過ごして居るのですが、

股関節のダメージを軽減する対策の一つに、歩行時の
姿勢と言うものが大きく関係しているかな、と思います。

例えば(杖を使って歩くのを前提として)足を1歩
踏み出す度に股関節が可動し、前後に大きく動きます。

股関節を痛めている時に、この可動範囲が広ければ
広い程、生じるダメージも大きくなってしまいます。

(背筋が立っている時は重心が身体の中心にある為、
脚を踏み出した時に大きく踏み出す必要がない)

この時に、股関節の振り幅を極力抑えようとすると、
出来るだけ背筋を立てた状態が望ましいのですが、

身体がピン、と立っている状態と言うのは、

股関節の可動範囲を狭められる代わりに、脊柱起立筋
負担の割合が必然的に大きくなり、

室内での数歩の移動距離ならば良いのですが、
もし、食料などが尽きた時に お買い物に出かけて

歩数が増えてしまった場合、帰路に着く頃には
脊柱起立筋は すっかり疲弊し、

腰に痛みを抱えてしまう恐れがあるので、出掛けて
歩数が多くなるのが分かっている場合には、

股関節を気にしすぎるあまり、身体を立てすぎない様に
注意する事が大切です。

要は、臨機応変に姿勢に緩急をつける、と言う事ですね。

腰痛サポーターで支えているので、基本的に過剰な程、
前傾になる事も無いですし、

後傾になりすぎる事も無いので、微妙に姿勢を立てたり、
疲弊を感じたら微妙に腰を丸め気味にすると良いです。

股関節の動きによる痛みを軽減する股関節サポーター→

毎日の歩行で知らず知らずの内に痛みが蓄積してしまう股関節を守る

忙しい毎日を過ごしていると身体全体に疲労が蓄積し、

身体の重さや身体のだるさに繋がってしまいます。

それでも 尚も忙しい日々を過ごし続けていると、

重さ怠さだけでは無く、

疲弊感は 足腰関節部位に鋭い痛みへと変貌を遂げ、

現れ始めてしまいます。

そうなってしまうと 仕事は勿論のこと、

日常生活を送る上でも 非常に大きな負担に

なってしまいます。

足腰の痛みと言うのは、重さが約5kgも ある頭部を

支える首から 緩やかなS字カーブを描く背骨へと伝わり、

歩行時や日常での負担・衝撃を骨盤仙骨まで受け流し、

そして股関節から両脚へと分散して 日々大きな負担を

感じる事無く 日常生活を送る事が出来ているのですが、

足腰関節部位の何処か1部位を痛めてしまうと

その衝撃・負担を受け流す関節の連動機能が

妨げられてしまい、痛めた箇所に どんどん負担、

痛みが蓄積してしまいます。

その後は、痛む箇所を庇いながら生活して行く中で、

数日間~数週間も その様な状態で過ごすと

一方を庇う あまり、もう片側にも疲労・負担が

積み重なってしまい、

やがて元々痛みが無くて 健康だった側の足腰にも

強い痛みが 生じてしまう様になり、

その箇所を庇う事により、別の部位に痛みが

散らばって行き、

それを繰り返して行く事で 結果的に足腰全体に

痛みが拡散されてしまうのです。

そうなってしまうと 足腰各関節部位専用サポーターや、

などを日常的に使用し、

少しでも負担の少ない毎日を過ごそうと、色々な保護アイテムを

試して、自身に合う保護アイテムを探す様に なるかと思います。

私なりの経験談ですが、足首サポーター膝関節サポーター

だけでも充分、足への負担を和らげる事が出来るのですが、

それに加えて、腰痛サポーターも日常的に使えば

かなり歩行時の負担・衝撃は緩和できます。

しかしながら、それで充分か、というと 実は膝関節

腰周り以上に 股関節に対してダメージが

ジワジワ溜まっていたりするのです。

股関節は一歩一歩 足を踏み出す度に どうしても可動してしまい、

その都度、ダメージを負う事に なるのですから、

なかなか厄介ですね。

股関節にも股関節サポーターと言う専用アイテムがありますが、

股関節の動きを大きく制限することは出来ません。

股関節の動きを完全に封じてしまうと、足を踏み事が出来無くなり、

歩を進める事が出来なくなってしまいますから、

どうしても、多少 緩い作りになって居ます。

しかしながら、専用サポーターで ある訳ですから、関節の可動を

完全に制限できずとも、股関節の過度な負担を和らげる効果はあります。

なので、股関節サポーターを装着し、股関節の痛みを和らげる、

と言う選択肢は正解ですし、

股関節が激しく痛む場合は股関節サポーターを取り入れた方が

良いと思います。

歩行時の股関節を負担から守る股関節サポーター→

常に可動する股関節の痛みを防ぐのは、容易では無い

足腰の痛みは、過労の結果や 突発的な衝撃を
受けて 痛み出したり、

あるいは加齢による軟骨の磨り減りにより、
その周辺の筋肉が補助的に支える役割を果たし、

過度な筋肉疲労で 痛みが生じたり、

骨の変形などで痛んだり、そして何らかの要因で
神経を圧迫して居る場合に、激しい痛みが現れます。

足腰の場合は、何処が痛んでも 日常生活に影響を
及ぼす可能性があり、

例え痛みが軽めだからと言って、処置を後回しに してしまうと、
日を追うごとにダメージが蓄積されて、

やがて歩行困難と言う状態にまで 悪化してしまいます。

腰(脊柱起立筋)、股関節、膝、足首と、日常を送る上で
痛んでは困る部位で 日々体重を支えたり、

歩行時の衝撃を受け止めているので、疲労が蓄積したり
痛んだりするのを どんなに避けようと思っても、

なかなか難しいです。

そうした中で、体重を支えるだけでなく、上体の動きにも
左右される『腰椎』は、最も負担が掛かり易い 部位でありますが、

腰と同じ位、疲弊しやすいのが 股関節であります。

股関節の場合、その他の関節部位と異なり、関節サポーター
締めて固定しする事で、動きを制限する、

と言うのは完全には 行えなえません。

どうしても、1歩1歩の歩行の度に、脚を踏み出す事で
股関節が大きく動き、痛みを伴ってしまいます。

股関節サポーターを装着すれば、ある程度の衝撃や、負担から
守る事が出来ますが、

どうしても歩数が増えると 痛みが強くなり、
苦痛に耐え続けなければ なりません。

股関節の痛みには 私も毎日悩まされていますが、杖2本と
腰痛サポーター、そして股関節サポーターを併用した上で、

歩幅を小さく留めて、慎重に歩く事で 足先から股関節、
腰に響く衝撃を 小さく抑える事が出来ます。

股関節に痛みを感じ始めたら、何も歩行時だけで無く、
椅子に座っている時にも、ジワジワと 痛みや痺れを

感じる様に なります。

股関節の痛みの原因は、腰部の神経圧迫による事が
多いらしいのですが、病院で聞いた時に納得しました。

確かに、腰が激しく痛んで来たタイミングと、股関節の
痛み・痺れが 顕著に現れる様になったタイミングとが

一致していましたし、何よりも 腰が強く痛む周期には
股関節の痛み・痺れも より顕著に現れるのを感じるからです。

つまり、股関節の痛みを どうにか和らげたい!と思う場合には
腰のケアも 同時に行わなければならない、と言う事です。

しかしながら、先程ほども書いた様に、腰や膝関節とは異なり、
関節サポーターで 動きを完全に制限するのは難しく、

歩く度に どうしても痛みを感じてしまい易い部位であるので、
ケアも容易では ありません。

結局のところ、股関節に凝りや張りを 感じるのならば、
マッサージをして揉み解したり、温熱療法で血流を促したり、

何時でも行える対処法で、一時しのぎ的に 筋肉の張りや
血液の流れを正常に保つ、と言うのを意識して

頻繁に行って行くのが、股関節には効果的なのかもしれません。

股関節サポーターで歩行時の痛みを緩和する→