「膝関節痛」カテゴリーアーカイブ

膝や腰が痛む時の対処法としてサポーターと杖を併用する

身体を休める暇も無いほど、多忙な日々を

送っていると、いつの間にか足腰に痛みが生じ、

ようやく1日を終えて 帰宅しても、自由な時間は

1時間2時間位しか無く、

お風呂や食事、少し一息ついたら 翌日に備えて就寝。

そして、目を覚ましたら また忙しい1日が始まり・・

『忙しいから仕方ない。』

と、身体のメンテナンスを 後回しに

してしまっては、関節部位に痛みや疲労が

重なり続ける ばかりです。

足腰が痛む時の対策法/身体への
負担を軽減するには?

しかも、足腰の関節部位の痛みで 怖いのは、

その箇所だけに 留まらない、と言う点なのです。

どういう事なのかと言うと、身体の構造上

頭部から加わる 重さ、重力・衝撃を緩やかな

S字カーブを描く背骨が受け流し、緩和させ

骨盤・仙骨に伝えて行き、

それを股関節~両脚へと 分散させて行くことで

歩行の度に生じる筈の 身体への負担を

躱しているのですが、

脚や腰の 何処か1部を痛めてしまうと、

この本来 備わっているスムーズな関節の連動が

妨げられ、痛めている関節部位で

つっかえる事で、其処に痛みが乗っかってしまい、

関節のクッション機能が 働かずに、1歩1歩

歩く度に、益々 強い痛みへと 変化して行きます。

その様な状態になったら、痛む箇所を 庇 かば いながら

歩かざるを得なくなり、

そうした日々を過ごしていると、今度は痛む箇所を

庇 かば う事で身体の重心バランスが偏り、

バランスが崩れて行き、庇って居る側の方に

負荷が掛かり、そちら側にも痛みが

生じ始めてしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、
痛みに繋がる

こうなってしまうと、あちこちに痛みが

拡散し出してしまうので、

時間を見つけて 整形外科やペインクリニックなどに

早めに通院する事を おすすめします。

とは言え、整形外科での治療時間は 長くても

20分~30分で、通院出来ても週に1回、2回程が

限界だと思います。

腰や脚の痛みを感じて整形外科を
受診した時の一連の流れ

ですので、大事なのは 治療時間以外の

日常に おいて、如何に関節へのダメージを

軽減させるか、が重要になります。

【しっかりと膝周りを覆い、日々の負担を
軽減するなら こちら↓↓】

その際に、非常に役立つ関節サポーターが

腰痛サポーターや股関節サポーター、膝サポーター、

足首サポーターなどの各部位関節保護サポーター

なのですが、

これらを装着しても、まだ歩行時に関節が痛む、

という方は 杖を使用して両脚とは別に、

3点目の 地面との接地点を 増やす事で

歩行時のツラい衝撃も 大分 だいぶ 和らげる事が

出来るので、おすすめです。

膝関節と云うのは、膝が曲がったり伸びたりする事で

歩行時の衝撃を緩和するクッションの様な役目を

担って居ますが、膝関節が どうしようも無く痛む時は

この当たり前に備わっている機能を膝サポーターを

ガッシリと装着する事を思い切ってやってみるのも

効果的な方法の一つです。

かと言って両膝ともガチガチに固めてしまうと非常に

ぎこちないロボットの様な動きに なってしまう

でしょうから、より痛む片側だけガッシリと固定

する様に装着して、もう一方の膝は軽く装着して

支える程度に留めると、歩行に支障を来さない

範囲内で歩く事が出来ます。

但し、片側の膝の動きを ほぼ塞ぐ訳ですから、杖の

支えは絶対的に必要になります。

それも1本では無く、杖2本を使い、身体の重心

バランスが どちらか一方に偏る事無く意識しながら

歩む事が大切です。

足腰の痛みを軽減する為に、補助アイテムを
有効に活用するには?

杖も膝サポーターも今の時代 ネット通販で気軽に

探せるので、自身の身体に合ったものを

探してみて下さいね。(杖ならば身長や脚・腕の長さ、

膝サポーターならば肌が荒れない材質)

【安定性の高い杖で足腰を支え、負担を軽減するなら こちら↓↓】

足腰関節に痛みが生じた時にどうケアするか?テーピング

毎日仕事や日常生活の中で、足腰関節に疲労が

溜まり続け、帰宅後にストレッチやマッサージなどの

アフターケアを行ったりしないと、ただ只管に

疲弊感が積もり続け、ぐったりとした何事にも

やる気の起きない日々が続いてしまいます。

日常で筋肉を動かして活性化させつつ、ストレッチや
マッサージで疲労を取り除く

その様な状態で、尚も 忙しい日々を継続させて

いると、筋肉の疲労は足腰関節部位の痛みへと転じ、

痛みを感じ始めると、そこからが更に厄介で、

その箇所に体重が乗らない様に、

なるべく重心を片側に移しながら歩く様に

なってしまうので、

今度は庇いながら歩く事で、重心を多く受けている側の

足腰の筋肉、関節が疲弊して強く痛みだしてしまうと言う

悪循環に陥ってしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、
痛みに繋がる

一方を庇えば、一方に多く負荷が掛かり、過度に

疲労して痛み出し、そのサイクルを腰、股関節、

膝、足首などに広がりながら繰り返し、

気づけば、あちこち痛みが広がり過ぎて

自力で歩く事が困難な程の状態に

なってしまいます。

足腰で痛めた時に直ぐにでも 対処したいのは、

腰と膝関節だと経験上 思います。

と言うのも 歩く時、立ち上がる時、座る時

何かと体重を受け止めたり、

筋肉が細かく可動する部位故に、一旦痛み出すと

ダメージの深化の速度が 速い様に感じるからです。

まず、大切なのは整形外科に行き、自身の身体の

状態を専門医に診てもらう事。

そして、病院での治療に任せっきりにしないで、

自身でも日常生活の中で

ダメージを抑える様に意識して、対策を施す事が

大切です。

腰を痛めた場合、何処まで病院に任せるか?
日常でどう過ごすか?

自宅で直ぐにでも膝関節を守る事が出来るのは

膝サポーターか、テーピングです。

関節サポーターは各部位にしか用途の幅が

ありませんが、テーピングの場合は

腰に貼ったり、肩に貼ったりと汎用性高く

応用できるので、おすすめです。

【手元にあれば直ぐに貼れるテーピングテープは こちらから↓↓】

しかし、テーピングは筋肉の流れに沿って貼る必要が

あるので、貼る前に少し筋肉の構造について

調べてから貼る事が効果を引き出す為に大切なのが

ネックですね。

貼る際にもテーピングの効果を引き出す為にテープを

ピン、と張りながら皺になら無い様に貼らなければ

ならない為、慣れて居ないと なかなか難しいです。

そうした手間を省こうとすると、やはり各部位ごとの

関節サポーターを揃えるのが手っ取り早いですが、

それに加えて 足腰を負担から守る上で関節周りを支え

だけで無く、脚への負荷を和らげる為に杖を併用する事も

大切になります。

杖と関節サポーターの併用で足腰を負担から守る

今の時代、かなり安価な杖もネット通販で探せますから

必要だと思ったら、直ぐに入手する事が出来ますが、

杖を選ぶ時に自身の身長に合っているもので無いと、

逆に足腰への負担になってしまうので注意が必要です。

選ぶ時に重視するべきは身長と腕の長さに適した杖の

サイズですが、両腕をブラン、と下げた手首か

もしくは親指の付け根の膨らみの位置が地面から何㎝の

所に位置するか?をザっと計って、その長さの杖を探すと

自身の身体にとって丁度良い長さになります。

その上で、出来ればリストストラップを別売りで買うよりも

セットで付いて来るものを購入した方が経済的ですから

ネット通販でストラップ付きの杖を探してみると

良いと思います。

【ストラップ付の杖は こちらから↓↓】

日常の中で痛んだ膝関節を守るには?/スポーツ/負担

足腰の痛みと言うのは、経年劣化で

電化製品や物が少しづつ壊れて行き、

やがて使い物に ならなくなるのとは異なり、

新しい物に買い替えると言うのは

容易では ありません。

なので、愛着の湧いた貴重な思い出の品の様に
磨いたり、少しづつメンテナンスをして、

痛んでいる箇所を治して、充分に稼働し続ける

状態を維持して行かなければ、

1箇所のガタがジワジワと全体に広がり、あちこちに
痛みが拡散されて行き、

上半身から下半身に掛けて 痛い部位だらけになり、

仕事は おろか、日常生活にも大きな支障を

来してしまう様に なります。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を
軽減するには?

今回は、膝が痛い時に日常生活で どの様に

膝関節を日々積み重なる負担から守るのか?

について、個人的に効果的だった方法を交えて

書いて行きたいと思います。

まず、膝関節に大なり小なり痛みを感じた段階で

整形外科を受診するのは大前提として、

同時に日々の生活の中で1歩1歩の歩行の度に

ダメージが積み重なるので、

膝関節サポーターをガッシリと装着するのが

1番効果的で 且つ、ダイレクトに

膝関節を負担から守れるシンプルな方法だと思います。

膝関節を歩行時の負担から守る/膝サポーターと杖

膝関節は日々の労働で酷使したり、加齢と共に軟骨が
擦り減って行く事で、関節周りの筋肉が その分の

サポートをして、今まで以上に過度な負担が掛かり、
筋肉が疲弊して、乳酸や老廃物が排出されずに

痛みが発生するパターンや、スポーツで急激な負荷が
掛かって痛みが発生する場合などが あります。

ジャンプして着地した時に、衝撃がガッツリと膝に乗って
しまった場合や毎日のジョギングで走り続けた負担が

膝に蓄積して膝横の腸脛靭帯が炎症を起こす事で
傷んだりなど。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

痛みを感じ始めた関節部位の所謂『急性期』には氷嚢や、
氷嚢が無ければ冷凍庫から氷を出してスーパーの

ビニール袋に詰めた即席の氷嚢で膝関節に充てて、
発熱や腫れを抑えましょう。

(いざと言う時に あると便利な氷嚢3個セットはこちら↓↓)

大体、日々の合間合間に冷やして3日ほどで

熱と腫れが引いて来る頃だと 思うので、

3日目以降は冷やして強張った筋肉の血行を

促すために、温熱治療器などで温めましょう。

膝関節周りには、腸脛靭帯の他にも前後に

外側側副靭帯と内側側副靭帯とが あるので、

何れの靭帯の損傷の場合にも痛みが大きくなる前に

応急手当を施して、極力安静に過ごしましょう。

足腰の負担を日常の中で減らす4つのパターン

ですので、仕事やスポーツ以外でも日常において

歩行したり、立ち上がる時にも負担が

どうしても生じてしまうので、膝サポーターで

ガッシリと固定してしまう位に

締めて支えるのが私の場合、非常に効果的でした。

膝サポーターだけでは、負担が まだ大きい

という場合には、杖と膝関節サポーターの

併用が効果的です。

それでも、どうしても痛くて歩け無いと言う場合には、
それ以上の負担を避ける為に車椅子を使用する事も

検討した方が良いかも知れません。

(強い締め感・支え感の膝サポーターはこちらから↓↓)

足腰の痛みを軽減する為に杖を使用すると言う選択肢

忙しい毎日の積み重ねで 酷使された身体に

疲労が蓄積され、

やがて、その疲労が足腰などの関節部位に

痛みとなって 現れ始め、仕事は勿論

日常生活に おいても、支障を来してしまう様に

なります。

足腰は約5kgもある頭部からの重さや重力・衝撃を

緩やかなS字カーブを描く背骨が受け流し

骨盤・仙骨へと 伝え、更に股関節から

両脚へと 連動して行き、分散するのですが、

これも各関節部位が 上手く機能していればこそ。

日常の中で疲労を感じやすい身体の部位

足腰の 何処か1部でも 痛めてしまうと、

途端に スムーズな連動が妨げられ、

痛む部位で 連動が止まってしまう為、その箇所に

1歩1歩の 歩行の度に、

衝撃がガッツリ乗っかってしまう様に なります。

すると、厄介な事に 始めは小さかった痛みでも

そういった 日々の積み重ねにより、鋭く痛み出し、

やがては その箇所を 庇う歩き方になるので、

重心が偏り、少しづつ 身体の重心バランスが

崩れて行き、結局、何とも無かった側の

足腰にまで 痛みが 生じてしまう様に なります。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、
痛みに繋がる

そうなると、日々の歩行も 杖なしでは

難しくなるので、

痛みや違和感を感じた初期の段階で なるべく早く

整形外科やペインクリニックを 受診しましょう。

日常生活の中で、足腰への負担を和らげ易いアイテムは

やはり、各部位ごとの関節サポーターや杖だと思います。

足腰を痛めた時に、ちゃんとした整形外科を選ぶ
ポイント/問診時に見極める

私が足腰を痛めて2足歩行が難しくなり出した頃に、

最初に取り入れたのも、関節サポーターと杖でした。

結果的に、その選択は正しかったと今でも思うのですが、

しかし、失敗したな~、と思う面も あります。

それは、足腰の痛みが強くなる毎に、関節サポーターや

杖の支えが無くてはならない状態になり、

どうしても依存してしまう。と言う点です。

そして、杖に関して言えば、使い始めてから暫くは、

1本で身体を支えながら生活していたので、

杖の持ち手側に身体の重心バランスが傾いたまま

歩行する、と言う事を何か月もの間、繰り返していた為、

腰や膝関節、股関節のダメージが悪化してしまった事です。

足腰が痛むと力を振り絞る事が出来ないからストレッチは
入念に行う

勿論、自分の身体に合った長さの杖を使用していたのですが、

それでも歩行と言うのは、両脚に同じ様に

重心を掛け続ける事は出来ませんから、どうしても

1歩踏み出す時に片側に傾いてしまうのです。

歩く度に そうした事を繰り返して居ると、

毎日毎日どんどん足腰に変な負担が蓄積し続け、

結局、足腰を守る為に使用し始めた杖に

依存し過ぎた為に、余計に足腰を

悪くしてしまったのです。

日常生活で杖を2本使うメリットデメリット【杖2本持ち】

こうした経験を踏まえて、その後は杖を2本使用して

身体の重心バランスが中心から なるべくズレない様に

気を付ける事に した所、重心が殆どズレないもの

ですから、痛みの度合いも ある程度

落ち着かせる事が出来る様に なりました。

杖は身体を支える為の補助アイテムですから、重心が

ズレない様に意識する事が とても大切なのです。

今の時代、ネット通販で様々なタイプの杖を探す事が

出来ますから、自身の身体に合う高さや、形状の杖を

選んでみて下さいね。

杖についてはこちら→足腰を支える為の杖/
1本杖・2本杖・3点・多点杖

足腰への負担を軽減するには室内用杖と、このアイテム

日々忙しくバタバタと動き回っていたり、

労働で毎日毎日身体を酷使し続けて、

クタクタに身体が疲れるものの、

碌 ろく に休む暇も無いと、疲労は毎日積み重なり

続けて、グッタリと身体が重苦しくなり、

身体の重苦しさから動くのも億劫になってしまい、

それでも生活の為に 働き続けねばならず、

肉体も精神も疲弊しきってしまいます。

そういう状態で身体から警告サインが

出ているのに、尚も嫌々重い身体に鞭打って

身体を酷使し続けてしまうと、足腰関節部位に

痛みが発生し出してしまい、

痛みが強くなると、いよいよ仕事も日常も不便する程、

取り返しの つかない状態に なってしまうので、

出来れば早い段階での専門医による適切な

治療を 受けた方が良いです。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

痛みが日々積み重なり続けてしまうので、整形外科に
行くのが遅れるほどに状態が悪化し続けて、

痛みが あまりにも強いと、

通院しようにも向かうために歩くことすら

困難に なってしまいます。

つまり、病院に行けずに 家で ただひたすら

痛みが引くのを待つしか出来ずに、

時間だけが悪戯に 経過してしまいます。

足腰痛めて通院するのもツラい時に役立つアイテム

なので、あまりにも状態が悪くなったら、

いよいよ救急車を呼んで助けて貰うしか

なくなってしまうので、そこまで状態が

酷くなる前に 病院に行き、対処しましょう。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などと

診断されたら、

朝起きて布団から起き上がる事も自力で

出来なくなったり、

どうにか時間を掛けて起き上がれたとしても、

続いての難関が 立ち上がったり、

歩くことなのです。

自力で起き上がれ無い程の激しい
腰痛時は電動ベッドで起き上がる

この立ち上がり、歩く。という2つの点に

付いては、立ち上がり専用手すりと

室内用の杖や手すりを使う事で負担を

和らげる事が出来ます。

そして、もし一人暮らしで自力で起き上がれない時に

補助してくれる人が居なくても、

電動ベッドを活用すれば腰に負担を掛ける事無く

起き上がることが出来ます。

腰痛が激しい時には電動ベッドで
負担少なく起き上がる

しかしながら、起き上がり立ち上がって

トイレやテーブルまで歩いて行った後に、

もう一つの難関が待ち構えているのです。

それが椅子に座る、という動作時に足腰に生じる
負担です。

負担少なく慎重に座ろうと すればする程、足腰の
筋肉への負担が強く掛かってしまうので、

ようやく座れた後、あるいは立ち上がろうとする時に
足腰の筋肉が余計に疲弊してしまうので、

それが原因で益々足腰の状態が悪化してしまう恐れが
あります。

なので、余計な負担を掛けない為には頑強な作りの
手すり付き椅子が あると便利なのです。

手摺部分に手をついて身体を支えながら座れるのと、
そうで無いのとでは、足腰に生じる負担が

まるで異なります。

こうした日常での何気ない ひと工夫で足腰への負担も
変わって来るので試してみて下さいね。

足腰の痛みを軽減する為に、補助アイテムを
有効に活用するには?

腰が痛む時はリラックス姿勢で気軽に行える処置を行う

関節は動きの激しい運動や関節に強い負荷の

掛かるウエイトトレーニングだったり、

接触のあるスポーツ、あるいは労働による

日々の関節へのダメージの蓄積や加齢による

軟骨の磨り減り・筋肉の衰えによる関節部周囲の

支えの低下による痛みの発生。

軽い重量でマシントレーニングにより筋肉に
負荷を掛けてみる

痛みが生じたら耐えて 自然治癒を待つのでは無く、

速やかに整形外科などに行くのが最善の選択ですが、

例えば病院に行くにも交通手段が電車・バス以外に

無い場合、そして駅まで距離が あり尚且つ、

独り暮らしと言う状況だと病院に行くのさえ

一苦労です。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を
探す事が大事/逆に言えば・・

関節が痛む際は急性期、つまり痛みが生じ始めた時は

冷やす事を優先して痛み、腫れ・炎症を抑え、

熱が患部に生じていて 血流も活発になる為、それを

抑制する意味でも冷やすのが効果的です。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

その後、3~4日程度経過し腫れや炎症が落ち着いたら

今度は冷やすのでは無く、硬くなった筋肉を温める必要が

あります。

しかし、病院に行くにも距離の問題で一苦労。

自宅で何か対策をしようにも患部を温める機器なんて

無いから どうしようも無い。

と、悩んだり戸惑う必要は ありません。

自宅で行える事は温熱療法以外にも幾つか ありますし、

温熱療法自体も温熱治療器が無くとも 行う事は可能です。

長時間のPC作業や日々の腰への負担で
筋肉が千切れる様な痛み

今の この猛烈に寒い時期に行うのは難しいですが、例えば

横になった姿勢でリラックスしながら腰を温めたい場合、

お湯で温かくしたタオルを しっかりと水分を絞って

患部に直接乗せるだけでも血行を促すのに充分な効果を

発揮してくれます。

但し、タオルを温かくして患部に乗せただけなので効果は

長く持続しませんし、まして今の様に空気が凍てついて居ると

あっという間に冷えてしまうので逆効果に なりかねませんね。

なので、もっと手間の掛からない方法として、湯舟の中で

温まることで血液の流れを促す。と言う やり方が有ります。

37度~39度ほどの ぬるめの お湯で入浴し、血流を促進する

自宅に温熱治療器が無い場合に これが最も気軽に行える

方法ですね。

ただし、これも寒い時期には注意しなければならない

ポイントが あります。

空気が冷え込んでいる時期なので、お風呂から上がった

直後の急激な冷え込みに気を付けなければ ならないのですが、

お風呂に入る少し前に部屋全体をヒーターなどで温めておくか

もしくはピンポイントで特定の箇所だけ温めてくれる暖房機器を

脱衣所の前に用意しておくと、お風呂上りに急激に冷えて

しまう事を防げます。

やはり、冷えは腰痛を始めとした関節痛に大きく影響を与えて

しまうので、冷え対策をこの様に行い、温熱療法で患部を

温めて血行を促進させましょうね。

温熱療法以外の方法については、また別の機会に綴って行きたい

と思います。

温熱治療器が無くても身体を温められる腰痛対策法

遠線赤外線コスモパック CL型 コントローラー付 日本遠赤 医療用具承認 温熱治療器 冷え性

足腰が痛む時にツラい動作/椅子に座る時の負担を軽減する

日々忙しくバタバタと動き回っていたり、

労働で毎日毎日身体を酷使し続けて、

クタクタに身体が疲れるものの、

碌 ろく に休む暇も無いと、疲労は毎日積み重なり

続けて、グッタリと身体が重苦しくなり、

身体の重苦しさから動くのも億劫になってしまい、

それでも生活の為に 働き続けねばならず、

肉体も精神も疲弊しきってしまいます。

日々の疲弊から強く痛みを感じる足腰/
整形外科を受診する

そういう状態で身体から警告サインが

出ているのに、尚も嫌々重い身体に鞭打って

身体を酷使し続けてしまうと、足腰関節部位に

痛みが発生し出してしまい、

痛みが強くなると、いよいよ仕事も日常も不便する程、

取り返しの つかない状態に なってしまうので、

出来れば早い段階での専門医による適切な

治療を 受けた方が良いです。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

痛みが日々積み重なり続けてしまうので、

整形外科に行くのが遅れるほどに

状態が悪化し続けて、痛みが あまりにも

強いと、

通院しようにも向かうために歩くことすら

困難に なってしまいます。

つまり、病院に行けずに 家で ただひたすら

痛みが引くのを待つしか出来ずに、

時間だけが悪戯に 経過してしまいます。

なので、あまりにも状態が悪くなったら、

いよいよ救急車を呼んで助けて貰うしか

なくなってしまうので、そこまで状態が

酷くなる前に 病院に行き、対処しましょう。

整形外科を受診する時に良い病院か否か?を
見分ける/足腰の痛み

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などと

診断されたら、

朝起きて布団から起き上がる事も自力で

出来なくなったり、

どうにか時間を掛けて起き上がれたとしても、

続いての難関が 立ち上がったり、

歩くことなのです。

この立ち上がり、歩く。という2つの点に

付いては、立ち上がり専用手すりと

室内用の杖や手すりを使う事で負担を

和らげる事が出来ます。

足腰を痛めた時にも支えになる簡易設置手すり

そして、もし一人暮らしで自力で起き上がれない時に

補助してくれる人が居なくても、

電動ベッドを活用すれば腰に負担を掛ける事無く

起き上がることが出来ます。

しかしながら、起き上がり立ち上がって

トイレやテーブルまで歩いて行った後に、

もう一つの難関が待ち構えているのです。

それが椅子に座る、という動作時に

足腰に生じる負担です。

足腰に強い痛みが現れて居る時に慎重に座ろうと
しても、しゃがみ込む際に 脚や腰の筋肉が

収縮してしまい、どうしてもググッと強張るので
痛みを感じてしまいます。

座ろうとする椅子に支えとなる部分が無かったり、
華奢な作りの椅子の場合は尚更 慎重に座らざるを

得ないので、益々 足腰への負担が強くなってしまいます。

それを避ける為には 逆の構造の椅子が大切に なりますね。

つまり、椅子に支えとなる部分(手すり)が付いて居る事と
頑強な作りである。言う事ですね。

この条件を満たす椅子を探すのも、今の時代ネット通販で
検索すると簡単に見つかるので便利な時代ですよね。

足腰が痛い時には背もたれ手掛けしっかりの椅子が大事

足腰が痛む時に無理せずに立ち上がるなら、このアイテム

日々忙しくバタバタと動き回っていたり、

労働で毎日毎日身体を酷使し続けて、

クタクタに身体が疲れるものの、

碌 ろく に休む暇も無いと、疲労は毎日積み重なり

続けて、グッタリと身体が重苦しくなり、

身体の重苦しさから動くのも億劫になってしまい、

それでも生活の為に 働き続けねばならず、

肉体も精神も疲弊しきってしまいます。

そういう状態で身体から警告サインが

出ているのに、尚も嫌々重い身体に鞭打って

身体を酷使し続けてしまうと、足腰関節部位に

痛みが発生し出してしまい、

痛みが強くなると、いよいよ仕事も日常も不便する程、

取り返しの つかない状態に なってしまうので、

出来れば早い段階での専門医による適切な

治療を 受けた方が良いです。

日々の疲弊から強く痛みを感じる足腰/
整形外科を受診する

痛みが日々積み重なり続けてしまうので、

整形外科に行くのが遅れるほどに

状態が悪化し続けて、痛みが あまりにも

強いと、

通院しようにも向かうために歩くことすら

困難に なってしまいます。

つまり、病院に行けずに 家で ただひたすら

痛みが引くのを待つしか出来ずに、

時間だけが悪戯に 経過してしまいます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

なので、あまりにも状態が悪くなったら、

いよいよ救急車を呼んで助けて貰うしか

なくなってしまうので、そこまで状態が

酷くなる前に 病院に行き、対処しましょう。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などと

診断されたら、

朝起きて布団から起き上がる事も自力で

出来なくなったり、

どうにか時間を掛けて起き上がれたとしても、

続いての難関が 立ち上がったり、

歩くことなのです。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の
時に如何に安静に過ごすか?

この立ち上がり、歩く。という2つの点に

付いては、立ち上がり専用手すりと

室内用の杖や手すりを使う事で負担を

和らげる事が出来ます。

そして、もし一人暮らしで自力で起き上がれない時に

補助してくれる人が居なくても、

電動ベッドを活用すれば腰に負担を掛ける事無く

起き上がることが出来ます。

自力で置き上がれ無い程の激しい腰痛時は
電動ベッドで起き上がる

しかしながら、起き上がり立ち上がって

トイレやテーブルまで歩いて行った後に、

もう一つの難関が待ち構えているのです。

それが椅子に座る、という動作時に

足腰に生じる負担です。

杖を つきながらテーブルに辿り着いた後も
ストラップが付いていると、手でテーブルを

支える事に専念できるので、腰痛を意識しながら
ゆっくりと腰を下ろしましょう。

しかし、そ~っと座ろうとしても、どうしても
足腰を踏ん張る必要があるので、

腰や膝に軋む様な痛みが その都度

生じてしまいます。

ですので、そうした時にテーブルで身体を

支える以上に

支えとして便利で安心出来るのは頑丈な椅子に

設置された手すりです。

やはり、体重を預ける訳ですから、頑丈さと

安定感は重要ですよね。

その上で 手すりも備え付けられていたら、

安心して座る事が 出来ますね。

これらのポイントを踏まえた上で、アイテムを

駆使して負担の少ない朝を毎日迎えられたら、

気分も沈まずに活力の湧いた日々を

過ごせますね。

腰の筋肉が硬くなると痛みが
強くなる/気軽に日常で緩める方法

日々生じる足腰への負担を和らげるには、このアイテム

日々労働や家事育児、様々な用事で忙しなく

動き続けて 気付けば身体全体が疲弊し、

足腰関節には痛みが走っている状態に。

腰の痛みの原因と対策と車椅子/日常の中で
負担を小さく留めるには?

そうなると、まず仕事上は おろか、日常生活に

おいても、不便さを感じる様に なります。

痛みが強くなれば なる程、不便さだけでは

済まずに、常日頃から痛みに悩まされ、

身動き一つ取るのにも苦労を感じる様になります。

腰痛が激しく現れて居る時に如何に
負担なく日常生活を送るか?

脚と腰。

上体からの負荷を受け止めたり、下方に流したり

支えたりする部位で あるので、

少しでも痛みが生じ始めたら、途端に痛みの進行が

凄い速度で 始まってしまいます。

痛みの進行が何故早いのか?は 先ほども

書いた様に、上半身からの重力や衝撃を

緩やかなS字カーブを描く背骨が受け流し、

骨盤・仙骨まで伝え、

そして股関節~両足へと分散させて行くのですが、

これは全身の関節部位のスムーズな連動が

有ってこそ為せるのです。

腰の筋肉が硬くなると痛みが強くなる/
気軽に日常で緩める方法

例えば、肩を痛めた。とか肘関節や

手首が痛む。

とかならば、そちら側の腕で荷物を持たず、

歯磨きや箸を持つ腕さえも変えれば、

負担が掛かる事は ありませんが、足腰の

場合は勝手が違います。

立ち上がる時、座る時、歩く時と 何かと

体重を支える為に負担が生じ、

日常に おける動作で、負担をゼロにする事は

難しいでしょう。

痛みが生じているのに、無理を し続けると

杖無しでは歩行困難な程の

状態に なってしまいます。

腰が痛む時に行う対策/腰が痛む時に行えない事

痛みが酷くて動けずに居て、1日中寝たきり

状態になった場合ですら、

腰部に負担は掛かり続けてしまいます。

同じ姿勢で寝続けて、腰の一点に負担が

掛かって居るな。と自身の感覚で感じて、

少し体勢を変えようか、と寝返りを打とうと

思っても、腰部が強烈に痛む場合には

ほんの数㎝身体を捻り、横に向く事さえ

自由には 行きません。

腰が痛い時の寝姿勢と身体への負担

とは言え、私の経験上、ここまで痛む場合には

自力で起き上がる事が出来ないほど

腰の痛みが強くなっている と思うので、

ここまで自力で起き上がる事さえ出来ない程に

痛む場合には、同居している家族が居るならば

助け起こしてもらい、その後は 椅子の上で

腰に負担が掛からない様に安静に過ごすと

良いでしょう。

同居家族が おらず、一人暮らしの場合には

腰の痛みが強くなりそうな兆候が見られた場合には

出来れば数日前には電動ベッドを用意して、

リモコン操作一つで寝姿勢から腰に負担を掛けずに

起き上がれるように準備しておいた方が良いです。

私が初めて自身の力だけでは起き上がれ無い程の

激しい腰の痛みに襲われた時には、

3日程 布団から動く事が出来ずに 何とか手が届く

範囲内にあった 蜂蜜と飴を舐めて飢えを凌いだ

と言う経験が あるので、腰に いつも以上の

疲弊感が生じていると感じた時は、

その翌日か翌々日には強烈な痛みが現れてしまう事が

経験上多いので、

兆候を感じた時点で『その時』に備える事が

自身の生命を守る上で とても大切だと思います。

腰痛が悪化する兆候を感じた時の対処法/
冬独特?の腰痛感覚

ここまで足腰に痛みが生じる事の辛さに ついて

綴りましたが、電動ベッドを用意したり、

他にも関節サポーターや杖を使用したりすると、

負担を ある程度は軽減させる事が出来ますが、

一番良いのは足腰の痛みを感じた段階で整形外科へ

行く事だと思うので、

出来るだけ早めに受診してみて下さいね。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

歩行時の膝の痛みを抑える膝サポーター

多忙な日々を送り、毎日ぐったり疲れて碌に身体を
休める暇も無く、就寝して朝を迎え、また多忙な1日が

始まり。と言う、生活を繰り返していると、身体中に
疲労が溜まり、それが関節部位に 徐々に及んで行き、

やがて 強い関節の痛みへと 発展して行くと、

仕事は勿論の事、日常生活にも 影響が出始め・・・・
と、身体の疲労、特に 関節部位への積み重なって

疲労・ダメージと言うのは、1歩1歩の歩行の度に、
足腰に衝撃が伝わり、強い痛みが生じる事によって、

近所に お買い物に 行くのですら、ツラい物と なって
しまいます。

激しい腰痛で動けず身体が衰えるのを防ぐ対策

特に、足腰の疲弊から来る 関節痛というのは、非常に
厄介で、何処か1箇所が 痛み始めると、その箇所を

庇いながら 日々過ごす様になり、痛みが無い方に重心を
傾けながら生活をする事に自然となってしまい、

その様な状態で、数日~数週間過ごすと、重心の偏りから
身体の重心バランスが崩れ、元々痛みを感じていなかった側にも、

疲労が積み重なり、痛みが生じる様に なってしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

そうなると、悪循環の繰り返しで、右が痛めば左を
多用するようになり、左に痛みが強く出れば右に重心を

傾ける様になり、そして結果的に身体中あちこちに痛みが
拡散してしまう様に なるので出来れば、足腰関節部位に

痛みや違和感を感じ始めた 初期の段階で、整形外科や
ペインクリニックを 受診する事が その時点での、

最善の選択に なります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

ですが、通院したから といって、今日明日 直ぐに治る物でも
無いので、治療以外の日常でのダメージ緩和対策が大切に

なります。

その対策として、1つは足腰が痛む場合は、腰痛サポーター・
股関節サポーター・膝サポーター・足首サポーターなどの

各部位専用保護サポーターを日常的に 活用して日々の歩行や
立ち上がる時、座る時の 負担を和らげる事が重要に なります。

関節サポーターを使用しても、尚も痛みが強い様だと、関節に
掛かる負担を 軽減する為に杖を使用するのも 効果的です。

杖を選ぶ時に重視するポイント/足腰の負担軽減

そして、もう1つは 1日を終えた後、あるいは日常の ちょっとした
休息時間に痛む部位に対して温熱療法を行う事で血流を促す、

と言うのも効果的です。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

関節保護サポーターと言うのは、つけっぱなしで長時間
と言うのは血液の流れや外した後の関節部位への負担が

大きいので、着脱後のケアとして遠赤外線治療器を用いるのも
とても有効です。

長時間使用には おすすめ出来ないとは言え、日常の大きな
助けになるので、関節保護サポーターは

欠かせません。

その中でも、膝上・膝下を 2本のベルトで しっかり固定し、
支えてくれる こちらのサポーターは歩行時の膝関節への

衝撃を 緩和してくれるので、とても補助アイテムとして
役立ちますので、活用してみてくださいね。

涼しくなり、過ごし易くなって来た今日この頃/
多忙で疲れた身体を お風呂で温める