「膝関節痛」カテゴリーアーカイブ

路面状況によって足腰のダメージも大きくなる

日々の忙しさから疲労が蓄積し、足腰に

痛みとして反映されてしまう

日々忙しく動き続けていると いつの間にか身体中に疲労が広がり、それでも尚
身体を酷使し続けていると 身体を包む疲労感は足腰関節部位への痛みへと転じ、

仕事はおろか 日常生活に多大な影響を及ぼす様になります。

日々の疲弊の蓄積で痛めてしまう2つの簡単な腰痛対策法

肩・肘・手首などの痛みだったら、まだ その箇所を使わない様に注意をすれば
余計な負担が掛かる事は避けられますが、こと足腰の痛みに関しては

その余計な負担を避け続ける事は難しいです。

何故ならば、体重が常に掛かり続ける部位であり、腰椎に至っては上半身の動きに
より 負担の度合いが大きく左右される部位であるので、痛み・負担を完全に

避けると言う事は不可能と言っても良いでしょう。

体重増加で腰に掛かる負担が増えると痛みも増える

しかも足腰と言うのは、少しでも痛みが現れ始めてからが厄介で、腰から下の何処かの
部位が痛みを感じて、その箇所を庇いながら歩く様に自然と なってしまいますから、

今度は庇って歩いた事で元々痛みが無かった側の足腰にも負担が蓄積して そちら側の
部位にまで痛みが広がってしまうのです。

出来れば早い段階で

整形外科を受診したい

この様な状態になる前に、出来れば整形外科を受診し、治療を受けた方が良いですが、
基本的には要手術とみなされない場合には保存療法で経過を見ながらジックリと

時間を掛けて治すのが殆どなので結局は日常生活の中で自身で痛み対策をして自身で
足腰の痛みをどうにか軽減させないと いけません。

整形外科への通院で早く完治を目指す上で大切な事

とは言え、自身で行える対策と言っても、足腰各部位ごとの関節サポーターを装着したり、
あるいは杖を日常的に使用したり、それらの併用に加えて痛み始めには冷やしたり、

腫れや熱が引いてきたら温熱治療器で患部を温めて血行を促したり、もし痛みに余裕が
あるようだとマッサージしたり、ストレッチしたりなどが有効ですが、これらの内

あれもこれも行うのは中々大変ですので、足腰を直接的に衝撃から守る関節サポーターと
杖の併用が最も日常で備えやすい対策手段かと思います。

家で気軽に行うマッサージ手順
 
 
杖と関節サポーターの併用で足腰を負担から守る

そうして日常的に関節サポーターと杖で歩行によるダメージから守りながら歩くのは
とても有効なのですが、しかし路面状況によっては必ずしも有効であるとは

言い切れない場面が あるのです。

路面状況によって足腰へのダメージが変わる

それがアスファルトがヒビ割れて居たり、抉れていたり、あるいは砂利道を通らざるを
得ない状況の時、または階段・段差・坂道・勾配を避けては通れない時、これからの

季節は暫く大丈夫ですが、積雪があって路面凍結して居る時など、様々なシチュエー
ションで普段は万能とすら思える杖と関節サポーターの併用が さほど足腰を

守ってくれなくなってしまいます。

とは言え、雪以外の状況の場合には何も装着していないよりは足腰へのダメージは小さく
抑える事が出来るので、痛みが日々強くなり続けるよりも、関節サポーターと杖で

可能な限り小さく留めた方が良いと思います。

これは殆どの場合、自宅周辺の路面状況次第で足腰へのダメージの度合いも変わって
来ると言う事でも あるので、出来るだけ平坦な路面に住んでいる方が足腰への負担が

少なく済む、と言う事でもあるので足腰へのダメージを極限まで減らそうと思うの
ならば、完全に平坦な路面状況の地域に引っ越すしかありません。

それは多くの人にとっては難しい選択でしょうから、少なくとも関節サポーターと
杖で日常的にダメージから身体を守ろうとする事が平坦な路面の地域に

住んでいない人にとっての最善の足腰の痛み対策になると思います。

【幅広タイプの腰痛サポーターで腰をしっかりと支えて守る↓↓】

歩行がどうしても辛くなったら車椅子の使用も検討する

足腰に疲弊感や負担が蓄積すると

痛みが生じ始めてしまう

足腰は日々動けば動くほど酷使されて行きます。

腰椎が身体の動きの大部分を支えているので、腰に痛みが
生じてしまうと立ち上がるのも座るのも歩くのにも支障を

来してしまう様に なります。

椅子に座っているのも辛い腰痛時でも楽な姿勢がこちら

腰が最も体重を支えているので、疲弊しやすく痛みも強く
なりやすい部位では ありますが、脚も同様に体重を多く

支える機会がある為、1度でも痛めてしまうと 忽ちの内に痛みが
増幅して行ってしまいます。

腰を守ろうと重心をズラして脚で体重を多く受ける様になれば
股関節や膝・足首などの痛みが強く出始め、それが積もりに

積もると いよいよ関節サポーターや杖による支え無しでは歩行が
困難に なってしまいます。

補助アイテムを使用してもツラい状態に陥ってしまう

例えば、椎間板ヘルニアで強く痛んで布団から起き上がる事も
自力で出来ない。

と言う状態になれば 無理して歩こうなどと言う事は選択肢から
外して 大人しく家で安静にすると思いますが、痛みは常に

一定では無いので、日によって少しマシな状態の日も数日に
1回は訪れます。

介護用の電動ベッドで腰が痛い時にも起き上がれる

それは椎間板ヘルニアだけで無く、脊柱管狭窄症などの場合でも
同様に、『今日は痛みが割りとマシだから少し歩けそう』と、

お買い物などに時々は出掛けてみるのは良いのですが、無理して
少し遠いところまで出っ掛けてしまうと今度は脊柱管狭窄症の

延長線上の間欠跛行と言う状態になり、歩いている途中で腰や
足の痛みが強くなって その場で動けなくなる程の痛みに

襲われたりしてしまいます。

間欠跛行になると歩行途中で

その場から動けなくなる

私も状態が少しマシになった時に、普段我慢している分、少し歩いて
みたくなって間欠跛行で 途轍もない痛みに襲われる事が良くあります。

結局 普段我慢して安静にしている以上、状態がマシになった時に
開放的な気分になってしまうのは仕方が無い事なので、自身で

歩く時間、距離の制限を設ける事が大切に なります。

私の場合、片道10分弱が無理なく動ける限界ですが、ついつい少し
離れた位置にあるスーパーの方が安いから、と足を伸ばして

みたくなります。

結局、安い方に行く度に帰路に着く頃には激しい痛みに襲われる事に
なるのですが、こうした時に もう歩けない!杖と関節サポーターと

脚では限界だ!と毎回なってしまうので、そう言う時は車椅子の使用も
検討したくなります。

足腰痛がどうしようも無く辛いなら車椅子を使用する

しかし、幾ら身体の状態が辛いからと言って担当の先生は おいそれと
了解しては くれません。

結局、車椅子を日常的に使い始めると いよいよ脚の筋力が著しく低下し、
杖を使おうが 歩めなくなってしまうからです。

それに、もう1つ問題が あります。

仮に、今日から車椅子を使いたい、と思っても病院内で使った経験が
ある位では 道路の状況に対応できないのです。

路面には ちょっとした段差、溝、割れたアスファルト、傾斜・勾配など
様々な障害物と言える物が点在して居ます。

車椅子で響くガタガタ路面/振動の影響を受ける膝と腰

ですので、今日から使いたい、と思ってもいきなり安全に乗りこなす。
と言うのは想像以上に難しいという現実に直面してしまうのです。

これらを しっかりと認識した上で もう足腰が限界だから車椅子を
使いたい、と言う場合には使い始めてみるのも良いかも知れませんね。

【自走式車椅子を日常生活に取り入れて日々生じる足腰への
負担を軽減する↓↓】

歩行時に痛みが生じる場合、膝関節サポーターを装着する

足を踏み出す度に痛みが

生じる膝関節

関節サポーターを装着する時と言うのは どういう時か?と言うと
例えば腰を痛めて歩くのも辛い時、股関節を痛めて歩行の度に響く時、

あるいは 足首を痛めて脚を踏み出して地面に接地する度に痛む時、
そして膝関節に軋む様な痛みが生じて辛くて歩けない、等と言う

場合に関節部位の負担を軽減しよう、と対策を講じた時に関節サポー
ターで痛む患部を支えて守ろうとする訳ですね。

関節サポーターで痛む患部を守ると言う選択肢

膝関節サポーターと言うのは幾つか種類があって、少し厚めの生地から
2本のベルトが伸びて膝全体を覆いつつ、がっしりと締め付けるタイプや

同じ様に厚めの生地で膝全体を覆い、左右から2本づつ伸びる『クロス
ベルト』で締め付け固定するタイプや、あるいは靴下やタイツの様に

膝部分を生地で覆う履くだけタイプの昔ながらの物もありますね。

これら以外にも膝関節サポーターには種類が ありますが、代表的な
3種類の中でどれが膝関節を守るのに適しているのかを私の経験を

交えて書いて行きたいと思います。

今の時代100円ショップでも関節

サポーターが販売されている

今時は関節サポーターも100円ショップでも売られていたりします。

 

ただ、100円ショップで販売されている膝関節サポーターは私が見てきた
限りでは 履くだけのタイプのみではありましたが、もし今日急に

膝関節を痛めた場合に、1番早く簡単に手に入るのは100円ショップの
履くだけタイプの膝関節サポーターである、と言う事は間違いないと思います。

ネット通販では今この瞬間に必要だと思っても手元に届くのは翌日か2日後
くらいなので、直ぐに必要な場合は100円ショップに行った方が速いかと

思います。

テーピングと言う手段もありますが、テーピング用のテープを何種類か常備
して居れば 良い膝痛対策になりますが、恐らくテーピング用テープを

常備している家庭と言うのは決して多くは無いと思います。

膝関節を痛めた場合のテーピングと膝サポーター

なので、結局は100円ショップで履くだけのタイプを ひと先ず入手しつつ、
ガッシリと膝関節を締め付けて固定できるクロスベルトタイプか、

2本のベルトで締めて固定するタイプかを通販で入手するのが確実な流れだと
思います。

履くだけタイプだけでは

膝を守るには充分では無い

履くだけのタイプを入手したら充分なのでは?と思う人も居ると思いますが、
実際に膝関節を痛めた時には履くだけのタイプでは膝関節を守るのは

充分では無いと感じると思います。

私も色々試した結果として、ベルトで締めて固定するタイプが良いと感じたので
2本のベルトタイプかクロスベルトタイプのどちらかを お勧めします。

医師が開発した膝用サポーターで歩みのツラさを軽減

と言うのも、膝関節は1歩1歩の歩行の度に必ず負担が掛かってしまう部位なので
ガッシリと締めて固定した方が痛みを溜めずに済みます。

本来の膝関節(身体全体の関節もですが)は関節が曲がる事でクッションの役目を
果たして、衝撃から身体を守って居るので通常の状態だと膝関節をサポーターで

締めて固定するなんて機能を損なわせるだけなので あり得ませんが、強く痛む
場合は別です。

通常時の考え方では、膝関節に痛みが蓄積して行く一方なのでイレギュラーな
考え方も大事になるのです。

ですので、『痛めた時は痛めた時の考え方。通常時は通常時の考え方』で居る事が
大切だと思います。

【2枚組の膝関節サポーターで歩行などに生じる負担から膝を守る↓↓】

足腰が痛む時は杖で日々の負担を軽減した上で温熱療法で温める

様々な要因で痛みが

生じてしまう腰周り

腰を痛める原因には間欠跛行・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・筋膜性腰痛
などの他にも腰の筋肉(脊柱起立筋)が疲労する事で内部で血流が鈍り、

乳酸・老廃物の排出が滞り それが元で痛みが発生したりなど様々ありますが、
どう言ったケースも まずは整形外科を受診し、現状の痛みの原因を知る事が

その後の腰痛対策を施す上で とても大切に なります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

しかし、腰痛対策を施すと言っても、例えば骨の変形や線維輪を突き破り髄核が
神経を圧迫している状態では自宅で大人しく安静に過ごし、保存療法に

時間を費やしても、悪化し酷くなる ばかりなので、そう言う時には医師の判断に
従い、手術が必要ならば検討しましょう。

それ以外の腰の痛みで『要手術では無い』と判断された場合には、やはり病院での
治療と保存療法が基本に なるので、如何に日常生活の中で足腰への負担を

少なく過ごすか?と言うのが、毎回の治療の度に治療効果がキチンと現れるか
否か?の1つの分かれ目に なるかと思います。

日常で如何に負担を

軽減して過ごすか?

そこで、今回は杖と関節サポーターを使うのは大前提として日常の中で、どの様に
日々積み重なる足腰へのダメージを小さく留めるか?に ついて書いて行きたいと

思います。

歩行補助器具を使い日常生活の中で生じる足腰への負担を軽減する

腰痛が悪化すると歩行困難になり、例え 杖を2本使っても歩くのが大変難しくなって
しまいます。

腰部だけの痛みに加え、股関節や膝関節まで強く痛み出すと、いよいよ杖2本
用いても、ほんの数歩 歩くだけで痛くて動けなくなります。

【歩行時に足腰に生じる負担を軽減する為に杖を支えにするなら こちら↓↓】

ですので、私の経験上こうした時に大切なのは まず第一に姿勢を
意識して過ごす、と言う事です。

この『姿勢を意識する』と言うのは、一般に言われている様な背筋を
ピン、と伸ばし続けるだけでは無く、時には敢えて背筋を緩める事も

含みます。

時には脊柱起立筋を意識的に緩める事も大事

背筋を張る姿勢を意識して保つ、と言う事は腰を支える筋肉である
脊柱起立筋が張りっぱなしの状態が持続する。と言う事なので、

筋肉の過度な疲弊を招き、その疲弊から血流の鈍り乳酸・老廃物の
蓄積から炎症に繋がり、痛みが発生してしまうので、

上手く脊柱起立筋を緩めつつ筋肉の張りの強弱を付ける事が大事に
なります。

日々の疲弊から生じる足腰の痛み/腰を緩める意識とは?

そして休める時に休み、マッサージやストレッチ、あるいは温熱
治療器で患部を温めて血行を促し、血管の開きを良くして

乳酸・老廃物の排出を促す様にすると、少しは状態が楽になります。

今の時代は こうしたアイテムもネット通販で気軽に探せるので
マッサージ器や温熱治療器を探してみて下さいね。

日常で生じる疲弊感を毎日寝る前に解して身体をリラックスさせて
から眠りに就くと翌朝 目を覚ました時に身体が楽になるので、

この様なアイテムを活用して日々負担を和らげ楽に過ごしましょうね。

【家庭用の温熱治療器を活用して腰や脚の痛む部位の筋肉を温めて
和らげる事によって痛みを緩和する↓↓】

足腰に痛みが強く現れた時に立ち上がり専用アイテムがあると便利

足腰に痛みが現れた後の

一連の流れ

足腰を痛めてツラい毎日を送っていると、当然ながら痛みや

日々の負担がどうすれば和らぐか考えた事が あるかと思います。

私の場合は足腰各関節部位ごとのサポーターを日常的に装着したり、

自宅用マッサージ器や温熱治療器などで患部を直接癒したり、

週1~2回程の整形外科への通院を続けたり、等の対策を行っているの

ですが、この様に日常的に各関節部位を保護し支えていても

ある時 突然痛みが強くなってしまったり、あるいは意識的に守っている

箇所とは別の部位が痛み出したりなど、自身が完璧な対策を施していると

思っていても、関節部位には日々着実にダメージが積み重なっているのです。
 

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?
 

身体全体の疲労は中々取り去れないですし、関節部位(特に腰)に日々

ダメージが蓄積して行く中で、それが鋭い痛みとなって現れた時には

立ち上がる事が出来なくなったり、歩けなくなったり。

痛みが強くなると立ち上がれない時・

歩け無い時も出て来る

腰の痛みと言うのは、割と軽度の場合は 歩く度に腰に響いたり、前傾

姿勢に なった時に強く負担が掛かって 痛かったり等、関節サポーターや

 

杖を日常で使用すれば、まだ何とか近所へ お買い物に行ったり歩く事は

可能なのですが、ある時 急に腰部に強い痛みが生じた場合、

 

まだギリギリ出来ていた近所へのお買い物や歩行すると言った生活を

する上で欠かせない行動は おろか、寝て朝に目が覚めても腰部の痛みが

強すぎて起き上がる事も出来なくなります。

 
腰痛が悪化して起き上がれ無い、身動き取れなくなる予兆と対処法
 

そうした時に杖を頼りに少しづつ起き上がれれば良いのですが、杖は

持ち手(グリップ部分)以外は掴まるポイントが無い為、腰が痛くて

起き上がれない時はイマイチ助けに ならなかったりします。

1段、2段と支えに出来るポイントが あれば、ゆっくりと少しづつ

立ち上がる事が出来ます。

【安定感抜群のしっかりとした作りの立ち上がり専用
手すり/立ち上がる時の安心感を得るなら↓↓】

しかも杖は縦1本の棒ですが、立ち上がり専用ステップは横に

3本どっしりと棒が走っているので、安心して支えに体重を

預けられます。

ドッシリとした安定感のある立ち上がり

専用アイテムを支えに立ち上がる

この様に底がしっかりとバランスよく作られている為、安定感の

ある支えとなる。

 

手を乗せて身体を預ける部分は木が2重で構成されている為、

細くて頼りない支えだと怖くて体重を預けられないですが、

 

これだけ頑丈に仕立てられていると、この立ち上がり専用

ステップを頼りに立ち上がる事が出来ますね。

 

材質は籐(とう)で支え部分は2重にして、更に支え部分には

手を当てて体重を預けても痛く無い様に配慮されているので、

自宅に1つあると大きな助けに なります。

 

高さは79cmで横幅は30cm、奥行きは25cmなので、コンパクトな

作りで部屋の邪魔には ならないと思います。

 

そして腰を痛めていて何がツラいかと言うと、立ち上がり時に背骨が

前傾から直立姿勢になる瞬間に鋭い痛みが走る、と言う点ですね。
 

腰が強烈に痛んで立ち上がるのもツラい時/角度と緩和対策
 

高さ79cmだと支えに掴まって立ち上がるまでは出来るのですが、

そこから上半身を直立に持って行く際には右手か左手、

どちらか開いている方の手で杖を握り頼りにする事で直立姿勢に

持って行く事が出来ます。

 

日常に おいて、この様に大きな助けになるアイテムを有効に活用し、

日々のツラさ・痛みを少しでも軽減しましょうね。

【横方向に しっかりと頑丈な支えが あるから安心して体重を

預けて立ち上がる事が出来る/立ち上がり専用手すりは こちら↓↓】

夜間でも安心して歩く事が出来るLEDライト付き伸縮杖

足腰を痛めて思う様に動けない時は

天候によって危険が増減する

ガタガタ震える程 凍て付いた気候の冬場が過ぎ去り、涼やかな気候を
感じる心地良い春の風が吹き始めて来ましたね。

しかしながら、まだまだ日々の寒暖差は激しく、風と同時に雨も降り、
時には嵐の様な大雨が吹き荒び、そういった中で ちょっと

お買い物に出かけようかな?

と、言うのは足腰を痛めている身体には非常に危険が伴いますし、
荒天の際は 屋内からは極力出ずに、おとなしく空が鎮まるまで

待つのが最善の判断と なりますね。

膝や腰が悪くて痛みを抱えている身体にとっては天候の変動によって
危険度が増減するので、荒天の際は家で身体のケアに努めるのが

最善の判断になるかと思います。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

嵐程では無いにしろ雨降りの時 片手に杖、もう片手に傘で夕暮れ時や
微かに見える月明かりに照らされた夜道を歩く時、向かい側から

人が歩いて来たり、あるいは自転車が走って来たり、自動車・バイク
だったり、道幅が広ければ、さほど問題が無い状況ですが車1台分しか

行き来できない様な道幅の場合、無理に来られたら、とっさに判断
できずに あわや、接触してしまう。

と言う様な状況になった事は 誰しも経験あるのでは無いでしょうか?

道幅や時間帯によって

大変な危険に遭遇する事も

雨で傘差していなくても、無灯火の自転車が いきなり突っ込んで来たり、
あるいは歩道で自転車に接触しそうに なったり、と言う状況は

割りと多く経験されているのでは無いでしょうか?

そういった際に、相手の動きが読めれば予め、片側に避ける事が出来ますが、
そうで無いと事故に巻き込まれてしまう恐れが あります。

そういった接触を避ける為に、私は杖に蛍光テープを巻いたりしてみましたが、
思ったほどは効果が無い様で、度々あわや、と言う状況に会ってしまいます。

視覚的に少し離れた位置からも分かりやすく見える様に対策をしない事には、
いつまでも こういった危ない状況は続くので、では どうするべきか?

と言うのを探していると、LEDライト付きの杖と言う物が今は販売しているの
ですね。

坂道でも安定するLEDライト付き4点杖

しかも、杖ストラップも付いていて、軽量の折り畳み式。持ち手は滑らかな
握りやすい形状で 使いやすく、身体を支えてくれます。

時々ありますが、何かの はずみで、杖が手から外れてしまった際にも、
ストラップ付きならば安心ですね。

杖を突く度に 光が点滅するというのが、向かい側から歩いて来た人に対して、
(あるいは自転車など)非常に分かりやすく視覚的効果が望めますよね。

LEDライト付きの杖だから夜間でも

見えやすく安心安全

月明かりに照らされた夜道で 杖を地面に設地するごとに点滅するのならば、
例え 向かい側から無灯火の自転車が来たとしても、狭い道で自動車が来ても

お互いが どう動くか読みやすいので、危険な状況と言うのも、かなり
減るのでは無いかと思います。

何しろ脚や腰が悪いと、素早く判断して避ける。と言うのが出来ませんので、
現状、身を守る為には 個々で自衛の手段を探して対策するしか無いのです。

秋冬の場合は春・夏に比べて益々、夜の暗がりが深みを増し、無灯火の自転車は
ほぼ見えないステルス機の様な存在に なってしまいますから、 こちらから

相手を認識出来ないのなら、相手が はっきり視認出来るように対策をして
身を守りましょうね。

【夜間でも安心のLEDライト付き杖で安心して歩行する↓↓】

腰の負担をマッサージや温熱療法で解し緩和する

様々な腰の痛みの原因・早い段階で

整形外科を受診する

腰を痛める原因には間欠跛行・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・筋膜性
腰痛などの他にも腰の筋肉(脊柱起立筋)が疲労する事で内部で

血流が鈍り、乳酸・老廃物の排出が滞り それが元で痛みが発生したり等、
様々ありますが、どういったケースも まずは整形外科を受診し、

現状の痛みの原因を知る事が その後の腰痛対策を施す上で とても
大切に なります。
 
腰や脚の痛みを感じて整形外科を受診した時の一連の流れ
 
しかし、腰痛対策を施すと言っても、例えば骨の変形や線維輪を突き破り、
髄核が神経を圧迫している状態では自宅で大人しく安静に過ごし、

保存療法に時間を費やしても、悪化し酷くなる ばかりなので、そう言う時
には医師の判断に従い、手術が必要ならば検討しましょう。

それ以外の腰の痛みで要手術では無いと判断された場合には、やはり病院での
治療と保存療法が基本に なるので、如何に日常生活の中で足腰への負担を

少なく過ごすか?と言うのが、毎回の治療の度に治療効果がキチンと現れるか
否か?が1つの分かれ目に なるかと思います。

日常生活の中で如何にして負担を小さく留めるか?

そこで、今回は杖と関節サポーターを使うのは大前提として、日常の中で
どの様に日々積み重なる足腰へのダメージを小さく留めるか?に ついて

書いて行きたいと思います。

腰痛が悪化すると歩行困難になり、杖を2本使っても歩くのが大変難しく
なってしまいます。

【昔ながらのクラシックスタイルな美しい見た目の杖を日々の
歩行時の支えに使うなら こちら↓↓】

腰部だけの痛みに加え、股関節や膝関節まで強く痛みだすと、いよいよ
杖2本用いても数歩 歩くだけで痛くて動けなくなります。

ですので、私の経験上こうした時に、大切なのは まず第一に姿勢を
意識して過ごす、と言う事です。

この『姿勢を意識する』と言うのは、一般に言われている様な背筋を
ピン、と伸ばし続けるだけでは無く、時には敢えて背筋を緩める事も

含めます。
 
慢性的な腰痛で日常的にツラい時は腰の筋肉を緩める/姿勢・温め
 
背筋を張る姿勢を意識して保つ、と言う事は腰を支える筋肉である
脊柱起立筋が張りっぱなしの状態が持続する。と言う事なので、

筋肉の過度な疲弊を招き、その疲弊から血流の鈍り、乳酸・老廃物の
蓄積から炎症に繋がり、痛みが発生してしまうので、

上手く脊柱起立筋を緩めつつ、筋肉の張りの強弱を付ける事が大事に
なります。

脊柱起立筋に意識的に

強弱を付けて緩める

そして休める時に休み、マッサージやストレッチ、あるいは温熱治療器で
患部を温めて血行を促し、血管の開きを良くして乳酸・老廃物の排出を

促す様にすると少しは状態が楽になります。

今の時代は こうしたアイテムもネット通販で気軽に探せるので
マッサージ器や温熱治療器を探してみて下さいね。

日常で生じる疲弊感を毎日寝る前に解して身体をリラックスさせてから
眠りに就くと、翌朝 目を覚ました時に身体が楽になるので、この様な

アイテムを活用して日々の負担を和らげ楽に しましょうね。

【腰などの痛む患部の上から照射してジックリと温めて血液の
流れを促す温熱治療器は こちらから↓↓】

足腰関節に痛みを感じた時の日常で行える対処法

足腰関節に痛みが生じたら

朝早くから、夜は遅くまで忙しく動き回り身体を休める暇も
無いほどに多忙な日々を送り、身体の あちこちが痛む様に

なると、結局その先には整形外科やペインクリニック等への
通院の日々が待っています。

その際に、特に厄介なのが、足関節の痛みと腰の痛みです。

この足腰の痛みがある事で、1歩1歩の歩行が とてもツラい
物に なり膝や足首、あるいは股関節や腰に強い痛みが走り、

足を踏み出し地面に接地する その都度、脚から腰に掛けて
走る 衝撃に堪えなければ なりません。
 
足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?
 
身体の構造上、約5kgも ある頭部からの重さと重力・衝撃を
緩やかなS字カーブを描く 背骨が受け流し、骨盤・仙骨へと

伝え、股関節から両脚へとスムーズに 連動して受け流して
行くことで衝撃や重力が各関節部位に 乗っかる事なく、

身体への負担が少ないまま、日常生活を送る事が出来ているの
ですが、足腰の何処か1箇所でも 痛めてしまうと、

この滑らかな伝達・連動が遮られ、その痛む箇所に負担の
大部分が乗っかってしまい、痛みは更に強い物へと

変わってしまいます。
 
トレーニングや日常で怪我をしやすい腰部・腰椎を守る意識
 

足腰に痛みが生じたら

厄介な理由

そして『厄介』と言うのは、ここからなのですが、その痛む箇所を
少しでも衝撃から守ろうと庇いながら日々を送っていると、

今度は重心が偏る事で 身体のバランスが崩れ始め、元々痛みの
無かった側にも 負荷が乗り続けた事で、鋭い痛みが発生し出して

しまう、と言う点です。

こうなってしまうと後は悪循環に陥り、こっちを庇うと、別の部位が
痛み始め、と言う連続に なってしまうので、日々多忙だとしても

出来るだけ時間を見つけ、整形外科への通院などが その後の悪化を
避ける為に大切なのです。
 
足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する
 
しかし、いざ病院を受診してもレントゲン撮影で骨の変形などの目に
見える異常が無い場合、医師から症状が軽い、と見られる為か、

痛み止めを処方されて何種類かのリハビリをやって、後は保存療法で
その後の経過待ち、と言う事になり、次の通院日まで状態が

悪化しない様に自分自身で足腰の痛みの管理を しなければなりません。

こういった場合には、足や腰の筋肉の疲労から来る炎症が原因(筋膜性
腰痛)だと診断され、自身が如何に次の通院日までの期間に痛みを

抑えて過ごすか?と言うのが重要に なるのですが、考えてみれば痛くて
どうしようも無くなったから病院に行ったのに、痛みに関する

ケアの素人である自分自身で対処しなければならない、と言うのは
なかなか酷な選択を突きつけられた様に 感じてしまいます。

ケアは家でも簡単に行える

実際には ケア、と言っても そんなに大袈裟な事をする必要は無いの
ですが、少なくとも必要なのは、関節サポーターと(痛みの強さに

よっては杖も)氷、そして患部を温める為の機器です。

関節サポーターは腰周りや膝関節を直接的に締めて固定して支えて
くれるので、最も重宝する歩行補助アイテムに なります。

それでも、立ち上がる時や 歩く時に痛みが足腰に響いてしまう様だと
杖も併用した方が良いです。

そして、炎症は疲弊した筋肉の内部で血液の流れが鈍り、乳酸・
老廃物の排出がスムーズに行かなくなり、留まってしまう事から

炎症を起こす物質であるヒスタミンが作られ、炎症を引き起こして
しまうのですが、この炎症が起こった時に血流が高まる事で

熱が強くなり、腫れも生じてしまうので、これを沈める為に、
ビニールに氷を入れた即席の氷嚢(ひょうのう)が必要に

なる訳です。

【お得な氷嚢3個セットで痛む患部を冷やして熱や腫れを抑える↓↓】

そうして何回も冷やし続ける事3日ほど経過したら、発熱や腫れが
治まり、今度は冷し続けた事で筋肉が硬くなっているので、

血液の流れを正常に近づける為に筋肉が硬くなっている患部を
温める必要が あります。
 
37度~39度ほどの ぬるめの お湯で入浴し、血流を促進する
 
例えば、腰の筋肉である脊柱起立筋を例に すると、温熱治療器で
腰周りを じっくりと温める事で血流が促進され、筋肉の強張りが

少しづつ解消されるのですが、何も温熱治療器の様な専用の機器が
無くとも、お風呂に入り湯船に ゆっくりと浸かる事で身体全体を

温めて血の巡りを 良くする簡易的な温熱療法は行えますし、
あるいは、浴槽のお湯と同じくらいの温度の お湯に浸した

タオルを絞り、直接患部に 充てるのも効果的です。

こうした日常で行える いくつかの方法で 保存療法中も足腰に
痛みを溜める事無く、過ごしてみて下さいね。

【家庭用温熱治療器を入手する事で いつでも好きなタイミングで
痛む患部や凝り固まった筋肉を温め、解す事が可能になる↓↓】

足腰が痛む時に あると便利な肘掛け椅子で安全に座る

日々の疲弊感や負担により痛みが生じてしまう足腰

足腰の痛みは日々の労働による疲労の蓄積や年齢による軟骨の擦り減り、
それに伴う周囲の筋肉のサポートによる思い掛けない過度な疲弊による

痛みの発症。

あるいは骨自体の変形、髄核の水分減少によるクッション性の低下に
より、線維輪を突き破り飛び出す事による神経圧迫。

この様に疲労や加齢、何らかの原因での変形など、人により原因や
痛みの度合いは様々で、しかも厄介な事に日によっても痛みや痺れの

強さが まちまちだったりするので、周囲の人には中々理解されず、
一人だけで足腰の痛みと向き合わなければならない状況の人も

多いのではないでしょうか?

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

これが職場の人に痛み・苦しみを理解して貰えない、と言うのならば
最悪 仕事を変えて足腰への負担が少ない職種に転職すれば

良いのですが、日によって痛みの強弱や痛む部位すらも変わってしまう
ので、整形外科の専門医にも理解して貰えなかったりします。

病院に行く前に軽く口コミを調べておく

私の これ迄の経験上、町の小さな病院では何処が どの様に痛いか、
どうして痛むのか?の原因がレントゲンを撮っても特定出来ない場合

問診が全然進まずに、処方箋を出されて様子を見ましょう、で
終わる事が殆どで、様子を見ている間にも どんどん日々の

ダメージが積み重なって状態が日毎に悪化して行く一方なので、
病院に行くにしても、今どきは口コミサイトなどで事前に

病院の評判を調べる事が出来るので、あっちこっち何か所も
探し回る事が無い様に、きちんと治療をしてくれる病院を

見極めて おきましょう。

足腰を痛めた時に、ちゃんとした整形外科を選ぶポイント/
問診時に見極める

痛みを堪えて やっと辿り着いた病院で5分に満たない問診で処方箋
出されて終わり、と言うだけでは、ただ行き帰りで足腰のダメージを

溜めてしまうだけなので、予め口コミで見極める事は自身の身体を
守る上で非常に重要です。

今回は脊柱管狭窄症、間欠跛行、あるいは椎間板ヘルニアの1歩手前
などで腰が痺れたり、寝ても立ってもズキズキ疼痛を感じる、

と言った自力で動け無くなる1歩手前の予兆を感じた時に、
どう対策を施すべきか?に ついて書いて行きたいと思います。

歩いている途中に腰・脊柱起立筋に負担が どんどん溜まり、その
疲労からズキズキと痛みに転じると、腰のみならず膝・臀部・脛の

辺りまで痺れや筋肉のツッパリを感じる事が あります。

ギックリ腰・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・間欠跛行/腰痛の原因

自力で起き上がれ無い程の腰痛時には・・・・

私の経験上、日々痛みや痛む箇所の変動は あるものの、この腰から
足先に掛けての疼痛や痺れ、違和感を強く感じた時には、

翌朝 目を覚ました時に腰に強烈な痛みが生じて、自力で起き上がれ
無い事が多いです。

そうした時には、無理やり起き上がろうとしても、強烈な痛みにより、
起き上がる事が出来無いので痛みが落ち着くまでの2~3日ほど

安静に布団で過ごす事が最善の選択に なります。

少し痛みが引いて来たら、少しづつ身体を起こして杖や手すり等を
使い 歩けるようになるので、その後は椅子上で過ごすと

腰に過度な負担が掛かるのを避ける事が出来ます。

椅子に座る時に、出来れば頑丈な作りの椅子で、且つ、しっかりと
した作りの肘掛けがあると座って居て 楽な姿勢を保ちやすいかな、

と思います。

【ガッシリとした作りの肘掛椅子があると、足腰を支えながら
ゆっくりと座れるので安心↓↓】

自宅にあったら便利な3つの支えアイテム

日々の負担から足腰に強い痛みが生じてしまう

朝から晩まで日々忙しく働いていると自身でも気付かない内に、
あるいは途中で気付いては居るけれど、やるべき事を

優先してしまい、自身の事は後回しに している内に身体全体に
疲労感がドッと押し寄せて、その疲労感から来る身体の重さ・怠さ・

倦怠感に包まれてしまうと何事に対しても意欲が削がれ、それでも尚、
生活の為に!と無理をし続ければ、足腰など関節部位に痛みが

生じ始めてしまいます。
 
足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?
 
身体全体の重苦しさと言う、身体からの警告サインを『これ以上は
危険だ』と分かっていながら忙しい仕事を日々、乗り越える事を

優先してしまうと当然ながら、身体は そんなに頑丈では無いので、
自身のキャパを超えた時に、無理をしていれば している程、

突如として痛みが強く爆発してしまいます。

時には 忙しない日常の ほんの一瞬でも時間を見つけてマッサージ
するなり、ストレッチするなり していれば、多少は筋肉が解れたり、

血行が促進されたりするのですが、忙しい日々に追われている内は
自身の身体のケアは後回しに してしまいがちです。

 

如何に日常の中で足腰のケアをするか?

問題は、足腰の痛みが爆発した後に どうケアを するか?

と言う事なのですが、足腰と言うのは約5kgもある頭部からの重力・
重心を緩やかなS字カーブを描く背骨が柔らかく受け流し、

骨盤・仙骨へと伝え 、それを両脚に分散して行く事で日々 負荷や
ダメージを感じる事無く、歩行が行えている訳なのですが、

ところが、足腰を痛めてしまうと、この滑らかな関節の連動は
痛めた箇所で妨げられ、1歩1歩の歩行の度に、腰や足に負荷が

乗ってしまう様になるので、益々、日常で感じる痛みが強くなって
しまうのです。

ですので、日常の中で関節サポーターを装着したりして、極力
関節部位に負担が掛からない様に 対策を施す訳ですが、

自宅に おいては、関節サポーターを装着する以外にも別の衝撃
緩和方法が あるので書いて行きたいと思います。
 
関節サポーターで痛む患部を守ると言う選択肢

 
1つは立ち上がるのを サポートする立ち上がり補助手すりです。

『立ち上がり補助』と聞くと、大袈裟に聴こえるかも知れませんが、
足腰を痛めた場合と言うのは、寝て・起きて・立ち上がると言う

普段だったら何でも無い様な一連の動作が 非常に困難に
なってしまいます。

そこで、安定感があり、持ち手が縦・横に走っている この補助
アイテムが立ち上がろうとする時に大いに助けてくれるのです。

身体を起こそうと、手すりを縦に握り、身体を起こして行くに連れて、
横の手すりを支えに立ち上がる、と言う流れです。

【ワイドタイプの立ち上がり補助手すりを支えにして足腰に
負担少なく立ち上がる↓↓】

そして、2つ目が立ち上がった後にトイレ、または食卓に向かう時に、
身体を支えてくれるロングタイプ手すりです。

私の経験上、立ち上がった瞬間と言うのは足腰の感覚は鈍っているにも
関わらず、脚を踏み出す度に負荷が生じるので、骨の奥に響く様な

痛みが走ります。
 
脊柱管狭窄症・間欠跛行/痛めた者にしか分からない腰痛感覚
 

鋭敏な痛みの感覚に対して慎重な対応を

 

そうした時に室内用杖だけでは 若干バランスが危うくなったりする事も
あるので、杖をついて脚をゆっくりと踏み出す、その刹那思わぬ痛みが

足首や膝に生じると動けなくなってしまって、杖と両脚の3点で
体重を支えたまま、立ち往生と言う事に なる事も しばしば。

ですので、そう言った危険な事態が生じた時に縦方向に1点伸びる杖
では無く、横方向に走る手すりがあると、少し後ろや横に重心を

預けられたりするので少しは気が休まります。

【室内での ちょっとした移動をする時に あると便利な
ロングタイプ手すりは こちら↓↓】

そして、歩いた先に 食卓テーブルがあるとして問題は座る時なのです。

椅子に座る時と言うのは、脚を頼りに腰を深めに下しますが、この時に
膝や腰に かなりの負担が掛かり、非常に苦痛を伴う訳ですが

この時にも、しっかりと身体を支えてくれる補助アイテムがあれば、
身体に掛かる負担も かなり抑える事が出来ます。

椅子に座る時の支え。

それは他でも無い、イス自身が補助の役割を果たしてくれるのです。

こちらの椅子の形状を見てもらうと 分かり易いと思うのですが、手すり
部分がレザー加工が施されている上、しっかりと 下からの支えが

利いている構造に なっています。

つまり、しっかりとした安定感がある上に、手を付いた時にも痛くない
と言う事です。

この椅子を支えに、ゆっくりと着席する事が出来るので、日常の中で
これら3点の足腰補助アイテムを取り入れて有効に活用してみて下さいね。

【肘掛け付きの頑強な介護チェアで足腰への負担を
軽減しながら しゃがんだり座ったりする↓↓】