「車椅子」カテゴリーアーカイブ

足腰が どうしようも無く痛むのならば車椅子の使用を検討する

朝から晩まで日々忙しく働いていると自身でも気付かない内に、あるいは
途中で気付いては いるけれど、やるべき事を優先してしまい、自身の事は

後回しに している内に身体全体に疲労感がドッと押し寄せて その疲労感から
来る身体の重さ、怠さ、倦怠感に包まれてしまうと何事に対しても

意欲が削がれ、それでも尚 生活の為に!と無理をし続ければ足腰など関節
部位に痛みが生じ始めてしまいます。

日々の疲弊の蓄積で痛めてしまう2つの簡単な腰痛対策法

身体全体の重苦しさと言う身体からの警告サインを『これ以上は危険だ』と
分かっていながら忙しい仕事を日々、乗り越えるを優先してしまうと

当然ながら、身体は そんなに頑丈では無いので、自身のキャパを超えた時に
突如として無理をしていれば している程、痛みが強く爆発してしまいます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

時には 忙しない日常の ほんの一瞬でも時間を見つけてマッサージするなり
ストレッチするなりしていれば多少は筋肉が解れたり、血液の流れが

促進されたりするのですが、忙しい日々に追われている内は自身の身体の
ケアは後回しにしてしまいがちです。

問題は疲弊が積もりに積もり、足腰の痛みが爆発した後に どうケアをするか?

と言う事なのですが、足腰と言うのは約5kgもある頭部からの重力・重心を
緩やかなS字カーブを描く背骨が柔らかく受け流し、骨盤・仙骨へと伝え 、

それを両脚に分散して行く事で日々 負荷やダメージを感じる事なく歩行が
行えている訳なのですが、ところが腰を支える脊柱起立筋が過度に疲弊して

炎症を起こしたりして、痛めてしまうと この滑らかな関節の連動は痛めた
箇所で妨げられ、1歩1歩の歩行の度に腰や足に負荷が乗ってしまう様に

なるので、益々日常で感じる痛みが強くなってしまうのです。

腰痛にはサポーターに加えアフターケアも重要

ですので、日常の中で関節サポーターを装着したりして極力 関節部位に負担が
掛からない様に 対策を施す訳ですが、日常生活に おいては関節サポーターを

装着する以外にも関節部位に掛かる負担を抑える方法が あるので、それについて
書いて行きたいと思います。

腰が痛む時に行う対策/腰が痛む時に行えない事

その方法は車椅子を使用する、と言う事です。

勿論、車椅子の使用を検討している、と言う事を担当の医師に伝えてから、判断を
仰ぐことが大切ですが、整形外科の医師は あくまで、骨の変形や神経を

圧迫しているか否か?から、身体の痛みの状態を推測しているので、もし骨の変形が
痛みの原因で無い場合、基本的にブロック注射を打ったりリハビリを行ったり、

などの保存療法で経過を診て、次の通院日には これをして、などの判断になるので、
基本的に医師には通院日と通院日の間の日数で毎日痛みが重なり続けている、と言う

事実は見てくれません。

医師は あくまで医師で、痛めている患者では無いので日々積み重なる痛みが どれ程、
辛いのかは分かりません。

腰を痛めた場合、何処まで病院に任せるか?日常で どう過ごすか?

なので『日々生じる痛みに耐えるのが辛い。』と、なったら車椅子を使用して、痛みを
極力 抑えましょう。

とは言え、いきなり車椅子を使い始める、と言うのは簡単では ありません。

それは、何処へ行くにも平坦な道続きならば良いのですが、実際には何処へ行くにも、
多少なりとも歩道の勾配や ちょっとした段差・道路脇の溝・アスファルトの抉れ等の

状況に出くわす可能性が あるからです。

車椅子で響くガタガタ路面/振動の影響を受ける膝と腰

これらを腕の力だけで避けたり、乗り越えようと思うのは容易では ありません。

最初の内は平坦な道ですら上半身のみで身体を運ぶだけで心拍数は上がり、呼吸も
激しく乱れますし、日常に車椅子を取り入れるにしても、多少なりとも動作に

慣れる為の練習が必要です。

なので、もし日常で使用するならば自宅周辺の平坦な道で少しづつ慣らして行くのが
良いでしょう。

日常に多大な影響を及ぼす辛い足腰の痛み

日々積もる積もる疲弊感により足腰に

痛みが生じたら日常生活で不便を強いられる

多忙な日々を送り毎日ぐったり疲れて碌(ろく)に身体を休める
暇も無く就寝して朝を迎え、また多忙な1日が始まり、と言う

生活を繰り返していると身体中に疲労が溜まり、それが関節部位に
徐々に及んで行き、やがて強い関節の痛みへと発展して行くと

仕事は勿論の事、日常生活にも影響が出始め、積み重なった疲労・
ダメージと言うのは1歩1歩の歩行の度に足腰に衝撃が伝わり

強い痛みが生じる事によって近所に お買い物や散歩に行くのですら
ツラくなってしまいます。

日々の疲弊感により間欠跛行が悪化して歩行困難になった時の対策

特に腰部の筋肉である脊柱起立筋の疲弊から来る腰痛と言うのは厄介で
痛みが出始めると、その腰部を庇いながら日々過ごす様になり、

痛みが無い方に重心を傾けながら生活をする事になるので その様な状態で
数日~数週間過ごすと重心の偏りから身体のバランスが崩れ、元々痛みを

感じていなかった側にも疲労が積み重なり痛みが生じる様になってしまいます。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

 

そうなると悪循環の繰り返しで右が痛めば左を多用するようになり、左に痛みが
強く出れば右に重心を傾ける様になり、そして結果的に身体中あちこちに痛みが

拡散してしまう様になるので出来れば足腰関節部位に痛みや違和感を感じ始めた
初期の段階で整形外科や整体を受診する事が その時点での最善の選択になります。

日々の疲弊から強く痛みを感じる足腰/整形外科を受診する

とは言え、まず整形外科に行くと問診票の記入から始まり、実際の問診時間は5分に
満たない3分程度。

そして触診~レントゲン撮影という流れになり、レントゲン上に特に問題点が
見受けられない場合には、つまり緊急で手術が必要な場合、

後々手術が必要な要手術の場合以外には処方箋を出されて服薬や湿布を貼ったり、
関節サポーターで様子見の保存療法と言う判断に なります。

足腰に痛みが生じて居る場合、治療効果以上のダメージが日々蓄積してしまう

保存療法が悪い訳では無いですが、足腰を痛めている場合と言うのは、毎日毎日
ダメージが加算され続けている状態でも あるので、1週間に1回か、2週間に

1回程度の通院ペースの間に前回受診した際よりもダメージが遥かに強くなって
いる事が多いのも事実です。

なので、保存療法の場合には、『病院に通院しているから これで痛みから解放
される』などと思わず、日常生活の中で自分自身で如何に足腰の痛み対策を

行うのかが重要に なります。

日々の生活の中で足腰の痛みを和らげる対策

『完治』と言う目標に向けて物事を考えた場合に毎回の通院の度に前回よりも
状態が悪化しています。と言い続けては、医師も対応しきれなくなり、

やがて『うちでは もうこれ以上やれる事は ありませんので、紹介状を書きます。』
と別の病院を転々と する事に なります。

これは どちらが悪いとか言う事では無くて、医師が思っているよりも足腰の痛みの
進行速度が速かった。あるいは、骨の変形やレントゲンやMRIで確認できる

神経圧迫などの早い段階で手術を要する状態ではない場合に、整形外科では それ以上
踏み込んだ判断が出来無いと言うだけの事なので、どうしても痛くて痛くて

我慢できない場合には整形外科では無くて、痛みを取り除く専門のペインクリニックを
受診しましょう。

足腰の痛み/良いペインクリニックを選ぶことが早期の完治に繋がる

ペインクリニックも治療の段階があるので、依然として日常生活の中で自身で身体の
痛みを和らげる意識を常に持つ事が重要に なりますが、ペインクリニックの場合には

神経の流れから、それが どの位置に影響を及ぼすのか?など教えてくれながら治療を
進めていくので、自信が日常の中で どうやって足腰を守れば良いのか?の答えも

見つけ易いと思います。

整形外科でダメな場合、

ペインクリニックへ

とは言え、1回2回通院したぐらいでは ずっと悩まされ続けてきた痛みから解放される
訳では無いので、その間『痛くて痛くて もう動くのも嫌だ。』と、なった場合には

家では自身の労力を使わずに起き上がる事が出来る電動ベッドを使用したり、車椅子に
乗って移動する様にすれば足腰への負担は かなり減らす事が出来ます。

車椅子も手動で移動するのが辛かったら、今どきは電動の車椅子も専門店で無くとも
通販サイトで手に入れられる時代なので、どうしようも無く足腰が痛い時には、

選択肢の1つとして車椅子を日常に導入すると言う検討も しやすくなりましたね。

自分自身の身体の痛みが分かるのは自分自身しか居ないので、他者や医師に期待し過ぎず、
求め過ぎずに自分で痛みから身体を守りましょうね。

【22インチ・24インチ自分の身体に適切なサイズを選択できる電動車椅子を
日常的に使う事で移動時の負担を大幅に軽減する↓↓】

歩行がどうしても辛くなったら車椅子の使用も検討する

足腰に疲弊感や負担が蓄積すると

痛みが生じ始めてしまう

足腰は日々動けば動くほど酷使されて行きます。

腰椎が身体の動きの大部分を支えているので、腰に痛みが
生じてしまうと立ち上がるのも座るのも歩くのにも支障を

来してしまう様に なります。

椅子に座っているのも辛い腰痛時でも楽な姿勢がこちら

腰が最も体重を支えているので、疲弊しやすく痛みも強く
なりやすい部位では ありますが、脚も同様に体重を多く

支える機会がある為、1度でも痛めてしまうと 忽ちの内に痛みが
増幅して行ってしまいます。

腰を守ろうと重心をズラして脚で体重を多く受ける様になれば
股関節や膝・足首などの痛みが強く出始め、それが積もりに

積もると いよいよ関節サポーターや杖による支え無しでは歩行が
困難に なってしまいます。

補助アイテムを使用してもツラい状態に陥ってしまう

例えば、椎間板ヘルニアで強く痛んで布団から起き上がる事も
自力で出来ない。

と言う状態になれば 無理して歩こうなどと言う事は選択肢から
外して 大人しく家で安静にすると思いますが、痛みは常に

一定では無いので、日によって少しマシな状態の日も数日に
1回は訪れます。

介護用の電動ベッドで腰が痛い時にも起き上がれる

それは椎間板ヘルニアだけで無く、脊柱管狭窄症などの場合でも
同様に、『今日は痛みが割りとマシだから少し歩けそう』と、

お買い物などに時々は出掛けてみるのは良いのですが、無理して
少し遠いところまで出っ掛けてしまうと今度は脊柱管狭窄症の

延長線上の間欠跛行と言う状態になり、歩いている途中で腰や
足の痛みが強くなって その場で動けなくなる程の痛みに

襲われたりしてしまいます。

間欠跛行になると歩行途中で

その場から動けなくなる

私も状態が少しマシになった時に、普段我慢している分、少し歩いて
みたくなって間欠跛行で 途轍もない痛みに襲われる事が良くあります。

結局 普段我慢して安静にしている以上、状態がマシになった時に
開放的な気分になってしまうのは仕方が無い事なので、自身で

歩く時間、距離の制限を設ける事が大切に なります。

私の場合、片道10分弱が無理なく動ける限界ですが、ついつい少し
離れた位置にあるスーパーの方が安いから、と足を伸ばして

みたくなります。

結局、安い方に行く度に帰路に着く頃には激しい痛みに襲われる事に
なるのですが、こうした時に もう歩けない!杖と関節サポーターと

脚では限界だ!と毎回なってしまうので、そう言う時は車椅子の使用も
検討したくなります。

足腰痛がどうしようも無く辛いなら車椅子を使用する

しかし、幾ら身体の状態が辛いからと言って担当の先生は おいそれと
了解しては くれません。

結局、車椅子を日常的に使い始めると いよいよ脚の筋力が著しく低下し、
杖を使おうが 歩めなくなってしまうからです。

それに、もう1つ問題が あります。

仮に、今日から車椅子を使いたい、と思っても病院内で使った経験が
ある位では 道路の状況に対応できないのです。

路面には ちょっとした段差、溝、割れたアスファルト、傾斜・勾配など
様々な障害物と言える物が点在して居ます。

車椅子で響くガタガタ路面/振動の影響を受ける膝と腰

ですので、今日から使いたい、と思ってもいきなり安全に乗りこなす。
と言うのは想像以上に難しいという現実に直面してしまうのです。

これらを しっかりと認識した上で もう足腰が限界だから車椅子を
使いたい、と言う場合には使い始めてみるのも良いかも知れませんね。

【自走式車椅子を日常生活に取り入れて日々生じる足腰への
負担を軽減する↓↓】

足腰に強い痛みが生じた時に如何に負担から足腰を守るか?

日々の疲弊感や負担から

足腰に痛みが生じてしまう

 

日々の生活の中で足腰に生じる負担から痛みや痺れが

強く現れてしまう様に なります。
 
痛みは椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症・間欠跛行、坐骨

神経痛、筋膜性腰痛など様々な原因に よって生じますが、

痛みだけで留まる症状も あれば痛みと同時に痺れを伴う

症状も あります。
 
これが悪化して行くと 足腰に力が入らないと言う状態に

陥ったり、酷い場合には排尿にも障害を及ぼしてしまう事も

ある様です。
 
足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?
 
これまでのブログに何回か書いて来ていますが、痛みや痺れの

強さには日々 波があるので『今日は割りとマシだな。』
 
『今日は痛みが強く現れている。』と言う振り幅の中での波が

日々生じて 痛みが 一定の振り幅を越えてしまう事も

稀に あるのですが、そう言う時には足腰に力が入らないだとか
 
痛み・痺れが どうだとか、気にするまでも無く

寝ている状態から ほんの数㎝頭を持ち上げる事も出来無いですし、
 
膝や足首の向き・角度を変える事も出来無いので、振り幅を越えた

痛みが腰から足に掛けて走っている場合には、どの症状に よって
 
こんなに痛むのか?と言う事よりも どうやったら寝たきりの

状態から動く事が出来るのだろう?と言う事に ばかり思考を
 
巡らせる様に なります。
 
腰が痛い時の寝姿勢と身体への負担
 

足腰に痛みが生じ始めると日常が

非常に不便になってしまう

 

話が逸れましたが、足腰に痛みや痺れを伴う場合には 放っておくと
 
『左足に力が入りづらい』『何だか力が抜けて行く様な感覚に

襲われる』と言う感覚的な自覚症状を伴うので、そうした時には

無理して歩くのは避けましょう。
 
私の場合、幸いにも 痛み・痺れは兎も角として、足に力が入らない

感覚・力が抜けて行くような感覚が生じ出したのは車椅子生活を

開始してから少し経ってからだったので、足腰に力が入りづらいのに
 
無理して歩いた結果、転倒して怪我をしてしまう。と言う事は

避けられたので、その点は車椅子に非常に助けられました。
 
とは言え、自宅に居る間にもトイレや お風呂へ移動する数歩程度は

室内用の杖や手すりを支えに歩く必要が あるのですが、
 
やはり足に力が入りづらい感覚が常に伴うので、転倒には非常に

気を付けながら数歩の距離を歩いて居ます。
 
足腰を痛めた時に負担を軽減する為に選ぶ歩行補助アイテム
 

足腰の痛みがどうしようも無い場合には

日常生活に車椅子を取り入れる

 
『足腰に痛みが走ってツラい』と言う段階では日常生活に車椅子を

取り入れるのは まだ現実的では無いかも知れませんが、更に痛みが

悪化して『近所への お買い物にも支障を来す』と言う段階に なると
 
いよいよ『これ以上 杖や関節サポーターを支えにして歩くのは無理』

と言う風に考える様になり、ようやく車椅子を真剣に検討する様に

なるかと思いますが、足腰の痛みと言うのは毎日毎日変動して行き、
 
ある時 急に通常の振り幅を越えてしまう事が あるので、そうした時に

『足腰に力が入らない』『力が抜けて行く』感覚に襲われて慌てても
 
車椅子が届くまでの 約3日程動くに動け無くなってしまうので、足腰の

痛みのレベルが1段階 突き抜けてしまう前に車椅子を日常生活の中に

取り入れておくのが良いと思います。
 
私が過去にネット通販で車椅子を購入した感じからすると、

大体 注文・入金してから3日ほどで自宅に到着すると

思いますが、メーカーに よって到着までの時間が多少異なるかも
 
知れないので、足腰の痛み・痺れの状態を観察してみて、

『これは、もしかしたら この後 更に悪化するかも知れない』と

言う兆候や予感を感じたら少し早めに購入しておくと

良いと思います。
 
【1万円台半ばの安価で日常生活に取り入れやす24インチの大きめ
自走式車椅子で日々の移動を楽にする↓↓】

電動車椅子の場合は発送から到着までの期間は分かりませんが、

足腰のみならず腕にも力が入り難い場合には非常に役立ってくれます。
 
足腰の痛みが強くてツラい時に適した車椅子を取り入れる/自走電動
 
腰や脚に掛けての痺れは関係ないかも知れませんが、足腰に力を

入れづらい分 腕に大きな負担が生じてしまうので、腕にも脱力感が

生じてしまう事が あります。
 
そうした事を避ける為にも電動車椅子を取り入れる、と言う選択肢も

検討してみて下さいね。
 
右利きでも左利きでも電動の操作部の設置位置が選べて、後輪の

大きさも(22インチ~24インチ)身体に合わせて選べる

電動車椅子は非常に便利ですね。
 
【足腰の脱力感のみならず 腕にも影響が生じてしまった場合、簡単な

ジョイスティック部分の操作で移動が行える電動車椅子↓↓】

慢性的に腰が痛む場合は腰の筋肉を意識的に緩める事が大事

様々な要因から腰を痛めてしまうと

日常が大変不便になる

 

日々の疲労の蓄積や、加齢による軟骨の磨り減りなどで関節周りの
靭帯などが、その部位を支えようと過剰に働いて疲弊する事により

痛みが生じたり、あるいはスポーツなどで急激な負担が掛かったり等、
人によって足腰に痛みが生じる状況、過程は異なりますが、

1度でも痛み出せば仕事や日常生活に おいて、大きな不便さを
強いられる事は共通しています。

しかも、足腰の痛みと言うのは、腰部の痛み(間欠跛行・椎間板
ヘルニア・脊柱管狭窄症・筋膜性腰痛・坐骨神経痛など)から足首、

足裏の足底筋膜炎まで何処か1箇所が痛めば、その部位を守ろうと
自然と重心がズレ、身体の痛みがマシな方に偏ってしまい、

そうした歪(いびつ)な重心で数日から数週間も過ごせば、痛みが
マシな方の足腰にまで過度な負担が生じ、そちらにも痛みが

広がって行ってしまいます。

筋膜性腰痛や坐骨神経痛の負担をリクライニングソファーで楽にする

そして、その結果として歩行困難などの不自由な日常を強いられる様に

なってしまうのです。

つまり、この悪循環を防ぐには最初に足腰の何処かに痛みや違和感を
感じた段階で整形外科に行き、問診で何処が どの様に痛むか、

と言うのを しっかりと伝えて、その後レントゲンやMRI検査などで
自身の現状を知る事が大切です。

整形外科への通院で早く完治を目指す上で大切な事

病名や状態を知る事で、病院での治療・リハビリ時間だけでは状態を
改善する事は なかなか難しいので、治療・リハビリ時間よりも

遥かに長い日常生活の中での痛む患部への痛みを緩和させる
関節サポーターを装着したりと、あるいは家庭用の温熱治療器で

患部を直接温めて血流を促したり、日常生活の中でのケアも行い易く
なります。

日常の多くの時間負担が掛かり続けて

しまうからこそケアを施す事が大事

 

病院での実際の治療時間は、腰の牽引や膝に超音波を充てたりなどの
場合、せいぜい長くても20分~30分程度で終わってしまうので、

24時間の内『23時間30分』治療以外の時間の方が遥かに長いので つまり、
治療時間よりも日常生活の中で足腰への負担を如何に小さく留められるか?

と、言う事に意識を向けるかが重要に なるのです。

整形外科への通院と同じくらい大切な日常での足腰のケア

一時的な腰痛では無く、慢性的な腰痛に悩まされる様になると、日常での
姿勢や歩き方にも工夫を凝らさなければ姿勢を保つのも、1歩1歩

脚を踏み出すのにも大きな負担が生じてしまい、そのダメージが積もり
積もると、やがては関節サポーターと杖を併用しても歩行困難となり、

車椅子の使用も検討しなければならなくなるので、そうなる前に日常生活の
中で気を付ける事が出来る点に ついては改善して行きたいですね。

車椅子を日常で使い始めた時に戸惑った点

 

【ノーパンクタイヤの大きめサイズの自走式車椅子で毎日の
移動時に生じる足腰への負担を軽減する↓↓】

姿勢についても、歩き方に ついても共通して言えるのは腰の筋肉で ある
脊柱起立筋を張りっぱなしにせずに、敢えて意図的に緩める時間を

作ると良い、と言う事ですね。

脊柱起立筋は お尻から背中の中部辺りまでをガッシリと支える大きな筋肉
部位で あるのですが、『姿勢を正す。』『負担を掛けない様に歩く』と

言う事ばかり意識していると、腰の筋肉が張りっぱなしになり、緊張状態が
長く持続した脊柱起立筋は疲弊し、血管が収縮し、血液の流れが鈍り

内部では乳酸・老廃物が蓄積してヒスタミンが発生し、炎症を起こして
痛みに繋がる。あるいは状態が悪化する。と言う流れになってしまうので、

(必要以上に身体が倒れてしまわない様に)腰痛サポーターを装着した上で

敢えて背筋を数㎝程度 倒して、脊柱起立筋の緊張状態を緩める事が大切に
なります。

腰に疲弊感・痛みが強く

現れたら腰を緩める

 

もちろん、腰痛サポーターは常時装着して居ると、圧迫感を強く案じてし
まうので、時々外して腰周りを解放する必要が ありますが、外した時には

ケアとして温熱療法などを施して血液の流れを促すと良いです。

温熱療法を行う事で、収縮して細くなった血管が開き、血流が良くなるので
乳酸・老廃物を排出する働きを してくれて、少しづつ状態がマシに なるので、

慢性的な腰痛時に温熱療法は効果的だと思います。

今の時代、自宅でも簡単に好きな時間に寝ながら温熱療法が行える時代なので、
ネット通販で温熱治療器を1つでも入手しておくと、いざと言う時に頼りに

なります。

 

【帯全体が温め効果を発しているから、腰周りがジンワリ温かい/
自宅でリラックスしながら温めるなら こちら↓↓】

自走式車椅子で移動している時には横に長い勾配は避けたい

足腰への負担を最も軽減するには負担なく移動できる

車椅子が最も効率的

 

日々の疲弊の蓄積や、加齢による軟骨の磨り減りなどで
関節周りの靭帯などが、その部位を支えようと

過剰に働いて疲弊する事により痛みが生じたり、あるいは
スポーツなどで急激な負担が掛かったりなど、

人によって足腰に痛みが生じる状況、過程は異なりますが、
1度でも痛み出せば、仕事や日常生活に おいて、

大きな不便さを強いられる事は共通しています。

腰の痛みは24時間付いて回る/悪化する前に対策を施す事が大事

しかも、足腰の痛みと言うのは腰の痛み(間欠跛行、椎間板
ヘルニア、脊柱管狭窄症、筋膜性腰痛など)から足首・足底の

足底筋膜炎まで何処か1箇所が痛めば、その部位を守ろうと
自然と重心バランスが身体の痛みがマシな方に偏ってしまい、

そうした歪(いびつ)な重心バランスで数日から数週間も
過ごせば、痛みがマシな方の足腰にまで、過度な負担が生じ、

そちらにも痛みが広がって行ってしまいます。

そうなると、いよいよ杖を使用しても関節サポーターを装着しても
歩くのが非常に困難に なってしまう為、車椅子を日常生活の中に

取り入れる必要が出て来ます。

【24インチの大きめ自走式車椅子で足腰に生じる日々の
負担を軽減する↓↓】

今の時代、ネット通販でも1万円台後半の安い価格で購入
出来るものから、数10万円する電動車椅子なども簡単に

探す事が出来ます。

私が普段使用しているのは、自走式車椅子なのですが、
自走式車椅子の場合、当然ながら自分の腕で

ハンドリムを漕いでコントロールしなければならないので、
体力を著しく消耗し、今まで足腰に感じていた 負担が

肩関節と肘関節に掛かる様になります。

自走式車椅子に乗る以上、肩関節・

肘関節へのダメージは避けられない

 

勿論、足は車椅子のペダル部分に乗せたまま動かす事は無いので
歩行時の様に1歩1歩踏み出す度に痛みが生じる。

何て言う事は無くなるので、足腰の痛みとしては 遥かにマシに
なるので、車椅子に乗る選択をした事は良かったと思うのですが、

先程も書いた様に、腕でハンドリムを漕ぐものですから、肩関節と
肘関節に大変 大きな負担が生じる様に なってしまいます。

自走式車椅子で痛め易い部位/肩関節・肘関節・手のひら・爪

車椅子のコントロールと言うのは、平坦な路面でも かなりの負担が
掛かるのに、歩道・路面の勾配を通過しようとする時には 尚更です。

進行方向上の歩道に乗り上げる時に、前方に緩い傾斜が現われた時には、
少し重心を前のめり気味にしてハンドリムを勢い良く漕ぐ事で

緩い傾斜ならば乗り越える事が出来ますが、しかしながら お店が
何店舗も横並びに連なっている横方向に長い勾配の場合、

前方に乗り上げるタイプの勾配よりも肩と肘に大きな負担が掛かって
しまうので、最初から避けた方が良いです。

自走式車椅子の操作方法は非常にシンプルで、後輪の側面にピッタリと
設置されているハンドリムを握り、両腕を同じ強さ同じタイミングで

押し出せば真っ直ぐ前進し、片方のハンドリムだけ回せばハンドリムを
回している側と反対方向に回転しながら進行して行きます。

平坦な路面ではハンドリムを両腕で同じ用に押し出せば良いのですが、
少しでも歪んだ路面の場合、バランスを保つ為に右を強めに漕いだり、

反対に左を強めに漕ぐ必要が あります。

歩道の傾斜を通過する時のベストな位置取り/傾きで掛かる肩への負担

これは勿論、前進しながらなので 今、左に傾いて居るのか?右に
傾いて居るのか?と言うのを瞬時に判断する事がバランスを

保ちながら前進する上で大切に なります。

それを踏まえた上で 上に書いた様な横方向に長い勾配の話しに
戻りますが、思いっきり車椅子ごと傾いて居るので 両方を同じ力で

同時に押し出す事は難しくなってしまいます。

こうした傾斜を通過しようとする時には、どうしても どちらか片方の
腕側に大きな負担が掛かってしまい、結果的に過度な疲弊感を感じて

肩や肘を痛め易くなってしまうのです。

なので、出来るだけ長い勾配は避けて 肩や肘を守りながら、少しでも
長く乗り続けられる様に車椅子を安全に操作しましょうね。

【24インチの大きめ自走式車椅子で日常で生じる足腰への
負担を緩和する/大きめサイズだから窮屈さを感じない↓↓】

強烈な腰痛時に有効なのは やはり身体に負担を掛けない電動の・・・・

日々忙しく動き続けていると身体中に疲労が蓄積し、身体全体に
重苦しさや怠さが覆い被さり、動くのも億劫になり、

日々の意欲すらも減退させてしまいます。

そうした状態で重い腰を上げ、嫌々多忙な日々を過ごして居ると、
身体にも悪い影響が出てしまい、疲労感が足腰の痛みへと

転じてしまいます。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

腰部の痛みの原因としては 筋肉の疲弊から筋肉内部で血流が鈍り、
乳酸・老廃物が排出されずに溜まり続け、痛みを発する様になったり、

脊柱起立筋の過度な負担による疲弊から炎症を起こしたり、線維輪を
突き破り 髄核が飛び出し神経を圧迫したり、あるいは骨自体の変形や、

脊柱管が狭まり神経根に圧が掛かる事で痛みや痺れが生じたりなど、
様々な原因が挙げられますが、何れの場合にも痛みや違和感を感じた

最初期の段階で整形外科に行き、自身の身体の状態を知った上で適切な
治療を受け、そして要手術と言う場合以外、自宅で安静に過ごしたり

あるいは、さほど歩行など日々の生活に不自由していない段階でも
腰痛サポーターや杖などで、毎日積み重なり続ける足腰へのダメージを

最小限に留めようとする意識が大切に なります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

要手術で無い場合はブロック注射・リハビリ・牽引などを病院で
する以外に、通院日以外は服薬や補助器具を使って保存療法で

様子見、と言う事になるので病院以外での日常生活で、如何に足腰に
負担を掛けずに過ごして、次回の通院日までに状態を悪化させずに

無難に過ごすかが重要に なります。

実際には 前回の通院から次回の通院まで負担を全く感じずに過ごす事は
不可能なので、どうやっても前回の状態よりも悪化してしまうのですが、

それでも、少しでも早い完治を見据えるのならば 日々の腰痛対策と
言うのが、病院での治療以上に大切に なります。

腰を痛めた場合、何処まで病院に任せるか?日常でどう過ごすか?

腰の痛みの症状として、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、間欠跛行
筋膜性腰痛などが挙げられますが、日常での対策が出来ておらず、

依然として日々強い負担が腰部を中心に掛かり続けていたら、自力で
歩く事も難しくなる歩行困難の状態に陥ってしまう事も あります。

私の場合、腰からでは無く、脚を最初に痛め、その影響が腰に出始めて、
足腰の痛みが その日ごとに強く出た箇所を優先的に守る様に していたら、

結局、左の腰が強く痛む日、右の腰が強く痛む日、股関節が痛む日、
膝関節の痛みが強い日と痛む箇所が悪戯に増え続けて行く事は

避けられた(と思う)のですが、足腰の関節各箇所ごとの痛みは
耐えられる限界を超え、結局、歩行困難な状態に なってしまいました。

歩行困難に なったから痛みが落ち着いて そこで終わりでは無く、痛みは
現在進行形で どんどん強くなり、痺れも強くなり続けているのが現状です。

ですので、私が思うに、この様な状態に なってしまう前に杖と腰痛
サポーターを始めとする各関節部位専用サポーターで関節を守り、

必要と あらば、体圧分散マットレスや電動ベッドなど身体の疲れを
きちんと取れる備えを施す事が大切です。

【腰が痛む時に腰に負担を掛けずに起き上がれる電動ベッドが
あると、非常に便利!!/腰がツラい時に1番の助けになるアイテム↓↓】

それでも、更に状態悪化が進行し続けて、これ以上は もう無理、と
なったら、足に それ以上のダメージを溜めない様に早めに車椅子の

日常的な使用も視野に入れた方が良いと思います。

車椅子の使用は、医師の判断を仰ぐ事も大切ですが、しかし車椅子を
使用し始めてしまうと、いよいよ脚の筋肉の衰えが顕著になる、等の

理由から年齢が若かったり、麻痺して居ない限りは反対される事も
ありますが、しかしそれ以上 杖を使っても毎日毎日強い痛みが

蓄積し続けて 耐えられない状態で あるのならば、自身の身体を
守る為にも医師の判断よりも自身の選択の方が大切な時も あります。

とは言え、車椅子をいきなり日常生活の中に導入する、と言うのは
自宅周辺の路面状況なども考慮する必要が あるので、簡単な事では

ありません。

車椅子に乗って移動する/車椅子に乗ると決めたら準備する事

路面状況と言うのは、ちょっとした傾斜(勾配)が多めだったり、
アスファルトが抉れて地面が凸凹だったりすると、車椅子の前輪が

嵌ってしまったりと言う事も あるので、日常生活で ある程度、
思い通りに乗りこなすのは慣れが必要に なります。

腕の力だけで緩い傾斜などに対応せねばならない、と考えるだけで
大変さは容易に想像出来ますが、自身の身体を守る為に、

選択肢の1つとして検討してみて下さいね。

【電動車椅子で足腰への負担を軽減しながら移動する/フレーム色多数、
座幅3サイズ、操作部位置など様々な点で自分好みの物を選べる電動車椅子↓↓】

間欠跛行がツラくて歩け無くなったら車椅子の使用を検討する

日々の過労や加齢により衰えて行く筋肉や

軟骨、髄核、部位の劣化は

痛みを感じてから慌てて整形外科に駆け込んでも

問診・レントゲン撮影、治療・リハビリで

保存療法として、次の通院日までの経過を

様子見する為、直ぐにパッ、と痛みが消えて

失くなる訳では無いので、やはり大事なのは

痛む前の段階で、日々の疲労を癒す毎日のケアと、

痛んでからの身体への労わりの意識が大事になります。

痛みが強くなれば成る程、関節サポーターや

杖などの補助アイテムの支え無しでは

生活を送れなくなりますし、やがては歩行困難に

陥ってしまいます。

足腰の痛みを軽減する為に、補助アイテムを
有効に活用するには?

まして、自身の家が例えば、アパートの2階、

3階だったりすると、

家から出るだけでも杖や関節サポーターの支え無しでは

階段の上り下りも負担が掛かりすぎて、

日に日にツラくなってしまいます。

【多点杖ならば安定感を感じながら安心して1歩1歩
脚を踏み出せる↓↓】

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、間欠跛行、筋膜性

腰痛など、様々な腰の痛みの原因と言うのが

ありますが、そういった階段の上り下りや日常の

歩行を する上で、特に辛いのが私の経験上、

線維輪を飛び出した髄核が神経圧迫するヘルニアや、

間欠跛行です。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

間欠跛行と言うのは、要するに 歩く際に必ず大なり

小なり可動する腰の筋肉で ある脊柱起立筋が

疲弊して行くごとに、ズンズンズンズン腰に

強い疲弊感や、痛みが加算されて行くので、

例えば、近所に お買い物に行った帰りの道中で1歩1歩

歩みを進めるごとに、脚を踏み出すのが困難に なり、

とうとう帰りの道中で 脚を1歩も踏み出せなくなって

しまう状態の事を言います。

『痛くて辛くて、もう1歩も歩け無い』と言う状態に

なったとしても、視界が届く範囲内にベンチ等の、

ちょっとした小休止が出来るポイントが無いと、

当然ながら 一時凌ぎする事も出来無いので、

ただ茫然と立ち尽くす訳にも行かず、(そうなったら

立っているだけで どんどんダメージが強くなって行く為)

とにかく、痛くて動きたくなくても、無理やり1歩1歩

脚を踏み出して行くしか ありません。

足腰の痛み/歩けば歩く程に痛みが増す
間欠跛行は地獄の苦しみ

そうして、ようやく家に辿り着いた後にも、階段が

待ち構えていると、無理して上ろうとすると

非常に危険なので、かなり慎重に 上り下りしなければ

なりません。

私は何度か こうした状態でバランスを崩し掛けて、

『このままでは 近い内に・・・・』

と言う事を考えてしまい、杖や関節サポーターを

装着しているだけでは、もう限界だな。

と感じたので、ネット通販で検索して車椅子を

入手しました。

車椅子は注文から3日程で到着したのですが、その間は

極力 家で安静に過ごして、配送されて来るのを待ちました。

そうして 届いた後は、とにかく車椅子の操作に慣れる為に

家の周辺をグルグル回ってみたりして、

自宅周辺の路面状況や、上半身のみでのコントロールに

身体を慣らして行き、いつの間にか勾配や 少しの段差なら

数日で 普通に乗り越えられる様に なりました。

車椅子に乗っている時と言うのは、路面がアスファルトで

多少凸凹して居る為、微弱な震動が ずっと続いてしまうので、

お買い物を終え、階段下に着いて車椅子から降りた時には、

何時も足腰の感覚がフワフワしている様に感じるのですが、

そのまま車椅子から降りて、直ぐに階段を上がろうと

するのは危険なので、階段下に到着した後に

1分~2分くらい小休止して、ゆっくり車椅子から

降りるとフワフワした感覚が薄れて、

間欠跛行の様に脊柱起立筋が疲弊感や痛みを感じる事を

防げているので、間欠跛行で無理して

上がろうとするよりは、余程 安全に階段を

上がる事が出来ます。

こうした身体の負担を軽減するアイテムをネット通販などで

吟味して、自身の身体の状態に合う物を探してみて下さいね。

【10種類のカラーから好きな色を選べる自走式車椅子/24インチの
大きめサイズだから窮屈感を感じずに移動するのにピッタリ↓↓】

日常の中でドンドン負担が溜まる足腰を和らげる/2つのアイテム

日々忙しく動き続けていると身体中に

疲労が蓄積し、身体全体に重苦しさや

怠さが覆い被さり、動くのも億劫になり、

日々の意欲すらも減退させてしまいます。

そうした状態で重い腰を上げ、嫌々多忙な

日々を過ごして居ると、

身体にも悪い影響が出てしまい、疲労感が

足腰の痛みへと転じてしまいます。

長時間のPC作業や日々の腰への
負担で筋肉が千切れる様な痛み

腰部の痛みの原因としては 筋肉の疲弊から

筋肉内部で血流が鈍り、

乳酸・老廃物が排出されずに溜まり続け、

痛みを発する様になったり、

脊柱起立筋の過度な負担による疲弊から炎症を

起こしたり、線維輪を突き破り 髄核が飛び出し

神経を圧迫したり、あるいは骨自体の変形や、

脊柱管が狭まり神経根に圧が掛かる事で

痛みや痺れが生じたりなど、様々な原因が

挙げられます。

血液の流れを正常に保つ/
血流が鈍らない様に注意する

何れの場合にも、痛みや違和感を感じた

最初期の段階で整形外科に行き、

自身の身体の状態を知った上で適切な治療を受け、

そして要手術と言う場合以外、

自宅で安静に過ごしたり、あるいは、さほど歩行など

日々の生活に不自由していない段階でも

腰痛サポーターや杖などで、毎日積み重なり続ける

足腰へのダメージを最小限に留めようとする意識が

大切に なります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

要手術で無い場合は、ブロック注射、リハビリ、

牽引などを病院で する以外に、

通院日以外は服薬や保護用具を使って保存療法で

様子見、という事になるので

病院以外での日常生活で、如何に足腰に負担を

掛けずに過ごして、次回の通院日までに

状態を悪化させずに無難に過ごすかが

重要になります。

実際には 前回の通院から次回の通院まで

負担を全く感じずに過ごす事は不可能なので、

どうやっても、前回の状態よりも悪化して

しまうのですが、

それでも、少しでも早い完治を見据えるのならば、

日々の腰痛対策と言うのが、

病院での治療以上に大切に なります。

整形外科やペインクリニックへの通院以外で
日常で意識する事

腰の痛みの症状として、椎間板ヘルニアや、

脊柱管狭窄症、間欠跛行、筋膜性腰痛などが

挙げられますが、日常での対策が出来ておらず、

依然として日々強い負担が腰部を中心に

掛かり続けていたら、自力で歩く事も難しくなる

歩行困難の状態に陥ってしまう事もあります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

私の場合、腰からでは無く、脚を最初に痛め、

その影響が腰に出始めて、

足腰の痛みが その日ごとに強く出た箇所を

優先的に守る様にしていたら、

結局、左の腰が強く痛む日、右の腰が強く痛む日、

股関節が痛む日、膝関節の痛みが強い日と

痛む箇所が悪戯に増え続けて行く事は避けられた

(と思う)のですが、

足腰の関節各箇所ごとの痛みは 耐えられる

限界を超え、結局、歩行困難な状態に

なってしまいました。

歩行困難に なったから痛みが落ち着いて、

そこで終わりでは無く、

痛みは現在進行形で どんどん強くなり、痺れも

強くなり続けて いるのが現状です。

ですので、私が思うに、この様な状態に

なってしまう前に杖と腰痛サポーターを

始めとする各関節部位専用サポーターで

関節を守り、

必要と あらば、体圧分散マットレスや電動ベッド

など、身体の疲れを きちんと取れる備えを

施す事が大切です。

地面との高低差のある電動ベッドで
寝る事で楽に起き上がれる

それでも、更に状態悪化が進行し続けて、これ以上は

もう無理、となったら、

足に それ以上のダメージを溜めない様に 早めに

車椅子の日常的な使用も視野に入れた方が良いと

思います。

車椅子の使用は、医師の判断を仰ぐ事も大切ですが、

しかし車椅子を使用し始めてしまうと、

いよいよ脚の筋肉の衰えが顕著になる、

等の理由から年齢が若かったり、

麻痺して居ない限りは反対される事も ありますが、

しかしそれ以上 杖を使っても毎日毎日強い痛みが

蓄積し続けて 耐えられない状態で あるのならば、

自身の身体を守るためにも、

医師の判断よりも自身の選択の方が大切な

時も あります。

とは言え車椅子をいきなり日常生活の中に

導入する、と言うのは

自宅周辺の路面状況なども考慮する必要が

あるので、簡単な事では ありません。

路面状況と言うのは、ちょっとした傾斜(勾配)

が多めだったり、アスファルトが抉れて

地面が凸凹だったりすると、車椅子の前輪が

嵌ってしまったりと言う事も あるので、

日常生活で ある程度、思い通りに乗りこなすのは

慣れが必要に なります。

腕の力だけで緩い傾斜などに対応せねばならない、

と考えるだけで大変さは容易に想像出来ますが、

自身の身体を守る為に、選択肢の一つとして

検討してみて下さいね。

足腰の痛み/朝昼晩、年中無休で
痛むから車椅子で少しでも和らげる

足腰の痛みが悪化して歩行困難になったら車椅子の使用を検討する

日々忙しく動き続けていると身体中に

疲労が蓄積し、身体全体に重苦しさや

怠さが覆い被さり、動くのも億劫になり、

日々の意欲すらも減退させてしまいます。

そうした状態で重い腰を上げ、嫌々多忙な

日々を過ごして居ると、

身体にも悪い影響が出てしまい、疲労感が

足腰の痛みへと転じてしまいます。

腰部の痛みの原因としては 筋肉の疲弊から

筋肉内部で血流が鈍り、

乳酸・老廃物が排出されずに溜まり続け、

痛みを発する様になったり、

脊柱起立筋の過度な負担による疲弊から炎症を

起こしたり、線維輪を突き破り 髄核が飛び出し

神経を圧迫したり、あるいは骨自体の変形や、

脊柱管が狭まり神経根に圧が掛かる事で

痛みや痺れが生じたりなど、様々な原因が

挙げられますが

何れの場合にも、痛みや違和感を感じた

最初期の段階で整形外科に行き、

自身の身体の状態を知った上で適切な治療を受け、

そして要手術と言う場合以外、

自宅で安静に過ごしたり、あるいは、さほど歩行など

日々の生活に不自由していない段階でも

腰痛サポーターや杖などで、毎日積み重なり続ける

足腰へのダメージを最小限に留めようとする意識が

大切に なります。

脊柱管狭窄症や間欠跛行で急激に痛む腰痛対策

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

要手術で無い場合は、ブロック注射、リハビリ、

牽引などを病院で する以外に、

通院日以外は服薬や保護用具を使って保存療法で

様子見、という事になるので

病院以外での日常生活で、如何に足腰に負担を

掛けずに過ごして、次回の通院日までに

状態を悪化させずに無難に過ごすかが

重要になります。

実際には 前回の通院から次回の通院まで

負担を全く感じずに過ごす事は不可能なので、

どうやっても、前回の状態よりも悪化して

しまうのですが、

それでも、少しでも早い完治を見据えるのならば、

日々の腰痛対策と言うのが、

病院での治療以上に大切に なります。

整形外科やペインクリニックへの通院以外で日常で意識する事

腰の痛みの症状として、椎間板ヘルニアや、

脊柱管狭窄症、間欠跛行、筋膜性腰痛などが

挙げられますが、日常での対策が出来ておらず、

依然として日々強い負担が腰部を中心に

掛かり続けていたら、自力で歩く事も難しくなる

歩行困難の状態に陥ってしまう事もあります。

筋膜性腰痛や坐骨神経痛の負担をリクライニングソファーで楽にする

私の場合、腰からでは無く、脚を最初に痛め、

その影響が腰に出始めて、

足腰の痛みが その日ごとに強く出た箇所を

優先的に守る様にしていたら、

結局、左の腰が強く痛む日、右の腰が強く痛む日、

股関節が痛む日、膝関節の痛みが強い日と

痛む箇所が悪戯に増え続けて行く事は避けられた

(と思う)のですが、

足腰の関節各箇所ごとの痛みは 耐えられる

限界を超え、結局、歩行困難な状態に

なってしまいました。

腰の筋肉の疲弊感から生じる痛みの悪化を防ぐには

歩行困難に なったから、もうそれ以上 足腰に
負担が掛かる事は無くなり、

いつしか少しづつ痛みが落ち着いて そこで終わり。
何て言う事は無く、痛みは現在進行形で

どんどん強くなり、痺れも強くなり続けて居るのが
現状です。

ですので、私が思うに、この様な状態に

なってしまう前に杖と腰痛サポーターを

始めとする各関節部位専用サポーターで

関節を守り、

必要と あらば、体圧分散マットレスや電動ベッド

など、身体の疲れを きちんと取れる備えを

施す事が大切です。

それでも、更に状態悪化が進行し続けて、これ以上は

もう無理、となったら、

足に それ以上のダメージを溜めない様に 早めに

車椅子の日常的な使用も視野に入れた方が良いと

思います。

歩くのが辛い程の坐骨神経痛/通販で探すピッタリの車椅子