「電動ベッド」カテゴリーアーカイブ

激しく腰が痛む時にあると助かる電動ベッド

日々の疲労や少しづつの足腰関節部位への

ダメージの積み重なりが やがて杖など

支え無しでは歩行が困難になる程の

重大な痛みを招いてしまいます。

私は最初に痛みを感じた時に、速やかな

対処が出来ずに、処置が遅れた為に、

足腰に大きな痛みを抱える様に

なってしまいました。

痛みは日々強くなって行く中、関節サポーターを

足腰関節それぞれに装着したり、

杖を日常的に使用したりと、とにかく日常で

如何に足腰に生じる負担を減らすか、

という事にばかり気を取られる毎日を

過ごさざるを得ない状況なのですが、

そうした日々を過ごして行く内に、

整形外科への通院日以外での

日常に おいて、日々生じるダメージを

どうすれば和らげられるか?を

毎日 保護アイテムや重心移動で足腰に

掛かる負担、脚が地面に触れた時に

発生するダメージを試して、次の通院日まで

足腰への負担を減らす様に

日々試行錯誤しています。

整形外科で足の痺れや痛みの原因も腰部にある、

と診断された場合にはヘルニアであったり、

脊柱管狭窄症であったり、間欠跛行であったり

一時的に筋肉が炎症を起こしているだけであったり、

似ている様で、少しづつ違う病状で それぞれに

悩んでいる方も多いかと思います。

椎間板ヘルニアの場合は、椎骨の間で

本来はクッションの役目を果たしている

髄核が加齢などで劣化して行き、

水分が減って、弾力が弱まった所に

強い衝撃が掛かると、髄核が飛び出してしまい、

神経根を圧迫し、その場から動く事も

出来ないほどの痛みに 襲われてしまいます。

脊柱管狭窄症の場合には、脊髄から伸びる

神経根などが通っている脊柱管と言う

空間が狭まって行く事で、

神経を圧迫するので、これも またある時

急激に強い痛みに襲われて、

動けない程の痛みへと転じてしまいます。

この 脊柱管狭窄症 の延長線上で、日常生活で

非常に不便を強いられる間欠跛行と呼ばれる

症状が現れてしまうのです。

間欠跛行は左右どちらか神経が圧迫されて

いる側の脚に痛みや痺れが生じるので、

歩いている途中で限界が来て

動けなくなったりします。

その都度、何処かに腰を下ろし、休憩を

挟みつつ、少し痛みが落ち着いて来るまで

待機せざるを得ないので、1日の予定が

大幅に遅れてしまう事もザラにあります。

脊柱管狭窄症の状態で、腰に重くダメージが

溜まっている時に腰を反らせてしまうと

痛みが更に強くなってしまい、1歩踏み出そうと

足を動かす事も難しいほどの

強烈な痛みに襲われてしまうのです。

腰に凝りやストレスを感じた時に

反らせたり、捻ったりした経験は

私にもありますが、しかし それは身体が

まだ丈夫だった時の話しです。

腰部に強烈な爆弾を抱えている時に

反らせたり、捻る事は自身を より苦しめる

結果になると、容易に想像できるので

反らす事は避けています。

もし、歩けない程の痛みを抱えてしまうと、

例えば、朝起きた時に布団から

身体を起こせなかったり、今の時期ですと、

毛布から足先が はみ出して冷えたとしても

掛け布団、毛布を元の位置に戻す事すら

困難な程の痛みが

腰部に 常に存在する事になります。

そこまでの状態になると、布団から身体を

起こせない為、トイレにも行けない、

身体を起こせないから、ご飯も食べられない、

寝たきりの生活を せざるを得なくなります。

身体を起こせないばかりか、横に身体を

向ける事も できない、

足の位置を動かす事も できないとなると、

これほどツラい事は ありません。

私の場合、数日間その様な状態で過ごして、

食事は出来ないので、

手がギリギリ届く範囲内にあった蜂蜜を

数時間おきに口に含みながら

少しでもマシな状態になるのを

只ひたすら待ちました。

そうして、3日~4日経過する頃には、ほんの

数cmづつでも上半身を起こせる様に なって来たので、

少しづつ上体を起こし、杖と手すりに

掴まりながら、数日振りに立ち上がる事が出来ました。

その後も何度か立ち上がれない程の痛みが生じた事は

あったのですが、

1番最初の強烈な腰部の痛みの経験から

どの角度が安全圏か、

何処まで身体を起こせば、腰への負担少なく

立ち上がれる様になるのか?

というのが身体で理解できたので、1度目の

強烈な痛みの後で 直ぐに対策を施しました。

何しろ、対策が遅れたら、次は もう二度と

起き上がれないかも知れない、

という恐怖が あったので、この時ばかりは

行動が素早かったです。汗

腰への負担が少なくなるほど身体を起こす、

というのは、自分だけの力では不可能である、

と悟っていたので、私は電動ベッドを導入しました。

リモコン操作で上体を完全に起こしきる位まで

持ち上げてくれるので、

寝る前も余計な緊張をせずに、落ち着いて

眠る事が出来ますし、

何よりも朝に目を覚ました時に、電動の力で

起き上がる事が出来るのは 非常に負担が少なく便利です。

私の経験上、椎間板の一部が潰れていたり、

医師の判断で神経根ブロック注射などを

打つようになると、急激な腰部の痛みに襲われる

危険性が近くなっているかも知れないタイミングなので、

電動ベッドを導入する事を検討し始めるのに、

丁度良い タイミングだと思います。

毎日過度な負担が掛かり続けている足腰を如何にして

守るか、というのが、

次の通院日に向けて大切な意識で 日々腰への負担を

和らげようと 意識して、

対策を施す事で毎回の通院ごとに少しづつ

状態を良くして 行きましょう。

INTIME1000 ハリウッドスタイル スクエアタイプ 1+1モーター電動ベッド機能:リクライニング・フットレスト・らくらくモーション

電動ベッドを使用して、朝起きた時の腰の負担を軽減する

日々労働や家事育児、様々な用事で忙しなく

動き続けて 気付けば身体全体が疲弊し、

足腰関節には痛みが走っている状態に。

そうなると、まず仕事上は おろか、日常生活に

おいても、不便さを感じる様に なります。

痛みが強くなれば なる程、不便さだけでは

済まずに、常日頃から痛みに悩まされ、

身動き一つ取るのにも苦労を感じる様になります。

脚と腰。

上体からの負荷を受け止めたり、下方に流したり

支えたりする部位で あるので、

少しでも痛みが生じ始めたら、途端に痛みの進行が

凄い速度で 始まってしまいます。

痛みの進行が何故早いのか?は 先ほども

書いた様に、上半身からの重力や衝撃を

緩やかなS字カーブを描く背骨が受け流し、

骨盤・仙骨まで伝え、

そして股関節~両足へと分散させて行くのですが、

これは全身の関節部位のスムーズな連動が

有ってこそ為せるのです。

例えば、肩を痛めた。とか肘関節や

手首が痛む。

とかならば、そちら側の腕で荷物を持たず、

歯磨きや箸を持つ腕さえも変えれば、

負担が掛かる事は ありませんが、足腰の

場合は勝手が違います。

立ち上がる時、座る時、歩く時と 何かと

体重を支える為に負担が生じ、

日常に おける動作で、負担をゼロにする事は

難しいでしょう。

痛みが生じているのに、無理を し続けると

杖無しでは歩行困難な程の

状態に なってしまいます。

痛みが酷くて動けずに居て、1日中寝たきり

状態になった場合ですら、

部に負担は掛かり続けてしまいます。

同じ姿勢で寝続けて、の一点に負担が

掛かって居るな。と自身の感覚で感じて、

少し体勢を変えようか、と寝返りを打とうと

思っても、部が強烈に痛む場合には

ほんの数㎝身体を捻り、横に向く事さえ

自由には 行きません。

とは言え、私の経験上、ここまで痛む場合には

自力で起き上がる事が出来ないほど

腰の痛みが強くなっている と思うので、

ここまで自力で起き上がる事さえ出来ない程に

痛む場合には、同居している家族が居るならば

助け起こしてもらい、その後は 椅子の上で

に負担が掛からない様に安静に過ごすと

良いでしょう。

同居家族が おらず、一人暮らしの場合には

腰の痛みが強くなりそうな兆候が見られた場合には

出来れば数日前には電動ベッドを用意して、

リモコン操作一つで寝姿勢から腰に負担を掛けずに

起き上がれるように準備しておいた方が良いです。

私が初めて自身の力だけでは起き上がれ無い程の

激しい腰の痛みに襲われた時には、

3日程 布団から動く事が出来ずに 何とか手が届く

範囲内にあった 蜂蜜と飴を舐めて飢えを凌いだ

と言う経験が あるので、腰に いつも以上の

疲弊感が生じていると感じた時は、

その翌日か翌々日には強烈な痛みが現れてしまう事が

経験上多いので、

兆候を感じた時点で『その時』に備える事が

自身の生命を守る上で とても大切だと思います。

ここまで足腰に痛みが生じる事の辛さに ついて

綴りましたが、電動ベッドを用意したり、

他にも関節サポーターや杖を使用したりすると、

負担を ある程度は軽減させる事が出来ますが、

一番良いのは足腰の痛みを感じた段階で整形外科へ

行く事だと思うので、

出来るだけ早めに受診してみて下さいね。

★ポイント最大16倍★【全国配送可】-電動ベッド 穂高 1モーター 宮付 / HBS-134-MY1 ダークブラウン コイズミファニテック 1ケ JAN4905959454583 kt336656 取寄品(非課税)-【介護福祉用具】

電動ベッドで腰に負担少なく起き上がる

多忙な日々を過ごす事で身体に疲労が溜まり続け、

それが原因で身体全体が重くなったり怠くなったり。

身体全体の重苦しさは労働や日常の意欲も徐々に

薄れさせて行き、それでも毎日忙しさが和らぐ事は

無く、

と 言う時には 身体全体のみならず、足腰の関節部位に

疲弊感が 鋭い痛みへと変貌を遂げて 現れてしまいます。

足の痛みの場合には股関節サポーターから、

膝関節サポーター、

足首関節サポーターなどの各部位ごとの関節サポーターを

装着したり、あるいは それでも尚、

1歩1歩の歩行の度に痛む様だと それらの関節サポーターに加え、

杖を日常的に使用する事で、両足に加えて 体重を

3点で支えられる為、

かなり歩行時の衝撃・負担を和らげる事が出来ます。

しかしながら、それだけの対策を施しても

完全に痛み・衝撃を緩和する事は出来ないので、

やはり1番重要なのは 整形外科やペインクリニックなどに

痛みを感じ始めた初期の段階で 通院する事だと思います。

足は そうして関節保護サポーターと杖と通院を

継続する事で、少しづつ状態が良くなる兆候を

感じられると思いますが、

歩行する際には 同時に腰にも負担が蓄積し続けています。

腰も同じく腰サポーターベルトを日常的に

装着する事である程度の負担を和らげる事が出来ます。

とは言え、完全に防ぐことは出来ない為、足もそうですが、

腰も足と同様に 日常での少しづつの蓄積が怖いのです。

その、少しづつが ある時急に 爆発してしまう事も

あるのです。

日常的にサポーターや杖などでダメージを出来るだけ

少なくしようと意識しながら過ごしていても、

完全には防げていない為に、突然急激に

強い痛みが発生してしまう事があるのです。

腰の痛みが急激に痛くなると、杖や関節サポーターベルトを

装着していても

数cm単位で 歩くのも座るのも、布団から起き上がろうと

身体を起こすのですら 困難になります。

私の場合、この様な状態になり、1番苦しんだのは

トイレに行けない事や身体を起こせないが故に

ご飯を食べる事も出来ない点でした。

更に苦しいのは、脚の指先に微妙に掛かった状態の

毛布の位置をズラしたい、と思っても脚を動かすのも

出来ず、

もちろん、上体を少しでも動かすと 鋭い痛みが

発生してしまう為、手で毛布をズラす事すら出来ず、

秋冬で足の指先が冷気に触れ寒くても忍耐せざるを

得ないという事もありました。

そうした中で介護用の電動ベッドが あると非常に

助かるという事に気付きました。

その介護用電動ベッドの利点としては、リモコン1つで

傾斜角度が自在に変えられる為、

少しでも状態を起こそうと思うと 強烈な痛みが生じる、

と言う 最もツライ点を 電動の力で解決する事が出来るのです。

腰が痛いと身体を起こす、という動作が恐らくは最も

腰に負担が掛かる瞬間だと思います。

腰が強烈に痛い時には自力では何10パターンもの

身体に負担の少ない起き上がり方を脳内に描き、

試してみて その都度、その総てが虚しい結果に終わり

結局トイレにも行けず、ご飯も食べられず。

という所に落ち着いてしまうのですが、

(結局、自力では起き上がる事が出来無い為)

身体を負担の少ない角度まで起こす、という

最難関のハードルをリモコン操作一つで越える事が

出来るので、その後は 立ち上がり時に杖や手すりを

頼りに ゆっくりと立ち上がり、歩むことが出来ます。

この様な 家に1台あるだけで生活を大きく支えてくれる

アイテムを日常的に用いて

負担の少ない毎日を過ごしてくださいね。

増税前最後のチャンス★最大P24倍★ 9/25-9/27【全国配送可】-電動ベッド 福祥 昇降2モーター マットレス・サイドレール付 / HXS-072YN2 ダークブラウン コイズミファニテック 1ケ JAN4905959441453 kt325298 取寄品(非課税)-【介護福祉用具】

電動ベッドで腰の負担少なく起き上がる

9月も末に到達し、朝晩は勿論の事、日中でも

やや涼しさを感じる気候が訪れて

心地良い空気を感じ始めて来ました。

しかし、涼しくて快適な気候のすぐ先には
寒さが押し寄せて来ます。

もう少しで寒さが増し、常に冷えを感じる様に
なると、どうなるか?

というと、身体全体に力を入れて 寒さに

抗おうと自然としてしまう為に、

全身の筋肉が強張り、その状態が長引く事で

余計な筋肉の緊張状態から疲労感を強く感じたり、

筋肉の内部では血流が鈍り、 老廃物 ろうはいぶつ の

排出機能も弱まったり、

代謝が低下する事で 脂肪を蓄えやすい

身体になり、そして血液の循環が鈍る事で

肩周りや足腰に凝り・張り、痛みが

生じ始めてしまいます。

特に、腰の痛みが強烈に現れてしまうと、仕事は

勿論、日常生活にも大きな支障を

来してしまう様に なります。

室内限定の腰痛対策では ありますが、

一つは電動ベッドを取り入れる事ですね。

何故、電動ベッドなのか?と言うと、腰を強烈に

痛めてしまうと、

通常の平面のベッド(もしくは布団)から上体を

起こすどころか、

脚を ほんの数cm動かす事すら出来なくなって

しまうので、

自身の力では無く、電動の力を借りて

ある一定の角度まで

身体を起こして貰う事で腰に掛かる負担を

大分 だいぶ 和らげる事が出来ます。

私の場合、腰が強く痛んだ時は身体を起こす事は

出来ないし、

脚を動かす事も身体を横向きに変える事も出来ずに、

仰向け状態で何時間も身体を動かす事が出来ない

絶望と向き合いましたが、

そうなってしまうと、トイレにも行けないですし、

身体を動かせないから 勿論、ご飯も食べられない。

ただただ、仰向けで数cmづつ足を移動させて、

身体を起こしやすく、腰に負担が少ない角度を

手探り状態で探しつつ、少し身体を起こせたら

肘をついて、身体を その角度より

低く下ろす事が無い様に 細心の注意を払いつつ、

数cmづつ、同様の作業を繰り返して行く、という事を

やって、数時間後に ようやく起き上がる事が

出来たのですが、電動で上体を起こす所まで

持ち上げてくれると、そんなに神経を張り詰めたり、

何時間も掛ける必要も無いので、腰に不安がある方は

電動ベッドを取り入れた方が

日常の負担が少なく済むので、取り入れてみるのも

選択肢の一つだと思います。

そうして、身体を起こして いざ立ち上がろうと

思っても、ベッドの高さがある分、

脚を布団の外に簡単に出せるし、立ち上がりやすい

姿勢には なるのですが、

立ち上がる時には、足の踏ん張りという物が

必要に なってしまうので、

その時に強い負荷が腰に掛かってしまいます。

ですので、その時の負担を和らげる為には

手すりという 支えの存在が非常に大切になって来ます。

特に、起きて立ち上がろうとする時には まだ眼が

冴えていないのもあって、

バランスを崩したり、と言った身の危険も

あり得るので、しっかりと支えに手を付き、

安定した状態で 立ち上がりましょう。

立ち上がって、トイレに行くなり、ご飯を

食べる為にテーブルに行くなりする為には

数歩の歩行が 必要になります。

安静に していても、トイレや ご飯時に

ほんの数歩、歩まなければならない

シチュエーションという物が訪れますので、

その時に役立つのが室内用の杖ですね。

室内用と言っても、普段外で使う杖と同タイプの

杖を 室内で使用するだけなのですが、

杖を常時使うだけでも、足腰に掛かる負担は

大分違います。

安定感を考えれば、多点杖の方が良いと

思うのですが、自宅の場合、

床に物が散らばってたりするので、 寧 むし ろ接地面の多さが

故に、物を潰してしまう恐れがあるので、

室内用は 1点杖の方が個人的には良いと思います。

1点杖は 支えが1点のみなので、床に物があっても

隙間を通して杖をつく事が 出来るので、

自由度は高いです。

これらの腰痛対策アイテムを日常的に取り入れて

日々掛かる負担を和らげてくださいね。

腰痛対策として電動ベッドを取り入れる

腰の痛みの原因は様々ありますが、何れの場合も

厄介な点は、急激に悪化した先には、仕事は おろか

日常生活にも大きな支障を来してしまう、という点です。

更に 腰が痛むだけでは無く、腰を庇いながら

毎日生活して行く中で、重心が変に偏り、

いつしか足にも痛みが広がってしまい、益々日常が

制限され、自力で歩く事も難しくなり、

杖や腰痛サポーターの補助無くしては、数歩程度

歩くのも辛い状態に なってしまいます。

そうした時に腰部をダイレクトに締め付け、

支えてくれる腰痛サポーターの存在が

非常に日常を助けてくれるのですが、選ぶ際に

注意したい点は、幅広でボーンが背骨に沿って

しっかりと支えてくれる構造に なっているかどうか?

と、これからの時期は暑くても 蒸れを ほとんど

感じずに装着出来る様に

メッシュ生地素材を選びたい所です。

腰痛サポーターを装着する状態と言うのは、

ぎっくり腰や身体を酷使し続けた事による

腰部(脊柱起立筋)の筋肉疲労から来る 筋膜性腰痛や

背骨を通る脊柱管が狭まる事で、

神経根を圧迫して痛みが発生する脊柱管狭窄症、

間欠跛行、あるいは加齢などで髄核の水分が減ってしまい、

抵抗が弱まった時に、何らかの衝撃を受けて線維輪を

突き破って 髄核が飛び出してしまい、

神経を圧迫する事で 激しく痛む椎間板ヘルニア

などの 強い腰の痛みの時、

強くなくとも、悪化防止の為に 早い段階から

装着するパターン。

腰に痛みを感じ始めると、日常生活の中で 腰椎に

負担が掛からない様に

意識して過ごさなければ ならなくなります。

頭部から胴部までの上半身、そして胴部から下、

足先までの下半身との中心部分となり、

身体の あらゆる動きや負荷に耐え続けている

腰椎は前傾、後傾、捻り動作や立ち上がる時、

歩行時など日常生活に おける、あらゆる場面で

痛みが生じ得る恐れを常に含んでいます。

腰痛が酷くなる前に、過剰なくらい腰痛対策を

施す事が とても重要だと思いますが、

どんなに気を付けて居ても 一度痛み出した腰を

日々生じる衝撃から完全に防ぎきる事は難しい事です。

そうして、日常で腰に蓄積した痛みが

ある時に爆発したら、

布団から自力で起き上がる事が出来ないほどの

痛みとして現れたり、

どうにか時間を掛けて、起き上がれても杖や手すりを

使っても立ち上がるのも歩くのも難しく、

不自由な状態になって しまいますし、

歩行困難と言うのは、日常の様々な点で

制限を強いて来ます。

なので、今回のタイトルは『腰痛対策として

の電動ベッド』ですが、

実際には 腰痛が激しくなる前の前段階の

負担を減らす為に用いる、

というのと 腰痛が激しくなった後の起床時に

腰に負担を掛けない為に電動ベッドを用いると言う

意味合いなので、正確には腰痛対策では無いのですが

腰の痛みを ある一定以上 悪化させないために用いる。

腰が激しく痛んだ時に、腰部に負担を掛けずに起き上がる。

という意味では、腰痛サポーターや杖の日常的な使用と言う

直接的な腰痛対策の前後に 紐づいていると言えます。

★ポイント最大16倍★【全国配送可】-電動ベッド 穂高 1モーター 宮付 / HBS-134-MY1 ダークブラウン コイズミファニテック 1ケ JAN4905959454583 kt336656 取寄品(非課税)-【介護福祉用具】

電動ベッドで腰の負担を和らげて安全に起き上がる

忙しい毎日を過ごしていると、どうしても身体全体に

疲れが溜り、やがてそれが身体の重さや怠さに繋がり

日常を過ごす事への倦怠感・脱力感が生じてしまいます。

それでも無理して重い身体に鞭打って生活の為に!と

踏ん張って労働や用事をこなして行くと、

疲労感はやがて足腰関節部位に強く現れる様になります。

足腰というのは日々疲労を溜めこんでいるので

休みなく日常を過ごしているとある時から突然

身体にガタが来てしまうのです。

足腰を痛めてしまうと1歩1歩の歩行の度に痛みを

感じる様になってしまう為、

痛みや違和感を感じた段階で 少しでも早く整形外科や

ペインクリニックなどに 通院する事が

その時点での最善の選択だと思います。

勿論、通院しても日常での対策を考えて日々

足腰関節部位を 専用サポーターを装着して

守って行く事が大切になります。

足腰を守るのは専用関節サポーター以外にも

杖を日常的に 使用したり、家の中ではマッサージ器や

遠赤外線治療器などで患部を直接癒す事も効果的です。

しかしながら、日々足腰を守っていても完全に

防ぎきれる物では無い為、歩行の度に少しづつ

ダメージが蓄積して行きそれがある時突然

爆発してしまう事もあるのです。

歩行時の負担は膝や股関節、腰に溜りやすいのですが、

特に腰に 蓄積していたダメージが爆発した時は

日常における殆んどの 動作が制限されてしまいます。

・朝に目が覚めても上体を起こせない

・身体を起こせないからトイレにも行けない

・起き上がれないからご飯を食べる事も出来ない

・布団がはだけて寒くても元の位置に戻す事も難しい

・トイレに行けてもズボンの上げ下ろしが大変

・1歩1歩の歩行時に強い負荷が掛かる

と、ザッと挙げただけでもこういった不便な点があります。

そうした強烈な痛みを腰に抱えてしまった場合に1人で

どうやって 身体を起こしてトイレに行ったり、

ご飯を食べたりなどの日常を 過ごせる様になるのかと言うと、

ある程度の角度まで上半身を 起こす事が出来れば、

そこからは寝そべっている姿勢から上半身を

起こそうとするよりも 遥かに負担が少ないので、

どうにか起き上がる事が出来る筈です。

5. 電動で起き上がる事が出来、腰の負担を軽減できる
【前の項目 目次 次の項目】

起き上がりさえすれば杖や手すりを使って室内ならば

ゆっくりと 進めると思うので、まずは如何に起き上がるのか?

という事ですが 起き上がるには電動ベッドを日常に

取り入れて活用する事で リモコン1つで電動の力で

無理なく起き上がる事が出来ます。

しかもこの電動ベッドはマットレスも付いていますし、

サイドレール手すりも付いて来るので

ベッドから落ちる心配もありませんし、布団なども
ズレ落ちる心配も ありません。

この様に日常を大きく支えてくれる補助アイテムを

生活に取り入れて少しでも負担の少ない毎日を

過ごしましょうね。

★ポイント最大16倍★【全国配送可】-電動ベッド 穂高 1モーター 宮無 / HBS-135-MY1 ダークブラウン コイズミファニテック 1ケ JAN4905959454606 kt336658 取寄品(非課税)-【介護福祉用具】

強烈に腰が痛む時は無理せずに、電動ベッドを使用すると楽に起き上がれる

足腰を痛めたら関節サポーターで

膝周りや、膝関節などを守りつつ、

日々の衝撃に 耐えなければなりません。

杖や、関節サポーターで日々の負担を

和らげて過ごしても、

やはり1日が終わる頃には ドッ、と 疲労が

身体中に 現れてしまいます。

仕事や 1日の やる事を終えて、疲れた身体で

ストレッチやマッサージなどをして

身体の疲労を 取り去りたいですが、

疲れ切った身体では、少しの動きをするのも

気力を絞らなければなりません。

そういった時に、自分自身がストレッチの

動作をしたり、

手の届く範囲内を 揉み解したりする手間を省く為、

マッサージ器などが あれば、

スイッチを押すだけで 自動で脚や腰などを

揉み解してくれるので 非常に楽です。

しかしながら、日々の疲弊は少しづつ、積もりに

積もり 足腰に強烈な痛みとして現れてしまいます。

通院も定期的にして、日々 足腰関節の痛み対策や

アフターケアを施して居ても、です。

1度痛みを感じて、それが あちこちに広がって

しまってからでは、

対策を施しても ダメージを完全に防ぎきる事は

難しいのです。

杖と関節サポーターを併用して居ても、1歩1歩の

歩行の都度、ダメージが生じてしまうので、

それがピークに達した場合は、朝 目を覚ました時に

腰の痛みにより、

自力で起き上がれ無い、などの日常生活を送ること

自体が 困難になってしまう事も あります。

そうした時には、私の経験上、ピークの痛みが

永久に続く訳では無いので、ジッ、として過ごし、

痛みのピークが過ぎ去るのを2~3日の間、

待てば良いのですが、

布団の上で 横になって居る姿勢で、腰が強烈に痛んだ時、

と言うのは、例えば 足首の角度を変える事も 腰に響くので

難しくなりますし、足首の向きよりも動きが大きい、

膝の向きや、膝を折り畳んだり等は かなり困難になるので、

実質、出来る事は2~3日の間、ただただ天井を眺めて

身体の向きなどを変えずに 時が過ぎゆくのを待つだけです。

腰が強烈に痛む時は 当然、腰を捻る事も、上体を起こす事も

出来無いので、トイレに行ったり、食事をしたり、と言う事も

その間は 行えないので、出来れば腰の疲弊感が いつも以上に

強いな~、と感じた時は、

布団の直ぐ横に 蜂蜜や飴とストロー付きの飲料を幾つか

用意しておくと その間は どうにか凌げます。

そうこうして居る内に、状態を現時点で どの位 起こせるだろう、

とか、膝を曲げた時に 何処まで持って来ると痛みが強いのか?

と言うのを、時々確認しておくと、少しづつ痛みのピークが

過ぎつつあるのを感じる事が出来るので、

もう少しで起き上がれるかも。という希望が見えたりして、

気力が湧いて来るので時々確認してみる事を お勧めします。

こうした状態になると、『あっ、起き上がれないな。』と

思った時点で救急車を呼べば良いのですが、

まさか、この様な状態に なるとは思っていない時と言うのは、

手が届く範囲内に携帯電話を 置いて居なかったりします。

すると、私が書いた様に 天井を見つめながら、蜂蜜などで

糖分を補給しながら痛みがピークを越えるのを

待つしか無いのですが、この時に電動ベッドがあれば、

2~3日もの間、天井を眺め続けずに済みます。

と、言うのも腰が強烈に痛む時は、頭を持ち上げた状態から

腰を少し浮かせた角度が 最も腰に負担が掛かり 辛いので、

此処を乗り越えると、あと5㎝~10㎝ほど上体を起こすのは、

意外と楽なので、

その角度まで電動の力で腰に負担を掛けずに持って行く事が

出来るのです。

身体を起こす事さえ出来れば、後は 手すりや杖を使って

トイレにも行けますし、調理も出来ますので、

腰の痛みがピークに達した時の自力で起き上がれ無い、

という 最も辛い状況を楽に乗り越えて下さいね。