「Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

股関節の痛みを軽減する対策

毎日毎日忙しい日々を送っていると、

知らず知らずの内に 身体全体に疲れが溜り、

その疲れは 足腰などの関節部位に 痛みとなって

現れ始めます。

『関節部位の疲弊』

それは、多忙な あまり 身体をケアする暇も無く、

ひと時の休息、食事も そこそこに、

翌日に備えて 早く寝て、朝 目を覚ましたら

また忙しい1日が始まる。

という サイクルを繰り返している為に、少しづつ少しづつ

関節に負担が蓄積し、

やがて、炎症を起こした足腰関節部位は 悲鳴を上げて

強い痛みとなって 症状の深刻さを 訴えかけます。

しかし、関節が痛むからと言って、多忙な日々

変わる訳では ありませんので、

『何の、これくらい!!』と 踏ん張ってしまい、

『気の持ちよう』という 言葉で片づけてしまって、

身体からの 痛みのシグナルを 無視してしまっては

痛む部位が 1か所に留まらずに、2か所、3か所と

あちこちに広がってしまい、とうとう各種関節サポーター

装着するだけでは 足りずに、

を使ってようやくどうにか歩行出来ると、いった

状態にまで 悪化してしまうと、

仕事どころか、日常生活を 送るのも大変苦労するので、

身体からの 警告を決して 蔑ろにはせずに、

痛みや 違和感を感じた 初期の段階で

整形外科やペインクリニックなどに 通院して下さい。

私は正に このパターンで、からに掛けて

股関節足首などと 痛みが拡散してしまい、

今更 後悔しても健康な身体に戻る事は 出来ない位の

状態に なってしまったので、

如何に早い段階での 対処が重要か、を身を以て

痛感しております。

そんな私が 腰痛サポーター膝サポーター足首サポーター

足底への厚底サンダルインソールなどを 取り入れ、

更に、を用いても まだ歩行するのには不充分だった事が

ありました。

それだけの 関節部位への 対策を施しているのに、

何が足りないのか? というと、

1歩1歩の 歩みの度に、足の振りの 支点になる部分、

つまり、股関節への 対策が出来ていなかったのです。

ですので、近所に お買い物に行く際も、行きは何とか

気を張りながら 無事に辿り着けるのですが、

帰りは もう、股関節への負担が 許容量を超えていて、

1歩1歩 足を踏み出すのが、

とにかく苦痛で 仕方が ありませんでした。

どんなに杖に頼っても足首や膝サポーターを

がっしり固定しても、股間節へのダメージは

積み重なり続け、毎晩寝る頃には、股関節を中心に

痛みが発生して 寝るのも容易では 無いほどに。

自宅で行える遠赤外線治療器で患部を温めたり、

体圧分散マットレスなどで、

身体の負担を 極力無くしたり等、

色々な 対策を行いつつ、効果を感じては いたけれど、

もっと、ダイレクトに痛み・衝撃を防ぐ、

あるいは 緩和する手段は無い物か?と、辿り着いたのが

やはり 専用サポーターを 取り入れるという

シンプルな 答えでした。


思い切って、股関節サポーターを購入して

日常で 関節を守る保護アイテムの1つとして

加え始めてみたら、これが 効果覿面 こうかてきめん で、

少なくとも 片道10分の お買い物の往復も

ただの苦行では 無くなりました。

この効果は 大きくて、就寝前に毎晩苦しんでいた

股関節を 中心とした痛みも、

時を同じくして 和らいで行き、

日常で欠かせない 1歩1歩の歩行時だけでは無く、

日常の疲れを 取り去る為の 就寝時にも、

スムーズに 眠りに就けるなどの 思わぬ収穫があったので、

足腰の痛みに 悩む方は、股関節サポーターも

足腰を守る上で 重要な保護アイテムだという事を

情報の1つとして、頭の片隅に入れてみてください。

そして 日常に取り入れて、日々の負担を

減らして、過ごしてくださいね。

股関節サポーターで歩行時の衝撃を和らげる→

激しく腰が痛む時には体圧分散マットレスの上で寝る

日々の疲労の蓄積や、加齢による軟骨の

磨り減りなどで関節周りの靭帯などが、

その部位を支えようと過剰に働いて

疲弊する事により 痛みが生じたり、

あるいは、スポーツなどで急激な負担が

掛かったりなど、人によって足腰に

痛みが生じる状況、過程は異なりますが、

1度でも痛み出せば、仕事や日常生活に おいて、

大きな不便さを強いられる事は共通しています。

しかも、足腰の痛みと言うのは、腰部の痛み

(間欠跛行,椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,

筋膜性腰痛など)から 足首、足底の足底筋膜炎まで

何処か1箇所が痛めば、その部位を守ろうと

自然と重心が 身体の痛みがマシな方に偏ってしまい、

そうした 歪 いびつ な重心で数日から数週間も過ごせば、

痛みがマシな方の足腰にまで、過度な負担が生じ

そちらにも痛みが広がって行ってしまいます。

そして、その結果として歩行困難などの不自由な

日常を強いられる様に なってしまうのです。

つまり、この悪循環を防ぐには最初に足腰の

何処かに痛みや違和感を感じた段階で整形外科に行き、

問診で何処が どの様に痛むか、というのを

しっかりと伝えて、

その後レントゲンやMRI検査などで自身の

現状を知る事が大切です。

病名や状態を知る事で、病院での治療・リハビリ

時間だけでは、状態を改善する事は なかなか難しいので、

治療・リハビリ時間よりも遥かに長い日常生活の

中での痛む患部への痛みを緩和させる

関節保護サポーターを装着したりと、あるいは

家庭用の温熱治療器で患部を直接温めて

血流を促したり、日常生活の中でのケアも

行い易くなります。

病院での実際の治療時間は、腰の牽引や

膝に超音波を充てたりなどの場合、

せいぜい長くても20分~30分程度で終わって

しまうので、

24時間の内『23時間30分』治療以外の

時間の方が遥かに長いので

つまり、治療時間よりも日常生活の中で

足腰への負担を如何に小さく留められるか?

という事に意識を向けるかが重要に なるのです。

23時間30分の内、就寝時間が8時間あるとしたら、

残るは15時間30分ですが、

身体が沈んでしまう様な柔らかい布団で寝ると

腰への負担が8時間もの間、掛かり続けるので、

その場合、腰部が痛んだり、臀部が痺れたり

身体に負担が掛かって居る時間は

やはり23時間30分と なってしまいます。

この就寝時間を身体を休められる快適な

時間にするには 体圧分散マットレスの上で

寝る事が重要な要素と なります。

体圧分散マットレスは今の時代、様々な

種類があり、どれを選べば良いのか

迷ってしまう程です。

これは購入する側は 非常に悩みに悩んでしまい

結局選べずじまい、何てことも多くあるでしょうが、

これだけ多くの種類が市場に出ている

と言う事は、それだけ腰や身体に疲労感や

痛みを抱えて居て、充分な睡眠が取れておらずに

悩んでいる人が多い事の裏返しでも あります。

腰の痛みの場合は、腰の筋肉である脊柱起立筋が

疲弊しきっている場合が多いので、

しっかりと休められる環境づくりが大事です。

私も体圧分散マットレスを購入する時には、

いつも迷ってしまうので見極めるポイントを

自分の中で決めて、それに合致したものを

選ぶようにしています。

そのポイントは 通販で買う場合、質感や寝心地と

言うのは、サイト上の写真や マットレスの構造を

見て、想像するしか ありません。

しかし、それだけでは実際に購入してから

『あれ?思ってたのとちょっと違う』と

なってしまう事もあるので、自身がサイトを見て

イメージした物と実際の質感・寝心地に

相違点が生じない物を選択するには、写真と

構造以外で その質感・弾力が視覚的に

分かりやすいマットレスを探す事が大切ですね。

体圧分散マットレスで腰の負担を軽減する→

足腰関節は日頃から大きな負担を受けているので、ケアが大事

日々忙しく働いていると なかなか

自身の身体のケアをする暇も ありません。

そうした中で足腰が痛んだりすると、

関節サポーターの装着が日常に

欠かせなくなります。

身体は1歩1歩の歩行の度に衝撃を受けますから、

それを緩和する為の 対策として、関節サポーター

存在が無ければ 非常に不便を強いられます。

足腰の痛み と言うのは、足腰関節の何処か1か所でも

痛み出すと、

その部位を自然と庇いながら 歩くようになってしまう為、

重心を健康な 片側に傾けて 歩行するようになります。

そうした日々を数日~数週間も過ごすと、

重心の傾きから 身体のバランスが崩れ、

元々痛めていなかった側に 負担が掛かり続けてしまい、

そちら側にも強い痛みが生じる様になってしまいます。

その様に 一方が痛めば もう片方で庇い、

そうこうしている内に

元々1箇所だった痛みも あちこちに

拡散されてしまいます。

膝から痛みが始まったとしても 庇い続ける事で

足腰全体的に痛むほどに 悪化してしまうと

先ほども書いた様に、日常生活も非常に不便に

なってしまうので、

早い段階での対処が重要になります。

対処と言うのは、痛みや違和感を感じた初期の段階で

整形外科やペインクリニックに通院したり、

あるいは日常生活では各関節部位ごとの関節サポーター

装着したり、自宅で行える手段としてマッサージ器や

温熱治療器などで 患部を直接癒すのも おすすめです。

その様に、通院して治療・リハビリ時間以外で

日常で出来る対処法としては関節サポーター

杖の併用が、最も使用頻度の高い 支えになるのですが、

それでも足腰関節には どうしても負担が掛かってしまいます。

1歩1歩足を踏み出す度に、股関節が可動し、脚が地面に触れる事で
体重を支える為に足底から足首、アキレス腱、膝関節、股関節、

そして腰の筋肉である脊柱起立筋にまで、歩行の振動による

衝撃が毎回 伝わってしまう為です。

振動が仮に無かったとしても、これらの部位を 既に痛めている
場合には、股関節の可動による痛みは 必ず発生しますし、

足底筋膜炎の場合は 脚が地面に触れて踵から延びる筋膜に
テンションが掛かった時点で、悶絶するような痛みが生じますし、

足首やアキレス腱には体重が乗り、膝関節も鋭い痛みが走ります。

そひて腰の筋肉である脊柱起立筋は身体を支える為に、
細かく収縮と弛緩を繰り返しているので、

疲弊し続けて 痛みが強くなるので、やはり完全には防ぎようが
無いのです。

これらの筋肉や関節部位は、立ち上がる時、歩く時には
必ず負担が掛かる部位なので、

だからこそ日頃のケアが 大事な訳です。

貼るだけで何処でもマッサージ出来るマッサージパッド→

本格的な夏が訪れる前に肌に合うメッシュ生地サポーターを入手する

暑い日々が続くと出かけるのも億劫で
少しの買い物も躊躇ってしまいますね。

ましてや、膝や腰を悪くしていると痛い関節に
負担をかけて無理してまではちょっと。と、

よほどの用事が無ければなるべく外出は
控えてしまいます。

膝関節というのは一度痛めてしまうと
歩行時はもちろん、立ったり座ったりする度に

負担がかかり痛みが生じますし、歩道の緩い傾斜や
崩れたアスファルトなどの道は ほぼ必ず

何処を歩いてもありますので、膝や腰が悪い状態で
出かけるというのは

ただ夏場の暑さに耐えるだけでなく、それらの道を
通る際の痛みにも同時に抗わなければならないのです。

アスファルトがそういう構造な以上、足腰への負担は
避ける事が出来ませんし、

既に痛めている腰部の筋肉(脊柱起立筋)は疲弊し易いので
より一層の注意が必要です。

多くの場合、
目的地まで平坦な道ばかりでは無いと思うので

近所に買い物に行く、というのにも気を張り詰める
必要があるのです。

歩道の構造は変えられないので対策として膝サポーター
装着したり、腰痛サポーター、杖などが自身の身体を
守るのに欠かせないアイテムなのです。

近頃はディスカウントストアにも安価で腰サポーター
膝サポーターなども置いてありますが、

しかしなかなか季節ごとに適したサポーターというのは
置いてありませんので、

私の場合、夏場は薄いメッシュ生地素材のサポーター
ネットで検索して入手しています。

そうすると夏場用のメッシュ素材サポーター、
それ以外の季節用サポーターが幾つも常備してあり、

季節ごとに使い分けが可能なので消耗品ですが
長持ちしています。

メッシュ生地サポーターというと薄さと通気性重視で
肝心の膝関節を保護する機能・性能はどうなの?と

私も最初はちゃんと支えられるのか不安でした。

しかしながら購入して使ってみるとダブルのベルトが
しっかり支えて膝関節を固定してくれるので効果を

実感してからは、これで暑い夏場も出かけられる。

と、満足感や安心感を感じたので、今では幾つも
メッシュ生地サポーターを常備して重宝しています。

暑い夏を見越してメッシュ生地サポーターを早い段階で入手して
腰部や膝関節に装着する、というのは非常に大切だと思います。

関節サポーターの生地が自身の肌に合うか否か?という判断が
薄着になる夏前に把握できますし、

もし万が一素材が肌に合わずに かぶれてしまう様な事があれば、
夏前に新しい自身の身体に合うサポーターに買い替えて置く事も出来ます。

腰回りは直では無く、シャツを挟んで装着するのが通常の装着の仕方ですが、
膝関節の場合は直接肌を生地で覆ってしまうので、

自信の肌質に合わない材質のサポーターに出会う事もあるかも知れません。

なので、薄着になる前の早い段階で皮膚に影響のない、しっくり来る
素材のメッシュ生地サポーターを見つけてくださいね。

膝関節を守る お手頃価格な薄生地サポーターはこちら→

日常の中で足腰の負担を軽減するなら杖とサポーターとの併用が有効

毎日毎日朝早く起きて夜遅くまで稼働稼働の日々を送り、
徐々に身体に(特に脊柱起立筋周辺)疲労が溜まるも、

碌に癒す暇も無く多忙な毎日を繰り返し続け、

そうした日々を送っていると身体全体の疲労感に
加えて足腰関節部位の疲弊から痛みが生じ始め、

やがては仕事は勿論 日常生活にも足腰の痛みによる
影響が出始め不便な生活を強いられてしまいます。

足腰の関節が痛むと朝 目を覚まして起き上がる時にも
ひと踏ん張り。

そしてトイレに行こうにもキッチンに行こうにもテーブルに
行こうにも足腰に生じる痛みに堪えなければならず、

1歩1歩の歩みに苦痛が常に付きまといます。

足腰の中でも 足首関節痛による痛みの場合、必然的に
体重を一番下の位置で支えなければならず 1歩1歩の歩みの度に

痛みが生じるので、を使った上で足首サポーター
活用して負担を軽減させようとするのが最善の対策になります。

膝の場合は膝サポーターに加えて更に杖を使用する事で膝関節に
乗っかる体重や衝撃を両脚と杖との3点に分散できるので

上手く日常に取り入れ活用する事で関節部位に掛かる
負担を軽減する事が出来ます。

腰の場合も同様に腰サポーターを装着しつつ、杖を有効に
活用し支えて歩く事で歩行時にダイレクトに衝撃が響く事を
軽減できます。

この様に杖と言うのは身体の負担を大きく和らげてくれて非常に有効な
ものだと理解はしていても日常的に用いるのは視線からの視線も

集めてしまうので最初の内は何だか恥ずかしくて嫌なのですが、
一旦使用し始めるとこれ程 足腰を痛めた時に身体を助けてくれる

アイテムは無いんじゃないかと言う位、頼りになるので ついつい
依存し過ぎてしまう事があります。

私も使い始めた最初の内こそ 普段お買い物に行っている
スーパーなどに 突然杖を使用しながら入るのは恥ずかしくて

抵抗がありましたが、今では杖と言う保護アイテムの助けが無いと
歩けないので人の視線は気にならなくなりましたし、

身体の一部と化しているので堂々と近所のスーパーにも
行けるようになりました。

人にどう見られるか?という見た目よりも自分にとって
重要なアイテムであるとの認識が勝ったので

日常的に使用するのに何も気にしなくなりましたが、
きっと他の人もそうだと思うので自身の足腰の関節が

痛み始めたら整形外科などに通院しつつ、杖を使用して
日常での負担を和らげてくださいね。

見た目よりも実用性が大事なのは 何でも同じだと思うのですが、
特に自身の身体に直接的にダメージを大小・左右する程の影響を

与える保護アイテムなので見た目は気にせずに自身の身体の
保護を優先に考えて日常で負担を減らして行きましょうね。

日常的に足腰の負担を和らげるなら安価なこの杖→

日常に多大な影響を及ぼす辛い足腰の痛み

多忙な日々を送り毎日ぐったり疲れて
碌に身体を休める暇も無く就寝して

朝を迎えまた多忙な1日が始まり、
という生活を繰り返していると身体中に

疲労が溜まり、それが関節部位に徐々に及んで行き、
やがて強い関節の痛みへと発展して行くと

仕事は勿論の事、日常生活にも影響が出始め、
積み重なった疲労・ダメージというのは

1歩1歩の歩行の度に足腰に衝撃が伝わり
強い痛みが生じる事によって近所に

お買い物や散歩に行くのですらツラくなって
しまいます。

特に腰部の筋肉である脊柱起立筋の疲弊から来る腰痛と
いうのは厄介で痛みが出始めると

その腰部を庇いながら日々過ごす様になり、
痛みが無い方に重心を傾けながら

生活をする事になるので その様な状態で
数日~数週間過ごすと重心の偏りから

身体のバランスが崩れ元々痛みを
感じていなかった側にも疲労が積み重なり

痛みが生じる様になってしまいます。

そうなると悪循環の繰り返しで右が痛めば

左を多用するようになり、左に痛みが強く出れば
右に重心を傾ける様になり、

そして結果的に体中あちこちに痛みが
拡散してしまう様になるので出来れば

足腰関節部位に痛みや違和感を感じ始めた
初期の段階で整形外科や整体を受診する事が

その時点での最善の選択になります。

とは言え、まず整形外科に行くと問診票の記入から
始まり、実際の問診時間は5分に満たない3分程度。

そして触診~レントゲン撮影という流れになり、レントゲン上に
特に問題点が見受けられない場合には、つまり緊急で手術が必要な
場合、

後々手術が必要な要手術の場合以外には処方箋を出されて
服薬や湿布を貼ったり、関節サポーターで様子見の保存療法と
いう判断になります。

保存療法が悪い訳では無いですが、足腰を痛めている場合と
いうのは、毎日毎日ダメージが加算され続けている状態でも
あるので、

1週間に1回か、2週間に1回程度の通院ペースの間に前回受診した際
よりも ダメージが遥かに強くなっている事が多いのも事実です。

なので、保存療法の場合には、『病院に通院しているから これで
痛みから解放される』などと思わず、日常生活の中で自分自身で

如何に足腰の痛み対策を行うのかが重要になります。

『完治』という目標に向けて物事を考えた場合に毎回の通院の度に
前回よりも状態が悪化しています。と言い続けては、

医師も対応しきれなくなり、やがて『うちでは もうこれ以上
やれることはありませんので、紹介状を書きます。』

と別の病院を転々とすることになります。

これはどちらが悪いとか言う事では無くて、医師が思っているよりも
足腰の痛みの進行速度が速かった。

あるいは骨の変形やレントゲンやMRIで確認できる神経圧迫などの
早い段階で手術を要する状態ではない場合に、整形外科ではそれ以上

踏み込んだ判断が出来無いというだけの事なので、どうしても痛くて
痛くて我慢できない場合には、整形外科では無くて、

痛みを取り除く専門のペインクリニックを受診しましょう。

ペインクリニックも治療の段階があるので、依然として日常生活の中で
自身で身体の痛みを和らげる意識を常に持つ事が重要になりますが、

ペインクリニックの場合には神経の流れから、それが どの位置に
影響を及ぼすのか?など教えてくれながら治療を進めていくので、

自信が日常の中でどうやって足腰を守れば良いのか?の答えも
見つけ易いと思います。

とは言え、1回2回通院したぐらいでは ずっと悩まされ続けてきた
痛みから解放される訳では無いので、その間 痛くて痛くて

もう動くのも嫌だ。

と、なった場合には家では自身の労力を使わずに起き上がる事が
出来る電動ベッドを使用したり、車椅子に乗って移動する様にすれば

足腰への負担はかなり減らす事が出来ます。

車椅子も手動で移動するのが辛かったら、今どきは電動の車椅子も
専門店で無くとも、通販サイトで手に入れられる時代なので、

どうしようも無く足腰が痛い時には、選択肢の一つとして車椅子を
日常に導入するという検討もしやすくなりましたね。

自分自身の身体の痛みがわかるのは自分自身しか居ないので、
他者や医師に期待し過ぎず、求め過ぎずに自分で痛みから身体を
守りましょうね。

足腰のダメージを避けるには気軽に進めるこちらの電動車椅子→

温熱治療器を痛む腰や患部に充てて血行を促す

日々忙しくバタバタと動き回っていたり、労働で
毎日毎日身体を酷使し続けて クタクタに身体が
疲れるものの、

碌に休む暇も無いと、疲労は毎日積み重なり続けて
グッタリと身体が重苦しくなり 身体の重苦しさから

動くのも億劫になってしまい、それでも生活の為に
働き続けねばならず、肉体も精神も疲弊しきって
しまいます。

そういう状態で身体から警告サインが出ているのに 尚も
嫌々重い身体に鞭打って身体を酷使し続けてしまうと、

足腰関節部位に痛みが発生し出してしまい、痛みが強くなると
いよいよ仕事も日常も不自由になる程、取り返しのつかない状態に
なってしまうので、

出来れば早い段階での専門医による適切な治療を
受けた方が良いです。

痛みが日々積み重なり続けてしまうので、整形外科に
行くのが遅れるほどに状態が悪化し続けて

痛みがあまりにも強いと通院しようにも
向かうために歩く事すら困難になってしまいます。

なので、状態が酷くなる前に病院に行き、対処しましょう。
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、間欠跛行、腰椎変性すべり症

などと診断されたら 朝起きて布団から起き上がる事も
いずれ自力で出来なくなったりする程の痛みに襲われる
可能性があるので

注意深く日々の腰部の状態をチェックしていることが大切です。

腰椎は上体の角度、捻り動作など、日常生活の中の自然な動作で
物凄く負荷が掛かってしまう部位なので、疲弊しやすく、痛みも
感じやすい部位である。

と、認識しながら日々 丁重に扱う事が大切です。

身体の状態によっては 自分はこんなに痛みを抱えていて
毎日辛い状態に耐え続けているのに、レントゲンやMRI検査の結果が

骨の変形や神経を著しく圧迫して居らず、整形外科の担当医師に
手術するほどでも無いし、注射やリハビリも施したのだから

これ以上この病院では対処の使用が無い、と言う事を
言われる場合も多いですが、そういう場合には整形外科では無くて

ぺインクリニックに行き、痛みを取り除く専門医に診て貰いましょう。

ペインクリニックの場合は神経をそれ程 圧迫して居ないから
そんなに痛い筈がない、と言う事にはならずに痛みの原因を

もう1歩踏み込んで探してくれるので、もう痛くて我慢できない。
と、日常生活に大きく支障を来し、何をするにも不自由さを

感じている状態ならば整形外科で別の病院を探すのに時間を
費やすよりも ペインクリニックを探した方が痛みから解放され、

身体にとって助かる結果に繋がるかも知れません。

それでも、受診~治療、即完治とはならないので、依然として
日常生活の中での腰痛対策などが重要であることは変わりありません。

疲弊しきった腰に有効なのはお風呂で湯船に浸かり、じっくりと
身体を温め、血行を促し疲れを取る事ですが、

腰の痛みが強くて 狭い湯船に入るのが辛いと言う場合に有効なのが
家庭用温熱治療器です。

温熱治療器の場合、大きなドーム型の物や寝転がるだけで全身温める事が出来る
シート型の物、あるいは分厚い生地素材で身体全体を包み込むようにして血行を
促すものなど、

様々なタイプの物がありますが、ぜんしんを温めると言うよりも、ピンポイントで
腰だけ、脚だけ、肩だけ、お腹だけ温めたいと言う方にピッタリなのが

丁度 腰回りだけ覆うサイズのマット型温熱治療器です。

乗せるだけで簡単に痛む患部を温め血行促進し、痛みを多少なりとも
緩和させる事が出来、楽にしてくれます。

患部を温め血行促進させる温熱治療器はこちら→