「車椅子」カテゴリーアーカイブ

足腰の痛みが悪化して歩行困難になったら車椅子の使用を検討する

日々忙しく動き続けていると身体中に

疲労が蓄積し、身体全体に重苦しさや

怠さが覆い被さり、動くのも億劫になり、

日々の意欲すらも減退させてしまいます。

そうした状態で重い腰を上げ、嫌々多忙な

日々を過ごして居ると、

身体にも悪い影響が出てしまい、疲労感が

足腰の痛みへと転じてしまいます。

腰部の痛みの原因としては 筋肉の疲弊から

筋肉内部で血流が鈍り、

乳酸・老廃物が排出されずに溜まり続け、

痛みを発する様になったり、

脊柱起立筋の過度な負担による疲弊から炎症を

起こしたり、線維輪を突き破り 髄核が飛び出し

神経を圧迫したり、あるいは骨自体の変形や、

脊柱管が狭まり神経根に圧が掛かる事で

痛みや痺れが生じたりなど、様々な原因が

挙げられますが

何れの場合にも、痛みや違和感を感じた

最初期の段階で整形外科に行き、

自身の身体の状態を知った上で適切な治療を受け、

そして要手術と言う場合以外、

自宅で安静に過ごしたり、あるいは、さほど歩行など

日々の生活に不自由していない段階でも

腰痛サポーターや杖などで、毎日積み重なり続ける

足腰へのダメージを最小限に留めようとする意識が

大切に なります。

脊柱管狭窄症や間欠跛行で急激に痛む腰痛対策

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

要手術で無い場合は、ブロック注射、リハビリ、

牽引などを病院で する以外に、

通院日以外は服薬や保護用具を使って保存療法で

様子見、という事になるので

病院以外での日常生活で、如何に足腰に負担を

掛けずに過ごして、次回の通院日までに

状態を悪化させずに無難に過ごすかが

重要になります。

実際には 前回の通院から次回の通院まで

負担を全く感じずに過ごす事は不可能なので、

どうやっても、前回の状態よりも悪化して

しまうのですが、

それでも、少しでも早い完治を見据えるのならば、

日々の腰痛対策と言うのが、

病院での治療以上に大切に なります。

整形外科やペインクリニックへの通院以外で日常で意識する事

腰の痛みの症状として、椎間板ヘルニアや、

脊柱管狭窄症、間欠跛行、筋膜性腰痛などが

挙げられますが、日常での対策が出来ておらず、

依然として日々強い負担が腰部を中心に

掛かり続けていたら、自力で歩く事も難しくなる

歩行困難の状態に陥ってしまう事もあります。

筋膜性腰痛や坐骨神経痛の負担をリクライニングソファーで楽にする

私の場合、腰からでは無く、脚を最初に痛め、

その影響が腰に出始めて、

足腰の痛みが その日ごとに強く出た箇所を

優先的に守る様にしていたら、

結局、左の腰が強く痛む日、右の腰が強く痛む日、

股関節が痛む日、膝関節の痛みが強い日と

痛む箇所が悪戯に増え続けて行く事は避けられた

(と思う)のですが、

足腰の関節各箇所ごとの痛みは 耐えられる

限界を超え、結局、歩行困難な状態に

なってしまいました。

腰の筋肉の疲弊感から生じる痛みの悪化を防ぐには

歩行困難に なったから、もうそれ以上 足腰に
負担が掛かる事は無くなり、

いつしか少しづつ痛みが落ち着いて そこで終わり。
何て言う事は無く、痛みは現在進行形で

どんどん強くなり、痺れも強くなり続けて居るのが
現状です。

ですので、私が思うに、この様な状態に

なってしまう前に杖と腰痛サポーターを

始めとする各関節部位専用サポーターで

関節を守り、

必要と あらば、体圧分散マットレスや電動ベッド

など、身体の疲れを きちんと取れる備えを

施す事が大切です。

それでも、更に状態悪化が進行し続けて、これ以上は

もう無理、となったら、

足に それ以上のダメージを溜めない様に 早めに

車椅子の日常的な使用も視野に入れた方が良いと

思います。

歩くのが辛い程の坐骨神経痛/通販で探すピッタリの車椅子

間欠跛行で痛む足腰の負担を車椅子で軽減する

日々の生活での疲労の蓄積や、加齢により髄核の

水分が減る事で衝撃を受けやすくなったり、

日常生活での姿勢や労働での身体への負担の

掛かり方で痛みが強く出たり、と

人によって違いが出ますが、何れの場合にも

共通しているのは、

疲労感や痛みがジワジワと積み重なって行くと、

それが痛んでいる患部を支えて

過度な負荷が掛かっている周辺部位等に

あちこち散らばってしまい、

痛む部位が拡散されてしまったり、

元々痛み・違和感を感じていた腰の痛みが

ある時急に激しくなり、

とうとう朝 目を覚ましても、起き上がれ無いほど

強く身体に現れてしまったり。

と、1部位に軽い痛みでも通常の状態とは違う

『異常』を感じたならば、

早急に整形外科を受診してみる事を おすすめします。

整形外科に行くと、まずは問診表に自身の

現在の身体の状態を記入し、

それを元に 専門医から問診を受けるのですが、

問診だけでは 実際の状態が分からないので、

レントゲン撮影や、それでも まだ原因を特定

出来ない場合には、別日にMRI検査をしたり。

そうして、あの手この手で何の療法が効果的か?を

少しづつ探り探り試して行くのですが、

その過程の中で、何種類かのブロック注射を

間隔を空けて打ったり、あるいは手術を要する

状態の時には、手術と言う判断に なります。

手術をする必要があると診断されない状態でも、

腰に激しい痛みが現れて起き上がれない、

立ち上がれない、歩けないと言う事は あるので、

レントゲン上やMRI検査での診断をされても

日常生活の中で腰に負担が掛かる動作をするのは、

依然として気を付けた方が良いです。

私の経験上、骨の変形だとか線維輪を突き破った

髄核が神経を圧迫して居なくとも、

布団から身体を起せない程の痛みが部に現れる、

と言う事は『普通にある』ので、

に疲労が溜まりすぎたな、と自身で実感した時には

万が一の事態に備えて、

寝る前に身体を起す為に電動ベッド

立ち上がり専用手すりなどを

用意しておいた方が良いです。

が強烈に痛むと、杖を使っても関節サポーターを

装着しても、数歩の移動ですら大変 厳しくなります。

室内での数歩の移動で苦労すると言う事は、ゴミ出しや

近所への お買い物にも大変な苦痛を伴うと言う事です。

特に、歩を進めれば進める程に、腰の筋肉である

脊柱起立筋が どんどん疲弊して行き、

疲弊感が強まるごとに 足腰の痛みもドンドン

強まってしまう間欠跛行の症状が出てしまうと、

非常に辛い思いをしますから、杖を使い歩く、と言う

以外の 選択肢を考えた方が良いと思います。

歩行以外の選択肢と言えば、車椅子の使用がパッと

思い浮かびますが、私の経験上、事前に自宅周辺の

路面状況を考慮しておかないと、車椅子をコントロール

するのにも苦労を強いられる事に なります。

と、言うのも地面は平坦に見えても、実際に車椅子

進みだすと全く平坦で無い事に気づきます。

すると、コントロールする右肩か左肩の どちらかに

過度な負担が掛かってしまい、

余計な痛みを抱える様に なってしまいます。

パッと見て平坦な道ですら、そうなのですから小石が

多めの所や、アスファルトが抉れている所、

そして、歩道を進もうと思うと、傾斜・勾配が 必ず

ありますし、ちょっとした段差も付き物です。

更に 勾配がキツクて、ここは乗れないな~、と言う時には

自転車用のスペースを通過したりするのですが、

そうした時には道路脇にある 溝にも注意しないと

いけません。

私の場合、24インチの車椅子を使用しているので、他の

サイズよりも 少し前輪が大きいのかな?と思うのですが、

それでも、溝に嵌ってしまうと、抜け出せなくなる恐れが

あるので、徹底的に溝は避けてます。

なので、車椅子を使用し始めても、必ずしも身体が楽に

なると言う事は無いのですが、

それでも足腰の負担が 歩行時に比べて 遥かに軽減されて

いるのを実感できます。

但し、車椅子でアスファルト上を進んでいると、終始

微弱な振動が生じ続けている為か、

お買い物を終えて、家に辿り着いた時に、トイレにでも

行こうかな。と立ち上がったりしてみると分かるのですが、

足腰の感覚がフワフワしている感じがして、鈍くなって

いるのを感じるので、

そうした時には無理して立ち上がらずに、少し感覚が

マシになるまで車椅子の上で待機した方が良いかな、

とは思います。

そうした 少し注意した方が良いは あるのですが、

歩行がどうしようも無く辛い、と言う状況になったら

車椅子を選択肢に入れてみるのを お勧めします。

【自走式車いす】【松永製作所】AR-101BT AR-111BT自動ブレーキ装置付車いす立ち止まり君シリーズ【非課税】※卸より直送の為代金引換・後払い決済不可です。

少し大きめの車椅子を使う事でハンドリム回しの負担も減る

足腰の痛みと言うのは日々の労働や用事など、

過労や身体への負担の蓄積でジワジワと、

あるいは、急激に関節部位に痛みと

なって現れます。

この時の足腰関節部位の痛みと言うのは、

最初期の段階では それほど辛い状態では無くて、

我慢すれば仕事も日常も さほど不自由なく過ごせる。

という状態でも、

1度関節部位に痛みや違和感となって現れて

しまうと、その痛みの進行速度は

驚くほど速い場合も あります。

何故、痛みが どんどん強くなって行くか?

と言うと、足腰というのは(特に腰)、

以前も書いた様に骨盤・腰椎を起点に

前のめり姿勢になると、

負荷が強まり、前傾の角度を深める程に

腰への負担が どんどん強く掛かってしまいます。

座り姿勢でも同様に、会釈程度に頭を

下げただけでも 腰椎へ重い負荷が必然的に

掛かってしまうので、腰を痛めた時に、

まず するべき事は腰痛サポーターで

腰周りをガッシリと締め付け固定し、

衝撃・負担から守る事ですね。

間欠跛行,椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,筋膜性腰痛

と言った腰の痛みの原因は 幾つも あるのですが、

腰痛サポーターをしっかりと締めて固定する事で、

脊柱起立筋の過度な疲弊を妨げる事が出来、

姿勢もある程度 保てて身体の重心バランスの崩れも

防ぐのに 役立つので、

まずは腰痛サポーターを活用する事が大切です。

『まだ何とかなる。』『もう少し放っておいても

大丈夫そう。』と言う判断を万が一にも してしまうと、

いざ、急激に悪化した時に 病院に行って、状態を

診て貰った時に、要手術と言う程の状態では無いけれど

その手前の段階だから、保存療法で様子見。

と、なってしまった時に 早い段階で治療を

行って来た人に比べて、

辛い思いを するのは自分自身です。

そうしている内に、毎日 足腰にダメージが

溜まり続け、やがては 杖やサポーターを

併用しても歩行困難に なってしまう事も あります。

なので、保存療法で特に効果を感じない状態が

続くようなら、日常生活の中で それ以上ダメージを

重ねない為にも、歩行以外の選択肢が

必要に なります。

足腰が悪い場合の歩行以外の選択肢、と言うと

1番に浮かぶのが車椅子の使用ですね。

車椅子は今の時代、ネット通販でサイズやカラー、

そして車椅子のタイプ(自走式、介助用、電動)まで

直ぐに探し出す事が出来ますから、自身の身体の

状態や、体型に合った物を見つけてみて下さいね。

車椅子を選ぶ時に気になるのは、座面の幅や前輪、

後輪の大きさ等ですが、

座面幅は、あんまり窮屈すぎても後々ツラいでしょうし、

大体、42㎝~45㎝位の物を探すと、

結構 身体が大きい私でも窮屈さは感じなかったので、

サイズ感が不安ならば、これを基準として探してみると

良いと思います。

私としては、自走式車椅子に乗る上で ハンドリムを
回し続けるのが最も大変だと思うので、

やはり後輪は ある程度のサイズ感があった方が
良いと思いますし、

後輪が大きければ、必然的にハンドリムも大きく
なるので、ひと漕ぎ ひと漕ぎの移動距離も大きくなり、

結果的に身体への負担は小さくなるので、少し大きめの
車椅子を使うのが良いかと思います。

車椅子で最初の頃に苦労したポイント

腰の痛みの原因は働きすぎて部に疲労が

蓄積して、

血液の流れがスムーズに行われ無くなって

乳酸や老廃物が体外に排出されなくなる事で

筋肉内部に炎症を起こす物質であるヒスタミンが

発生して 炎症を起こし 激しい痛みへとなる場合や、

加齢により、骨と骨の間に ある髄核の水分が減少し、

弾力が低下した所で、

何か衝撃を受けたり、ダメージが生じる事で

髄核の中身が飛び出して神経に触れ、

圧迫する事で 激しい痛みが生じる場合、

あるいは、接触性のあるスポーツで 人と

ぶつかって 外的要因により 部を痛めたり、

ウエイトトレー二ングや肉体労働で重い物を

無理に 持ち上げようとした為に、

に痛みを抱えたりなど、様々な原因、痛み出す

パターンがあります。

いずれの場合にも 早急に整形外科に行き、

自身の現在の部の状況を知りつつ、

専門医に 適切な治療してもらう事が大事です。

しかし、私の経験上、整形外科に行ったから

と言って、直ぐに『この箇所がこうなってるから

痛みが生じている』

と、痛みの原因を的確に見極める事は

なかなか難しい様です。

特に、痛み出してから 最初に通院する迄に

期間が空けば空く程、

一部位だけの痛みでは済まなくなり、あちこちに

痛みが散らばってしまうので、

当然ながら痛みの大元となっている部位を

特定するのが遅れてしまい、

何回も通院を重ねて ようやく特定となると、

それだけ完治までに時間を要してしまいますので、

仕事や用事で行けない日々が続いても、

出来るだけ早く受診する事を お勧めします。

そして、を痛めた場合に 病院での治療時間

以外の日常でも に極力、

負担が掛からない方法として関節サポーター

日常的に併用して居ても 足腰が痛み続け、

『もう歩く事は無理』と、なった場合に 杖などを

使用し 歩く、と言う選択肢以外の日常での対策として、

車椅子を選択した場合の、使い始めた頃に

苦労する点に ついて 書いて行きたいと思います。

以前も書きましたが、病院内では無い 通常の

路面で 車椅子を使用する際に大変なポイントは、

まずは、車椅子に乗らなければ気付かないくらい、

一見、平坦に見える道でもガタガタ振動が激しいですし、

昔、欠陥住宅か否か?を見極める為にビー玉を

転がすのをテレビで観た事が ありますが、

ビー玉の気持ちになる位の 微妙な傾きを感じて、

車椅子のコントロールが急に難しくなる事があります。

そうした時には、右腕・左腕、どちらかの力を強めて

バランスを保たなければならないので、

只でさえ 体力の消耗が激しい自走式車椅子が、重量感を

ズシン、と 増したように感じます。

『通常の平坦なアスファルト』を進んでいる時でも、

後輪の側面に付いて居る 走行用のハンドリムを

グイッ!と前に回した時、(実際計った訳では

無い私の感覚ですが)その ひと漕ぎで進む距離は

大体20㎝~30㎝位なので、コンビニに行こうとした時、

スーパーに行こうとした時、目的地まで

数100メートルの距離でも、物凄い時間が掛かるのですが、

それに加えて先ほど書いた様に微妙な地面の傾斜が あった場合、

車椅子自体のコントロールの難しさ、重さが加わり、

歩けば 直ぐに辿り着く様な、数100メートルの距離が

果てしなく遠く感じてしまいます。

最初の頃は平坦な道でのコントロールだけでも大変なのですが、

馴れて来たら、歩道の微妙な段差や 勾配にも対応して行ける様に

少しづつ試してみて下さいね。

★増税前がお徳!最大P25倍★ 9/4-9/11【全国配送可】-アルミ自走車いす 簡易モジュール KA822-38・40・42B-LO 低床タイプ / 座幅40cm A10 カワムラサイクル 1ケ JAN4514133047437 kt319666 取寄品(非課税)-【介護福祉用具】

激しい腰痛で動けない時の対処法

忙しい日々を過ごして居ると 身体が

重苦しくなったり、その先には怠さ、

倦怠感だけでは済まずに、足腰関節部位に

強い痛みとなって、日々の身体への

無理が反映されてしまいます。

足腰が強く痛み出すと、仕事は おろか、

日常生活にも 支障を来してしまうので、

出来るだけ早い段階での対処が 大切になります。

早い段階での対処と言うのは例えば、

腰の痛み股関節足首などに散らない様に

先手先手で 処置をする、と言う事です。


自身の病状に合った適切な治療を行ってくれる

整形外科を探すのがまずは1番大事なのですが、

足腰の痛みと言っても原因の特定だけでもレントゲンを

撮ったり、MRIを撮ったりと 時間が掛かりますし、

それでも、椎間板ヘルニアなのか脊柱管狭窄症間欠跛行

なのか、筋膜性腰痛なのか、

あるいは別の原因なのか?など、

検査と治療を並行して何度も経過を診つつ

行う為、数週間~数か月は掛かってしまいます。

例えば、骨と骨の繋ぎ目の髄核が加齢などで

水分が減り、弾力が弱まって飛び出してしまい、

神経に触れ、圧迫する事によって 痛みが生じる

椎間板ヘルニアや、

脊髄から伸びる馬尾や、神経根が通る背骨の中の

空間が 加齢などで狭まって行き、

神経を圧迫する脊柱管狭窄症で あったりした

場合には、日常生活が非常に不自由なものへと

変化してしまいますし、腰痛サポーター

日常的の使用は 不可欠となってしまい、

いくら痛くて自力では歩くのが辛い歩行困難の

状態になって、補助アイテム無しでは

歩む事が出来なくても、補助アイテム

頼りすぎてしまうと、今度は、

元々の足腰を支える為の機能、筋肉や神経系が

どんどん衰えて行き、支える筋肉などが衰えると、

益々 骨や軟骨に体重・負担が乗りやすくなり、

身体の重心バランスが崩れ、痛みが強くなって

しまいます。

とは言え、補助アイテム無しでは、既に歩行困難な

状態である以上、それは仕方が無い事なのですが、

出来れば自身の筋肉足腰を 支えるのに

必要な分の筋力は 保ちたいものです。

それは、足腰が痛くて歩けない状態の身体にとっては

理想論にしか過ぎないのですが、

肉体の元々の機能が衰えれば衰えるほど、

痛みが強くなってしまう現状に 抗う為には、

医学上効果的と 認められた痛み改善方法に

縋るしか無いのです。

私は、腰痛対策関連の書籍などを読んでも、

結局、ストレッチしたりマッサージしたり、

運動を行うと言う事ばかり 書いてあって、

正直げんなりする事が多いのですが、

(所詮、痛くない側の理想論、机上の空論にしか

過ぎないな~、と思ってしまうので)

実際に、布団から起き上がれないほどの痛みに

襲われた時、あるいは、それに近い状態に

常に悩まされている身体では、運動もストレッチも

マッサージも 行える訳が無いからです。

しかし、杖や手すりを使いながらも 立ち上がり、

歩き、座るのに 必要な最低限の筋肉を

保たなければならない。

となった時に、私なりのやり方としては、1週間に

1度くらいは痛みが 少しマシだな、

という周期が来るので、そう言う時に5分~10分で

行って帰ってこれる位の 距離を歩いてみる事です。

歩くと当然、背中を支える筋肉である脊柱起立筋が

可動してしまい、

この部分が疲弊してしまうと、痛みが強くなる訳ですが、

5分~10分で 行って帰ってこれる距離というのは、

脊柱起立筋が疲弊する ギリギリの距離感だと思うのです。

(あくまで私の身体では、ですが)

それぞれに痛みの原因や症状の重さも異なるので、

自身の身体にとって 痛みを感じる手前の

ギリギリの範囲内で、杖などを使い、散歩してみるのが

肉体の衰えを 防ぐのに役立つと思います。

痛みが少しマシになる周期が訪れずに、これを行う

余裕が無いほど、腰痛が激しい日々が続くのならば

要手術か、車椅子を日常に取り入れる事を検討するのも

一つの選択肢だと 思います。

車椅子で足腰の負担を和らげる→

車椅子の使用も視野に入れる事で足腰の負担も楽になる

毎日の仕事疲れ等が積もりに積もって

身体が疲弊すると、

身体の重苦しさに加えて 足腰にジンジンとした、

あるいは、鋭い痛みとなって 反映されます。

足腰の痛みと言っても、椎間板ヘルニア

軟骨の磨り減りによる痛みだったり、

足首を捻ったり、足底筋膜炎だったりなど

様々ありますが、

いずれの場合も仕事にも 日常生活にも

支障を来してしまいます。

そうした時に 何とかダメージを大きくしない様に

関節サポーターを装着したり、

テーピングを 施したり、どうにか対策を

すると思うのですが、

足腰の痛み対策には 路面状況や天候、季節ごとの

気候なども 考慮しなければなりません。

地面が凸凹だったり、砂利道だったり、

急な坂道・傾斜だったりすると、

を支えにしていても、足腰への負担は

避けられませんし、

とは言え、日常に おいて、直接的に足腰

支えてくれるアイテムという事を

考えた時に の存在は欠かせません。

特に、坂道・傾斜(勾配)に関しては、

どうしても 路面の 角度に合わせて

足底を地面にピッタリと付けなくては

ならないですし、

その時には で体重を支える比重も

大きくなります。

すると、どうなるか?そうして足腰の痛みを

多少なりとも緩和させようと、

足腰にばかり 気が向いて居たら、いつの間にか

体重を支える上で 大きな役割を担って居る

肘関節が疲弊して、炎症を起こしてしまう様に

なります。

足腰が痛むから、杖を支えに どうにか歩く事が

出来て居る状態で、を使用する時に

必ず負担が掛かる 肘関節が痛んでしまうと、

どうなるでしょう?

当然、身体を支える力が弱まり、支えが

弱まる事で、路面状況によっては

転倒のリスクも生じてしまいます。

これを、防ぐ為には 肘関節サポーターを

装着した上で疲弊している肘関節

外部から軟膏を塗ったり、もし、肘関節

炎症が激しい場合には、ビニールに入れた

氷を 肘に充てて、熱や腫れを抑える事が 大切です。

炎症が起きた時には、まず冷やして、腫れや

熱が引いたら温熱療法で温めて

血液の流れを促しましょう。

こうした流れで、1日の終わりにアフターケアとして冷やしたり、温めたりして居ても、

毎日、肘関節に過度な負担が 掛かり続けると、

やがてはで身体を支える事すら 辛くなるので、

その時は無理せずに、車椅子の使用も視野に

入れてみると少し精神的に 余裕が出来ます。

歩く以外の選択肢が無いと、足腰に加え、肘まで

痛めてしまう事で、どんどん精神的に追い込まれて

しまいますから、もう一つの選択肢を 増やす事で、

少し気分的に楽になります。

車椅子を日常生活の中で活用する→

酷い腰痛時には車椅子を使い負担を軽減する

腰の痛みの原因は働きすぎて、部に疲労が

蓄積する事で、

血液の流れがスムーズに行われ無くなって

乳酸や老廃物が体外に排出されなくなって

起こる場合や、加齢により 骨と骨の間にある

髄核の水分が減少し、

弾力が低下した所で 何か衝撃を受けたり、

ダメージが生じる事で、

髄核の中身が飛び出して神経に触れ、

圧迫する事で激しい痛みが生じる場合、

あるいは接触性のあるスポーツで 人と

ぶつかって外的要因により 部を痛めたり、

ウエイトトレー二ングや肉体労働で重い物を

無理に持ち上げようとした為に、

に痛みを抱えたりなど、様々な原因、痛み出す

パターンが ありますが、いずれの場合にも

早急に整形外科に行き、自身の現在の部の状況を

知りつつ、専門医に適切な治療してもらう事が大事です。

の負担と言うのは、思わぬ速度で積もり

積もる事が あるので、

保存療法で日常的に如何にへのダメージの軽減を

意識する事が大切に なります。

特に、椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症筋膜性腰痛

などと診断された場合には

日常生活の中で腰痛対策が欠かせませんし、

歩行中に疲弊して動けなくなってしまう様な

間欠跛行の場合には、日常的に もっと

労わるべきだった、と その時になって

後悔してしまうので、ダメージを抑えられる所は

過剰な程に、対策を施しましょう。

とは言え、日常生活の中で腰痛サポーター

を使用して、きちんと歩行時などの

足腰への負担対策を行っていたとしても

毎日毎日ダメージは溜まり続けて しまうものです。

定期的に通院していても、日々 腰痛対策を施して

居たとしてもダメージは積もり積もってしまい、

その先には歩行困難と言う未来が待ち受けています。

歩行困難と言う未来を避ける為には、自身の状態に

あった処置を施してくれる病院・医師に出会う事と、

腰痛サポーターだけに留まらず、いよいよ

痛みが強くなりすぎて歩けないと言う不自由な状態、

もしくは、近しい状態になったのなら

車椅子の使用も視野に入れる柔軟さも

大切だと思います。

車椅子日常に取り入れると言っても、歩道には

緩い坂道(勾配)が沢山ありますし、

平面の路面だけなく段差も あれば亀裂が入っていたり、

凸凹の路面や、砂利道、そして溝の近くを通らざるを

得ない場合も あります。

車椅子の前輪は後輪と違い、非常に小さいので、

溝や砂利など、大きな障害物と なってしまいます。

ですので、今日車椅子を使い始めて、今日中に

自由に乗りこなす、というのは難しいですし、

ほぼ腕の力だけで勾配などにも対処しなければ

ならない為、筋肉も疲弊するし、

スタミナも あっという間に尽きてしまうので、

これは もう慣れて行くしか ありません。

なので、慣れるまでは車椅子を使ったから、

と言って腰痛による苦しみから

完全に解放される訳では無いので、ある程度の

我慢は 必要ですが、

そうした一つの選択肢として柔軟な思考で車椅子

日常生活に取り入れる、

と言うのも自身の身体を守るために大切な

考えだと思います。

自走式車椅子で足腰の負担を軽減する→

車椅子に乗り始めた時の注意点

足腰の痛みと言うのは日々の疲れや

スポーツなどで 外部からの刺激を受けた時に

身体に現れます。

足腰の痛みの厄介な所は股関節足首

あるいは足底筋膜炎(踵から伸びる筋膜の炎症)の内、

何処か1箇所でも痛みが生じると、その痛む部位を

庇う様に 1歩1歩重心を 片側にズラしながら

歩むようになり、

そうして 数日~数週間ほど過ごすと、重心の偏りから

身体の重心バランスが崩れ

元々痛みを感じて居なかった側に日々疲労やダメージ

蓄積され続け、やがて痛みが生じる様に なってしまいます。

つまり、最初に痛めた1部位を庇って生活することで、

もう片側に 重心が傾き続けて、そちら側が通常よりも

負荷が掛かり続ける為に、

より強いダメージを負ってしまうのです。

足腰の痛みでツラいのは此処からで、

仮に右のを痛めたとしたら、重心を左側に傾けて

生活して行く内に、左側のも痛めてしまう。

そして、両を痛めたらを庇おうと

別の部位(例えば)で 痛みを逃がそうと、

歩く度によりもに負担が逃げる歩き方を

する様に自然となってしまいます。

すると、同じ様に 日々過ごして行く中で

に負担が蓄積し続け、

幾らもしない内に、にも強い痛みが

発生する様に なってしまいます。

今度は 両に加え、も守る様に歩く日々が続き、

足首股関節にも強い痛みが

生じる様に なってしまいます。

この様に、足腰の痛みというのは、日々歩む度に

ダメ―ジが積み重なり、

1か所に留まらず、あちこちに 拡散されてしまうのが

ツラい点です。

日常の中で 足腰の関節部位を守るには、

各関節部位ごとの関節サポーター日々装着して

関節部位に生じる負担を和らげるか、

を装着して両足とは別に、もう一点支える

ポイントを増やして 3点で体重を分散するか、

あるいは、それでも足腰に掛かる負担が強くて

を使っても 歩くのがツラい、

という状況でしたら、車椅子日常に取り入れて

足腰に掛かる負担を減らしましょう。

とは言え、自走式車椅子は最初の内は

とても苦労します。

人により、自宅周囲の路面状況という物は異なりますが、

坂(傾斜・勾配)が多い所に住んでいると 上半身だけで

コントロ-ルするのは、かなり大変になります。

なので、最初の内は極力 平坦な路面の場所を探して、

行ったり来たりを繰り返し、車椅子の操作に馴れると共に

上半身の身で動かす上で必要な体力を養いましょう。

恐らく、誰でも最初の内は10m~20mほど進んだ段階で

心拍数が上がり、呼吸も乱れて、

腕を中心に上半身に重苦しさを感じると思いますが、

その点に ついては、平坦な道を行き来して練習する事で、

車椅子の操作に慣れていけば 徐々に その大変さも

薄れて来ます。

そうして、平坦な道での操作に慣れて来たら、いよいよ

歩道の勾配などにも 乗り降りできる否か?

試してみて、少しづつ馴れて行くと良いと思います。

歩道の勾配でも傾斜角度が急な所もあれば、浅めな所も

あるので、浅い所から無理せずに試してみると、

勾配にも慣れやすいかと思います。

但し、最初は勾配を上がろうとした時に、タイヤが

浮いたり、後ろに重心が行ったりして

『危ない!』と思う瞬間があるので、

出来れば、家族が居れば家族に見てもらいながら

浅い勾配を乗り越えてみて下さい。

私は急な傾斜は避けているので分かりませんが、

浅い傾斜の場合、タイヤが浮いたりしない様に、

少し重心を前に寄せながら進むようにしています。

すると、浅い傾斜ならば割と すんなり進むことが

出来る様になります。

車椅子を日常に取り入れて足腰の負担を軽減する→

痛む肘関節をケアしながら上手く車椅子に乗る

毎日の仕事疲れ等が積もりに積もって

身体が疲弊すると、

身体の重苦しさに加えて 足腰にジンジンとした、

あるいは、鋭い痛みとなって 反映されます。

足腰の痛みと言っても、椎間板ヘルニア

軟骨の磨り減りによる痛みだったり、

足首を捻ったり、足底筋膜炎だったりなど

様々ありますが、

いずれの場合も仕事にも 日常生活にも

支障を来してしまいます。

そうした時に 何とかダメージを大きくしない様に

関節サポーターを装着したり、

テーピングを 施したり、どうにか対策を

すると思うのですが、

足腰の痛み対策には 路面状況や天候、季節ごとの

気候なども 考慮しなければなりません。

地面が凸凹だったり、砂利道だったり、

急な坂道・傾斜だったりすると、

を支えにしていても、足腰への負担は

避けられませんし、

とは言え、日常に おいて、直接的に足腰

支えてくれるアイテムという事を

考えた時に の存在は欠かせません。

特に、坂道・傾斜(勾配)に関しては、

どうしても 路面の 角度に合わせて

足底を地面にピッタリと付けなくては

ならないですし、

その時には で体重を支える比重も

大きくなります。

すると、どうなるか?そうして足腰の痛みを

多少なりとも緩和させようと、

足腰にばかり 気が向いて居たら、いつの間にか

体重を支える上で 大きな役割を担って居る

肘関節が疲弊して、炎症を起こしてしまう様に

なります。

足腰が痛むから、を支えに どうにか歩く事が

出来て居る状態で、を使用する時に

必ず負担が掛かる 肘関節が痛んでしまうと、

どうなるでしょう?

当然、身体を支える力が弱まり、支えが

弱まる事で、路面状況によっては

転倒のリスクも生じてしまいます。

これを、防ぐ為には 肘関節サポーターを

装着した上で疲弊している肘関節

外部から軟膏を塗ったり、もし、肘関節

炎症が激しい場合には、ビニールに入れた

氷を 肘に充てて、熱や腫れを抑える事が 大切です。

消炎剤で肘関節の痛みを和らげる→

炎症が起きた時には、まず冷やして、腫れや

熱が引いたら温熱療法で温めて

血液の流れを促しましょう。

こうした流れで、1日の終わりにアフターケアとして冷やしたり、温めたりして居ても、

毎日、肘関節に過度な負担が 掛かり続けると、

やがてはで身体を支える事すら 辛くなるので、

その時は無理せずに、車椅子の使用も視野に

入れてみると少し精神的に 余裕が出来ます。

歩く以外の選択肢が無いと、足腰に加え、肘まで

痛めてしまう事で、どんどん精神的に追い込まれて

しまいますから、もう一つの選択肢を 増やす事で、

少し気分的に楽になります。

自走式車椅子に乗り足腰の負担を和らげる→

足腰が激しく痛む時は車椅子で負担を軽減する

日々の忙しさから 足腰関節部に

疲労が溜まっていても、

ついつい後回しで ケアをする暇も無く、

仕事や 1日のやる事を終え、

一息ついて就寝して 翌朝早くに起きると

また忙しい1日を 繰り返す。

と、この様な サイクルで 繁忙期などの

忙しい毎日を過ごしていると、

身体や関節部位に疲労感と共に、関節へのダメ―ジ

徐々に蓄積して行き、

それが積もり積もって やがて強い痛みへと転化する、

というのは 良くないパターンなので、

誰しもが 避けたい流れだと 思います。

日々の関節部位への ケアをしっかり行い、

1日1日の 疲労を取り去る様な

マッサージや、ストレッチなどで

リラックスできる時間を作り、

そういった疲弊した身体を癒す 一工夫を施してから

就寝する事で、毎日 朝方に 目を覚ます度に、

身体から疲労感が抜けているのが

実感できるかと 思います。

しかし、日々の歩行などで 関節部位への

積もり積もった疲弊というのは、

完全に取り除ける訳では 無いので、

足腰に少しでも 痛みや違和感を 感じた時点で、

『この位なら 自然の治癒力で治るだろう・・』と

放置せずに、

速やかに 整形外科ペインクリニックを受診して

治療しつつ、自身の身体の 現在の状態を知る事が

それ以上の 悪化を防ぐのに 大事なので、

早めに 病院に行く事を おすすめします。

足腰の関節部位の痛み、と言うのは 非常に厄介で、
立ち上がる時にも座る時にも そして、歩く時にも

負荷が掛かり、キチンとケアをして 労わらないと、
加齢と共に どんどん状態が悪くなって行って

1歩1歩の歩行が とてもツラい物に なってしまいます。

もし、多忙な時期などで通院出来ずに 治療出来ない
日々が長引いてしまうと、日に日に痛みが積み重なって

しまいますから、少しでも行けるタイミングが
出来たら、通院する事を おすすめします。

ですが、病院での治療時間は 長くても20分~30分程度で、
通院も 週に1回か2回行ければ 良い方だと思います。

ですので、大切なのは 治療以外の時間に
如何に 関節部へのダメージを 少なく過ごすか?

という事を考え、対策を施すか、です。

足腰関節は1歩1歩 歩くたびに腰や脚に負担が掛かって
しまいますから、歩く以外の方法も選択肢に入れて、

車椅子を使用してみると言う事も考えてみると
良いと思います。

ただ、車椅子と言うのは、足腰への負担を小さくしてくれる
代わりに、上半身(特に肩関節)への負担が大きくなる事も

想定しておいた方が良いです。

自走式車椅子の場合、ひと漕ぎで進む距離は キチンと
計った訳では無いですが、

大体10㎝~20㎝くらいです。

しかも これは、割りと平坦なアスファルト上での距離です。

一見、平坦に見える路面でも微妙に左や右に傾いていると、
進行速度や ひと漕ぎが重くなり、非常に大変な思いをします。

この時に多くの負担を受けるのが、車椅子をコントロール
する為に一番 稼動する肩関節と言う訳です。

なので、足腰の状態が どうしようも無く痛んで辛い、と言う時には
車椅子を取り入れる選択肢も考えてみると良いのですが、

肩関節に多少なりとも影響があることも考慮してみて下さいね。

自走式車椅子で足腰への負担を減らす→