「腰痛」カテゴリーアーカイブ

介護杖を活用し、足腰の負担を軽減する

座骨神経痛椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症

その延長線上の間欠跛行筋膜性腰痛

日々生きて行く中で、過労やストレス、あるいは

加齢によって軟骨の磨り減りや髄核の水分減少により

衝撃に弱くなったり、様々な原因で腰に痛み

違和感が生じますが、

早い段階で整形外科に行くなどして、その時点での

自身のの状態を専門医に診て貰う事、

また、自身でも身体の状態を知っておく事が

その後の腰痛対策を施す上で、とても大切です。

骨が変形して居た場合には、幾ら腰痛サポーター

締めて固定しても、部を守り切る事は

難しいでしょうし、骨自体に異常がなく、筋肉

疲弊による痛みの発生原因の場合などには

病院以外での日常生活の中で

対策の施す事が大切です。

今回は、を痛めた時に辛いシチュエーションの

1つである階段の上り下りの際、

腰に出来るだけ負担の掛からない方法について

書いて行きたいと思います。

『足腰が痛いと階段の上り下りが辛いでしょう?』

と、言うのは、私の身体を見た家族や知り合い

などからも良く聞かれますが、

辛いのは辛いですが、実際に『辛い』のは

背筋が疲弊しきった時の間欠跛行の様な

状態に なって居る時の 上り時です。

更に、付け加えるのならば、階段の上り下りの内、

下りは『辛い上に危険を常に伴う』という事は

腰を痛めていない人には想像し難いみたいです。

上り時には 腰部の大きな筋肉である脊柱起立筋が

どちらかの脚を踏ん張った時に

必ず可動してしまうので、先ほど書いた間欠跛行の

時には、余計に辛さを感じてしまうのです。

1段上がろうとすると必ず どちらかの脚で

踏ん張る必要があるので、必然的に脊柱起立筋が

可動して、腰部を痛めてしまう。

この避ける事の出来ないサイクルに どう抗うのか?

と言うと、杖2本で歩いているのが前提に なりますが、

グッ、と両手と片足で踏ん張って、より痛い方の

片足は脱力しつつ、

壁か、もしくは階段手すりに完全に

身体を預けつつ、1段1段上るのが今のところ、

腰への負担が少なく済む方法かな、と私は

思っています。

ところで、なぜ杖2本なのか?と言うと、杖1本で

片手は手すりを引っ張る様に 上れば、

負担が少なく済みそうなものですが、実際に杖1本で

そのやり方で登ろうとすると、

手と同時に脚にも一瞬力が入ってしまい、逆にダメージを

負ってしまう事に 気づいたから止めました。

ですので、杖2本で両腕に主に力を入れつつ、

片足で支えて壁、もしくは手すりに身体を預けながら

登るのが安全で負担も少ないと思います。

介護杖で足腰の負担を軽減する→

足腰の痛みを各部位関節サポーターで和らげる

忙しい毎日が続くと 関節部位に疲労と

負担が蓄積し、いつの間にか足腰に痛みが生じ、

日常生活を送る上で、大きく支障を

来してしまいます。

足腰と言うのは、立ち上がる時にも座る時にも

そして、歩く時にも負荷が掛かり、

キチンとケアをして 労わらないと、

加齢と共に どんどん状態が悪くなって行って

1歩1歩の歩行が とてもツラい物に なってしまいます。

足腰に 痛みや違和感が生じ始めた段階で、

速やかに整形外科ペインクリニックに行くのが

その時点での最善の選択ですが、中々時間が取れずに

通院出来ない繁忙期などは、自宅で出来る遠赤外線療法や

各種関節サポーターなどで、少しでも痛みを和らげよう、

とする 意識と対策が大切です。

足腰の関節部の疲労・痛み、と言うのは、

通院出来ずに 治療出来ない日々が

長引いてしまう程に 痛みが積み重なって

しまいますから、少しでも行けるタイミングが

出来たら、通院する事を おすすめします。

ですが、病院での治療時間は 長くても

20分~30分程度で、通院も 週に1回か

2回行ければ 良い方だと思います。

ですので、大切なのは 治療以外の時間に

如何に 関節部へのダメージを 少なく過ごすか?

という事を考え、対策を施すか、です。

身体の構造上、頭部からの重み・重力・衝撃を

緩やかなS字カーブを描く背骨が緩和し、

骨盤・仙骨へ伝え、そして股関節から両脚へと

受け流し 分散する事で、

歩行時の 関節部に掛かる衝撃を ほとんど

感じる事無く、日々過ごせています。

しかし、足腰の何処か一部でも 痛みが

生じてしまうと、

このスムーズな関節の連動・伝達が妨げられ、

痛んでいる箇所に 強く負荷が 乗っかってしまいます。

そうなると、当然 負担と痛みが増すので、

1歩1歩の歩行の際に、

その箇所を庇いながら歩くことになり、

そうした日々を過ごしていると

今度は庇っている側に 重心が偏ってしまい、

身体全体の バランスが崩れ、

庇って居る側にも 痛みが発生し出して しまいます。

そうなると、足腰関節の あちこちに痛みが

拡散してしまい、

通院していても 完治まで かなりの期間を

要する事に なってしまいます。

ですので、少しでも悪化を防ぐためには、

先ほども 書きましたが、日常での対策が

重要になります。

腰痛サポーターで腰を守る→

腰痛サポーター、股関節サポーター、膝サポーター、

そして 足首サポーターという保護アイテムを

有効に活用する事で、日々の衝撃による

ダメージの蓄積を 和らげる事が出来ます。

各部位ごとの関節サポーターを装着して、痛む部位を
守る、と言うのは関節痛に悩む人が真っ先に思い付く

対策法だと思うのですが、今の時代ネット通販で肌に
影響が生じない生地の物を探したり、

メッシュ生地で通気性の良い関節サポーターを探す事も
容易なので、自身に合ったものを探してみて下さいね。

股関節サポーターで股関節を守る→

低周波マッサージパッドで気軽にマッサージをする

多忙な日々を送り、毎日ぐったり疲れて

碌に身体を休める暇も無く就寝して

朝を迎え、また多忙な1日が始まり、という

生活を繰り返していると、身体中に疲労が溜まり、

それが関節部位に徐々に及んで行き、やがて強い

関節の痛みへと発展して行くと、

仕事は勿論の事、日常生活にも影響が出始め・・・・

と、身体の疲労、特に関節部位や脊柱起立筋への

積み重なった疲労・ダメージというのは

1歩1歩の歩行の度に足腰に衝撃が伝わり、強い痛みが

生じる事によって近所に お買い物に行くのですら

ツラくなってしまいます。

特に、足腰の疲弊から来る関節痛というのは

厄介で、何処か1箇所が痛み始めると

その箇所を庇いながら日々過ごす様になり、

痛みが無い方に重心を傾けながら

生活をする事に なるので、その様な状態で

数日~数週間過ごすと重心の偏りから

身体の重心バランスが崩れ、元々痛みを感じて

いなかった側にも 疲労が積み重なり、

痛みが生じる様に なってしまいます。

そうなると、悪循環の繰り返しで、右が痛めば

左を多用するようになり、

左に痛みが強く出れば、右に重心

傾ける様になり、

そして、結果的に身体中あちこちに痛みが

拡散してしまう様に なるので、

出来れば、足腰関節各部位に痛みや違和感を

感じ始めた初期の段階で、

整形外科ペインクリニックに通院する事が

その時点での最善の選択に なります。

ですが、通院したからといって、今日明日に

直ぐに治る物でも無いので、

治療以外の日常でのダメージ緩和対策が

大切に なります。

その対策として、1つは足腰が痛む場合は

腰痛サポーター股関節サポーター膝サポーター

足首サポーターなどの各部位専用サポーターを

日常的に活用して日々の歩行や立ち上がる時、

座る時の負担を和らげる事が重要に なります。

椎と言うのは、日常生活の中での角度が

前傾に なったり、後傾に なったりしただけで

多大な負担が掛かりますし、更にの捻り動作まで

加わったら、益々 椎に生じるダメージ

大きくなってしまいます。

腰の痛みの原因として 間欠跛行,椎間板ヘルニア,

脊柱管狭窄症,筋膜性腰痛などと診断されたのならば、

日常の中で しっかりと腰痛対策・足関節痛対策を

行う必要が あります。

忙しい日常に追われ、対策を後回しにすると、

痛みが日々積もりに積もり、

やがて歩行困難に なるほど痛みが強くなり

不自由な日常を強いられる事に

なってしまいます。

しかし、どんなに意識してダメージを小さく

留めようと対策を施しても

日々生じる腰部や足へのダメージをゼロに

する事は 出来ません。

先ほども書いた様に、腰椎の角度が少し変わるだけで

負担に なってしまいますし、

歩けば体重が乗り、衝撃が足や腰に響くからです。

ですので大事なのは、日常的にサポーターや杖で

身体を支えるのに加えて、

その後のアフターケアが重要に なります。

アフターケアと言っても足腰、特に腰を

痛めている時はストレッチなど行えませんし、

激しく腰が痛む時にマッサージを人に任せるのは

ちょっと怖い気が します。

なので、痛くて動け無くても 半ば自動的に

マッサージを行ってくれる低周波パッドがあれば

マッサージの強さも調整できますし、痛みを

万が一感じたら直ぐに停止する事が出来るので、

気軽にアフターケアを行えるアイテムとして

おすすめです。

低周波パッドで気軽にマッサージする→

足腰を痛めて動けなくなると、脂肪が付き始めてしまう

周りの痛みは身体を休める暇もない程、

肉体を酷使し続けた結果だったり、

運動時急に強い負荷を掛けた為 痛みが

生じたり、

加齢により周りの筋肉の衰えや

クッションの役目を果たす椎間板

摩り減り等によって痛みが発生したり、

あるいは 長時間座りっぱなしの

デスクワークなどで への負担が

掛かり続け、痛みへと繋がったり。

痛みが生じる要因は個々の状況によって

様々ですが、

いずれにしても1度痛みが生じると仕事は勿論、

日常生活に おいても、常に痛みという物は

付きまとうので 少しでも痛みや違和感を

感じた段階で 速やかに整形外科ペインクリニック

行かれる事を おすすめします。

私の実感として 体内の修復能力である

自然治癒力よりも日常生活の中で

蓄積するダメージの方が上回るので、

安静に過ごしていても

ほんの少しの歩行が、ほんの少しの座り姿勢が、

出来るだけ安静に過ごして

負担が掛からない様に日々 気を付けて

少しマシに なったかな?と

痛みの許容量に多少の余白部分が出来ていた

としても、それを上回る痛みを

生じさせてしまうので、1度でも痛みを感じたら

専門医に診てもらうのが、

その時点で最善の選択だと思います。

は牽引したり、温めたり、マッサージ

解したり、治療・リハビリを行って、

ひと時 楽になったとしても帰路に着く段階で

腰痛サポーターを装着して 周りを保護して

極力 負担を和らげる様に気を付けながら道中

ゆっくりと歩いたとしても、

20分~30分の治療時間が 帳消しに なったのでは

無いか?と感じる程のダメージが蓄積する、

と言うことは決して少なくありません。

を痛めてしまうと、どんなに気を付けて

対策を行ったとしても、歩行する以上、

どうしてもダメージが積み重なってしまいます。

病院に向かう段階でならば、その後に治療を

施してもらえるから まだ良いですが、

病院から帰宅する時点で痛みが強くなって

しまうのは、非常に困ります。

なので、大切なのは病院で治療を受ける事と共に、

普段の生活の中で、

出来るだけ疲弊や痛みに対するケアを施す事です。

病院での治療時間よりも、日常生活の時間の方が

遥かに長いので、病院以外の時間を

如何にダメージ少なく過ごすか?

と言う事を考えながら、日々負担を掛けない様に

生活するか、が大切に なります。

ここで、足腰関節部位を負担から守る上で何が

大切か?と言う事を考えてみると、

まずは整形外科ペインクリニックで『適切な

治療』を継続的に受ける事。

そして自身は日常生活の中で、極力足腰に負担が

掛からない様、関節サポーターや杖で

身体を支えながら過ごす事。

そして、それでも日々 生じてしまう、疲弊感や

痛みに対してマッサージなどで血流の鈍りを改善し、

炎症の原因を作らないようにする事。

そして、もう一つ大切な要素は 体重増加を

出来るだけ防ぐ事です。

とは言え、足腰が痛んでいるから余計な負担を

掛けない様に安静にして過ごさなければ ならないのに、

体重増加を防ぐ、というのは少々 矛盾してしまいます。

体重が増えるのを防ぐ手段としては、食事内容

見直しと運動による筋肉の衰えを防ぐ事が大事ですが、

足腰関節(特に)が強烈に痛むと、運動

行えないですし、運動が行えない、と言う事は

筋肉が どんどん衰えて行き、その代わりに

脂肪が 蓄えられて行きます。

嫌でも蓄えられてしまう脂肪を防ぐには、結局
食事内容を気にしたり、姿勢を気にしたりするなどの

意識が大切です。

そうして、常日頃から意識しながら過ごして
過度な脂肪による体重増加を防いで

出来るだけ健康な身体を保ちましょうね。

ダイエット用プロテインで健康に体型を保つ→

2本杖で腰を衝撃から守る

日々忙しくバタバタと動き回っていたり、

労働で毎日毎日身体を酷使し続けて

クタクタに身体が疲れるものの、

碌 ろく に休む暇も無いと、

疲労は毎日積み重なり続けて、グッタリと身体が

重苦しくなり、

身体の重苦しさから動くのも億劫になってしまい、

それでも生活の為に働き続けねばならず、

と言う日々を過ごしていると、肉体も精神も

疲弊しきってしまいます。

そういう状態で身体から警告サインが出ているのに

尚も 嫌々重い身体に鞭打って

身体を酷使し続けてしまうと、足腰関節部位に痛みが

発生し出してしまい、

痛みが強くなると いよいよ仕事も日常も不自由に

なる程、取り返しの つかない状態に なってしまうので、

出来れば早い段階での専門医による適切な治療を

受けた方が良いです。

痛みが日々積み重なり続けてしまうので、整形外科に

行くのが遅れるほどに状態が悪化し続けて

痛みが あまりにも強いと通院しようにも

向かうために、歩く事すら困難に なってしまいます。

なので、状態が酷くなる前に病院に行き、

対処しましょう。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、間欠跛行、

筋膜性腰痛などと診断されたら、

朝起きて布団から起き上がる事も、いずれ自力で

出来なくなったりする程の 痛みに襲われる可能性が

あるので、注意深く 日々の腰部の状態を

チェックしていることが大切です。

腰椎は上体の角度、捻り動作など、日常生活の中の

自然な動作で物凄く負荷が掛かってしまう部位なので、

疲弊しやすく、痛みも感じやすい部位である。

と、認識しながら日々 丁重に扱う事が大切です。

腰椎を丁重に扱う、とは どういう事なのか?と言うと

腰痛サポーターや杖などの補助アイテムを有効に活用し、

毎日積み重なり続ける腰部のダメージを少しでも

和らげようと日々 負担から守ることを指します。

車椅子でも日常的に使用しない限り、腰痛サポーターを

キツめに締めて腰を固定しようが、

杖を使い体重を分散させようが、どうしても腰を支える

筋肉である、脊柱起立筋が疲弊してダメージを

負ってしまいます。

杖を使って歩いても、結局ダメージが蓄積するのでは、

車椅子を使用する以外の腰痛対策法って無いのでは?

と、考えてしまいがちですが、私なりに辿り着いた

腰痛対策としては結局、

腰痛サポーターと杖の併用が腰への負担を和らげるのに

最も適している、と言う事です。

補助アイテムとしての その効果を高める為には、

『重心バランス』『姿勢』『歩幅』という

3つの事に対して意識を集中する必要があります。

そして、補助アイテムとして用いる腰痛サポーターも

幅広タイプで背筋を支えるボーン加工が

しっかりと施されているもの、杖は2本使用する。

という、幾つかの要素を組み合わせる必要が

ありますが、重心バランス、姿勢、歩幅と言う

3つの大切な要素は杖2本使用するからこそ

同時に意識した前進が行える様になります。

つまり、どういう事かと言うと、杖1本の場合には

どうしても杖の持ち手側に体重が偏ってしまい、

結果的に重心の崩れから来る身体の片側の過度な

疲弊に繋がり、寧ろ杖を使用する前よりも

状態を悪くしてしまう事も あります。

姿勢に関しても同様で、身体の重心バランスが

どうしても崩れてしまうが故に、

それに抗おうと上半身が前のめりになったり

場合によっては後傾になったりで、

先ほど書いた様に腰椎に多大なダメージを

与えてしまう結果に繋がります。

歩幅もまた、腰部の痛みに大きく影響するのですが、

杖1本の場合だと どちらか一方に偏りながら

歩かざるを得ない為、最初の内は まだ良いのですが、

腰の筋肉(脊柱起立筋)が疲労してくると

腰痛が激しくなる為、焦って歩幅を大きくしたり、

反対に慎重になり過ぎて 歩幅を極端に

狭めてしまいがちです。

この歩行時に痛くて歩くのが辛くなる『間欠跛行』の

状態は非常に辛いので、

落ち着いた精神状態では居られないので、ついつい

焦ってしまうのですが、

歩幅を大きくしたら腰部に響いて帰宅後のダメージが

とんでもない事になりますし、

腰を気遣って歩幅を狭めても、過剰に疲弊し続ける

時間が長引いてしまい、

この場合も帰宅後に凄まじい痛みに襲われます。

なので、私の経験上、これらの事を防ぐのに

腰痛サポーターと2本杖の併用が効果的だと思うのです。

2本杖の場合、身体の重心は基本的に中心から

ズレないですし、姿勢も通常は背筋を伸ばして居たり、

脊柱起立筋が疲弊して来たのなら、敢えて やや前傾

気味になり、脊柱起立筋の過度な可動を緩める、

という選択が出来ます。

これは2本で支えていて重心が中心から殆ど

崩れていないから こそです。

杖で腰への衝撃を緩和する→

激しい腰痛で動けない時の対処法

忙しい日々を過ごして居ると 身体が

重苦しくなったり、その先には怠さ、

倦怠感だけでは済まずに、足腰関節部位に

強い痛みとなって、日々の身体への

無理が反映されてしまいます。

足腰が強く痛み出すと、仕事は おろか、

日常生活にも 支障を来してしまうので、

出来るだけ早い段階での対処が 大切になります。

早い段階での対処と言うのは例えば、

腰の痛み股関節足首などに散らない様に

先手先手で 処置をする、と言う事です。


自身の病状に合った適切な治療を行ってくれる

整形外科を探すのがまずは1番大事なのですが、

足腰の痛みと言っても原因の特定だけでもレントゲンを

撮ったり、MRIを撮ったりと 時間が掛かりますし、

それでも、椎間板ヘルニアなのか脊柱管狭窄症間欠跛行

なのか、筋膜性腰痛なのか、

あるいは別の原因なのか?など、

検査と治療を並行して何度も経過を診つつ

行う為、数週間~数か月は掛かってしまいます。

例えば、骨と骨の繋ぎ目の髄核が加齢などで

水分が減り、弾力が弱まって飛び出してしまい、

神経に触れ、圧迫する事によって 痛みが生じる

椎間板ヘルニアや、

脊髄から伸びる馬尾や、神経根が通る背骨の中の

空間が 加齢などで狭まって行き、

神経を圧迫する脊柱管狭窄症で あったりした

場合には、日常生活が非常に不自由なものへと

変化してしまいますし、腰痛サポーター

日常的の使用は 不可欠となってしまい、

いくら痛くて自力では歩くのが辛い歩行困難の

状態になって、補助アイテム無しでは

歩む事が出来なくても、補助アイテム

頼りすぎてしまうと、今度は、

元々の足腰を支える為の機能、筋肉や神経系が

どんどん衰えて行き、支える筋肉などが衰えると、

益々 骨や軟骨に体重・負担が乗りやすくなり、

身体の重心バランスが崩れ、痛みが強くなって

しまいます。

とは言え、補助アイテム無しでは、既に歩行困難な

状態である以上、それは仕方が無い事なのですが、

出来れば自身の筋肉足腰を 支えるのに

必要な分の筋力は 保ちたいものです。

それは、足腰が痛くて歩けない状態の身体にとっては

理想論にしか過ぎないのですが、

肉体の元々の機能が衰えれば衰えるほど、

痛みが強くなってしまう現状に 抗う為には、

医学上効果的と 認められた痛み改善方法に

縋るしか無いのです。

私は、腰痛対策関連の書籍などを読んでも、

結局、ストレッチしたりマッサージしたり、

運動を行うと言う事ばかり 書いてあって、

正直げんなりする事が多いのですが、

(所詮、痛くない側の理想論、机上の空論にしか

過ぎないな~、と思ってしまうので)

実際に、布団から起き上がれないほどの痛みに

襲われた時、あるいは、それに近い状態に

常に悩まされている身体では、運動もストレッチも

マッサージも 行える訳が無いからです。

しかし、杖や手すりを使いながらも 立ち上がり、

歩き、座るのに 必要な最低限の筋肉を

保たなければならない。

となった時に、私なりのやり方としては、1週間に

1度くらいは痛みが 少しマシだな、

という周期が来るので、そう言う時に5分~10分で

行って帰ってこれる位の 距離を歩いてみる事です。

歩くと当然、背中を支える筋肉である脊柱起立筋が

可動してしまい、

この部分が疲弊してしまうと、痛みが強くなる訳ですが、

5分~10分で 行って帰ってこれる距離というのは、

脊柱起立筋が疲弊する ギリギリの距離感だと思うのです。

(あくまで私の身体では、ですが)

それぞれに痛みの原因や症状の重さも異なるので、

自身の身体にとって 痛みを感じる手前の

ギリギリの範囲内で、杖などを使い、散歩してみるのが

肉体の衰えを 防ぐのに役立つと思います。

痛みが少しマシになる周期が訪れずに、これを行う

余裕が無いほど、腰痛が激しい日々が続くのならば

要手術か、車椅子を日常に取り入れる事を検討するのも

一つの選択肢だと 思います。

車椅子で足腰の負担を和らげる→

腰の痛みを和らげるには姿勢が大事

腰の痛みの原因としては、過労や加齢、

スポーツなどで急激な負荷が加わった時などが

主に挙げられますが、まず、私の場合も

そうなのですが、

労働で忙しく動き回って、連日 身体が疲弊しきって

いるのにも関わらず、尚も無理に無理を重ねて

身体を酷使しきった結果、からまで

あちこちの関節部位が痛むようになったり、

加齢で髄核の水分が減り、クッション機能が

弱まった時に、何らかの衝撃を受ける事で

線維輪を突き破り中の髄核が飛び出して

神経を圧迫してしまう事で痛んだり、

接触性のスポーツで他者と ぶつかった時に

急激に痛みを感じたりと、

この様に痛みが生じる原因は様々あるのですが、

上に挙げた例は椎間板ヘルニアや筋膜性腰痛

分離症などの症状ですが、他にも背骨を通る

脊柱管が狭まり、神経圧迫される事で

痛みが生じる脊柱管狭窄症間欠跛行椎が

前後にズレる分離すべり症など、

腰痛と言っても一括りには出来ない様々な

部の状態が あるのですが、

何れの場合も、仕事は おろか、日常生活

ままならない程の状態にまで悪化してしまう

恐れが あるので、痛みや違和感を感じた段階で

整形外科に行くなど、早めの対処が

とても大事に なります。

痛みが あるのに放っておくと、日に日に悪化し、

やがては歩行困難という不自由な日常生活

強いられて しまう事に なります。

整形外科を何件か回ってみても、骨が変形していたり、

著しく神経を圧迫している状態でない場合には

どんなに痛くてもブロック注射やリハビリ、

痛み止めを処方され保存療法で経過を見守る事に

なるかと思います。

その場合には、腰痛サポーターを しっかりと

装着したり、姿勢強制サポーター

日常的に を使用する事で日々生じる衝撃から

部を自分自身で守る日常における腰痛対策

大切になります。

を支える筋肉である脊柱起立筋は 常に負担が

掛かって居るため、疲弊しやすいので、

疲れ始めたら休める事が 大切です。

日常生活で守ろうとする補助アイテム

有効活用するのは とても大切なのですが、

守るのとは反対に、避けた方が良い姿勢などが

あります。

『通常のの状態』ならば何ら気にする

必要も無い姿勢なのですが、

布団などの上で、うつ伏せ姿勢で本を読んだり

携帯を いじったりすると、

が反ったままの姿勢を維持することになり、

部への負担が物凄く掛かります。

その状態で暫く居て、急に尿意を催したり、

宅配便が来たりした時に

動かなければ行けなくなった時に、突然

動き出そうとすると、

に激しい痛みが一気に生じる事があるので

もし、万が一動かなければならなくなった時には

ゆっくりと慌てずに動く事が大切です。

その前に、うつ伏せ姿勢で本を読んだり

携帯を触ったりする姿勢を避ければ良いのですが、

この うつ伏せ姿勢が楽な体勢であるという認識を

に痛みを抱える以前の記憶から持っているのだとしたら

『リラックスするにはこの姿勢が楽』と脳にインプット

されているでしょうから、

実際ににとって『良くない姿勢である』と認識するまでは、

避けるのは難しいかもしれません。

ですので、日常生活の中で どれ程 腰痛サポーター

を始めとした補助アイテムを活用していても、

に大きな負担が生じる姿勢を とっては、

日々の努力が無駄になってしまうので、

補助アイテムだけでなく、姿勢にも気を付けましょうね。

姿勢矯正サポーターで姿勢を保つ→

体重が増えて足腰への負担が増えてしまった時の対処法

加齢で髄核の水分が減り、衝撃に抗う

クッション力が弱まって

何らかの衝撃を受ける事で線維輪を突き破って

飛び出した髄核が神経を圧迫する事で

強烈に痛む椎間板ヘルニア

他にも背骨を通る神経根を含む脊柱管が狭まり、

神経を圧迫してしまう脊柱管狭窄症

その延長線上で、歩行時に足腰が辛くなり

歩行が難しくなる間欠跛行

あるいは、日々の労働などでに集中的に疲労が

蓄積し続けて、筋肉の疲れが抜けずに

乳酸・老廃物が排出されずに痛みが発生し出したり、

腰の痛みの原因は人により様々あり、そして

痛みの強さも人それぞれ異なりますが、

悪化してしまうと朝に目を覚ました時に

布団から身体を起す事も自力では出来なくなって

しまう程の痛みに襲われる事もあるので、

常日頃からの腰部への警戒が必要です。

腰が痛み始めたら、腰痛サポーターや杖で

腰部にズッシリと負担が乗るのを避ける方法が

手っ取り早い対策方法ですが、しかしながら、

気を付けたいのは、腰が痛いと運動が行えなくなり、

只でさえ 筋力が低下して行く一方なのに、その筋肉

周りをガッシリと締めて固定する腰痛サポーター、

歩行の負担を脚とは別に、もう1点増やして体重を支える杖。

これらの補助アイテムに依存し過ぎてしまうと、

益々筋力低下に拍車が掛かり、

ふと気付けば、自分でもビックリするぐらい

お腹・腰周りに脂肪が蓄えられてしまいます。

すると、体重増加により 杖と腰痛サポーターで

支えていても身体の質量が重くなり、

更に筋力も低下しているので、患部(腰部)に

掛かる負担は増すばかり なのです。

腰が痛むからサポーターを日常的に装着する。

更に、杖で支えてサポーターと併用する事で

負担を軽減する。

↑↑これは私自身日々実感しているぐらい効果的な

足腰へのダメージを直接的に和らげる事が出来る

シンプルにして最高の保護方法だと思うのですが、

一方で筋肉で支える比重が軽くなり、筋力低下、

そして身体を自由に動かせないから、

脂肪が どんどん蓄えられてしまう。

本来なら筋肉が活発に働き、脂肪をエネルギーにして

燃焼してくれるのですが、

筋肉が衰えれば衰える程、お腹・腰周りは膨らみ、

増えた体重分だけ腰に掛かる負担が増大してしまう。

という悪循環を繰り返して、日々腰に強く負荷が

積み重なり続け、ある時とうとう、

朝に目を覚ました時に起き上がれない程、痛みが

強くなる訳です。

自力で布団から身体を起せないとなると、

当然ながら 総ての行動が制限されるので、

布団の上で天井を眺め続ける事しか

出来なくなってしまいます。

私は これまで数度起き上がれない程、腰の痛みが

強くなった経験が ありますが、

その時には手が届く範囲内にあった蜂蜜や飴で

2~3日空腹を凌ぎ、

近くにあったペットボトルから僅かばかりの

水分を摂取して痛みが少しマシになるのを

ひたすら待ちました。

その後、少しづつ室内用杖などで歩けるように

なったのは良いのですが、困るのは

お風呂の時でした。

お風呂用椅子で足腰の負担を和らげる→
お風呂用椅子に座れば、上半身を洗うのは

何とか出来たのですが、

ところが、膝よりも先の脛・ふくらはぎ

足首などを洗おうと思っても、

腰に鋭い痛みが走り、洗えないので、

膝から下は洗いようが ありませんでした。

ですが、ボディブラシを購入して使い始めて

みたら、その困っていた点は解消されました。

長さが約35㎝あるので、お風呂用椅子に

座りながらでも、充分に届いて

洗う事が出来るのです。

こういった日常の悩みを解決してくれるアイテムを

入手して、日々の負担を減らして行きましょうね。

ボディーブラシで腰の負担を和らげる→

整形外科へ通院し、少しでも早く完治へ向かわせる

毎日忙しく働いていると、碌に身体を

休める暇も無く、ただただ身体全体に疲労が

蓄積してしまいます。

その身体全体を包む疲労感は、積もり積もって

やがて、足腰などの関節部位の痛みへと繋がり、

仕事や日常生活に支障を来し始めると、

いよいよ整形外科を受診し、

専門的な治療・リハビリを受け、少なくとも

数か月以上の通院生活が 始まってしまいます。

レントゲンだけでは実際の症状が分からなかったり

するので、別日にMRIを撮ったり、

主治医の指示に従い 少しづつ治療・リハビリを

行って行くため、かなり時間が掛かりますし、

その時々の治療が自分に効果が無い、と感じたならば

直ぐに 次の通院日に主治医に告げて、

別の方法を 考えて貰わねばなりません。

1つの病院での処置では 何も効果が無くて

次の病院に行き、其処でも効果を感じられず、

また次へ、という事を繰り返しているとイタズラに

時間が経過してしまうので、

1つの病院で改善が見られず、少しも状態が

良くならなかった場合には、

次は どういう治療を受けるべきか、医師に

聞いてから 適切だと思われる病院に移った方が

時間を無駄にせずに 済むと思います。

というのも、私自身、ここがダメだったから

別の病院を探して通院して・・・・、と言うのを

何度も繰り返していたら、歳月が イタズラに

どんどん経過して行き、

痛みも どんどん増してしまいました。

なので、治療効果を感じなかったから 次へ行く、

では無く、

『ここで効果が無かった場合には、どう言った治療を

受けるべきか?』というのを一応聞いてみると良いです。

聞いた結果として、『この病院では対処できないから、

もっと大きな病院で検査を受けて下さい』と なり、

紹介状を早い段階で書いてくれるかも知れませんし、

あるいは整形外科の範疇に無い場合は、

ペインクリニックへの紹介状を書いてくれたりもします。

なので、治療効果を感じない病院だったからと言って、

黙って別の病院に移るよりは、

今後どういう治療・検査を受けるべきか、

まずは聞いてみましょう。

そうして、設備の整った大きな病院へ行く事に

なるかも知れませんし、あるいは 先ほど書いた様に

ペインクリニック等へ行く様に なるかも知れませんが、

病院を移ったからと言って、

日常生活の中で気を付ける点は変わりません。

関節サポーターを併用して、痛む足腰の負担を

軽減するように心掛ける事、

あるいは、それでも歩行が難しい場合には車椅子

日常的に使うといった対策をして、

足腰へのダメージを避けましょう。

ガッチリとした幅広腰痛サポーターで腰を守る→

腰が激しく痛んで動けなくなる前に準備して置くべきアイテム

が痛いと寝起きにトイレに行く事も、

座る事も立ち上がる事も歩行もツラいし大変です。

整形外科ペインクリニックに定期的に

通院して居ても、一朝一夕に治るものでは無いですし、

日常的ケアが大切に なります。

日常生活で神経を使う所と言えば、平坦な道は

もちろん、階段・段差の上り下りや

坂道・歩道の傾斜、抉れたアスファルト、

バランスが安定しない砂利道、

あるいは杖ゴムが少しでも削れていた場合、

スーパーに お買い物に行った時に、

ツルツルのコンクリートの床での支えが

効かない時などなど・・

何かと、足腰に負担が掛かる場面が多いですが、

こういった負担や衝撃を緩和・軽減する手段として

腰痛サポーター股関節サポーター膝サポーター

足首サポーターなどが あり、

これらを組み合わせて有効に使えば、何もない

状態で歩くよりも、

大きく負担を減らす事が出来ます。

しかし、そうやって日々 足腰への負担を

減らそうと意識して、

腰痛対策や足関節痛対策を施していたとしても

足腰(特に椎)への負担と言うのは、

完全にゼロに することは出来ません。

何故ならば、身体を一直線と考えた場合、上半身と

下半身との中心部にあり、

上体を前傾姿勢にしたり、後傾姿勢にしたり、

を捻ったりした時に

それらの動きを支える度に負担が生じますし、

下半身からの衝撃も1歩1歩の歩行の度に

ダメージが生じてしまうので、椎を全くの

無傷で過ごす、と言うのは非常に難しいのです。

では、あの手この手を駆使して 腰痛対策

施すのは意味が無いのかと言えば、

そんな事も無いと思います。

腰の痛みが強くなれば なる程、各部位関節サポーターや、無しで 日常を過ごしたとしたら、

に生じるダメージは大きくなってしまいますし、

少しでも身体を休めようとマッサージストレッチなどの

凝り固まった脊柱起立筋を解すように何らかの対策を

施さなければ、1日と持たずに

その場から動けなくなる程の、あるいは就寝から

目を覚ました時に、自力で起き上がれない程の

痛みをに抱えてしまうでしょう。

腰の痛みが爆発した時と言うのは、日常生活

おける、あらゆる動きに不自由が生じ、

歩行困難、布団から起き上がれない、と言うだけで

トイレに行くのも食事を するのも大変な苦労を

強いられます。

私の場合、布団から起き上がれなくなった時は、

2~3日ほど天井を眺めている以外、

何も出来なかったので、その間の栄養補給は

かろうじて動かせた手が届く範囲内に あった

蜂蜜を飲んで、痛みのピークを越えるまで

何とか やり過ごしました。

経験上、痛みがピーク状態のまま、延々持続は

しないだろう、と踏んでの判断だったので、

どうにか そういった緊急時にも落ち着いて

対策を施す事が出来たのですが、

これは長い期間、足腰の痛みを抱えて居たからこその

判断で あるので、もし、痛み始めて

幾らも日が経過していない段階で、動けない程の

痛みが襲って来たら、とても落ち着いて対処など

出来ないと思います。

もし、整形外科を受診していて間欠跛行,

椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,筋膜性腰痛などが

痛みの原因である、と診断された場合には

こうした事態に備えて、

事前に電動ベッドを備えて置いた方が

良いと思います。


何故ならば、電動ベッドというのは、自力で

起き上がれない状態でもリモコン操作一つで

に負担を掛ける事無く、上体を起こす事が

可能だからです。

起き上がれない程の激しい腰痛時と言うのは、

首を持ち上げたり、少しでを曲げたり、

を捻ろうとしたりすると、激痛が走り、

『これは危ない!』と感覚で判断できてしまう程の

痛みがを中心に襲ってくるので、自然と

それ以上の動きが出来無くなるものですが、

ところが、2~3日経過して、痛みのピークを

越えた状態の時、ゆっくりゆっくり、

ちょっとづつ時間を掛けて、身体を起こした時に

上体が60度くらいの角度に達した時に、

『あっ、ここまで来たら大丈夫かも』と言う角度が

分かるのですが、この角度に持って行くまでに

2~3日掛かってしまう位ならば、電動の力で

身体を起こした状態に持って行けば、

2~3日間無駄にせずに済むので、の状態が

明らかに通常とは違う、と自覚して居るのならば

電動ベッドを早めに日常生活の中に取り入れて

おいた方が良いと 私は経験上思います。

電動ベッドで腰の負担を軽減して楽に起き上がる→