「足首痛」カテゴリーアーカイブ

足首の痛み対策

多忙な日々を送り毎日ぐったり疲れて 碌に身体を
休める暇も無く就寝して朝を迎えまた多忙な1日が始まり、

という生活を繰り返していると身体中に疲労が溜まり、
それが関節部位に徐々に及んで行き やがて強い関節の
痛みへと発展して行くと

仕事は勿論の事、日常生活にも影響が出始め・・・・

と、身体の疲労、特に関節部位への積み重なった疲労・
ダメージというのは1歩1歩の歩行の度に足腰に衝撃が伝わり

強い痛みが生じる事によって近所に お買い物に行くのですら
ツラくなってしまいます。

特に足腰の疲弊から来る関節痛というのは厄介で何処か
1箇所が痛み始めると その箇所を庇いながら
日々過ごす様になり、

痛みが無い方に重心を傾けながら生活をする事に
なるので その様な状態で数日~数週間過ごすと

重心の偏りから身体のバランスが崩れ元々痛みを
感じていなかった側にも疲労が積み重なり

痛みが生じる様になってしまいます。

そうなると悪循環の繰り返しで右が痛めば
左を多用するようになり、左に痛みが強く出れば

右に重心を傾ける様になり、それで結果的に身体中
あちこちに痛みが拡散してしまう様になるので

出来れば足腰関節部位に痛みや違和感を感じ始めた
初期の段階で整形外科やペインクリニックを受診する事が

その時点での最善の選択になります。

しかし、通院して居るからと、安心してしまうと日々の
痛み対策が いい加減になってしまう恐れがあるので

痛み対策は日々キチンと行いましょう。

しかし、日々どんなに気を付けて対策を施しているつもりでも
足腰の関節部位の痛みと言うのは非常に厄介で、

特に足首と言うのは身体の1番下に位置する為、
身体の重みが乗っかってしまい 1歩1歩の

歩行の度に強い痛みが生じてしまいます。

足腰の痛みが厄介と言うのはここからで、
この様に足首(足腰関節のどの部位でも)を痛めた場合に

その痛めた箇所を庇おうとして片方の健康な足の方へ
重心の大部分を預けた歩き方になり、

その状態の日々を過ごすと数日後には
重心の偏りにより、身体のバランスが崩れ

健康だった足まで疲弊して関節部位にダメージが蓄積して
強い痛みが発生し出してしまうのです。

片側の足首を例に出しましたが、それは腰でも
股関節でも、膝でも同様で一方に痛みが生じて

もう一方に重心を傾けがちになった時点で
そのもう一方に衝撃が集中してしまのは必然なのです。

ですので、整形外科や整体に通院するのにプラスして
日常生活の中で足首サポーターを使用したり 杖と併用したり

と言った関節部位を守る対策が重要になります。

足首を守る足首サポーターはこちら→