「Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

1日の3分の1の時間を占める就寝時間を快適に過ごすには?

腰痛と言うものは、日々の過酷な労働や用事などで

忙しなく動き続けて 碌に身体を休める暇も無い状態が

少し続くと身体全体の疲弊感の後に腰部の痛みとして

ジワジワと、あるいは急激に現れ始めます。

過労が腰部に蓄積して どうも腰の疲れが取れないな~、

と言う日々が続いたら、それは腰痛の兆候なので

気を付けた方が良いです。

腰痛が悪化すると感じる腰椎・仙骨の
強い軋み/炎症・血液の循環

今回は、腰痛が腰に現れてから どんどん悪化して

毎日の就寝時間が とても寝苦しい状態である、

と言う前提で書いて行きたいと思います。

腰が強く痛むと、日常生活に支障が出始め、

歩くのも座るのも立ち上がるのにも腰が痛んで

不便さを感じてしまいます。

歩く時、立ち上がる時、必ず腰の筋肉(脊柱起立筋)

が可動するので、ここが疲弊してしまう程に

痛みが増して行きます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

歩くにも 立ち上がるにも、腰部は いつでも負荷が

掛かるので、他の部位に比べて疲弊しやすく、

痛みも蓄積し易いのです。

これは、姿勢が関係していて、腰を守るために

背筋をピン、と立てるのを意識しすぎると、

今度は逆に脊柱起立筋が早く疲弊して 痛みが

強くなりやすいのです。

そこで、日中は腰痛サポーターや杖で極力

負担を和らげ、日が沈んで一日の やる事を

終えた後は、出来ればストレッチをしたり、

温熱療法で患部を温めたりして、

筋肉を解すのが良いですが、日中どんなに

痛みを和らげていたつもりでも、

問題は寝る時に現れます。

立っている時、歩いている時は、脊柱起立筋に

負担が掛かるが故に 疲弊しやすく、

痛みやすいと言う事を書きましたが、

寝る時にも 腰に負担が掛かり易いのです。

それは何故か?と言うと、布団がフカフカして

いたりすると、頭から足先まで 一直線を保てずに、

重心が腰に集中して沈んでしまう為です。

すると、1日24時間の内、3分の1の時間である

8時間就寝したとしたら、

8時間もの間、腰部に負荷が乗り続けている事に

なるので、朝 目を覚ました時に、

腰が激しく痛んで当然である、と言えます。

【厚さ13㎝で程よい寝心地の体圧分散マットレスで
快適な就寝時間を過ごすなら こちら↓↓】

そうした時に、腰への負担を軽減する方法として、

一番手軽なのが体圧分散マットレスの上で

寝る事なのですが、もし体圧分散マットレスが家に

無い。と言う場合でも半分くらいに折り畳んだ毛布を

布団の上に2枚ほど布団の上下に乗せる事で、ある程度は

身体が沈んでしまう事による腰周りへの負担を

軽減する事が出来ます。

腰が痛い時の寝姿勢と身体への負担

毛布は夏場でも1枚だけ身体に掛ける事で丁度良い温かさで

眠り心地が良くなりますし、秋冬の寒い季節が訪れると

いよいよ本領発揮で、2~3枚重ねる事で温かくて快適に

眠る事が着出来る様に なりますが、この様に腰が痛い

場合にも、掛けでは無く、敷く事で身体全体の負担を

軽減する事が可能に なるので、毛布は何枚あっても

助かる物ですね。

【毛布セットがあれば状況や身体の状態によって
応用が効き、変化を付けやすい↓↓】

膝の負担を軽減する膝サポーターはガッシリ固定感強めを選びたい

日々忙しく動き続けていると身体中に

疲労が蓄積し、身体全体に重苦しさや

怠さが覆い被さり、動くのも億劫になり、

日々の意欲すらも減退させてしまいます。

そうした状態で重い腰を上げ、嫌々多忙な

日々を過ごして居ると、

身体にも悪い影響が出てしまい、疲労感が

足腰の痛みへと転じてしまいます。

腰の痛みの原因としては 筋肉の疲弊から

筋肉内部で血流の鈍りが生じ、

乳酸・老廃物が排出されずに溜まり続け、

痛みを発する様になったり、

脊柱起立筋の過度な負担による疲弊から炎症を

起こしたり、線維輪を突き破り 髄核が飛び出し

神経を圧迫したり、あるいは骨自体の変形や、

脊柱管が狭まり神経根に圧が掛かる事で

痛みや痺れが生じたりなど、様々な原因が

挙げられますが、

何れの場合にも、痛みや違和感を感じた

最初期の段階で整形外科に行き、

自身の身体の状態を知った上で適切な治療を受け、

そして要手術と言う場合以外、

自宅で安静に過ごしたり、あるいは、さほど歩行など

日々の生活に不自由していない段階でも

腰痛サポーターや杖などで、毎日積み重なり続ける

足腰へのダメージを最小限に留めようとする意識が

大切に なります。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

要手術で無い場合は、ブロック注射、リハビリ、

牽引などを病院で する以外に、

通院日以外は服薬や補助アイテムを使って

保存療法で様子見、という事になるので

病院以外での日常生活で、如何に足腰に負担を

掛けずに過ごして、次回の通院日までに

状態を悪化させずに無難に過ごすかが

重要になります。

足腰の痛みを軽減する為に、補助アイテムを
有効に活用するには?

実際には 前回の通院から次回の通院まで

負担を全く感じずに過ごす事は不可能なので、

どうやっても、前回の状態よりも悪化して

しまうのですが、

それでも、少しでも早い完治を見据えるのならば、

日々の腰痛対策と言うのが、

病院での治療以上に大切に なります。

腰の痛みの症状として、椎間板ヘルニアや、

脊柱管狭窄症、間欠跛行、坐骨神経痛、筋膜性

腰痛などが挙げられますが、日常での対策が

出来ておらず、依然として日々強い負担が

腰部を中心に掛かり続けていたら、自力で

歩く事も難しくなる歩行困難の状態に

陥ってしまう事も あります。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

私の場合、腰からでは無く、脚を最初に痛め、

その影響が腰に出始めて、

足腰の痛みが その日ごとに強く出た箇所を

優先的に守る様にしていたら、

結局、左の腰が強く痛む日、右の腰が強く痛む日、

股関節が痛む日、膝関節の痛みが強い日と

痛む箇所が悪戯に増え続けて行く事は避けられた

(と思う)のですが、

足腰の関節各箇所ごとの痛みは 耐えられる

限界を超え、結局、歩行困難な状態に

なってしまいました。

【(M~XL)小さめサイズから大きめサイズまで選べる
がっしり膝サポーターは こちら↓↓】

私の場合、膝の痛みは特に 日によって強弱に

差が あるのですが、強く痛む時は布団の上で

横になって居るだけでも膝周りが痛むので

困ったものです。

結局は日々のケアとしてマッサージをしたり、

ストレッチをしたり、あるいは関節サポーターや

杖を併用して そもそもの脚に掛かる負担を

軽減する事が大切ですね。

痛みが強くなってからでは やはり苦しい日々が

続いてしまうので、出来るだけ そうなる前に

日々のケアを大切にしましょう。

【(長さ67.5cm~90cm)日々のダメージから膝を守るなら
安定感抜群の6点杖が おすすめ↓↓】

腰を楽にするには就寝時の負担軽減が大切/体圧分散マットレス

多忙な日々を 送る事で、身体が疲弊し、

足腰の各関節部位に痛みが生じ、

首の凝り、肩周りの張り、背中や腰の痛みに

悩まされる日々が 始まってしまうと、

朝起床した時に、起き上がるのも 一苦労で

立ち上がり、トイレに行くにも、 1歩1歩の

歩行の度に 腰に響いたり、 何かと 日常生活に

おいて、忍耐を 強いられて しまいます。

背中は 姿勢矯正サポーターで ある程度、

痛みや 衝撃を和らげられますが、

背骨に沿った30cmロングボーン姿勢矯正サポーター

腰の場合は 腰痛サポーターを 装着して、

日々守っていても、

休息時に座って 身体を休めようと思った時、

座り姿勢にも 気を付けて、

腰にダメージが 溜まらない様に

気を張って いなければ なりません。

少しでも 休もうと思っていても、椅子に座る

深さや、背骨の形状を 意識しなければならない為、

余計に 疲れが溜まってしまう場合も あります。

座る度に 身体が休まるどころか、

疲労が 積み重なってしまうと言うのも、

非常に困るのですが、 腰の痛みで 更に

厄介なのは、就寝時にも 負担が掛かり、

1番疲れが取れる筈の 睡眠時間にも 疲れが

溜まり続け、翌朝に 起床した時から、

腰の強い痛みに 耐え続ける1日が 始まって

しまう事です。

腰の痛み、と言うのは 整形外科やペインクリニックに

通院していても、

1日2日で 治る、という物では 無いので、

日常生活に おいて、

如何にダメージを軽減させるか、 という

意識の持ち方と 対策が重要に なります。

激しい腰痛時に日常生活での動きを
出来るだけ少なくするには

基本的に、腰痛サポーターも そうですが、

各部位の関節サポーターと いうのは、

関節部位を 圧迫し続ける為、

常時装着していられる物では無く、

解放する時間も 必要なので、

その際には 別の対策が必要に なります。

腰を始めとするあちこちの関節が疲弊した時には

ストレッチやマッサージなどを施し、

凝り固まった筋肉の緊張状態を和らげる事が

大事です。

家で気軽に行うマッサージ手順

その後に大切なのは、1日の内、3分の1を占める

睡眠時間を如何に快適に過ごし、

身体全体を休ませるか?と言うのが とても大切に

なります。

人により睡眠時間は多少異なりますが、1日の

3分の1、大体8時間だとすれば

8時間もの間 腰に負担が掛かる様な

固めの布団に寝て居ては、いつまでも腰の痛みが

取れないのも仕方の無い事だと思います。

しかし、柔らかすぎても腰が沈んでしまうから、

布団を選ぶと言うのは中々 難しいのですが、

今の時代、体圧分散マットレスがネット通販で探せる

時代ですし、保証期間も しっかりと記載されてるものも

あるので、安心ですね。

腰痛時や身体の疲れが取れない場合には体圧分散マットレス

歩行がツラくなったら車椅子の使用を検討する

腰の痛みの原因は働きすぎて部に疲労が

蓄積して、

血液の流れがスムーズに行われ無くなって

乳酸や老廃物が体外に排出されなくなる事で

筋肉内部に炎症を起こす物質であるヒスタミンが

発生して 炎症を起こし 激しい痛みへと場合や、

加齢により、骨と骨の間に ある髄核の水分が減少し、

弾力が低下した所で、

何か衝撃を受けたり、ダメージが生じる事で

髄核の中身が飛び出して神経に触れ、

圧迫する事で 激しい痛みが生じる場合、

あるいは、接触性のあるスポーツで 人と

ぶつかって 外的要因により 部を痛めたり、

ウエイトトレー二ングや肉体労働で重い物を

無理に 持ち上げようとした為に、

に痛みを抱えたりなど、様々な原因、痛み出す

パターンがあります。

いずれの場合にも 早急に整形外科に行き、

自身の現在の部の状況を知りつつ、

専門医に 適切な治療してもらう事が大事です。

しかし、私の経験上、整形外科に行ったから

と言って、直ぐに『この箇所がこうなってるから

痛みが生じている』

と、痛みの原因を的確に見極める事は

なかなか難しい様です。

特に、痛み出してから 最初に通院する迄に

期間が空けば空く程、

一部位だけの痛みでは済まなくなり、あちこちに

痛みが散らばってしまうので、

当然ながら痛みの大元となっている部位を

特定するのが遅れてしまい、

何回も通院を重ねて ようやく特定となると、

それだけ完治までに時間を要してしまいますので、

仕事や用事で行けない日々が続いても、

出来るだけ早く受診する事を お勧めします。

そして、を痛めた場合に 病院での治療時間

以外の日常でも に極力、

負担が掛からない方法として関節サポーター

杖を日常的に併用して居ても 足腰が痛み続け、

『もう歩く事は無理』と、なった場合に 杖などを

使用し 歩く、と言う選択肢以外の日常での対策として、

車椅子を選択した場合の、使い始めた頃に

苦労する点に ついて 書いて行きたいと思います。

以前も書きましたが、病院内では無い 通常の

路面で 車椅子を使用する際に大変なポイントは、

まずは、車椅子に乗らなければ気付かないくらい、

一見、平坦に見える道でもガタガタ振動が激しいですし、

昔、欠陥住宅か否か?を見極める為にビー玉を

転がすのをテレビで観た事が ありますが、

ビー玉の気持ちになる位の 微妙な傾きを感じて、

車椅子のコントロールが急に難しくなる事があります。

そうした時には、右腕・左腕、どちらかの力を強めて

バランスを保たなければならないので、

只でさえ 体力の消耗が激しい自走式車椅子が、重量感を

ズシン、と 増したように感じます。

『通常の平坦なアスファルト』を進んでいる時でも、

後輪の側面に付いて居る 走行用のハンドリムを

グイッ!と前に回した時、(実際計った訳では

無い私の感覚ですが)その ひと漕ぎで進む距離は

大体20㎝~30㎝位なので、コンビニに行こうとした時、

スーパーに行こうとした時、目的地まで

数100メートルの距離でも、物凄い時間が掛かるのですが、

それに加えて先ほど書いた様に微妙な地面の傾斜が あった場合、

車椅子自体のコントロールの難しさ、重さが加わり、

歩けば 直ぐに辿り着く様な、数100メートルの距離が

果てしなく遠く感じてしまいます。

最初の頃は平坦な道でのコントロールだけでも大変なのですが、

馴れて来たら、歩道の微妙な段差や 勾配にも対応して行ける様に

少しづつ試してみて下さいね。

スポーツ車椅子 軽量 折り畳み 自走式 介助ハンドル 転倒防止バー付 マリブナイン 24インチ A709 カドクラ