車椅子の使用も視野に入れる事で足腰の負担も楽になる

毎日の仕事疲れ等が積もりに積もって

身体が疲弊すると、

身体の重苦しさに加えて 足腰にジンジンとした、

あるいは、鋭い痛みとなって 反映されます。

足腰の痛みと言っても、椎間板ヘルニア

軟骨の磨り減りによる痛みだったり、

足首を捻ったり、足底筋膜炎だったりなど

様々ありますが、

いずれの場合も仕事にも 日常生活にも

支障を来してしまいます。

そうした時に 何とかダメージを大きくしない様に

関節サポーターを装着したり、

テーピングを 施したり、どうにか対策を

すると思うのですが、

足腰の痛み対策には 路面状況や天候、季節ごとの

気候なども 考慮しなければなりません。

地面が凸凹だったり、砂利道だったり、

急な坂道・傾斜だったりすると、

を支えにしていても、足腰への負担は

避けられませんし、

とは言え、日常に おいて、直接的に足腰

支えてくれるアイテムという事を

考えた時に の存在は欠かせません。

特に、坂道・傾斜(勾配)に関しては、

どうしても 路面の 角度に合わせて

足底を地面にピッタリと付けなくては

ならないですし、

その時には で体重を支える比重も

大きくなります。

すると、どうなるか?そうして足腰の痛みを

多少なりとも緩和させようと、

足腰にばかり 気が向いて居たら、いつの間にか

体重を支える上で 大きな役割を担って居る

肘関節が疲弊して、炎症を起こしてしまう様に

なります。

足腰が痛むから、杖を支えに どうにか歩く事が

出来て居る状態で、を使用する時に

必ず負担が掛かる 肘関節が痛んでしまうと、

どうなるでしょう?

当然、身体を支える力が弱まり、支えが

弱まる事で、路面状況によっては

転倒のリスクも生じてしまいます。

これを、防ぐ為には 肘関節サポーターを

装着した上で疲弊している肘関節

外部から軟膏を塗ったり、もし、肘関節

炎症が激しい場合には、ビニールに入れた

氷を 肘に充てて、熱や腫れを抑える事が 大切です。

炎症が起きた時には、まず冷やして、腫れや

熱が引いたら温熱療法で温めて

血液の流れを促しましょう。

こうした流れで、1日の終わりにアフターケアとして冷やしたり、温めたりして居ても、

毎日、肘関節に過度な負担が 掛かり続けると、

やがてはで身体を支える事すら 辛くなるので、

その時は無理せずに、車椅子の使用も視野に

入れてみると少し精神的に 余裕が出来ます。

歩く以外の選択肢が無いと、足腰に加え、肘まで

痛めてしまう事で、どんどん精神的に追い込まれて

しまいますから、もう一つの選択肢を 増やす事で、

少し気分的に楽になります。

車椅子を日常生活の中で活用する→

酷い腰痛時には車椅子を使い負担を軽減する

腰の痛みの原因は働きすぎて、部に疲労が

蓄積する事で、

血液の流れがスムーズに行われ無くなって

乳酸や老廃物が体外に排出されなくなって

起こる場合や、加齢により 骨と骨の間にある

髄核の水分が減少し、

弾力が低下した所で 何か衝撃を受けたり、

ダメージが生じる事で、

髄核の中身が飛び出して神経に触れ、

圧迫する事で激しい痛みが生じる場合、

あるいは接触性のあるスポーツで 人と

ぶつかって外的要因により 部を痛めたり、

ウエイトトレー二ングや肉体労働で重い物を

無理に持ち上げようとした為に、

に痛みを抱えたりなど、様々な原因、痛み出す

パターンが ありますが、いずれの場合にも

早急に整形外科に行き、自身の現在の部の状況を

知りつつ、専門医に適切な治療してもらう事が大事です。

の負担と言うのは、思わぬ速度で積もり

積もる事が あるので、

保存療法で日常的に如何にへのダメージの軽減を

意識する事が大切に なります。

特に、椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症筋膜性腰痛

などと診断された場合には

日常生活の中で腰痛対策が欠かせませんし、

歩行中に疲弊して動けなくなってしまう様な

間欠跛行の場合には、日常的に もっと

労わるべきだった、と その時になって

後悔してしまうので、ダメージを抑えられる所は

過剰な程に、対策を施しましょう。

とは言え、日常生活の中で腰痛サポーター

を使用して、きちんと歩行時などの

足腰への負担対策を行っていたとしても

毎日毎日ダメージは溜まり続けて しまうものです。

定期的に通院していても、日々 腰痛対策を施して

居たとしてもダメージは積もり積もってしまい、

その先には歩行困難と言う未来が待ち受けています。

歩行困難と言う未来を避ける為には、自身の状態に

あった処置を施してくれる病院・医師に出会う事と、

腰痛サポーターだけに留まらず、いよいよ

痛みが強くなりすぎて歩けないと言う不自由な状態、

もしくは、近しい状態になったのなら

車椅子の使用も視野に入れる柔軟さも

大切だと思います。

車椅子日常に取り入れると言っても、歩道には

緩い坂道(勾配)が沢山ありますし、

平面の路面だけなく段差も あれば亀裂が入っていたり、

凸凹の路面や、砂利道、そして溝の近くを通らざるを

得ない場合も あります。

車椅子の前輪は後輪と違い、非常に小さいので、

溝や砂利など、大きな障害物と なってしまいます。

ですので、今日車椅子を使い始めて、今日中に

自由に乗りこなす、というのは難しいですし、

ほぼ腕の力だけで勾配などにも対処しなければ

ならない為、筋肉も疲弊するし、

スタミナも あっという間に尽きてしまうので、

これは もう慣れて行くしか ありません。

なので、慣れるまでは車椅子を使ったから、

と言って腰痛による苦しみから

完全に解放される訳では無いので、ある程度の

我慢は 必要ですが、

そうした一つの選択肢として柔軟な思考で車椅子

日常生活に取り入れる、

と言うのも自身の身体を守るために大切な

考えだと思います。

自走式車椅子で足腰の負担を軽減する→

疲弊や痛みを感じる足腰をマッサージで解して和らげる

日々の忙しさから 足腰関節部に

疲労が溜まっていても、

ついつい後回しで ケアをする暇も無く、

仕事や 1日のやる事を終え、

一息ついて就寝して 翌朝早くに起きると

また忙しい1日を 繰り返す。

と、この様な サイクルで 繁忙期などの

忙しい毎日を過ごしていると、

身体や関節部位に疲労感と共に、関節への

ダメ―ジが 徐々に蓄積して行き、

それが積もり積もって やがて強い痛みへと

転化する、というのは 良くないパターンなので、

誰しもが 避けたい流れだと 思います。

日々の関節部位への ケアをしっかり行い、

1日1日の 疲労を取り去る様な

マッサージや、ストレッチなどで

リラックスできる時間を作り、

そういった疲弊した身体を癒す ひと工夫を

施してから就寝する事で、

毎日 朝方に 目を覚ます度に、身体から疲労感が

抜けているのが実感できるかと 思います。

しかし、日々の歩行などで 関節部位への

積もり積もった疲弊というのは、

完全に取り除ける訳では 無いので、

足腰に少しでも 痛みや違和感を 感じた時点で、

『この位なら 自然の治癒力で治るだろう・・』と

放置せずに、

速やかに 整形外科ペインクリニックを受診して

治療しつつ、自身の身体の 現在の状態を知る事が

それ以上の 悪化を防ぐのに 大事なので、

早めに 病院に行く事を おすすめします。

通院するタイミングを逃す程に、足腰の痛みと

言うのは、日々の疲弊感から

ダメージが強くなって行くので、痛みが強く

なり過ぎてしまうと、通院する事も難しく

なってしまいます。

なので、毎日の生活の中で疲れたり、傷んだ足腰

マッサージストレッチなどのアフターケア

筋肉を解し、血液の流れを正常に戻そうとする事が

大事なのですが、

足腰が痛むと、その部位に 負担が極力掛からない様に

日々過ごす様になるので、

筋肉が衰える事で、脂肪が蓄積し始めてしまいます。

脂肪が増え、肥満が進行すると、当然ながら

体重も増加するので、

益々、足腰への 負担が増幅してしまいます。

身体が過度に疲れる・やがて身体が痛む・筋肉が

衰える、脂肪が蓄積する・体重が増えて負担、

痛み増加という悪循環を繰り返す様に

なってしまうので、

これを根本から解決する為には、身体が疲れ

始めたら、軽い重量でのウエイトトレーニングや

ジョギングなどで汗を流して、リフレッシュするか、

整体や鍼灸など通ってみるのも 良いと思います。

特に、日々の生活の中で 負担が掛かり易いのは、

腰部の脊柱起立筋や肩周りの僧帽筋、

そして意外と太もも裏のハムストリングスなどが

疲弊し易いので、そこを中心に解しましょう。

パッドを貼り、インナーマッスルを刺激する→

体圧分散マットレスで腰の痛みを軽くする

腰痛と言うものは、日々の過酷な労働や

用事などで忙しなく動き続けて

碌に身体を休める暇も無い状態が少し続くと

身体全体の疲弊感の後に部の痛みとして

ジワジワと、あるいは急激に現れ始めます。

過労が部に蓄積して、どうもの疲れが

取れないな~、という日々が続いたら

それは腰痛の兆候なので気を付けた方が良いです。

今回は、腰痛が腰に現れてから どんどん悪化して

毎日の就寝時間が とても寝苦しい状態である、

という前提で 書いて行きたいと思います。

腰が強く痛むと、日常生活に支障が出始め、

歩くのも、座るのも、立ち上がるのにも

が痛んで不便さを感じてしまいます。

歩く時、立ち上がる時、必ず腰の筋肉脊柱起立筋)が

可動するので、ここが疲弊してしまう程に

痛みが増して行きます。

歩くにも 立ち上がるにも、部は いつでも

負荷が掛かるので、他の部位に比べて

疲弊しやすく、痛みも蓄積し易いのです。

これは、姿勢が関係していて、を守るために

背筋をピン、と立てるのを意識しすぎると、

今度は逆に脊柱起立筋が早く疲弊して、痛みが

強くなりやすいのです。

そこで、日中は腰痛サポーターで極力

負担を和らげ、日が沈んで一日の やる事を

終えた後は、出来ればストレッチをしたり、

温熱療法で患部を温めたりして、

筋肉を解すのが良いですが、日中どんなに

痛みを和らげていたつもりでも、

問題は寝る時に現れます。

立っている時、歩いている時は、脊柱起立筋

負担が掛かるが故に 疲弊しやすく、

痛みやすいと言う事を書きましたが、

寝る時にも に負担が掛かり易いのです。

それは何故か?と言うと、布団がフカフカしていたり

すると、頭から足先まで 一直線を保てずに、

重心がに集中して沈んでしまう為です。

すると、1日24時間の内、3分の1の時間である

8時間就寝したとしたら、

8時間もの間、部に負荷が乗り続けている事に

なるので、朝 目を覚ました時に、

が激しく痛んで当然である、と言えます。

そうした時に、への負担を軽減する方法として、

一番手軽なのが体圧分散マットレスの上で

寝る事なのですが、

今すぐ必要だと思っても、手元に届くまで

注文してから数日間掛かってしまうと、

その間、とても困ってしまいます。

なので、毛布を何枚か二つ折りに畳んだものを敷いてみて、

の負担が少ない様な厚さにしてみたり、

あるいは、3つ折り・の高さを調節したい場合は、
4つ折りに したり、枕を使用したり、

の高さを調節する事で、体圧分散マットレス
届くまでの数日間凌いでみて下さい。

体圧分散マットレスで足腰の痛みを軽くする→

車椅子に乗り始めた時の注意点

足腰の痛みと言うのは日々の疲れや

スポーツなどで 外部からの刺激を受けた時に

身体に現れます。

足腰の痛みの厄介な所は股関節足首

あるいは足底筋膜炎(踵から伸びる筋膜の炎症)の内、

何処か1箇所でも痛みが生じると、その痛む部位を

庇う様に 1歩1歩重心を 片側にズラしながら

歩むようになり、

そうして 数日~数週間ほど過ごすと、重心の偏りから

身体の重心バランスが崩れ

元々痛みを感じて居なかった側に日々疲労やダメージ

蓄積され続け、やがて痛みが生じる様に なってしまいます。

つまり、最初に痛めた1部位を庇って生活することで、

もう片側に 重心が傾き続けて、そちら側が通常よりも

負荷が掛かり続ける為に、

より強いダメージを負ってしまうのです。

足腰の痛みでツラいのは此処からで、

仮に右のを痛めたとしたら、重心を左側に傾けて

生活して行く内に、左側のも痛めてしまう。

そして、両を痛めたらを庇おうと

別の部位(例えば)で 痛みを逃がそうと、

歩く度によりもに負担が逃げる歩き方を

する様に自然となってしまいます。

すると、同じ様に 日々過ごして行く中で

に負担が蓄積し続け、

幾らもしない内に、にも強い痛みが

発生する様に なってしまいます。

今度は 両に加え、も守る様に歩く日々が続き、

足首股関節にも強い痛みが

生じる様に なってしまいます。

この様に、足腰の痛みというのは、日々歩む度に

ダメ―ジが積み重なり、

1か所に留まらず、あちこちに 拡散されてしまうのが

ツラい点です。

日常の中で 足腰の関節部位を守るには、

各関節部位ごとの関節サポーター日々装着して

関節部位に生じる負担を和らげるか、

を装着して両足とは別に、もう一点支える

ポイントを増やして 3点で体重を分散するか、

あるいは、それでも足腰に掛かる負担が強くて

を使っても 歩くのがツラい、

という状況でしたら、車椅子日常に取り入れて

足腰に掛かる負担を減らしましょう。

とは言え、自走式車椅子は最初の内は

とても苦労します。

人により、自宅周囲の路面状況という物は異なりますが、

坂(傾斜・勾配)が多い所に住んでいると 上半身だけで

コントロ-ルするのは、かなり大変になります。

なので、最初の内は極力 平坦な路面の場所を探して、

行ったり来たりを繰り返し、車椅子の操作に馴れると共に

上半身の身で動かす上で必要な体力を養いましょう。

恐らく、誰でも最初の内は10m~20mほど進んだ段階で

心拍数が上がり、呼吸も乱れて、

腕を中心に上半身に重苦しさを感じると思いますが、

その点に ついては、平坦な道を行き来して練習する事で、

車椅子の操作に慣れていけば 徐々に その大変さも

薄れて来ます。

そうして、平坦な道での操作に慣れて来たら、いよいよ

歩道の勾配などにも 乗り降りできる否か?

試してみて、少しづつ馴れて行くと良いと思います。

歩道の勾配でも傾斜角度が急な所もあれば、浅めな所も

あるので、浅い所から無理せずに試してみると、

勾配にも慣れやすいかと思います。

但し、最初は勾配を上がろうとした時に、タイヤが

浮いたり、後ろに重心が行ったりして

『危ない!』と思う瞬間があるので、

出来れば、家族が居れば家族に見てもらいながら

浅い勾配を乗り越えてみて下さい。

私は急な傾斜は避けているので分かりませんが、

浅い傾斜の場合、タイヤが浮いたりしない様に、

少し重心を前に寄せながら進むようにしています。

すると、浅い傾斜ならば割と すんなり進むことが

出来る様になります。

車椅子を日常に取り入れて足腰の負担を軽減する→

痛む肘関節をケアしながら上手く車椅子に乗る

毎日の仕事疲れ等が積もりに積もって

身体が疲弊すると、

身体の重苦しさに加えて 足腰にジンジンとした、

あるいは、鋭い痛みとなって 反映されます。

足腰の痛みと言っても、椎間板ヘルニア

軟骨の磨り減りによる痛みだったり、

足首を捻ったり、足底筋膜炎だったりなど

様々ありますが、

いずれの場合も仕事にも 日常生活にも

支障を来してしまいます。

そうした時に 何とかダメージを大きくしない様に

関節サポーターを装着したり、

テーピングを 施したり、どうにか対策を

すると思うのですが、

足腰の痛み対策には 路面状況や天候、季節ごとの

気候なども 考慮しなければなりません。

地面が凸凹だったり、砂利道だったり、

急な坂道・傾斜だったりすると、

を支えにしていても、足腰への負担は

避けられませんし、

とは言え、日常に おいて、直接的に足腰

支えてくれるアイテムという事を

考えた時に の存在は欠かせません。

特に、坂道・傾斜(勾配)に関しては、

どうしても 路面の 角度に合わせて

足底を地面にピッタリと付けなくては

ならないですし、

その時には で体重を支える比重も

大きくなります。

すると、どうなるか?そうして足腰の痛みを

多少なりとも緩和させようと、

足腰にばかり 気が向いて居たら、いつの間にか

体重を支える上で 大きな役割を担って居る

肘関節が疲弊して、炎症を起こしてしまう様に

なります。

足腰が痛むから、を支えに どうにか歩く事が

出来て居る状態で、を使用する時に

必ず負担が掛かる 肘関節が痛んでしまうと、

どうなるでしょう?

当然、身体を支える力が弱まり、支えが

弱まる事で、路面状況によっては

転倒のリスクも生じてしまいます。

これを、防ぐ為には 肘関節サポーターを

装着した上で疲弊している肘関節

外部から軟膏を塗ったり、もし、肘関節

炎症が激しい場合には、ビニールに入れた

氷を 肘に充てて、熱や腫れを抑える事が 大切です。

消炎剤で肘関節の痛みを和らげる→

炎症が起きた時には、まず冷やして、腫れや

熱が引いたら温熱療法で温めて

血液の流れを促しましょう。

こうした流れで、1日の終わりにアフターケアとして冷やしたり、温めたりして居ても、

毎日、肘関節に過度な負担が 掛かり続けると、

やがてはで身体を支える事すら 辛くなるので、

その時は無理せずに、車椅子の使用も視野に

入れてみると少し精神的に 余裕が出来ます。

歩く以外の選択肢が無いと、足腰に加え、肘まで

痛めてしまう事で、どんどん精神的に追い込まれて

しまいますから、もう一つの選択肢を 増やす事で、

少し気分的に楽になります。

自走式車椅子に乗り足腰の負担を和らげる→

体圧分散マットレスで足腰の負担を軽減する

腰痛や肩周り、足や首などが痛むと

何かと寝苦しさを感じて

ぐっすり眠れなかったり、

あるいは 寝るまでになどが落ち着く位置が

中々見つけられずに,、横向きになったりなど

寝姿勢を しょっちゅう変えて 丁度良い

ポジションを どうにか見つけてから

眠りに就く、など とにかく寝る時に

横に なったのにも関わらず、

速やかに眠れないというのは 大きな

ストレスに なりますよね。

そうした時に へのストレスを如何に

軽減しようか?

と考えるのが、自然の流れだと思いますが、

まず一番 簡単に行えるストレス軽減対策が

敷布団を体圧分散の物に変えると言う事ですね。

頭から足先までを 一直線だとした場合に、

敷布団が柔らかめの場合、頭から足先までの間で

質量が最も重い『周りから臀部に掛けて』

ズズッ、と沈んでしまい、

緩く『くの字』を寝かせたような姿勢に

なってしまうので、

睡眠時間が 仮に8時間だとしたら、8時間の間

ずっとに負担が掛かり続けている事に

なります。

頭ととの直線上から が沈めば 当然ながら、

負担はに 一点集中してしまうので、

朝 目を覚ました時に『が凄く痛む。』と

なってしまったり、

身体から疲弊感が抜けて居ない状態が続くのです。

この様に布団の硬さ、柔らかさ、質感と言うのは

身体から疲れを抜くにも、

あるいは部などを痛めない様に する為にも、

非常に重要なポイントなのです。

しかし、大事なのは体圧分散マットレス

日常に取り入れる事ばかりでは ありません。

やはり活動的に働く、日中にが痛いならば

腰痛サポーター周りを保護したり、

その周辺の関節部位にも痛みが拡散されない様に、

予め 注意深くサポーターを装着してみたり、

と、日々 身体への負担を極力 小さく留めようと

対策する意識が大事です。

そして もう一点大切なのは、そうやって日常で

生じるダメージを出来だけ小さく抑えた

足腰関節に対してアフターケアを施す事です。

足腰関節に対するアフターケアとは

マッサージしたり、ストレッチしたり、

あるいは、関節部位が炎症を起こして痛む様だったら、

ビニールに氷を入れた即席の氷嚢で患部を冷やしたり、

腫れや熱が引いたら 温熱治療器で温めたり等、

ケアの仕方は色々あるのですが、何故ケアが必要か?

と言うと、日々サポーターを装着したり等、

身体へのダメージを抑える対策を

施したとしても 足腰には どうしても 少しづつ

少しづつ、ダメージが蓄積してしまいます。

それが知らず知らずの内に、積もりに積もり、

ある時突然、関節部位に 新たな痛みとして

現れてしまうので、関節内部に植え付けられた

その芽を発芽させない為にも、毎日のケア

種の成長を抑える事が大事なのです。

ケアをする上で大事なのは 血液の流れ

正常に保つ、と言うのが

意識の根底に あると、日常ケアも行い

やすいと思います。

血流の鈍り、というのは 足腰の痛みに大いに

関係があり、日々の疲弊が積もれば

筋肉の強張り・凝りが持続し、筋肉内部では

血管が圧迫され 血液の循環が正常を保て無くなり、

血液が本来 運ぶ酸素供給の量が不足し、

筋肉のエネルギー源で ある

ブドウ糖が不完全燃焼を起こしてしまいます。

そうなってしまうと、筋肉の機能低下だけで無く、

乳酸などの老廃物の体外排出が滞ってしまい、

蓄積して益々痛みや凝り・張りが悪化して

しまうのです。

なので、如何に血液の循環機能を妨げないか?が

とても重要で、ケアの根幹に

その意識が あるか無いかで、身体の疲れが

和らぐか否か?が分かれると思います。

先程も書いた様に、マッサージストレッチ

そして冷やしたり、場合によっては

温めたりなどの ケアを行う事が血液の循環を

保つのに有効なのです。

周りは腰の筋肉である 脊柱起立筋

という面積の広い筋肉が身体を支える為に

常に負担を受け続けているので、疲弊し易いですし、

脊柱起立筋炎症や 何か異常が生じた場合には

腰の痛みから日常の あらゆる面で支障を来して

しまう様に なります。

なので、私としては 周りのケアには

特に気を使った方が良いと思います。

体圧分散マットレスで足腰を負担から守る→

腰が痛む時のリクライニングソファーを使った楽な寝方

腰痛と言うものは、日々の過酷な労働や

用事などで忙しなく動き続けて

碌に身体を休める暇も無い状態が少し続くと

身体全体の疲弊感の後に部の痛みとして

ジワジワと、あるいは急激に現れ始めます。

過労が部に蓄積して、どうもの疲れが

取れないな~、という日々が続いたら

それは腰痛の兆候なので気を付けた方が良いです。

今回は、腰痛に現れてから どんどん悪化して

毎日の就寝時間が とても寝苦しい状態である、

という前提で 書いて行きたいと思います。

が強く痛むと、日常生活に支障が出始め、

歩くのも、座るのも、立ち上がるのにも

が痛んで不便さを感じてしまいます。

歩く時、立ち上がる時、必ず腰の筋肉脊柱起立筋)が

可動するので、ここが疲弊してしまう程に

痛みが増して行きます。

歩くにも 立ち上がるにも、部は いつでも

負荷が掛かるので、他の部位に比べて

疲弊しやすく、痛みも蓄積し易いのです。

これは、姿勢が関係していて、を守るために

背筋をピン、と立てるのを意識しすぎると、

今度は逆に脊柱起立筋が早く疲弊して、痛みが

強くなりやすいのです。

そこで、日中は腰痛サポーターで極力

負担を和らげ、日が沈んで一日の やる事を

終えた後は、出来ればストレッチをしたり、

温熱療法で患部を温めたりして、

筋肉を解すのが良いですが、日中どんなに

痛みを和らげていたつもりでも、

問題は寝る時に現れます。

立っている時、歩いている時は、脊柱起立筋

負担が掛かるが故に 疲弊しやすく、

痛みやすいと言う事を書きましたが、

寝る時にも に負担が掛かり易いのです。

それは何故か?と言うと、布団がフカフカしていたり

すると、頭から足先まで 一直線を保てずに、

重心がに集中して沈んでしまう為です。

すると、1日24時間の内、3分の1の時間である

8時間就寝したとしたら、

8時間もの間、部に負荷が乗り続けている事に

なるので、朝 目を覚ました時に、

が激しく痛んで当然である、と言えます。

そうした時に、への負担を軽減する方法として、

一番手軽なのが体圧分散マットレスの上で

寝る事なのですが、

今すぐ必要だと思っても、手元に届くまで

注文してから数日間掛かってしまうと、

その間、とても困ってしまいます。

ですので、今 自宅にある寝具などを利用して

どうにか心地の良い寝姿勢を作れないか?

と言う事について、考えてみました。

良くある方法の一つは、、身体より

高い位置に上げて寝る、と言う方法ですが、

毛布を2枚ほど畳んで 足元に置く事で、この寝姿勢を

作る事が出来ますが、

足先だけを高い位置に置くだけだと、角度的に

部に負担が集中してしまうので、

足先だけを乗せるのではなくて、

もし、乗せるのなら、全体を乗せた方が

への負担は軽く済みます。

しかし、腰の痛みが更に強力な場合、

この姿勢を取るのは 難しいです。

を上げていても、少しづつに負担が

掛かっているからです。

なので、私は少し痛みが強く出ている時には

毛布1枚か2枚分を畳んで、

部に上手く当たる様に敷いて を弓なりに

反らしてしまいます。

これは腰の痛みの度合いによっては、寧ろ

逆効果になる事も あるので、

一番痛い時よりも少し痛みが落ち着いているな、

と感じた時に有効な方法です。

そして、が究極に痛い場合というのは、

そもそも横に なる事すら 辛くて出来ません。

そうした時に、横になって快適な就寝時間と

言うものを諦めて、

椅子の上で座ったまま寝るか、

あるいはリクライニング・ソファーなどの

角度が付けられる椅子の上で寝るか?

と言うのを考える必要があります。

椅子に座るよりも、寝るのに適した姿勢、

大体50度~60度の角度に背もたれを設定し、

を伸ばして寝る事で椅子上よりは

快適に眠る事が出来ます。

私は どうしようも無くが痛んだ時には、

こうして50度~60度の角度を付けた寝姿勢で

眠っているのですが、現在までにの状態による

寝姿勢は、この幾つかのサイクルで何とかなって居るので、

もう一段階上の痛みに襲われた時に また

考えてみたいと思います。

リクライニングソファーで足腰に楽な姿勢を作る→

足腰の痛みを和らげる為に杖を使い、支える

足腰の痛みは日々の過労の蓄積から生じたり、

あるいは加齢による軟骨の磨り減りから

関節周囲の筋肉が支える比率が高くなるも、

関節周りの筋肉も衰えて弱くなっている為、

負担が日に日に大きくなっていく、と言う

サイクルから足腰の痛みが増大して行く訳です。

と、言う事は筋肉を意識的に動かして、筋繊維を

強化すれば少なくとも 足腰の痛みは改善されるのでは?

と、希望を感じたは良いけれど、実際には痛みが

強くなる程に筋肉のトレーニングは おろか、

ストレッチさえも実際には辛くて行えません。

そうした時に、日常の中で筋肉を活性化させる為に

出来る事は痛みが強くならない範囲内での

歩行くらいしか行える事は ありません。

痛みが強くならない範囲内で、と言うのも

非常に塩梅が難しく、

動けば 必ず痛みは付いて回るものなので、

あくまで痛みの大きな要因の一つである

『脊柱起立筋が疲弊しすぎない範囲内』で

意識的に歩行してみましょう。

それは近所への お買い物に出掛けるだけでも

良いですし、家で安静にしている日々が

長くなる程に、筋肉の衰えも顕著になって

しまうので、安静の日々の中で ほんの少しだけ

意識して筋肉を動かしてみましょう。

ここで問題となるのは、自宅周辺の路面環境です。

完全に平坦な道のみならば、足腰への負担は

最小限に留められて、

僅かでも筋肉の活性化を促す事は 出来るでしょう。

しかし、私の家の周囲もそうですが、緩い坂道

(勾配)が あったり、アスファルトが抉れて

荒れた路面があったり、砂利が散らばっていたりすると

杖の利きが弱くなったり、足底筋膜炎の症状が

強く出ている人の場合には、

万が一にも砂利を踏んずけてしまうと、

途端に悶絶して動けなくなる程の痛みに

襲われてしまいます。

たった一欠片の砂利ですら、痛みの状況によっては

大きな障害物に なり得るのに、

緩い坂道(勾配)が進行方向上に ある場合、砂利道

以上の大きな障害物になってしまいます。

足底筋膜炎と言うのは、特に こうした砂利道や

傾斜・勾配に対して影響を受けやすく、

踵から伸びる筋膜が砂利を踏んで直接的にダメージを

被ったり、坂道の傾斜角度に合わせて ピン、と

必要以上に張り詰めてしまったり等、

痛みが瞬間的に強くなる要素は 路上に

幾つも転がっているのです。

腰痛や膝痛・股関節痛に加えて、足底筋膜炎まで

併発している場合には、

自宅周辺の路面状況と言うのが非常に大切に

なってきて、以前も綴ったように

身体の重心バランスが中心から大きく崩れない様に

気を付けつつ、歩行時の衝撃を出来るだけ

軽減させながら 歩まねばならないですし、更に

足底の筋膜が張り詰めて

強い痛みを発する事が無い様に、注意深く

1歩1歩脚を踏み出さなければ なりません。

坂道の場合にはバランスが身体の中心から

どうしても ズレてしまうので、

(上る時には後傾に、下る時には前傾に)

そうすると、当然 通常とは重心バランスが

異なるので、足腰への痛みも 上手く逃がしつつ、

傾斜を進まないと 痛みを強く抱えてしまう事になります。

坂道を上る時に、身体が一直線に なってしまうと、

脊柱起立筋の可動の割合が大きくなってしまい、

それに伴って痛みも増して行くので、少し前のめり気味に

上ると多少は痛みも和らぎます。

一方、下り時には前傾姿勢だと重心が前に寄り過ぎて

危険なので、やや後傾気味姿勢を保つ必要が あるのですが、

これは階段の上り下りの時にも書いた様に、

下り時の方が足腰への負担が大きくなるので、

より慎重に、注意深く降りる必要が あります。

2本杖で ゆっくりと丁寧に前方に杖をついて、

身体が前に行き過ぎない様に 少しづつ降りようと

意識する事が重要です。

この様に、路面の状況次第で足腰の負担が増したり

するのですが、少しでも意識して無理の無い範囲内で

歩もうと する事で、筋肉が少しづつ活性化して行くので、

筋肉の衰えによる足腰の状況の悪化を

少しでも妨ぐ事が出来ると思いますので、筋肉を

衰えさせない様に 意識してみて下さいね。

足腰の痛みを軽減する為に杖を使用する→

リクライニングソファーで足腰の痛みを楽にする

日々生きて行く中で労働、用事、家事など

毎日訪れる 24時間ある内の日常生活の中の

一部として行わなければならない事が山ほどあり、

あれもこれも 、なさなければならない日々に追われ、

身体は休まる暇も無く、唯々 疲弊して行くだけ。

すると、いつしか感じ始める身体全体を覆う

疲労感、重苦しさ、怠さ。

それでも、日々のやるべき事は減るはずも無く、

無理して 今日も明日も明後日も

忙しさの中に身を投じ、依然として身体に鞭を

打ちながら 酷使し続け、

疲弊が身体全体に覆い被さった時に、疲弊感は

足腰への 痛みへと転じ、

いよいよ仕事は おろか、日常生活にも

大きな支障を来す様な状態になり、

不便さを感じたかと思えば、あっという間に

日々ダメージが積もりに積もり、

足腰の痛みは激しくなり続け、歩行困難の

状態に陥り、

不自由な日常を強いられてしまう様になります。

労働などで、どの部位に負担が溜まり易いかは

業種により 異なるでしょうから、

痛みの原因や痛みの強さは 人により大きく

異なるとは思いますが、歩いたり走ったり、

重い物を持ち上げたり 屈んだりなどの動作が

多い場合には 腰椎に痛みが蓄積し易く、

そして 負担が掛かり易い部位だけに、

いざ痛み始めた時の痛みも強く現れるのだと

思います。

腰椎は上体の動き(前かがみ、後傾、捻る)に

対して、何かと負担を被り易い部位である為、

痛みが強く現れた時には歩くのも、立ち上がるのも、

座るのも、寝るのにさえ、腰部の痛みに

耐えなければなりません。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、間欠跛行、

筋膜性腰痛、腰の痛みには様々な原因があり、

腰の痛みは腰部に留まらずに、線維輪を突き破り

髄核が飛び出し神経を圧迫してしまうと、

臀部から股関節、膝~足先へと痛み、痺れが

発生してしまう事も あります。

この状態になった時に辛いのは、歩く時に

腰部、股関節、膝関節辺りに鋭い痛みが

走ると同時に、痺れも生じる事です。

ですので、腰部が痛むからと言って、腰痛対策だけ

していたのでは、場合によっては

脚にまで及ぶ痛み・痺れに対する処置が遅れて

しまうかも知れません。

腰と脚が痛む場合には、より一層、身体の重心

バランスに気を付け、重心が崩れない様に歩いたり、

着座姿勢も意識しないといけませんが、

ただ、これまでにも何度か書いて来た様に、

背筋をピン、と張ると言う事だけを意識していると

腰の筋肉である 脊柱起立筋が疲弊して行くばかりで

脊柱起立筋が疲弊してしまうと、腰部の痛みが

益々強くなってしまうので、

張り詰め過ぎてしまうと、逆効果になる事も

あるので、気を付けなければ なりません。

日常的に 腰部や脚の疲労感や痛みを和らげようと

する上で 重宝するのは、体圧分散マットレスや

リクライニングソファーです。

身体を休める為に効果的な体圧分散マットレスや

角度調節可能なリクライニングソファーで

腰にとって 楽な姿勢に合わせたり等、日常の中で

負担を如何に和らげるか?と言う事に意識を向け、

対策する事が 足腰の痛み対策として

何よりも大切です。

リクライニングソファーで楽なリラックス姿勢を作る→