「腰痛」カテゴリーアーカイブ

日々生じる足腰への負担を和らげるには、このアイテム

日々労働や家事育児、様々な用事で忙しなく

動き続けて 気付けば身体全体が疲弊し、

足腰関節には痛みが走っている状態に。

そうなると、まず仕事上は おろか、日常生活に

おいても、不便さを感じる様に なります。

痛みが強くなれば なる程、不便さだけでは

済まずに、常日頃から痛みに悩まされ、

身動き一つ取るのにも苦労を感じる様になります。

脚と腰。

上体からの負荷を受け止めたり、下方に流したり

支えたりする部位で あるので、

少しでも痛みが生じ始めたら、途端に痛みの進行が

凄い速度で 始まってしまいます。

痛みの進行が何故早いのか?は 先ほども

書いた様に、上半身からの重力や衝撃を

緩やかなS字カーブを描く背骨が受け流し、

骨盤・仙骨まで伝え、

そして股関節~両足へと分散させて行くのですが、

これは全身の関節部位のスムーズな連動が

有ってこそ為せるのです。

例えば、肩を痛めた。とか肘関節や

手首が痛む。

とかならば、そちら側の腕で荷物を持たず、

歯磨きや箸を持つ腕さえも変えれば、

負担が掛かる事は ありませんが、足腰の

場合は勝手が違います。

立ち上がる時、座る時、歩く時と 何かと

体重を支える為に負担が生じ、

日常に おける動作で、負担をゼロにする事は

難しいでしょう。

痛みが生じているのに、無理を し続けると

杖無しでは歩行困難な程の

状態に なってしまいます。

痛みが酷くて動けずに居て、1日中寝たきり

状態になった場合ですら、

腰部に負担は掛かり続けてしまいます。

同じ姿勢で寝続けて、腰の一点に負担が

掛かって居るな。と自身の感覚で感じて、

少し体勢を変えようか、と寝返りを打とうと

思っても、腰部が強烈に痛む場合には

ほんの数㎝身体を捻り、横に向く事さえ

自由には 行きません。

とは言え、私の経験上、ここまで痛む場合には

自力で起き上がる事が出来ないほど

腰の痛みが強くなっている と思うので、

ここまで自力で起き上がる事さえ出来ない程に

痛む場合には、同居している家族が居るならば

助け起こしてもらい、その後は 椅子の上で

腰に負担が掛からない様に安静に過ごすと

良いでしょう。

同居家族が おらず、一人暮らしの場合には

腰の痛みが強くなりそうな兆候が見られた場合には

出来れば数日前には電動ベッドを用意して、

リモコン操作一つで寝姿勢から腰に負担を掛けずに

起き上がれるように準備しておいた方が良いです。

私が初めて自身の力だけでは起き上がれ無い程の

激しい腰の痛みに襲われた時には、

3日程 布団から動く事が出来ずに 何とか手が届く

範囲内にあった 蜂蜜と飴を舐めて飢えを凌いだ

と言う経験が あるので、腰に いつも以上の

疲弊感が生じていると感じた時は、

その翌日か翌々日には強烈な痛みが現れてしまう事が

経験上多いので、

兆候を感じた時点で『その時』に備える事が

自身の生命を守る上で とても大切だと思います。

ここまで足腰に痛みが生じる事の辛さに ついて

綴りましたが、電動ベッドを用意したり、

他にも関節サポーターや杖を使用したりすると、

負担を ある程度は軽減させる事が出来ますが、

一番良いのは足腰の痛みを感じた段階で整形外科へ

行く事だと思うので、

出来るだけ早めに受診してみて下さいね。

腰を負担から守る為に電動のアイテムを活用する

忙しい毎日を過ごしていると、どうしても身体全体に

疲れが溜り、やがてそれが身体の重さや怠さに繋がり

日常を過ごす事への倦怠感・脱力感が生じてしまいます。

それでも無理して重い身体に鞭打って生活の為に!と

踏ん張って労働や用事をこなして行くと、

疲労感はやがて足腰関節部位に強く現れる様になります。

足腰というのは日々疲労を溜めこんでいるので

休みなく日常を過ごしているとある時から突然

身体にガタが来てしまうのです。

日常で腰痛対策をするなら血流と炎症に
特に気を付ける

足腰を痛めてしまうと1歩1歩の歩行の度に痛みを

感じる様になってしまう為、

痛みや違和感を感じた段階で 少しでも早く整形外科や

ペインクリニックなどに 通院する事が

その時点での最善の選択だと思います。

足腰の痛み/良いペインクリニックを
選ぶことが早期の完治に繋がる

勿論、通院しても日常での対策を考えて日々

足腰関節部位を 専用サポーターを装着して

守って行く事が大切になります。

足腰を守るのは専用関節サポーター以外にも

杖を日常的に 使用したり、家の中ではマッサージ器や

遠赤外線治療器などで患部を直接癒す事も効果的です。

家で気軽に行うマッサージ手順

しかしながら、日々足腰を守っていても完全に

防ぎきれる物では無い為、歩行の度に少しづつ

ダメージが蓄積して行きそれがある時突然

爆発してしまう事もあるのです。

歩行時の負担は膝や股関節、腰に溜りやすいのですが、

特に腰に 蓄積していたダメージが爆発した時は

日常における殆んどの 動作が制限されてしまいます。

・朝に目が覚めても上体を起こせない

・身体を起こせないからトイレにも行けない

・起き上がれないからご飯を食べる事も出来ない

・布団がはだけて寒くても元の位置に戻す事も難しい

・トイレに行けてもズボンの上げ下ろしが大変

・1歩1歩の歩行時に強い負荷が掛かる

と、ザッと挙げただけでもこういった不便な点があります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

そうした強烈な痛みを腰に抱えてしまった場合に1人で

どうやって 身体を起こしてトイレに行ったり、

ご飯を食べたりなどの日常を 過ごせる様になるのかと言うと、

ある程度の角度まで上半身を 起こす事が出来れば、

そこからは寝そべっている姿勢から上半身を

起こそうとするよりも 遥かに負担が少ないので、

どうにか起き上がる事が出来る筈です。

起き上がりさえすれば杖や手すりを使って室内ならば

ゆっくりと 進めると思うので、まずは如何に起き上がるのか?

という事ですが 起き上がるには電動ベッドを日常に

取り入れて活用する事で リモコン1つで電動の力で

無理なく起き上がる事が出来ます。

腰痛が激しくなる兆候を感じる/電動ベッドを
取り入れるタイミング

しかもこの電動ベッドはマットレスも付いていますし、

期間限定ではありますがサイドレール手すりも

付いて来るので ベッドから落ちる心配もありませんし

布団などもズレ落ちる心配もありません。

この様に日常を大きく支えてくれる補助アイテムを

生活に取り入れて少しでも負担の少ない毎日を

過ごしましょうね。

腰を痛めた場合、何処まで病院に任せるか?
日常でどう過ごすか?

腰の筋肉を簡単に伸ばして痛みを楽にするアイテム

脚や腰が痛いと、寝起きにトイレに行く事も、

座る事も、立ち上がる事も、歩行も ツラいし、

何かと大変です。

整形外科に定期的に通院しても、一朝一夕に

治るものでは 無いですし、

日常的なケアが とても大切になります。

整形外科やペインクリニックへの通院以外で日常で意識する事

日常生活の中で杖を支えに歩く上で神経を

使う所と言えば、平坦な道は もちろん、

階段・段差の 上り下りや坂道・歩道の傾斜、

抉れたアスファルト、

脚のバランスが安定しない砂利道、あるいは

杖ゴムが 少しでも削れていた場合、

スーパーに お買い物に行った時に ツルツルの

コンクリートの床で 杖の支えが効かない時、

等と言う状況ですね。

自宅周辺の路面環境が足腰のダメージに影響する/歩行・車椅子

何かと 足腰に負担が掛かる場面が多いですが、

こういった 負担や衝撃を緩和・軽減する手段として、

杖・腰痛サポーター・股関節サポーター・膝サポーター・

足首サポーターなどがあり、

これらを組み合わせて 有効に使えば、何もない

状態で 歩くよりも大きく負担を 減らす事が出来ます。

腰痛サポーターを装着する事の効果と依存のデメリッ

しかしながら、これらの補助アイテムに頼りすぎて

いわゆる依存の状態になってしまうのは、

元々の腰や脚を支える為の筋肉の著しい低下を招いて

しまったりして、寧ろ足腰の状態を悪化させてしまう事に

繋がるので、整形外科やペインクリニック等のリハビリ

内容に少しづつ身体を動かす方法が含まれているのです。

整形外科やペインクリニックなどの通院以外にも日々の腰痛対策が大事

筋肉が著しく衰えてしまうと、体重を支える為の

筋力が充分で無くなり、一方で支え切れない分を

もう一方が余計に支える様になり、過度な負担を

強いられてしまい、それが膝、腰、股関節と

あちこちに散らばってしまうと、いよいよ杖を

使っても関節サポーターを各部位に装着しても、

歩行自体が難しくなってしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

なので、日頃から外出する時は杖などに頼らざるを得ない

と思いますが、家に居る時は体調を冷静に観察して、

足腰の痛みが少し小さめな時はストレッチをしてみたり、

あるいは無理の無い範囲内で室内を壁を支えにしながら

歩いてみたりして、少しでも足腰の筋肉を意識的に

動かす事が大事です。

腰から脚に掛けてストレッチ効果を感じるには

しかしながら、足腰の疲弊具合や痛みが強い時には

壁を支えに歩く事も、ストレッチを行う事も

難しいので、『今日は痛みが強いな』と自覚出来る時は

兎に角 安静に過ごしましょう。

そして、足腰の痛みは一定では無く、多少の波が

ありますから、マシな時に少しづつ

動く様に しましょう。

ただ、動けそうな時でも外出から帰って来てから

動こうとしたり、ストレッチを行おうとするのは

中々 億劫ですし、面倒くさくて後回しにしてしまう

事も あると思うので、そうした時でも気軽に

ストレッチが行える様に、腰から脚に掛けて伸ばす
簡易的な器具があると、多少面倒くさくても

腰のストレッチが行えるので おすすめです。

ストレッチとマッサージを行い、筋肉の
強張りを解す

腰が痛んで起き上がるのもツラい時に役立つアイテム

足腰の痛みを感じ始めてから 直ぐに

整形外科などに行き、

適切な治療が施されなければ、決して

大げさでは無く日々 足腰に溜まるダメージは

強くなってしまいます。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を探す事が大事/逆に言えば・・

日常生活を送る上で 立ち上がり時、着座時、

歩行時など、何かと足腰に負担が掛かる動作が

多いからですが、足腰の中でも腰にダメージが

積み重なる事で腰部のみならず、

股関節~脚に掛けての痛みや、痺れも強く現れて

しまう事が あるので、

腰部の痛みには特に慎重に且つ、速やかに対策を

施す事を おすすめします。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

腰部の痛みが強く出ると、寝て起きた時に自力で

起き上がる事も出来ませんし、

上体を起こす事が出来ないのですから、日常に

おける、殆どの活動が制限されてしまいます。

家族と同居している時は 助け起こして貰って、

一人暮らしの場合には 電動ベッドの上で寝て、

電動の力で上体を起こすのが、最も腰への負担

少なく 起き上がる事が出来ます。

問題はこの後なのですが、『どうにか起き上がれた』

しかし、今までの様に杖を使い、関節サポーターを

装着しても足腰に掛かる負担が大き過ぎる。

と、起き上がった後の日常を想像すると、腰への

ダメージが どう考えても強すぎて、

1歩踏み出すのさえ、怖くなってしまいます。

腰が強烈に痛む時は、足元に無数に配置された

腰に強烈な痛みを引き起こす起爆スイッチを

一歩 脚を踏み出すごとに踏みながら歩く様な物です。

例えば、ギターのワウペダルの様なもので、

踏み方を浅くすれば、

腰に響くダメージも小さく抑える事が出来ます。

つまり大切なのは、ベッドから降りた後に、如何に

足腰に乗る体重を小さく留めるか?

と言う事を考える事が大切なのです。

体重が腰にガッツリと乗ってしまう事で、

その負担が腰に掛かり続けると、

朝起きた時点よりも1日過ごして行く中で痛みが

強くなってしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

そうした痛みを抑える為には、室内用の杖や立ち上がり

補助具や、室内用手すりが 非常に役立つのですが、

基本的に室内用の手すりと言うのは、壁際に

設置されている物なので、

起きた瞬間に立ち上がろうとする時には、不向きだと

思います。

なので、ベッドの傍に置いておける室内用の杖か、

立ち上がり補助具があると、

立ち上がろうとする時に 非常に助かります。

腰が痛くて立ち上がれない時に大きな助けになる専用ステッキ

こうする事で、足元の起爆スイッチを踏み込むのを浅く

抑える事が出来ます。

朝起きた瞬間と言うのは、頭も身体もまだボーッ、と

しているので、

油断して、こうした対策をしないと思わぬ痛みを朝から

抱える事に なってしまうので、

起きた瞬間から腰痛対策をする事を意識しましょうね。

日常の中でドンドン負担が溜まる足腰を和らげる/2つのアイテム

日々忙しく動き続けていると身体中に

疲労が蓄積し、身体全体に重苦しさや

怠さが覆い被さり、動くのも億劫になり、

日々の意欲すらも減退させてしまいます。

そうした状態で重い腰を上げ、嫌々多忙な

日々を過ごして居ると、

身体にも悪い影響が出てしまい、疲労感が

足腰の痛みへと転じてしまいます。

長時間のPC作業や日々の腰への
負担で筋肉が千切れる様な痛み

腰部の痛みの原因としては 筋肉の疲弊から

筋肉内部で血流が鈍り、

乳酸・老廃物が排出されずに溜まり続け、

痛みを発する様になったり、

脊柱起立筋の過度な負担による疲弊から炎症を

起こしたり、線維輪を突き破り 髄核が飛び出し

神経を圧迫したり、あるいは骨自体の変形や、

脊柱管が狭まり神経根に圧が掛かる事で

痛みや痺れが生じたりなど、様々な原因が

挙げられます。

血液の流れを正常に保つ/
血流が鈍らない様に注意する

何れの場合にも、痛みや違和感を感じた

最初期の段階で整形外科に行き、

自身の身体の状態を知った上で適切な治療を受け、

そして要手術と言う場合以外、

自宅で安静に過ごしたり、あるいは、さほど歩行など

日々の生活に不自由していない段階でも

腰痛サポーターや杖などで、毎日積み重なり続ける

足腰へのダメージを最小限に留めようとする意識が

大切に なります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

要手術で無い場合は、ブロック注射、リハビリ、

牽引などを病院で する以外に、

通院日以外は服薬や保護用具を使って保存療法で

様子見、という事になるので

病院以外での日常生活で、如何に足腰に負担を

掛けずに過ごして、次回の通院日までに

状態を悪化させずに無難に過ごすかが

重要になります。

実際には 前回の通院から次回の通院まで

負担を全く感じずに過ごす事は不可能なので、

どうやっても、前回の状態よりも悪化して

しまうのですが、

それでも、少しでも早い完治を見据えるのならば、

日々の腰痛対策と言うのが、

病院での治療以上に大切に なります。

整形外科やペインクリニックへの通院以外で
日常で意識する事

腰の痛みの症状として、椎間板ヘルニアや、

脊柱管狭窄症、間欠跛行、筋膜性腰痛などが

挙げられますが、日常での対策が出来ておらず、

依然として日々強い負担が腰部を中心に

掛かり続けていたら、自力で歩く事も難しくなる

歩行困難の状態に陥ってしまう事もあります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

私の場合、腰からでは無く、脚を最初に痛め、

その影響が腰に出始めて、

足腰の痛みが その日ごとに強く出た箇所を

優先的に守る様にしていたら、

結局、左の腰が強く痛む日、右の腰が強く痛む日、

股関節が痛む日、膝関節の痛みが強い日と

痛む箇所が悪戯に増え続けて行く事は避けられた

(と思う)のですが、

足腰の関節各箇所ごとの痛みは 耐えられる

限界を超え、結局、歩行困難な状態に

なってしまいました。

歩行困難に なったから痛みが落ち着いて、

そこで終わりでは無く、

痛みは現在進行形で どんどん強くなり、痺れも

強くなり続けて いるのが現状です。

ですので、私が思うに、この様な状態に

なってしまう前に杖と腰痛サポーターを

始めとする各関節部位専用サポーターで

関節を守り、

必要と あらば、体圧分散マットレスや電動ベッド

など、身体の疲れを きちんと取れる備えを

施す事が大切です。

地面との高低差のある電動ベッドで
寝る事で楽に起き上がれる

それでも、更に状態悪化が進行し続けて、これ以上は

もう無理、となったら、

足に それ以上のダメージを溜めない様に 早めに

車椅子の日常的な使用も視野に入れた方が良いと

思います。

車椅子の使用は、医師の判断を仰ぐ事も大切ですが、

しかし車椅子を使用し始めてしまうと、

いよいよ脚の筋肉の衰えが顕著になる、

等の理由から年齢が若かったり、

麻痺して居ない限りは反対される事も ありますが、

しかしそれ以上 杖を使っても毎日毎日強い痛みが

蓄積し続けて 耐えられない状態で あるのならば、

自身の身体を守るためにも、

医師の判断よりも自身の選択の方が大切な

時も あります。

とは言え車椅子をいきなり日常生活の中に

導入する、と言うのは

自宅周辺の路面状況なども考慮する必要が

あるので、簡単な事では ありません。

路面状況と言うのは、ちょっとした傾斜(勾配)

が多めだったり、アスファルトが抉れて

地面が凸凹だったりすると、車椅子の前輪が

嵌ってしまったりと言う事も あるので、

日常生活で ある程度、思い通りに乗りこなすのは

慣れが必要に なります。

腕の力だけで緩い傾斜などに対応せねばならない、

と考えるだけで大変さは容易に想像出来ますが、

自身の身体を守る為に、選択肢の一つとして

検討してみて下さいね。

足腰の痛み/朝昼晩、年中無休で
痛むから車椅子で少しでも和らげる

日々生じる負担から痛めてしまった腰をどう守るか?

仕事で疲労が蓄積したり、スポーツで過負荷により

筋肉や関節を痛めてしまったり、

加齢により 軟骨が磨り減り、筋力も低下する事で

衰えた周囲の筋肉に過度な負担が生じて

疲弊する事で血液の流れが滞り、身体の内部で乳酸や

老廃物が溜まる事で 筋肉の緊張状態が続いてしまい、

痛みが生じたりなど。

血流の鈍りから腰痛になる理由

人によって腰部の痛みの発生原因は異なりますし、

当然、原因が違えば痛みの度合いも

人により異なるので、

まずは、痛みや違和感を感じた段階で

速やかに整形外科に行き、身体の現在の状態を

知る事が大切です。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

状態を知るという事は、日々の対処法も

考える事が出来る、という事でもあるので

なるべく早い段階で整形外科を受診しましょう。

痛みの原因が明確に特定されるまでは、

色々な治療を する事になるのですが、

毎回の治療時間は長くても20分~30分くらいなので、

それ以外の日常生活の中での腰部を守る対策が

とても大切に なります。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を探す事が
大事/逆に言えば・・

腰の痛みの原因としては例えば、椎間板ヘルニアや、

脊柱管狭窄症や間欠跛行、

ぎっくり腰などがあるのですが、いずれの場合も

日常生活に大きな支障を来してしまう程、

重大な痛みとなってしまうので、診断名が何れかの

場合には、直ぐにでも腰痛サポーターと

杖を日常生活に取り入れる事を おすすめします。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

日常生活の中で どの瞬間に腰に対しての

負担を強く感じ易いか?と言えば、

起き上がる時、立ち上がる時、椅子に座る時、

歩行時、階段の上り下り時、坂道の上り下り時など、

とにかく多くの瞬間に 腰に対する負荷が強く

掛かるのですが、

腰痛サポーターと杖を使用した後に、まず第一の

難関ポイントとなる階段の上り下り時に

如何にして足腰に負担少なく上り下りするか?と言うと

上り時には杖を片手に、壁により掛かりつつ、

上がる事で足腰への負荷が分散されて、どうにか階段を

上る事が出来ます。

日々の重心バランスが足腰の痛みへと繋がる

とは言え、一段上がろうとする度に、どうしても

腰の筋肉である脊柱起立筋が 小まめに収縮・弛緩を

繰り返すので、痛みを伴ってしまいますが、それでも

普通に上がろうとするよりもダメージは軽減できます。

反対に降りる時は、どうしても重心が前に掛かって

しまいますから、

手すりに片腕でガッシリ摑まりながら、重心を

やや後傾気味にする事で、前のめりになって

足腰に負担が乗ってしまうのを軽減する事が出来ます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

しかし、どんなに重心移動だとかの対策をして、

かなり慎重に上り下りしようと思っても、

階段の上り下りには 常に危険が付きまとうので

気を付けて下さい。

そうして、ようやく階段を通過した後に、次なる

難関として路面状況や天候という物が待ち受けていますが、

それについては また別の機会にでも綴ります。

歩行時の膝の痛みを抑える膝サポーター

多忙な日々を送り、毎日ぐったり疲れて碌に身体を
休める暇も無く、就寝して朝を迎え、また多忙な1日が

始まり。と言う、生活を繰り返していると、身体中に
疲労が溜まり、それが関節部位に 徐々に及んで行き、

やがて 強い関節の痛みへと 発展して行くと、

仕事は勿論の事、日常生活にも 影響が出始め・・・・
と、身体の疲労、特に 関節部位への積み重なって

疲労・ダメージと言うのは、1歩1歩の歩行の度に、
足腰に衝撃が伝わり、強い痛みが生じる事によって、

近所に お買い物に 行くのですら、ツラい物と なって
しまいます。

激しい腰痛で動けず身体が衰えるのを防ぐ対策

特に、足腰の疲弊から来る 関節痛というのは、非常に
厄介で、何処か1箇所が 痛み始めると、その箇所を

庇いながら 日々過ごす様になり、痛みが無い方に重心を
傾けながら生活をする事に自然となってしまい、

その様な状態で、数日~数週間過ごすと、重心の偏りから
身体の重心バランスが崩れ、元々痛みを感じていなかった側にも、

疲労が積み重なり、痛みが生じる様に なってしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

そうなると、悪循環の繰り返しで、右が痛めば左を
多用するようになり、左に痛みが強く出れば右に重心を

傾ける様になり、そして結果的に身体中あちこちに痛みが
拡散してしまう様に なるので出来れば、足腰関節部位に

痛みや違和感を感じ始めた 初期の段階で、整形外科や
ペインクリニックを 受診する事が その時点での、

最善の選択に なります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

ですが、通院したから といって、今日明日 直ぐに治る物でも
無いので、治療以外の日常でのダメージ緩和対策が大切に

なります。

その対策として、1つは足腰が痛む場合は、腰痛サポーター・
股関節サポーター・膝サポーター・足首サポーターなどの

各部位専用保護サポーターを日常的に 活用して日々の歩行や
立ち上がる時、座る時の 負担を和らげる事が重要に なります。

関節サポーターを使用しても、尚も痛みが強い様だと、関節に
掛かる負担を 軽減する為に杖を使用するのも 効果的です。

杖を選ぶ時に重視するポイント/足腰の負担軽減

そして、もう1つは 1日を終えた後、あるいは日常の ちょっとした
休息時間に痛む部位に対して温熱療法を行う事で血流を促す、

と言うのも効果的です。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

関節保護サポーターと言うのは、つけっぱなしで長時間
と言うのは血液の流れや外した後の関節部位への負担が

大きいので、着脱後のケアとして遠赤外線治療器を用いるのも
とても有効です。

長時間使用には おすすめ出来ないとは言え、日常の大きな
助けになるので、関節保護サポーターは

欠かせません。

その中でも、膝上・膝下を 2本のベルトで しっかり固定し、
支えてくれる こちらのサポーターは歩行時の膝関節への

衝撃を 緩和してくれるので、とても補助アイテムとして
役立ちますので、活用してみてくださいね。

涼しくなり、過ごし易くなって来た今日この頃/
多忙で疲れた身体を お風呂で温める

膝に痛みを感じたら行いたい対処法

膝のダメージの発生原因は 人により

様々ですが、いずれの場合も

痛みが ある程度強くなってしまうと、

日常生活に 大きな支障を来してしまいます。

早い段階で整形外科を受診し、まずは自身の

身体の状態を 知る事が大切になります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

そして、きちんと効能を実感出来る様な適切な

治療を 施してくれる専門医との出会いも

とても大切です。

私なりに、医師がちゃんと患者の話しを

聞いてくれるか?

と言うのが、キチンと適切な治療を受けられるか否か?

見極める上で 非常に重要なポイントだと思います。

5分にも満たない問診時間ですが、自身の現在の

痛みを懸命に伝えても、

ろくに話しを聞いてくれていないと感じたら、

時間を無駄にしてしまうだけなので、

直ぐに別の病院を探す事を おすすめします。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を探す事が
大事/逆に言えば・・

とは言え、次の病院を探す間にも 日々痛みは

積み重なり続けてしまうので、

日常生活の中で、痛みを減らす対策が大切になります。

私なりに 一番効果を感じるのは膝サポーターと

杖の併用なのですが、最初に書いた様に

人によって痛みの原因は異なるので、

必ずしも 膝サポーターや杖が有効では

無いかも知れませんが、

膝関節に痛みが ある場合に、身体を直接

支えてくれる補助アイテムなので、

まずは 試しに使ってみる事を おすすめします。

杖を日常的に使用して足腰の負担を軽減する

人によって 痛みの原因が違う様に、

家の周辺の環境も それぞれ異なります。

坂道や階段など無い、平坦な地域に住んで居る

人もいれば、坂道や凸凹道ばかりで

足腰への負担が大変大きい地域に住んでいる人も

居るでしょう。

歩く事は とても大事で 脚の筋肉を衰えさせない為にも

膝関節の痛みに 少し余裕がある場合には、

出来るだけ歩くように した方が良いです。

自宅周辺の路面環境が足腰のダメージに
影響する/歩行・車椅子

歩き出す前に出来れば、温熱治療器などで膝関節を

温めてから 動くようにする、

と言う方法が 膝の痛みを抑える上で有効な

方法に なります。

動き出す前に、膝関節周辺を温めて、血液の流れを

促すのです。

膝の痛みと気候/関節の痛みは寒さで強くなる

それと同時に、温める事で筋肉も 解れますから、

動き出す前にも温熱療法は 効果を発揮します。

勿論、歩いて疲弊した後にも 再び温めて、筋肉を解し

血液の流れを促すのも、

痛みや疲弊の持続を防ぐ為にも 効果的です。

膝関節の痛みと言うのは、その日ごとに強弱が

違いますし、歩き出してみないと、

どういう状態か 分からなかったりします。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

痛みが強く現れて居る時には 冷やす事が大切ですが、

少し落ち着いて長引くと、今度は温める事が

大切に なります。

しかしながら、日々痛みは違うので、痛みが

強く出始めた急性期、

腫れや熱が落ち着いて来た 慢性期と分けて、

急性期には冷やして、慢性期には温めて、というのを

単純に分けてしまうよりも、

その日ごとの 脚の状態に合わせて、温めたり冷やしたり

柔軟に処置を施す事が、膝を悪化させない為に

大切な対処法になります。

サン・ビーマー DHタイプ 折りたたみ・据置式・特殊カバー付 【送料無料】【不妊】【妊活】【遠赤外線】【赤外線治療器】【温熱マット】【温熱治療器】【医療機器】【サンビーマー】【サンマット】【サンメディカル】

腰の強い負担を日常の中で和らげるには、このアイテム

腰痛の原因は骨の変形や、線維輪を

突き破り、飛び出した髄核が

神経圧迫する事で痛んだり、脊柱管が

狭まる事で神経根を圧迫して痛んだり、

あるいは、接触性のスポーツで他者と激しく

ぶつかった事で 急激に痛みが生じたり、など

痛みの原因は様々あるのですが、

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、間欠跛行、

筋膜性腰痛などによる痛みで無い場合には

筋肉の疲労による炎症から来る痛みかも知れません。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の時に如何に安静に過ごすか?

日々忙しく働いていると、どうしても ゆっくりと

身体を休める時間が取れなくて、

疲労の回復も きちんと出来て居ないままに

また新たな忙しい1日の中に身を投じる事に

なります。

日常生活も辛い程の腰痛時に如何に対策を施すか

そうした生活を繰り返していると、当然ながら

身体全体を疲弊感が覆い尽くし、

重苦しさや怠さが身体の内部を蝕んでいきます。

重苦しく怠い日々が続くと、

意欲も萎んで行き、身も心も重いまま、これまでと

同様の忙しさを こなさなければ なりません。

そうした状態で、相も変わらず 多忙な毎日を

送っていると、疲れも益々溜まり易くなり、

身体の疲弊感は やがて足腰関節部位の痛みへと

転じてしまいます。

暑さと冷えを繰り返す日々の中で筋肉の
強張りが持続すると足腰の痛みに繋がる

関節が痛み出したら、いよいよ これまでと

同様に、と言う訳には行かなくなります。

足腰の痛みと言うのは 仕事は おろか、

日常生活にも多大な影響を

与えてしまうからです。

足腰が痛みだすと、それまでは何の意識もせずに

当たり前のように 歩けていた 日々が

幻かの様に、室内でトイレに行く程度、

キッチンからテーブルに歩く程度の

ほんの数歩の歩みすらも思う様には

行かなくなってしまいます。

足腰が痛み始めて車椅子を使用する事を
決意した時の事/初めての車椅子

足腰と言うのは、歩く際にも立ち上がる際にも

座る際にも、日々何らかの負担が生じていますし、

それどころか、何もせずに 只、立っているだけでも

腰の筋肉(脊柱起立筋)が しっかりと機能してしまい、

腰への疲労度が積み重なってしまいます。

腰の怪我を防ぐには脊柱起立筋を無理の
無い範囲内で鍛える

立っているだけでも、意識せずとも脊柱起立筋が

自動的に上体を支えてしまい、

そして疲弊して、その疲弊から また腰の痛みが

増してしまう、

という悪循環を繰り返して しまいます。

なので、脊柱起立筋が疲弊感を感じた時は

意識的に緩めるという事が大事になるのです。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

立って居ても、歩いて居ても、下にある物を

拾おうとした時にも脊柱起立筋は可動しますから、

意識的に緩めると言うのは中々大変です。

脊柱起立筋は背筋を張る姿勢を保つ事で強く姿勢を

支える事が出来ますが、意図的に浅く腰を曲げて

脊柱起立筋の張りを緩めれば、多少ですが、疲弊した

腰部を解放する事が出来ます。

慢性的な腰痛を改善する為には筋肉を緩めて
負担を抜く事

しかし、気を付けなければならないのは、浅く前傾

気味の姿勢を長く保ってしまうと、腰椎に過度な負荷が

掛かってしまうので、疲弊が強まったら軽く前傾

姿勢になり、腰を解放する、と言う様に

強弱を付けるのが腰を負担から守るのに適して

居ると思います。

勿論、前傾になりすぎて 腰を緩めすぎてしまうと

一気に腰の状態を悪化させてしまう恐れがあるので

腰痛サポーターを常時着用して、腰の角度を ある程度

一定の角度以内に保つ、と言うのが安全です。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

膝の痛みを日常で行える対策で和らげる

日々忙しく働き、時間に追われていると

身体全体に疲労が溜り、

身体が重くなり 気分も沈んでしまいます。

それは、まるで曇天の空模様の様に どんよりと重苦しく

働く意欲や、日々の元気さえも 奪う事もあります。

身体全体の疲労だけで留まらず、それはやがて

背中や足腰の関節部位に 痛みとなり 現れ、

仕事は勿論、日常生活にも 支障を来してしまいます。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

足腰の痛みは 1歩1歩の歩行時に 関節部位に響き、

我慢して歩いていると 痛みが積もり積もって

最初は1か所の痛みだったものが、腰・股関節・

膝・足首など、

あちこちに散らばってしまい、 気付けば足腰全体に

痛みが及んでいる という状況に。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

その様な 事態を避ける為には、痛みや違和感を感じた

最初期の段階で 素早く対処する必要が あります。

まず、第一に やった方が良い対処法は、整形外科や

ペインクリニックなどを 受診して、

自身の現在の状態を知りつつ、 治療・リハビリを

行う事です。

足腰の痛み/良いペインクリニックを選ぶことが
早期の完治に繋がる

1回の治療時間は、足腰の内の2か所~3か所位だと

長くても 20分~30分程度なので、

治療時間以外の 日常に おける、足腰に掛かる負担を

如何に減らすかを 考える事が大切になります。

・杖を使用する事

・マッサージ器や、遠赤外線治療器で 直接的に患部を癒す

・各部位関節サポーターで 関節部位を支え、衝撃を和らげる

私個人的には、杖がもっとも衝撃を和らげられ日常での助けに

なっているのですが、

それも家庭用の温熱治療器や マッサージ器などが

あればこそ、

疲れた関節部位を 直接的に癒す事が出来る、という

安心感により 杖を使って 歩行時の衝撃による

ダメージの 蓄積を出来るだけ抑えよう、という

意識が働き、 より効果を発揮するのだと 思います。

マッサージチェアやリクライニングソファーで
足腰を楽にする

その上で、更に各部位関節サポーターが ある事で、

かなり万全の対策として、

1歩1歩の 歩行に備える事が出来ます。

歩く際には 杖だけでは 私は不十分だと感じていて、

腰サポーターや膝サポーター、股関節サポーター、

足首サポーターなどを 日常的に装着する事で、

足腰へのダメージを かなり軽減する事が

出来ている様に 感じます。

それは 何故か、と言うと、近所へ お買い物に

行くだけで 歩道には平坦な 道のみならず、

坂道・勾配もあれば、凸凹に抉れた地面なども

あるので、地面の状況ごとに 関節部位への負担が

増減するので、杖を支えにすると同時に、

関節部位を しっかり守っている事で、

こういった際の 負担を和らげる事が 出来ます。

ジョギングやウォーキングを行いたいけれど
膝が痛い場合

その中でも 傾斜・勾配の際に、膝関節に

対する負担が 大きいので、

膝を守る膝サポーターの おすすめな点を

書いて行きたいと思います。

まず、分かり易いのは 立ち上がる時、

座る時、 そして歩行時の 膝関節に生じる痛みが

かなり和らいでいる事です。

そして、階段・段差の上り下りの際に

どうしても 片膝を踏ん張らなければ なりませんが、

その際にも、大きな痛みは 生じ難くなっている事にも

気付くかと 思います。

そして、歩道の勾配・傾斜の際にも杖と同時に

膝関節サポーターが 支えになってくれるおかげで、

かなり負担も少なく 乗り越えられます。

そして、この膝サポーターは メッシュ生地で

出来ている為、

秋冬だけでなく、夏場にも装着できる為、

年中 膝関節を守る事が 出来ます。

こういった 関節保護アイテムを有効に 活用する事で

日々の生活の 大きな助けに なるので、

暗く沈んでいた気持ちも 晴れて、太陽が昇る様に

明るくなりますね。

疲れを取る為に足腰を伸ばして解す/簡単ストレッチ