「膝関節痛」カテゴリーアーカイブ

歩行時の膝の痛みを抑える膝サポーター

多忙な日々を送り、毎日ぐったり疲れて碌に身体を
休める暇も無く、就寝して朝を迎え、また多忙な1日が

始まり。と言う、生活を繰り返していると、身体中に
疲労が溜まり、それが関節部位に 徐々に及んで行き、

やがて 強い関節の痛みへと 発展して行くと、

仕事は勿論の事、日常生活にも 影響が出始め・・・・
と、身体の疲労、特に 関節部位への積み重なって

疲労・ダメージと言うのは、1歩1歩の歩行の度に、
足腰に衝撃が伝わり、強い痛みが生じる事によって、

近所に お買い物に 行くのですら、ツラい物と なって
しまいます。

激しい腰痛で動けず身体が衰えるのを防ぐ対策

特に、足腰の疲弊から来る 関節痛というのは、非常に
厄介で、何処か1箇所が 痛み始めると、その箇所を

庇いながら 日々過ごす様になり、痛みが無い方に重心を
傾けながら生活をする事に自然となってしまい、

その様な状態で、数日~数週間過ごすと、重心の偏りから
身体の重心バランスが崩れ、元々痛みを感じていなかった側にも、

疲労が積み重なり、痛みが生じる様に なってしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

そうなると、悪循環の繰り返しで、右が痛めば左を
多用するようになり、左に痛みが強く出れば右に重心を

傾ける様になり、そして結果的に身体中あちこちに痛みが
拡散してしまう様に なるので出来れば、足腰関節部位に

痛みや違和感を感じ始めた 初期の段階で、整形外科や
ペインクリニックを 受診する事が その時点での、

最善の選択に なります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

ですが、通院したから といって、今日明日 直ぐに治る物でも
無いので、治療以外の日常でのダメージ緩和対策が大切に

なります。

その対策として、1つは足腰が痛む場合は、腰痛サポーター・
股関節サポーター・膝サポーター・足首サポーターなどの

各部位専用保護サポーターを日常的に 活用して日々の歩行や
立ち上がる時、座る時の 負担を和らげる事が重要に なります。

関節サポーターを使用しても、尚も痛みが強い様だと、関節に
掛かる負担を 軽減する為に杖を使用するのも 効果的です。

杖を選ぶ時に重視するポイント/足腰の負担軽減

そして、もう1つは 1日を終えた後、あるいは日常の ちょっとした
休息時間に痛む部位に対して温熱療法を行う事で血流を促す、

と言うのも効果的です。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

関節保護サポーターと言うのは、つけっぱなしで長時間
と言うのは血液の流れや外した後の関節部位への負担が

大きいので、着脱後のケアとして遠赤外線治療器を用いるのも
とても有効です。

長時間使用には おすすめ出来ないとは言え、日常の大きな
助けになるので、関節保護サポーターは

欠かせません。

その中でも、膝上・膝下を 2本のベルトで しっかり固定し、
支えてくれる こちらのサポーターは歩行時の膝関節への

衝撃を 緩和してくれるので、とても補助アイテムとして
役立ちますので、活用してみてくださいね。

涼しくなり、過ごし易くなって来た今日この頃/
多忙で疲れた身体を お風呂で温める

膝に痛みを感じたら行いたい対処法

膝のダメージの発生原因は 人により

様々ですが、いずれの場合も

痛みが ある程度強くなってしまうと、

日常生活に 大きな支障を来してしまいます。

早い段階で整形外科を受診し、まずは自身の

身体の状態を 知る事が大切になります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

そして、きちんと効能を実感出来る様な適切な

治療を 施してくれる専門医との出会いも

とても大切です。

私なりに、医師がちゃんと患者の話しを

聞いてくれるか?

と言うのが、キチンと適切な治療を受けられるか否か?

見極める上で 非常に重要なポイントだと思います。

5分にも満たない問診時間ですが、自身の現在の

痛みを懸命に伝えても、

ろくに話しを聞いてくれていないと感じたら、

時間を無駄にしてしまうだけなので、

直ぐに別の病院を探す事を おすすめします。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を探す事が
大事/逆に言えば・・

とは言え、次の病院を探す間にも 日々痛みは

積み重なり続けてしまうので、

日常生活の中で、痛みを減らす対策が大切になります。

私なりに 一番効果を感じるのは膝サポーターと

杖の併用なのですが、最初に書いた様に

人によって痛みの原因は異なるので、

必ずしも 膝サポーターや杖が有効では

無いかも知れませんが、

膝関節に痛みが ある場合に、身体を直接

支えてくれる補助アイテムなので、

まずは 試しに使ってみる事を おすすめします。

杖を日常的に使用して足腰の負担を軽減する

人によって 痛みの原因が違う様に、

家の周辺の環境も それぞれ異なります。

坂道や階段など無い、平坦な地域に住んで居る

人もいれば、坂道や凸凹道ばかりで

足腰への負担が大変大きい地域に住んでいる人も

居るでしょう。

歩く事は とても大事で 脚の筋肉を衰えさせない為にも

膝関節の痛みに 少し余裕がある場合には、

出来るだけ歩くように した方が良いです。

自宅周辺の路面環境が足腰のダメージに
影響する/歩行・車椅子

歩き出す前に出来れば、温熱治療器などで膝関節を

温めてから 動くようにする、

と言う方法が 膝の痛みを抑える上で有効な

方法に なります。

動き出す前に、膝関節周辺を温めて、血液の流れを

促すのです。

膝の痛みと気候/関節の痛みは寒さで強くなる

それと同時に、温める事で筋肉も 解れますから、

動き出す前にも温熱療法は 効果を発揮します。

勿論、歩いて疲弊した後にも 再び温めて、筋肉を解し

血液の流れを促すのも、

痛みや疲弊の持続を防ぐ為にも 効果的です。

膝関節の痛みと言うのは、その日ごとに強弱が

違いますし、歩き出してみないと、

どういう状態か 分からなかったりします。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

痛みが強く現れて居る時には 冷やす事が大切ですが、

少し落ち着いて長引くと、今度は温める事が

大切に なります。

しかしながら、日々痛みは違うので、痛みが

強く出始めた急性期、

腫れや熱が落ち着いて来た 慢性期と分けて、

急性期には冷やして、慢性期には温めて、というのを

単純に分けてしまうよりも、

その日ごとの 脚の状態に合わせて、温めたり冷やしたり

柔軟に処置を施す事が、膝を悪化させない為に

大切な対処法になります。

サン・ビーマー DHタイプ 折りたたみ・据置式・特殊カバー付 【送料無料】【不妊】【妊活】【遠赤外線】【赤外線治療器】【温熱マット】【温熱治療器】【医療機器】【サンビーマー】【サンマット】【サンメディカル】

膝の痛みを日常で行える対策で和らげる

日々忙しく働き、時間に追われていると

身体全体に疲労が溜り、

身体が重くなり 気分も沈んでしまいます。

それは、まるで曇天の空模様の様に どんよりと重苦しく

働く意欲や、日々の元気さえも 奪う事もあります。

身体全体の疲労だけで留まらず、それはやがて

背中や足腰の関節部位に 痛みとなり 現れ、

仕事は勿論、日常生活にも 支障を来してしまいます。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

足腰の痛みは 1歩1歩の歩行時に 関節部位に響き、

我慢して歩いていると 痛みが積もり積もって

最初は1か所の痛みだったものが、腰・股関節・

膝・足首など、

あちこちに散らばってしまい、 気付けば足腰全体に

痛みが及んでいる という状況に。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

その様な 事態を避ける為には、痛みや違和感を感じた

最初期の段階で 素早く対処する必要が あります。

まず、第一に やった方が良い対処法は、整形外科や

ペインクリニックなどを 受診して、

自身の現在の状態を知りつつ、 治療・リハビリを

行う事です。

足腰の痛み/良いペインクリニックを選ぶことが
早期の完治に繋がる

1回の治療時間は、足腰の内の2か所~3か所位だと

長くても 20分~30分程度なので、

治療時間以外の 日常に おける、足腰に掛かる負担を

如何に減らすかを 考える事が大切になります。

・杖を使用する事

・マッサージ器や、遠赤外線治療器で 直接的に患部を癒す

・各部位関節サポーターで 関節部位を支え、衝撃を和らげる

私個人的には、杖がもっとも衝撃を和らげられ日常での助けに

なっているのですが、

それも家庭用の温熱治療器や マッサージ器などが

あればこそ、

疲れた関節部位を 直接的に癒す事が出来る、という

安心感により 杖を使って 歩行時の衝撃による

ダメージの 蓄積を出来るだけ抑えよう、という

意識が働き、 より効果を発揮するのだと 思います。

マッサージチェアやリクライニングソファーで
足腰を楽にする

その上で、更に各部位関節サポーターが ある事で、

かなり万全の対策として、

1歩1歩の 歩行に備える事が出来ます。

歩く際には 杖だけでは 私は不十分だと感じていて、

腰サポーターや膝サポーター、股関節サポーター、

足首サポーターなどを 日常的に装着する事で、

足腰へのダメージを かなり軽減する事が

出来ている様に 感じます。

それは 何故か、と言うと、近所へ お買い物に

行くだけで 歩道には平坦な 道のみならず、

坂道・勾配もあれば、凸凹に抉れた地面なども

あるので、地面の状況ごとに 関節部位への負担が

増減するので、杖を支えにすると同時に、

関節部位を しっかり守っている事で、

こういった際の 負担を和らげる事が 出来ます。

ジョギングやウォーキングを行いたいけれど
膝が痛い場合

その中でも 傾斜・勾配の際に、膝関節に

対する負担が 大きいので、

膝を守る膝サポーターの おすすめな点を

書いて行きたいと思います。

まず、分かり易いのは 立ち上がる時、

座る時、 そして歩行時の 膝関節に生じる痛みが

かなり和らいでいる事です。

そして、階段・段差の上り下りの際に

どうしても 片膝を踏ん張らなければ なりませんが、

その際にも、大きな痛みは 生じ難くなっている事にも

気付くかと 思います。

そして、歩道の勾配・傾斜の際にも杖と同時に

膝関節サポーターが 支えになってくれるおかげで、

かなり負担も少なく 乗り越えられます。

そして、この膝サポーターは メッシュ生地で

出来ている為、

秋冬だけでなく、夏場にも装着できる為、

年中 膝関節を守る事が 出来ます。

こういった 関節保護アイテムを有効に 活用する事で

日々の生活の 大きな助けに なるので、

暗く沈んでいた気持ちも 晴れて、太陽が昇る様に

明るくなりますね。

疲れを取る為に足腰を伸ばして解す/簡単ストレッチ

歩行時にツラい足底筋膜炎の痛みを和らげるには?

毎日の労働や加齢などで足腰に疲労が蓄積し、

身体の重さや 怠さ、倦怠感が積もりに積もり

いつしか痛みとなって足腰に現れてしまいます。

それでも尚、疲労感や痛みの対処を後回しにして、

忙しい日々の中に身を投じ続けてしまうと

痛みは更に強くなり 仕事はおろか、日常生活にも

大きく支障を来してしまう様になります。

なので、足腰に痛みを感じた段階で整形外科を

受診し、専門的な治療・リハビリを受け、

少なくとも数か月以上の通院生活が始まって

しまいます。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

レントゲンだけでは実際の症状が分からなかったり

するので、別日にMRIを撮ったり 主治医の指示に

従い、少しづつ治療・リハビリを行って行くため、

かなり時間が掛かりますし、

その時々の治療が自分に効果が無い、と感じた

ならば、直ぐに次の通院日に主治医に告げて、

別の方法を考えて貰わねばなりません。

日常生活の中で、特に意識せず過ごしていても

上体の前傾、後傾、捻りなどの動作は

自然と行ってしまうので、身体の中でも

腰椎に最も負荷が掛かるのですが、

腰椎以外にも負担が掛かり易い部位といえば、

股関節、膝、足首などの下半身ですね。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

日常の中で強く痛みやすい股関節/歩けば歩く程
痛みが強くなる

そして更に、その下に位置する足底は365日

常に負荷を受け止め続けていると言っても

過言では無いので、知らない内に強い痛みを

抱えている場合が あります。

身体の疲弊と足底の疲弊は勿論、直結しているので、

身体全体が重苦しさを感じたら足底の疲労感も

気にしてみましょう。

この足底の痛みの原因は、足底筋膜炎という症状で、

踵から土踏まずに向かって伸びる筋膜が

炎症を起こしている状態です。

なので、べったりと足裏を地面につけた状態では

踵から伸びる筋膜がピン、と張って

緊張状態に あるので、痛みが発生してしまいます。

この足底筋膜炎の辛いのは、痛みを抱えている

本人以外は どれほど痛いのか

視覚的に分からない点と、歩き始め、動き始めの

始動時は 強い痛みを感じるのですが、

動き始めて5分、10分と経つごとに足裏の血行が

促進され、筋膜が解れて痛みが一時的に

和らいでしまう点です。

足底筋膜炎で歩くのがツラい時に役立つ
ダメージ緩和アイテム

なので、周りの人からは『大した痛みじゃ

無いじゃん』とか、『大げさに痛がっている』などの

見方をされ、整形外科などを受診しに行く きっかけすら

切り出せずに、我慢して労働を続けて行く内に

状態が どんどん悪化してしまう最悪の流れに

なって しまいがちです。

『我慢出来てしまう』痛みだからこそ、対応が

後手後手になり、我慢しながら日常生活を

送って居る内に、あちこちに痛みが拡散されて

しまうのが、この足底筋膜炎の 最も恐ろしい点です。

足底筋膜炎からあちこちに痛みが拡散されるのを防ぐには

足底を庇いながら歩いていると、身体の重心バランスが

崩れたまま日々を過ごす事になり、

その影響が足首、膝関節、股関節、腰と出始めると、

いよいよ歩行困難の状態となり、

大変不自由な毎日を過ごさざるを得なく

なってしまいます。

足底筋膜炎を悪化させない為に 大切なのは、足底に痛みや

突っ張り感を感じた最初期の段階で、

整形外科などを受診し、治療・リハビリを受ける事です。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を
探す事が大事/逆に言えば・・

整形外科で治療を受けているからと言って、それだけで

完治する訳では無いので、

私がいつも書いて居るように、日常生活の中で

如何に 痛み対策を施すのか、が重要に なります。

足底筋膜炎に とっての痛み緩和対策と言うと、

整形外科では湿布を貼ったり、ブロック注射を打ったり、

痛み止めを処方されたりで、それらが効果あるか どうかは、

人によって異なりますが(私の場合効果を感じませんでした)

私の経験上、足底筋膜炎で辛い思いをしている人の

多くに当てはまるであろう緩和対策としては、

普段の履物はクッション性能が高そうな分厚めの

サンダルを履く事です。

サンダルを履く、と言うのは 靴だと どうしても

窮屈感を感じてしまい、長めの時間履いていると

結局、痛みが強くなってしまう為です。

サンダルの場合、歩いている途中にでも 爪先の位置を

ズラしたり等の融通が利くので、

痛みだしたらサンダルの履き位置をサッと変えることが

出来る分、足にダメージが溜まりにくいのです。

そして、分厚めというのは1歩1歩足を踏み出して

地面に接地した段階で、

衝撃が生じるのをクッション性能で最小限に

留める為です。

私としては 以上の点から分厚めのサンダルが

一番良いと思うのですが、

靴を履く場合でも 1サイズ大きめの靴を選択すれば

窮屈さが生じるのを防ぐ事が出来ます。

靴の場合、今どきは相当研究が進んでいて

ウォーキング用、マラソン用など、

靴底インソールの性能が非常に衝撃を

分散させるのに特化した構造になっており、

厚めのサンダル以外の履物だと、こうしたマラソン用の

衝撃を分散させてくれる性能に優れた靴底インソールが

内部に構成されているタイプの 自身のサイズよりも

1サイズ大きめの靴を履く事を お勧めします。

日常で足腰に負荷が掛かるのは、立ち上がる時、座る時、

そして 歩行時です。

足腰の痛み対策に2本杖、そして足腰の
疲れを取る安らぎアイテム

その歩行時の負担、衝撃、脊柱起立筋の過度な疲弊を

和らげる為に杖や各関節部位ごとのサポーターで

締めて守るのも良いですが、更に 身体の下に

目を向けてみると、

意外と履物には気を使っていない、という場合も

多いかと思います。

ですが、先ほども書いたように、今どきは

靴底インソールの性能も非常に優れており、

身体の負担を和らげよう、と考えたときに

身体全体の負荷を受け止める足底の履物に

気を遣う事の重要さに 気づく筈です。

ですので、履物は何でも良いと、軽視せずに

自身の足を守るのに適した靴やサンダルを

探してみて下さいね。

日々の負担で痛んでしまう膝関節は、どの様にケアするべきか?

足腰の痛みは仕事やスポーツ、そして

日常の何気ない、ふとした時に現れますが、

その症状の原因も痛みの強さも 人によって様々です。

例えば、重いものを常日頃から持ったりする

職業の場合には、腰部に疲労が蓄積して、

回復しないままに日々忙しく働いて、気付けば

『筋膜性腰痛』と診断される状態に

なってしまうでしょうし、他に腰に痛みが生じて仕方が

無い場合、レントゲンやMRI撮影をした結果として、

何らかの異状が見られれば椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、

その延長線上で間欠跛行という診断が されるでしょうし、

また、膝関節の場合も同様で、痛みを感じて

整形外科に行き、問診からレントゲン撮影などの

一連の流れを経て、骨に異常が認められれば

変形性膝関節症と診断されるでしょうし、

もし、原因が走っている時に急激な方向転換を

した時や、日々の蓄積で痛みが生じ始めた時は

腸脛靭帯炎などと診断されると思います。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の時に
如何に安静に過ごすか?

筋膜性腰痛などで痛む腰の負担を和らげる

膝関節の外側に位置する靭帯で かなりの

スピードで走っている時に、急に方向転換を

した時に、腸脛靭帯に激しく負荷が掛かり、

あっという間に痛めてしまう場合も あれば、

毎日ジョギングを欠かさずに行っていて

アフターケアが充分で無く、疲労が上手く取れて

居ないまま、毎日繰り返した結果として

痛めてしまったり、あるいは方向転換の例の様に、

頻繁にジャンプをする必要があるスポーツの場合、

跳んで着地する都度、過度な負担が掛かってしまうので、

痛めやすい靭帯でも ありますね。

腰や足関節を痛めた時の日常で
行える対策とアフターケア

何れの場合も、痛み初めに応急処置として、

まずは冷やして、腫れや発熱が引いた その後、

筋肉の強張りや血行の鈍りを正常な状態に

戻すために 温める事が大切です。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

痛み始めた関節部位の いわゆる『急性期』の

処置として冷やすのは 冷凍庫から氷を出して

スーパーのビニールに入れたのを 痛む患部に

充てるのですが、これは専用の氷嚢を使った方が

水分がポタポタ滴ったりせずに済みますが、

ビニールでも患部から熱を取り除く、

という効果は充分に発揮できるのでビニールでも

問題ありません。

冷やすのは3日程で熱と腫れが引くので、

続いては温めて鈍くなっていた血流を

促す必要があります。

血流が滞っていると、血液が酸素を運ぶ働きも

鈍くなり、そして老廃物や乳酸の排出機能も

満足に働かない為、状態が どんどん悪く

なってしまう為です。

ですので、『冷やして熱や腫れが引いた後は

温める。』という流れが非常に大事なのです。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

膝を温める場合には、例えば お湯に浸けた

タオルの水分を しっかり切った物を

患部に充てて温める方法が専用の器具など無い時に

お手軽に行える方法ですが、お湯に浸けたタオルを

絞る時は 熱すぎる場合は火傷に注意したり、

タオルは熱が冷めてしまうのが早い為、

小まめに変える手間が あります。

専用の温め器具(温熱治療器)があれば、

その手間を省けて 好きな時間温め続ける事が

出来るのですが、温熱治療器が手元に無い場合は、

やはり お湯に浸けたタオルが

最も お手軽な手段だと思います。

日常で杖を使用する時に大切なリストストラップの効果とは?

忙しい毎日が続くと、関節部位に疲労と

負担が蓄積し、いつの間にか 足腰に痛みが生じ、

日常生活を送る上で 支障を来してしまいます。

足腰と言うのは、立ち上がる時にも 座る時にも

そして、歩く時にも 負荷が掛かり、

キチンとケアをして 労わらないと、加齢と共に

どんどん状態が 悪くなって行って、

1歩1歩の歩行が とてもツラい物に

なってしまいます。

足腰に痛みや 違和感が生じ始めた段階で、

速やかに整形外科かペインクリニックに

行くのが、その時点での 最善の選択ですが、

中々時間が取れずに 通院出来ない繁忙期などは、

自宅で出来る 温熱療法や関節サポーターなどで

少しでも 痛みを和らげようとする

意識と対策が 大切です。

腰の痛みを家で和らげるにはマッサージか
温熱療法が効果的

足腰の関節部位の 疲労・痛みと言うのは、

通院出来ずに治療出来ない日々が

長引いてしまうほどに、痛みが 積み重なって

しまいますから、少しでも行けるタイミングが

出来たら 通院する事を おすすめします。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

ですが、病院での治療時間は 長くても20分~

30分程度で、通院も週に3日 行ければ

良い方だと 思います。

ですので、大切なのは 治療以外の時間に 如何に

関節部位へのダメージを 少なく過ごすか?

という事を考え、対策を施す事です。

身体の構造上、頭部からの重み・重力・衝撃を

緩やかなS字カーブを描く背骨が緩和し、

骨盤・仙骨へ伝え、そして、股関節から両脚へと

受け流し、分散する事で歩行時の関節部位に掛かる

衝撃を ほとんど感じる事無く日々過ごせます。

しかし、足腰の何処か 一部でも痛みが

生じてしまうと、このスムーズな

関節の連動・伝達が妨げられ、痛んでいる

箇所に 強く負荷が 乗っかってしまいます。

そうなると 当然、負担と痛みが 増すので、

1歩1歩の歩行の際に、

その箇所を 庇いながら歩くことになり、

そうした日々を過ごしていると、

今度は庇っている側に重心が偏ってしまい、

身体の重心バランスが崩れ、庇って居る側にも

痛みが 発生し出してしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、
痛みに繋がる

そうなると、足腰関節の あちこちに 痛みが

拡散してしまい、通院していても 完治まで

かなりの期間を要する事に なってしまいます。

なので、足底筋膜炎の様な足裏の痛みから、

腰の痛みまで、何らかの痛みが

足腰に生じた段階で、悪化を防ぐ為に杖を日常

生活の中に取り入れる、と言う選択が

その時点での最善の判断かと思います。

勿論、痛みを感じた段階で整形外科やペイン

クリニックを受診し、定期的に通院する事も

大切です。

整形外科やペインクリニックへの
通院以外で日常で意識する事

今は車椅子生活ですが、少し前まで私が杖を

購入する時に重視していた点は、

杖の長さは勿論、ストラップが備え付けられて

いるか否か?です。

どうしても歩いている途中に 手から杖が

抜け落ちてしまうタイミングが時々訪れます。

そうした時にリストストラップがあると、手から

離れてしまうのを防ぐ事が出来るので、

ストラップの有無は とても重要です。

ストラップは単体でも販売されていますが、杖本体と

別々に入手するよりも、セットで売っている方が

お得だと思うので、そちらを お勧めします。

マッサージ器を使って足腰の疲弊感を癒して痛みを和らげる

日々の忙しさから 足腰関節部に

疲労が溜まっていても、

ついつい後回しで ケアをする暇も無く、

仕事や 1日のやる事を終え、

一息ついて就寝して 翌朝早くに起きると

また忙しい1日を 繰り返す。

と、この様な サイクルで 繁忙期などの

忙しい毎日を過ごしていると、

身体や関節部位に疲労感と共に、関節への

ダメ―ジが 徐々に蓄積して行き、

それが積もり積もって やがて強い痛みへと

転化する、というのは 良くないパターンなので、

誰しもが 避けたい流れだと 思います。

日々の関節部位への ケアをしっかり行い、

1日1日の 疲労を取り去る様な

マッサージや、ストレッチなどで

リラックスできる時間を作り、

そういった疲弊した身体を癒す ひと工夫を

施してから就寝する事で、

毎日 朝方に 目を覚ます度に、身体から疲労感が

抜けているのが実感できるかと 思います。

ストレッチとマッサージを行い、筋肉の強張りを解す

しかし、日々の歩行などで 関節部位への

積もり積もった疲弊というのは、

完全に取り除ける訳では 無いので、

足腰に少しでも 痛みや違和感を 感じた時点で、

『この位なら 自然の治癒力で治るだろう・・』と

放置せずに、

速やかに 整形外科やペインクリニックを受診して

治療しつつ、自身の身体の 現在の状態を知る事が

それ以上の 悪化を防ぐのに 大事なので、

早めに 病院に行く事を おすすめします。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

通院するタイミングを逃す程に、足腰の痛みと

言うのは、日々の疲弊感から

ダメージが強くなって行くので、痛みが強く

なり過ぎてしまうと、通院する事も難しく

なってしまいます。

なので、毎日の生活の中で疲れたり、傷んだ足腰を

マッサージやストレッチなどのアフターケアで

筋肉を解し、血液の流れを正常に戻そうとする事が

大事なのですが、

足腰が痛むと、その部位に 負担が極力掛からない様に

日々過ごす様になるので、

筋肉が衰える事で、脂肪が蓄積し始めてしまいます。

血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

脂肪が付きやすい部位は 特に意識してトレーニングする

脂肪が増え、肥満が進行すると、当然ながら

体重も増加するので、

益々、足腰への 負担が増幅してしまいます。

身体が過度に疲れる・やがて身体が痛む・筋肉が

衰える、脂肪が蓄積する・体重が増えて負担、

痛み増加という悪循環を繰り返す様に

なってしまうので、

これを根本から解決する為には、身体が疲れ

始めたら、軽い重量でのウエイトトレーニングや

ジョギングなどで汗を流して、リフレッシュするか、

整体や鍼灸など通ってみるのも 良いと思います。

特に、日々の生活の中で 負担が掛かり易いのは、

腰部の脊柱起立筋や肩周りの僧帽筋、

そして意外と太もも裏のハムストリングスなどが

疲弊し易いので、そこを中心に解しましょう。

ジョギングやウォーキングで有酸素運動を行う

日常で足腰の負担を軽減するなら手摺と電動ベッドが有効

過酷な労働、様々な用事などで忙しなく

動き続ける日々を送る中で、

充分な休息が取れて居ないと身体に疲労が

積もりに積もり、身体全体の怠さ、

重苦しさが現れ始めます。

この段階で筋肉の疲労により 内部で乳酸

老廃物の排出が滞り、

腰や脚など日々体重を受けて疲弊しやすい

筋肉に痛みが生じ始めます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

痛みが出始めた部位は それまでの『通常の

重心バランス』では歩けなくなってしまう為、

右に痛みが出たら左に、左に痛みが出たら

右に重心を傾けながら歩く様になり、

数日間~数週間 そのどちらかに偏った

バランスのまま 過ごしている内に

元々痛めて居た部位だけでは無く、重心を

多めに傾けていた側にも

過度な負担が掛かり続けている為、筋肉の疲労、

あるいは身体全体の重心バランスの崩れから

あちこちに痛みが広がってしまう様に なります。
身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

腰や脚の痛みと言うのは、常に体重により

負荷が掛かってしまうので、

痛みや違和感を感じたら、まずは速やかに

整形外科に行き、自身の現在の状態を

知る事が大切です。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

足腰の痛みと言うのは、先ほど書いた様に

毎日体重を支えて負荷を受け止め続けているので、

週1~2回通院して居るだけでは 恐らく、病院での

治療よりも通院と通院の合間の日常で受ける

ダメージの方が上回ると思います。

なので、ただ通院を重ねるだけでなく、

日常生活に おいても関節サポーターや

杖を日常的に使用して、室内では手すりを使用して

歩むなどの対策を施す事で

日々の ダメージを多少和らげられ、病院での治療の

成果も出やすいと思います。

ここからが本題なのですが、そうして日々痛みを

和らげようと様々な対策を施してみても、

少しづつ少しづつ、日々 ダメージは足腰に

蓄積して行きます。

色々な対策を施しても『これで完璧』と言うのは

恐らく感じる事は出来無いと思います。

1歩1歩足を踏み出す以上、腰や脚に体重が

どうしても乗ってしまうので、

毎日ジワジワと、ダメージが溜まり続けて

しまいます。

また、歩くのみならず、座り姿勢自体が負担に

なる事も あります。

リクライニングソファーで足腰が痛い時も楽な姿勢を保つ

つまり、日常生活に おいて、意識するべきは腰や

骨盤の角度です。

反りすぎても腰に負担が掛かりますし、骨盤や

肩の位置よりも首・頭が前に出ている姿勢(猫背)が

長引くと、それを支える腰に負担の割合が非常に

大きな物と なってしまいます。

今の時代、骨盤に とって楽な角度を保つ為の

専用クッションという物が ありますし、

座り姿勢が辛い時には、体圧分散マットレスや

電動ベッドの上で横になって安静に過ごす、

と言う方法も 腰に負担少なく過ごすには

良い方法です。

なので、自身の状態を冷静に見てみて、最も

負担を軽減出来そうだな。と思う物を

日常生活に取り入れて腰を守って下さいね。

日々生じる負担から膝関節を守る膝サポーター

朝から晩まで日々忙しく働いていると

自身でも気付かない内に、

あるいは 途中で気付いては居るけれど

やるべき事を 優先してしまい、

自身の事は後回しに している内に、

身体全体に 疲労感が ドッ、と押し寄せて

その疲労感から来る身体の重さ、怠さ、

倦怠感に包まれてしまうと

何事に対しても意欲が削がれ、それでも尚、

生活の為に!と無理をし続ければ

足腰など関節部位に痛みが生じ始めて

しまいます。

足腰が痛む時は1日の終わりに身体を癒す意識が大事

身体全体の重苦しさと言う 身体からの

警告サインを『これ以上は危険だ』と

分かっていながら、忙しい仕事を日々

乗り越える事を 優先してしまうと

当然ながら、身体は そんなに頑丈では無いので、

自身のキャパを超えた時に

突如として、無理をしていれば している程、

痛みが強く 爆発してしまいます。

時には 忙しない日常の ほんの一瞬でも

時間を見つけてマッサージするなり、

ストレッチするなりしていれば、多少は筋肉が

解れたり、血液の流れが促されたりするのですが、

忙しい日々に追われている内は 自身の身体の

ケアは後回しに してしまいがちです。

家で気軽に行うマッサージ手順

足腰と言うのは、約5kgもある頭部からの重みを

緩やかなS字カーブを描く 背骨が柔らかく受け流し、

骨盤・仙骨へと伝え 、それを両脚に分散して行く事で

日々 負荷やダメージを感じる事無く

スムーズに歩行が行えている訳なのですが、ところが、

足腰を痛めてしまうと

この滑らかな 関節の連動は 痛めた箇所で妨げられ、

1歩1歩の歩行の度に

腰や脚に負荷が乗ってしまう様になるので、

益々、日常で感じる痛みが 強くなってしまうのです。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

この時に痛めやすいのは、腰の筋肉である

脊柱起立筋、そして、腰よりも低い位置にある

股関節や膝関節、足首などですが、

腰は立ち上がる、座る、歩く、それぞれの動作時に

必ず、脊柱起立筋が可動して収縮・弛緩が行われるので、

日常の中で特に、影響を受けやすい部位である、

と思います。

腰に疲弊感が溜まっている時は脊柱起立筋を
意識的に緩める

また、膝関節に関しても同様で、歩行時に膝が

小さい可動で、曲げと伸びを 繰り返すからこそ、

膝関節のクッション機能が活きる訳ですが、やはり

膝の痛みが出始めてしまうと、

関節の連動が妨げられ、ガッツリと体重が乗ってしまい、

痛みが集中してしまいます。

こうした時に、膝関節を守るために膝サポーターや

杖などを使い、歩行時の衝撃を和らげるのが

日常生活で行える対処としては、最も直接的な

痛み軽減方法だと思いますが、

この時に気を付けたいのは、杖や関節サポーターに

頼りすぎるあまり、

依存してしまい 筋力がどんどん低下してしまう事です。

痛いから仕方が無いのですが、補助アイテムに頼る

ばかりでは見る見る内に筋肉量が減り、

同時に 筋力も低下してしまいます。

体重を支える役割を果たす 脚の筋肉が衰える、

と言う事は体重を支える役割を

他の部分が担う事になるので、(例えば、重心を

大きくズラして腰に負担が掛かる様にしたり)

その他の部位が大きなダメージを被る事に

なってしまいます。

それは避けたいので、家などの移動距離が

狭い範囲内であれば 日頃から出来るだけ、

杖のみで身体を支えたりして補助アイテムに

頼らず、脚の筋肉を動かしたいものです。

脚が衰えると、身体のあちこちに影響が出てしまうので、

ある程度の脚の筋力は保つように 工夫しましょう。

理学療法士設計サポーター ひざ用ショート ISHS-M ISHS-L ISHS-XL Mサイズ Lサイズ XLサイズ送料無料 ひざ 関節 サポーター フルオープン ひざサポーター ヒザ 膝 サポート ウォーキング 膝サポーター ひざさぽーたー ひざ用 ヒザ用 ひざよう 膝用 アイリスオーヤマ

膝関節が痛む時は温熱療法や氷嚢でケアをして経過を見る

忙しい毎日の積み重ねで 酷使された身体に

疲労が蓄積され、

やがて、その疲労が足腰関節部位に

痛みとなって 現れ始め、仕事は勿論

日常生活に おいても、支障を来してしまう様に

なります。

足腰は約5kgもある頭部からの重さや

重力・衝撃を緩やかなS字カーブを描く背骨が

受け流し、骨盤・仙骨へと 伝え、更に 股関節から

両脚へと連動して行き、分散するのですが、

これも各関節部位が 上手く機能していればこそ。

足腰の 何処か1部でも 痛めてしまうと、

途端に スムーズな連動が妨げられ、

痛む部位で 連動が止まってしまう為、その箇所に

1歩1歩の 歩行の度に、

衝撃がガッツリ乗っかってしまう様に なります。

すると、厄介な事に 始めは小さかった痛みでも

そういった 日々の積み重ねにより、鋭く痛み出し、

やがては その箇所を 庇う歩き方になるので、

重心が偏り、少しづつ 身体のバランスが 崩れて行き、

結局、何とも無かった側の 足腰にまで

痛みが 生じてしまう様になります。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

そうなると、日々の歩行も 杖なしでは

難しくなるので、

痛みや違和感を感じた初期の段階で なるべく早く

整形外科やペインクリニックを 受診しましょう。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

こうした流れで腰が激しく痛み出すと、1歩1歩の

歩みの振動が腰に響き、

痛みに対して敏感になった腰周りの筋肉である

脊柱起立筋が どんどん傷んで行くのを感じます。

疲弊してボロボロになって炎症を起こしている

脊柱起立筋が、1歩1歩の振動によって

衝撃を受け続けると、劣化した生ゴムがブチッ、

ブチッ、と千切れて行くのに 似た感覚を覚えます。

勿論、この状態は、マズいので テーピングや

腰痛サポーターなど、様々な対策を施すのですが、

対策を施したとしても、1日2日で 治るものでは

無いので、腰への負担を和らげようと、

先ほど書いた様に腰に掛かる負担を何処か別の

箇所に移そうと、通常の重心とは異なる

歩行時の体重の掛け方をしてしまう様に なります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

すると、膝や足首、あるいは股関節などに

過度な負荷が掛かる事で 痛みが散らばってしまい、

やがて、腰の痛みと同様の 重心の掛け方を

する様になり、あちこちに痛む箇所が

広がってしまいます。
腰痛時に気を付けるべき身体の重心バランス

その中でも、膝関節の痛みは ガッツリと 体重を

受け止める事によって、どんどん強くなってしまいます。

膝関節の場合は、立っている時、歩いて居る時の

ダメージが大きいと、その後 椅子に座っている時でも、

足を伸ばした状態で居る時でも、ズキズキと疼痛が

膝周りを襲う様になります。

なので、こうした痛みを軽減させる為にも 大切なのが

マッサージや温熱療法などのアフターケアなのですが、

ズキズキ痛む時には、無理してマッサージは行わない方が

良いですし、温熱療法も 患部の熱や腫れが

引いてから 行うのが良いでしょう。

腰や足関節を痛めた時の日常で行える対策とアフターケア

痛みが強い時には やはり、ビニールに氷を入れた

即席の氷嚢で冷やして、血液の流れを抑えるのが良いです。

痛みの処置には 色々な やり方が ありますが、

痛み出した時は、まず最初に 冷やして

熱を取りましょう。