「足首痛」カテゴリーアーカイブ

足首を痛めたら足首サポーターでしっかりと守り、悪化を防ぐ

足首の痛みでツラいのは、朝起きた時、

トイレに行くにも、起きたてで 痛みが強く、

立ち上がれないほどの痛みに朝から襲われたり、

そうした時にも どうにか ハイハイの様にして、

トイレまで辿り着いたり、起立時・着座時・歩行時

いつでも痛みが付いて回るので、

足首サポーターが 手放せないという事も あります。

そして、足首の痛みで不便だな、というか

生きづらさを 感じるのは、

階段・段差、坂道の傾斜。

これは、道路の構造上、仕方ないのですが、

歩道は 必ずしも 平坦な道ばかりでは無く、

車の出入りの為の 傾斜が何処でもあり、

この傾斜の度に 重心が崩れ、

鋭い痛みが走るので、対策としては 1番傾斜が

浅い角度を 通るくらいしか、凌ぎようが ありません。

しかし、歩道の傾斜『くらい』なら まだマシで、

道全体が 上り下り問わず、坂道だった時には

相当な覚悟が 必要になります。

杖と足首サポーターで 平坦な道に対しては

万全とも言える対策を 施していても、

坂道の前では ほぼ無意味に なってしまいます。

下りは、重心バランスが崩れ、前のめりに

ならない様に、やや後ろに体重を掛けながら

歩くので下りきった時には、その後の 平坦な

道でも足首がズキズキ痛みますし、

もっとツラいのは、実は上り坂で、重心が

後ろに行ったら、倒れてしまうので、

前のめりに ならざるを得ないですし、

前のめり姿勢で坂道の傾斜角度に

足首の角度が合わさった時、自身の体重が

足首に乗っかってしまい、車の行き来や

人通りが無ければ、悶絶する程の 鋭い痛みに

襲われてしまいます。

杖と足首サポーターを 使用しているのに、

この様に 鋭い痛みを強いられる場面は

日常に おいて、何か所も存在するので、

より良い 自身の身体に合った 補助アイテムを探して、

如何に、そうした避けられない状況下での

痛みを 軽減するか、が 今日明日は無理だとしても

少し先の未来に 完治させる為に、大切な備えでは

無いかと 思います。

そうした 日常を送る上での 足首を固定し、

支えてくれる 心強いサポーターで、

より良い物は無いか?と、探し回って居たら

良いアイテムが ありました。

足首を長いテーピング部分で くるり、と

巻き付け、がっちり固定し、

足先と足首を締めて支える固定感と、

安心感抜群の 足首サポーター

どうしても、階段や段差の場合は、上りは

どうにか 痛みや重力を 逃がせても、

下りの際は、重心が前に掛かり、負担が

足に乗ってしまいますし、

前述した 坂道の場合には 上りも下りも、

痛みと辛さに 耐え続けなければ なりませんが、

この様に、通常の足首サポーターよりも

固定感が強いアイテムだと、

何だか安心して 装着出来ますね。

日本衛材 足関節固定帯 アンタックスA(カバーボード付) 1個 【送料無料】(健康グッズ、足首サポーター)

痛む指先を支えるテーピング

日常生活を送る上で 日々の労働やスポーツにより

足腰関節に過負荷が掛かり続け、ストレッチ

マッサージ等のアフターケアが充分に行われていないと

毎日毎日過労が蓄積して行く一方で その関節部位や筋肉の

疲弊が やがて痛みへと転じてしまうと 仕事はおろか

何気ない日常の動作にも影響が出始め、不便さを

感じる様になってしまいます。

膝関節などガッツリ体重を受け止めている部位が

痛むと 大変不便な思いをするのは

想像に難くないのですが、腰などの大きな部位では
無くとも、痛めてしまうと 非常に歩行など

日常の行動に大きな影響を及ぼしてしまう部位が
あるのです。

それが親指関節の痛みです。

例えば ボールを蹴った時や、つま先が引っ掛かって
転んだ時、全速力で走る時に 力強く踏み出した

つま先にガッツリと負荷が乗っかった時、

親指関節、親指の付け根を痛める原因やタイミングと
言うのは 人により様々ですが、

小さな部位だけに軽く考えてしまいがちですが、
1歩1歩の歩行時にどうしてもダメージが生じてしまい、

その蓄積により更に悪化したり、あるいは痛いから、と
足先に体重が乗るのを避ける様に重心をズラしながら歩く様に

なってしまうと、別の部位が その分の体重を受け止める様になるので、

当然、通常より多く体重を受け止めるようになった筋肉は疲弊し、

やがて その筋肉からも痛みが生じる様になってしまう、

と言う悪循環に陥ってしまうので、『足先の痛みだから大した事ない』

などと思わず、きっちりと完治させる事をおすすめします。

足の親指を歩行の都度 生じる負担から守ろうとすると

素早く対応できるのはテーピングで固定する事ですね。

親指を反らすと痛む、と言う場合には靭帯が断裂してしまって居る

事も考えらえるので、テーピングで固定して親指の屈曲や反る、

という動きを防いでしまうのです。

必要なものは25㎜のテープだけで、テーピングの方法も

非常にシンプルなので、親指が痛い場合には直ぐにでも貼って

足先を守りましょう。

足の親指の様に歩行する度に どうしても屈曲して、

その都度痛みが生じてしまう箇所には、

テーピングで固定してしまい、動きを制限してしまうのも
一つの手ですので試してみて下さいね。

足の親指の様に、小さな部位は それに適したサポーターを
探すよりも、テーピングでクルッ、と巻いて固定した方が

手っ取り早いですし、且つ、自身の身体にピッタリ合った
程良い締め付け感で固定できるので、お勧めです。

痛む指を支えるテーピングテープ→

足腰関節痛は痛みを感じた段階で処置をする事が重要

多忙な毎日を送り続け、過労から身体全体の重さや
怠さが生じ、そこから更に足腰関節部位に

疲労が積み重なり

やがて痛みが出始めて それでも忙しく
日々過ごしていると益々身体に不具合が生じ、

杖を日常的に使用したり、各部位関節サポーター
常時装着したり あるいは通院する時間が無い場合には、

自宅で遠赤外線治療器マッサージ器で少しでも
時間があれば身体を労わるのに時間を

割く様になります。

私は痛みを感じた段階で多忙な日々のあまり
整形外科やペインクリニックに通院する事が出来ずに、

どんどん悪化してしまったので足腰に
痛みや違和感が生じた初期の段階で速やかに

通院する事をおすすめします。

悪くなればなる程、実際に治療を開始してから
完治するまで時間を要してしまうので

出来るだけ早く対策を施す必要があります。

一度足腰の何処かの部位を痛めてしまうと、
自然とその部位を庇う様に一方に重心を

傾けてしまいがちになります。

すると身体のバランスが片側に寄った状態で
日々を過ごす事になり、

その様な日々を数日~数週間ほど過ごすと
重心の偏りから身体のバランスの崩れに繋がり、

痛めていた側の部位よりも重心を寄せていた
元々痛みを感じていなかった側の健康な足腰に

痛みが生じてしまいます。

ですので こうした事態を防ぐ為にも 治療や対策は
早ければ早いほど 悪化を防ぐことが出来ます。

足腰を悪くした際に日常生活で何がツラいかと言うと、

近所のスーパーへお買い物に行く時に歩道の段差や
車が出入りする為の浅い傾斜・勾配がある度に

足腰への負担が強く掛かりますし、

外に出なくとも朝目を覚まして起き上がる際や
立ち上がる時、トイレに行こうと歩き出す際、

朝食を食べようとテーブルに着席する際など、

痛める前は何とも無かった動作の1つ1つに
苦痛が伴い忍耐の日々を強いられます。

日常では どの動作が最もツラいか、そして動作を
行う頻度が高いかというと恐らく

立ち上がる動作だと思います。

足腰に力を入れて踏ん張る事が必要になる為、

例え杖などを 支えにして立ち上がろうとしても
どうしても痛みが伴います。

しかも立ち上がろうとするときはアキレス腱などにも
負担が生じてしまうので立ち上がる頻度は高い上に

その都度 痛みが伴うので非常にツラい毎日を
送らざるを得なくなってしまいます。

腰(脊柱起立筋)の疲弊から痛みに繋がったり、股関節、膝、足首、アキレス腱、足底筋膜炎など、
痛みが発生したら その部位事態の悪化を防ぐ意味合いや、

その周辺の関節部位に痛みが拡散されないように、という
意味合いも込めて 日々の対策と1日の終わりに行う

マッサージ温熱治療器によるアフターケア
とても大事です。

日々の過労の蓄積で足腰が痛み出したら まずは冷やして、そして温める

毎日の疲労が積み重なり いつの間にか 膝や腰に
痛みが生じ始めてツラい日々を過ごす事に・・と、

過労を感じつつも休む暇なく無理をしていれば
身体に負担が蓄積し各関節部位に強い痛みを
発生させてしまいます。

特に腰の筋肉(脊柱起立筋)の疲弊から来る炎症による
痛みは日々の生活に大きな影響を及ぼすので厄介です。

できれば、最初に関節に違和感や小さくても
痛みを感じた時点で整形外科ペインクリニックなどに

行ければ良いのですが、

繁忙期などで多忙な日々が続くと病院に行く暇も
身体を休める暇も碌にありません。

かといって連日忙しさのあまり、対策を出来ないで居ると
過労は どんどん積み重なり、それに伴い 関節各部位の痛みも

日に日に 増して行ってしまいます。

その中でも腰と足(股関節・膝・足首)というのは歩く度に
衝撃を感じて1歩1歩踏み出すのも大変になってしまうので

早い段階での対策が必要です。

足と腰を守る対策と言うのは腰痛サポーターを巻いたり、
股関節サポーター膝関節サポーターを装着したり

足首が痛めば足首サポーターで保護し支えたり等ですが、

これらのアイテムに加えて日常的に身体をケアする事が
家で出来るのがマッサージ遠赤外線治療器なのです。

遠赤外線治療器とは痛む関節部位を 直接熱で温めて
血行を促進し、血液の循環を助ける機器です。

例えば、捻挫などで痛みが発生し出した時は
炎症が起こり熱と腫れと痛みが強く出ますね。

この痛みが出始めた時が急性期と呼ばれる状態で
速やかな処置が必要になります。

まず発熱と腫れを抑える為に冷やす事が大切になります。

血流が増している状態ですので冷やす事で抑制し、
それを時間がある度に 繰り返すと3日ほどで

腫れと炎症は引いて行きますので、

今度は血液の循環が鈍り筋肉が硬くなっているので、
温めて血行促進して血の巡りを活発にする事が

大切になって来ます。

こうして温める事が完治に向けて大事なので
速やかな対応をする事で自身の身を守る事が出来ます。

温めて血行を 促す為に効果的なのが家庭用遠赤外線温熱治療器
なのですが、今の時代 病院の設備にしか無さそうな

アイテムが家庭用の治療機器として気軽に入手できるの
ですから びっくりですね。

とは言え、探せば中には こちらの様に↓↓かなり安価な温熱治療器も
ありますが、基本的には入手するのに一瞬躊躇ってしまう価格の物も
多いです。
送料無料の安価な家庭用温熱治療器はこちら→

何よりオンラインショップで購入したものは 早くても翌日到着と
いう物が ほとんどだと思います。

そうした時に 今すぐに実践出来る痛む患部の血行を促進する方法が
タオルを お湯に浸けて水分を絞ったものを患部に充てるだけ。

という非常にシンプルな方法です。

患部に直接 充てるので、熱すぎると火傷してしまう恐れがあるので
浴槽のお湯か、それより少し熱いくらいの温度設定の お湯でタオルを
絞ると良いでしょう。

但し、この方法だと気温にも よりますがタオルから温度が失われるのが
かなり早いので、その都度 同じ作業を繰り返す必要があります。

こうした作業の繰り返しを 面倒だな、と思う方は温熱治療器を
入手した方がストレス無く、温熱療法に集中できると思います。

足首の痛み対策

多忙な日々を送り毎日ぐったり疲れて 碌に身体を
休める暇も無く就寝して朝を迎えまた多忙な1日が始まり、

という生活を繰り返していると身体中に疲労が溜まり、
それが関節部位に徐々に及んで行き やがて強い関節の
痛みへと発展して行くと

仕事は勿論の事、日常生活にも影響が出始め・・・・

と、身体の疲労、特に関節部位への積み重なった疲労・
ダメージというのは1歩1歩の歩行の度に足腰に衝撃が伝わり

強い痛みが生じる事によって近所に お買い物に行くのですら
ツラくなってしまいます。

特に足腰の疲弊から来る関節痛というのは厄介で何処か
1箇所が痛み始めると その箇所を庇いながら
日々過ごす様になり、

痛みが無い方に重心を傾けながら生活をする事に
なるので その様な状態で数日~数週間過ごすと

重心の偏りから身体のバランスが崩れ元々痛みを
感じていなかった側にも疲労が積み重なり

痛みが生じる様になってしまいます。

そうなると悪循環の繰り返しで右が痛めば
左を多用するようになり、左に痛みが強く出れば

右に重心を傾ける様になり、それで結果的に身体中
あちこちに痛みが拡散してしまう様になるので

出来れば足腰関節部位に痛みや違和感を感じ始めた
初期の段階で整形外科やペインクリニックを受診する事が

その時点での最善の選択になります。

しかし、通院して居るからと、安心してしまうと日々の
痛み対策が いい加減になってしまう恐れがあるので

痛み対策は日々キチンと行いましょう。

しかし、日々どんなに気を付けて対策を施しているつもりでも
足腰の関節部位の痛みと言うのは非常に厄介で、

特に足首と言うのは身体の1番下に位置する為、
身体の重みが乗っかってしまい 1歩1歩の

歩行の度に強い痛みが生じてしまいます。

足腰の痛みが厄介と言うのはここからで、
この様に足首(足腰関節のどの部位でも)を痛めた場合に

その痛めた箇所を庇おうとして片方の健康な足の方へ
重心の大部分を預けた歩き方になり、

その状態の日々を過ごすと数日後には
重心の偏りにより、身体のバランスが崩れ

健康だった足まで疲弊して関節部位にダメージが蓄積して
強い痛みが発生し出してしまうのです。

片側の足首を例に出しましたが、それは腰でも
股関節でも、膝でも同様で一方に痛みが生じて

もう一方に重心を傾けがちになった時点で
そのもう一方に衝撃が集中してしまのは必然なのです。

ですので、整形外科や整体に通院するのにプラスして
日常生活の中で足首サポーターを使用したり 杖と併用したり

と言った関節部位を守る対策が重要になります。

足首を守る足首サポーターはこちら→