腰周りは日常で負担が掛かり易い箇所だからこそ対策が必要

の痛みというものは労働による疲労の

蓄積だったり、ちょっと重い物を持った拍子に

突然痛めたり、座り作業を長い時間していて

に疲れがジワジワ溜まったりなど。

痛む原因やきっかけは人によって様々ですが、

一度痛めてしまうとあらゆる日常の動作に

支障をきたしてしまう事も多々あります。

歩行時にも腰に負担が乗っかって来るので

腰痛サポーターなどが

手放せ無くなってしまいますし、腰周りの

痛みが悪化すると骨盤や背骨のズレの場合、

神経を圧迫しそれが脚の痺れなどにも

繋がって行く恐れがありますので、

に少しでも痛みや違和感を感じたら 速やかに
整形外科ペインクリニックなどに行く事を

おすすめします。

違和感や痛みを感じた時点で恐らく、

自然の治癒力を上回る負担が日常生活を

送る中でに掛かってしまっているので、

騙し騙し やり過ごそうとするのではなく、

専門医に診てもらうのが、その時点での

最善の選択肢だと思います。

とはいえ、常に病院に居る訳にも いか無くて、

実際には入院している方以外は

治療・リハビリしている時間は

せいぜい10数分~30分位でしょうから、

それ以外の日常の時間の方が遥かに長いわけです。

そうした時に考える事は、日常に おいて、

如何に腰への負担を減らすか?という点ですね。

を使ったり、腰痛サポーターを装着したり、

姿勢を意識したり、

腰の状態に左右されますが、もし可能である

場合は、

軽くストレッチを行って伸ばして解してみたり。

そして、自身の身体に より合った体圧分散マットレス

電動ベッドを探してみたり、と。

如何に日常生活の中で疲れを溜め無いか、あるいは

腰痛対策を徹底的に行い、ダメージを極力小さく留めるか?

という意識が とても大事なのですが、それ程 意識的に

日々対策を施していても、

ダメージを完全に封じきる事は難しいです。

と、言うのも身体は頭部から足先まで、それぞれの

重さが異なり、頭部は約5㎏と言われていて

人により胴部や脚の重さは違いますが、身体の中心と

なるのは腰部です。

身体を前に傾けたり、後ろに反らしたり、捻ったり、

伸ばしたり、と言った中で、何処に負担が掛かるか?と言うと

腰椎や腰の筋肉です。

なので、腰を労わる事が非常に大切なのですが、ストレッチ

マッサージと言ったアフターケアは急激に痛む場合には、

適しておらず、(と言うよりも、痛くて行えない)急激に

痛む場合には やはり、まずは冷やして熱を取り、

その後で温熱療法で血液の流れを正常に戻す様に努めると言う

対策が有効です。

何時でも行えると言う意味で、湯船に浸かり、しっかりと全身を
温めて血液の流れを促すのが、最も簡単な対処法だと思います。

温熱治療器で痛む腰周りを温める→

腰に痛みが生じて負担が掛かって居る時に軽減させるには

腰の痛みの原因は様々ありますが、何れの場合も

厄介な点は急激に悪化した先には、

仕事はおろか 日常生活にも大きな支障を来してしまう、

という点です。

更に腰が痛むだけでは無く、腰を庇いながら毎日

生活して行く中で、

重心が変に偏り いつしか足にも痛みが広がってしまい、

益々 日常が制限され、自力で歩く事も難しくなり、

腰痛サポーターの補助無くしては、

数歩程度歩くのも辛い状態になってしまいます。

そうした時に腰部をダイレクトに締め付け、支えてくれる

腰痛サポーターの存在が 非常に日常を助けてくれるのですが、

選ぶ際に注意したい点は、幅広でボーンが背骨に沿って

しっかりと支えてくれる構造になっているかどうか?

と、これからの時期は暑くても蒸れをほとんど感じずに

装着出来る様にメッシュ生地素材を選びたい所です。

冬場は寧ろ 温かいくらいの腰痛サポーターを装着したくなりますが、

春から夏に掛けては 胴部に装着する以上、

通気性が非常に重要になります。

この様に、腰痛サポーターを装着する状態と言うのは、

ぎっくり腰や身体を酷使し続けた事による

腰の筋肉疲労から来る筋膜性腰痛や、背骨を通る脊柱管が

狭まる事で神経根を圧迫して痛みが発生する脊柱管狭窄症

あるいは、加齢などで髄核の水分が減ってしまい、

抵抗が弱まった時に 何らかの衝撃を受けて線維輪を突き破って

髄核が飛び出してしまい、神経を圧迫する事で激しく痛む

椎間板ヘルニアなどの強い腰部の痛みの時、

強くなくとも 悪化防止の為に早い段階から装着するパターン。

腰を守る、と言うのは、ただ腰痛サポーターを装着すれば

軽くなるかと言うと、

そんな事も無く、あくまで補助サポーターは腰を締めて姿勢を支える

役割と捉えて、自身で背骨から腰に掛けての自然な緩やかなS字カーブを保つ、

と言う事を常に意識しながら日々過ごしたいものです。

全身の筋肉が痛むわけでは無く、腰部の一部が痛んでいる状態で、

この時点で整形外科で診察をしてもらっても

レントゲン上、骨には異常が見られないので、

自身でもそんなに悪い状態じゃ無いのか、と軽視してしまいがちですが、

筋肉に局所的に負荷が掛かり続けている、と言う事は、

この先 腰椎の変形などの事態に発展してしまう恐れが

あるので、日頃の自身の姿勢や どの体勢で強く負担が

掛かっているのか?を見極めて日常生活の中で

意識する事が大切です。

日常生活の中で意識する、と言うのはサポーターで腰周りを

守る事を始めとして、背筋を保ち姿勢を意識する事も そうですし、

マッサージストレッチで筋肉の疲弊を和らげる事も

負担を軽減させる上で大切です。

腰痛サポーターでしっかりと腰周りを守る→

激しく足腰を痛めた時に負担が大きいトイレ時に役立つトイレ用手すり

足腰の痛みと言うのは 経年劣化で電化製品など、

物が少しづつ壊れて行き、

やがて使い物に ならなくなるのとは異なり、

新しい物に買い替えると言うのは 容易ではありません。

なので、愛着の湧いた貴重な思い出の品の様に

磨いたり、少しづつメンテナンスをして、

痛んでいる箇所を治して 充分に稼働し続ける状態を

維持して行かなければ1箇所のガタが、ジワジワと全体に広がり、

あちこちに痛みが拡散されて行き、上半身から下半身に掛けて

痛い部位だらけになり、

仕事は おろか、日常生活にも大きな支障を

来してしまう様になります。

疲労感や痛みの対処を後回しにして、忙しい日々の中に

身を投じ続けてしまうと、痛みは更に強くなり、

日常生活がどんどん つらい物となってしまいます。

そうした中で起き上がるのも、数歩の移動も辛いほどに

痛みが強くなった時に、

家の中で特に辛いのが、トイレでしゃがむ時です。

その際の支えとして、室内用のや壁で身体を支えながら

しゃがみ込むにしても一つ難点があるのですが、

それは、通常のテーブル用の椅子などよりは

便座がやや低い為、より深くしゃがまなければならない点です。

いつもの椅子に腰掛けるよりも深くしゃがみ込む、

と言うのは当然ながら、その分、足腰に負担が掛かるので、

激しい腰痛時にはトイレに行くのも我慢したくなる位の

負担になってしまいます。

それを避ける為に便利な補助アイテムが トイレ用手すりです。

↑↑上の手すりの様に出来れば横方向にも縦方向にも

持ち手があり、身体を支えられる作りならば

しゃがみ込む際の負担も、立ち上がろうとする時の負担も

かなり軽くする事が出来ます。

駅のトイレの介護用手すりも、病院の介護用手すりも大体

横方向にも縦方向にも支えが付いてますよね。

手すりは勿論、体重を かなり預けるので、安定感が何よりも

重要ですし、また その次に重視するのは持ち手の角度などです。

横方向のみでも勿論、身体を支えるのに充分、機能的ですが、

トイレの高さや、人によって手足の長さも違うので、

そうなると横方向のみでは無く、縦方向にも支えが

伸びていた方が、足腰の負担少なく

しゃがみ込み・立ち上がりが行える人も居るので、

自宅で手すりを使う時に何人かで手すりを使う場合には、

縦横両方向に手すりが伸びているタイプを設置した方が

良いと思いますが、一人暮らしだったり、

家族が居ても自分以外に手すりを使わないという場合には

簡単設置タイプの横方向の手すりが良いと思います。

負担の大きいトイレ時もトイレ用手すりで負担軽減→

腰痛時に身体の重心を中心に保つ上で役立つ補助アイテム

腰の痛みの原因としては、過労や加齢、スポーツなどで

急激な負荷が加わった時などが主に挙げられますが、

まず、私の場合もそうなのですが、労働で忙しく

動き回って、連日 身体が疲弊しきているのにも関わらず、

尚も、無理に無理を重ねて、身体を酷使しきった結果、

腰から足まで あちこちの関節部位が痛むようになったり、

加齢で髄核の水分が減り、クッション機能が弱まった時に

何らかの衝撃を受ける事で

線維輪を突き破り中の髄核が飛び出して、神経を圧迫して

しまう事で痛んだり、接触性のスポーツで

他者とぶつかった時に急激に痛みを感じたりと、

この様に痛みが生じる原因は様々あるのですが、

上に挙げた例は、椎間板ヘルニア筋膜性腰痛

分離症などの症状ですが、

他にも背骨を通る脊柱管が狭まり、圧迫される事で

痛みが生じる脊柱管狭窄症間欠跛行

腰椎が前後にズレる分離すべり症など、腰痛と言っても

一括りには出来ない様々な腰部の状態が あるのですが、

何れの場合も、仕事はおろか 日常生活もままならないほどの

状態にまで 悪化してしまう恐れがあるので、

痛みや違和感を感じた段階で、整形外科に行くなど、

早めの対処が とても大事になります。

今までに腰痛が激しくなった時の日常での対策として、

階段の上り下りで生じる痛みに対処するには どうするべきか?

と言う方法や、杖ゴムのチェックは日常的に行った方が

結果的に腰への負担を和らげる事が出来る。

と言う事に ついて書きましたが、

今回は姿勢について書いて行きたいと思います。

姿勢というのは、首の張りや肩凝りなどにも

影響を及ぼしますし、腰にも大きな痛みを

生じさせてしまうのです。

背骨は元々、緩やかなS字を描いている構造になっていて、

直線で無いが故に、

歩行時やジャンプした時などの衝撃をクッション機能が働き、

上手く上から下へと分散出来ているのですが、

背骨、腰を痛めてしまうと、受け流す際の連動が痛む部位で妨げられ、

1歩1歩の歩行の度に連動が遮断され、

衝撃がガッツリと その部位に乗っかってしまい、

元々痛いのに、より強力な痛みが歩行の都度、襲ってくるので

これに抗う為には、腰痛サポーターの日常的な使用、

あるいは姿勢強制サポーターの装着などが効果的です。

特に、腰痛サポーターの併用は姿勢を保つのに、非常に

効果的で、日常の中で重宝する補助アイテムの中でも重要度は

高いと思います。

ただし、1本だと、どうしても重心が杖を握って居る 手の方に

偏ってしまうので、腰の痛みが増してしまう恐れがあるので、

出来れば杖2本使い、身体の重心を中心に保ちましょう。

折り畳み杖で歩行時の足腰への負担を和らげる→

毎日の歩行で知らず知らずの内に痛みが蓄積してしまう股関節を守る

忙しい毎日を過ごしていると身体全体に疲労が蓄積し、

身体の重さや身体のだるさに繋がってしまいます。

それでも 尚も忙しい日々を過ごし続けていると、

重さ怠さだけでは無く、

疲弊感は 足腰関節部位に鋭い痛みへと変貌を遂げ、

現れ始めてしまいます。

そうなってしまうと 仕事は勿論のこと、

日常生活を送る上でも 非常に大きな負担に

なってしまいます。

足腰の痛みと言うのは、重さが約5kgも ある頭部を

支える首から 緩やかなS字カーブを描く背骨へと伝わり、

歩行時や日常での負担・衝撃を骨盤仙骨まで受け流し、

そして股関節から両脚へと分散して 日々大きな負担を

感じる事無く 日常生活を送る事が出来ているのですが、

足腰関節部位の何処か1部位を痛めてしまうと

その衝撃・負担を受け流す関節の連動機能が

妨げられてしまい、痛めた箇所に どんどん負担、

痛みが蓄積してしまいます。

その後は、痛む箇所を庇いながら生活して行く中で、

数日間~数週間も その様な状態で過ごすと

一方を庇う あまり、もう片側にも疲労・負担が

積み重なってしまい、

やがて元々痛みが無くて 健康だった側の足腰にも

強い痛みが 生じてしまう様になり、

その箇所を庇う事により、別の部位に痛みが

散らばって行き、

それを繰り返して行く事で 結果的に足腰全体に

痛みが拡散されてしまうのです。

そうなってしまうと 足腰各関節部位専用サポーターや、

などを日常的に使用し、

少しでも負担の少ない毎日を過ごそうと、色々な保護アイテムを

試して、自身に合う保護アイテムを探す様に なるかと思います。

私なりの経験談ですが、足首サポーター膝関節サポーター

だけでも充分、足への負担を和らげる事が出来るのですが、

それに加えて、腰痛サポーターも日常的に使えば

かなり歩行時の負担・衝撃は緩和できます。

しかしながら、それで充分か、というと 実は膝関節

腰周り以上に 股関節に対してダメージが

ジワジワ溜まっていたりするのです。

股関節は一歩一歩 足を踏み出す度に どうしても可動してしまい、

その都度、ダメージを負う事に なるのですから、

なかなか厄介ですね。

股関節にも股関節サポーターと言う専用アイテムがありますが、

股関節の動きを大きく制限することは出来ません。

股関節の動きを完全に封じてしまうと、足を踏み事が出来無くなり、

歩を進める事が出来なくなってしまいますから、

どうしても、多少 緩い作りになって居ます。

しかしながら、専用サポーターで ある訳ですから、関節の可動を

完全に制限できずとも、股関節の過度な負担を和らげる効果はあります。

なので、股関節サポーターを装着し、股関節の痛みを和らげる、

と言う選択肢は正解ですし、

股関節が激しく痛む場合は股関節サポーターを取り入れた方が

良いと思います。

歩行時の股関節を負担から守る股関節サポーター→

ダイエット用プロテインを毎日計画的に飲んで痩せる

日々多忙で 疲労困憊の状態が続き、

元気が無かったり、

身体が疲弊して 重苦しくて怠い。

こうした日々を送って居ると 仕事や1日の

やるべきことを 終えた後に

疲れを癒す暇も無く、翌日に備えて 寝て、

陽の出と共に目を覚まし、また身体に鞭打って

忙しい日常に身を投じ続け、日々 ホッと一息付ける

僅かの休息時間に きちんと安らぐというのは

中々難しいと思います。

身体は 少しでも 休んで、マッサージ

ストレッチなどで 癒さないと

どんどん疲労が蓄積して行く一方です。

休めるタイミングを見計らって きちんと休む事が

出来ないと 足腰の関節部位が 疲弊し炎症を起こし、

強い痛みが 生じてしまう様になるので、

マッサージやストレッチなどをして 疲労して

硬くなっている筋肉を リラックスさせる為にも

意識的にアフターケアを行い、血液の流れを促しましょう。

あるいは、疲れ切った身体には ご飯をたくさん食べて

エネルギーを補給するのもいいですね。

そして食事だけでは 補いきれない栄養分を

サプリメントなどの 健康補助食品で

しっかりサポートするだけでも 身体は

かなり楽になります。

サプリメントなどの栄養分を補う健康補助食品は

今の時代たくさんありますね。

足腰関節を痛めた時にはグルコサミンが効くとか、

視力回復には このサプリメントが、

とか、色々な種類がありすぎて どれを選べば良いのか

分からない位に 各成分ごとに 様々流通しています。

栄養分を補う以外にも、例えば、ウエイトダウン用の

プロテインパウダーなども流通しています。

足腰の痛みを和らげるには、体重を増やしすぎない、

と言う事も重要です。

質量が増えると、下に位置する腰や足に掛かる負担が

どんどん増して行ってしまいますから、

体重のコントロールというのは、足腰を守る上で

とても大事な要素の一つだと 思います。

サプリメントの中には、脂肪燃焼を促す物も ありますし、

食事で補いきれない栄養素をピンポイントで摂取する物、

という考え方とは異なる方向性での進化を遂げているのです。

これらは勿論、『脂肪の燃焼を促す』訳ですから、ただ飲んで

家で くつろいでいたのでは、その効果は感じられないでしょう。

あくまでジョギングウォーキング、軽い重量での

ウエイトトレーニングなどで筋肉を動かす動作をした時に

初めて、その効果が身体に現れるのだと思います。

そうしたサプリメントは ともかく、ダイエットプロテインの場合、

今の時代、様々なフレイバーが ありますから、

例えば、朝の食事にストロベリー味のプロテイン

飲むとか、チョコレート味やバナナ味など、

飽きが生じない様に 味を変えつつ、摂取して少しづつ

効果を感じていければ美味しい思いをしつつ、

体重も減らせるしで、2度おいしい思いが出来ますね。

美味しいプロテインを飲んで健康的にダイエット→

自走式車椅子を日常で初めて使う時に苦労する点

多忙な日々を過ごしていると 身体に痛みを

感じていても、処置を後回しにしたり

仕事を終えて 帰宅しても眠り就くまでに

色々やる事があって、結局 痛みを癒す事が

出来ずに翌朝を迎え、また忙しい1日が

始まってしまい、身体に疲労が蓄積して行き

首・肩周り、背中・腰、股関節・膝・足首など

各関節部位に痛みが生じても、

多忙が故に 対処出来ずに痛みが強くなり、

ついには 身体のあちこちに痛みが

散らばってしまい、

自分自身では どうしようも無いくらい

関節部位の 状態が悪化してしまいます。

痛みが生じ始めた 最初期の段階では

まだ堪えられる程度の痛みで

何とかなっていて、自然の治癒力に

任せていれば その内、痛みも治まるだろう。

と、騙し騙し過ごし続けた その先には

自分の肉体の回復力・修復機能では

どうしようも無い位、

関節部位の 状態悪化の未来が 待ち受けています。

本来は、関節部位に痛みが生じた段階で

整形外科やペインクリニックなどに

通院出来るのが理想ですが、繁忙期など

仕事以外にも用事があったりで、多忙な日々を

過ごしていると、中々理想通りには 行きません。

忙しくても出来る日々の対策としては、

腰痛サポーターを装着したり、股関節サポーター

膝サポーター足首サポーター

更には、を日常的に使う事で歩行時の痛み、

衝撃を緩和して 関節の状態悪化を

和らげる事が出来ます。

しかし、こうした対策を日々施して居ても、足腰への痛みを

完全に防ぐ事は難しいです。

どうしても1歩1歩 足を踏み出す度に衝撃が足腰に伝わり、

日々腰の筋肉である脊柱起立筋脚の筋肉が疲弊して

強い痛みが足腰に蓄積してしまいますから、それが積もりに

積もると、いよいよ杖や関節サポーターなどの補助アイテムを

日常生活で使用して居ても歩行困難な状態にまで、

痛みが強くなってしまいます。

そうした流れで痛くて歩け無くなり、車椅子を日常に
取り入れてみたは良い物の、

自走式車椅子をアスファルト上でコントロールする、
と言うのは、想像以上に大変なものです。

舗装されてツルツルの平坦な病院の床ならば まだしも、

アスファルトは車椅子で走ってみると、かなり凸凹している上に、

杖で歩行している時には平坦な道と思っていた路面も、

微妙に左右どちらかに軽く傾いて居たりします。

路面が微妙に傾いていると、右腕を強く動かす必要があったり、

あるいは左を小まめに動かしたりで、

あっという間に上半身は疲弊してしまいます。

基本的にガタガタガタガタっと路面からの振動が続くので、

腰に響きますし、そうした時に小石が散らばってたり、

小さな穴ぼこが開いて居たりすると、益々ガタゴト振動が強くなるので

慣れない内は 自走式車椅子のコントロールというのは非常に大変です。

しかしながら、足腰が補助アイテムを使用しても、歩く事が困難、

と言う状態になってしまった場合には、

『これ程 生活を助けてくれるアイテムは、無い』と思う程に役立ちます。

歩道の勾配などを乗り越えるのは大変ですし、非常に疲れますが、

少なくとも車椅子が有れば、お買い物に行けますし、

上半身のみとは言え、身体を動かす事も出来るので、運動不足解消にも

役立ちます。

様々な対策を試みても歩くのが辛い、と言う場合には 車椅子

日常生活に取り入れる事も選択肢の一つに加えてみると、

辛い歩行のみの生活・考えから解放され、精神的に楽になりますよ。

自走式車椅子で足腰への負担を軽減する→

日々蓄積する足腰のダメージが苦しい時は車椅子の使用を検討する

忙しい毎日を過ごしていると 少しづつ身体に

疲れが溜り、

身体が重くなり 怠さが付きまとう様に なります。

その身体の重苦しさは やがて関節部位にも

痛みとして現れ、

鋭い痛みを忍耐しながら 日常を過ごす様に

なってしまいます。

関節部位の 痛みの中でも 上半身は負荷を避けながら

何とか過ごす事が出来ますが、

足腰の痛みの場合は 起き上がる時、立ち上がる時、

座る時、歩く時、

と 何かと負担が掛かるタイミングが多い為、

痛みが生じる度に ツラい状況に耐える事を

強いられます。

足腰の痛みでツラい点と言えば、前述したように

朝 目が覚めて起き上がる時に痛みが生じて、

そこから立ち上がる時にも 苦痛が襲って来ます。

そして朝1番に トイレに行こうとした際にも

足腰関節に鋭い痛みが走りますし、

トイレで便座に腰掛けようと 腰を下ろすのも

杖や手すりに 掴まりながらになり、

立ち上がる時にも 手すりの存在が 必須になります。

そして朝食を済ませて

いざ出勤!と なる時にも 駅まで向かう道中で

路面の状況にも 悩まされる事になります。

と、いうのも 足腰を痛めると ほんの少しの

歩道の傾斜や、段差ですら 響きますし、

上向きの傾斜、下向きの傾斜と どちらでも

足首や膝に 大きな負担が生じるので、

この様に 足腰が悪化する前に 整形外科や
ペインクリニック
など通院して治療・リハビリを

行いましょう。

しかし、2か所~3か所ほどの治療時間だと

長くても20分~30分で 治療時間が終わってしまうので、

それ以外の日常生活に おける、足腰関節に掛かる負担を

如何に緩和するかが重要になります。

日常で関節に掛かる負担を緩和するには

各部位ごとの関節サポーターの存在が

非常に大きく役に立ち関節にも

精神的にも支えになります。

その中でも 足と腰の繋ぎ目である、股関節

負担が掛かり、

1歩1歩足を前に出す度に痛みが生じるのですが、

股関節サポーターを装着する事で足を

前に踏み出す際にも、

痛みを和らげる事が出来る様になります。

しかし、股関節と言うのは、膝関節や腰とは異なり、
サポーターを装着しても動きを制御する事は難しいです。

腰は周りから覆ってマジックテープで締める事で動きを
制限できますし、膝関節も膝の可動を制御しながら

歩く事が可能です。

しかし、股関節は、前後に可動する為、強めに締めて
装着しても、股関節の構造上、動きを抑える事は難しいのです。

股関節が痛い時は、当然 前後に可動する その都度、
痛みが生じてしまい、1歩1歩の歩みが苦痛になってしまいます。

杖や関節サポーターで対策をしても、痛みが強く過ぎて
どうしようも無い。

と苦しいのならば、サポーターで守って歩く、と言う事から
発想を変えて、車椅子を使用する、と言う事を検討するのも

自身の身体をダメージから守る上で大切だと思います。

背もたれ・座面の張りを調整できる車椅子→

ストレッチやマッサージをして、疲弊して傷んだ足腰の筋肉を解す

日々生きて行く中で労働、用事、家事など

毎日訪れる24時間ある内の日常生活の中の

一部として行わなければならない事が山ほどあり、

あれもこれも こなさなければならない日々に追われ、

身体は休まる暇も無く、唯々疲弊して行くだけ。

すると、いつしか感じ始める身体全体を覆う疲労感、

重苦しさ、怠さ。

それでも日々のやるべき事は減るはずも無く、

無理して 今日も、明日も、明後日も、

忙しさの中に 身を投じ、

依然として、身体に鞭を打ちながら酷使し続け、

疲弊が身体全体に覆い被さった時に、

疲弊感は足腰への痛みへと転じ、

いよいよ仕事は おろか、日常生活にも大きな支障を

来す様な状態になり、

不便さを感じたかと思えば、あっという間に日々ダメージが

積もりに積もり、足腰の痛みは激しくなり続け、

歩行困難の状態に陥り、不自由な日常を強いられて

しまう様に なります。

労働などで どの部位に負担が溜まり易いか、は

業種により 異なるでしょうから、

痛みの原因や、痛みの強さは 人により

大きく異なるでしょうが、

歩いたり走ったり、重い物を持ち上げたり、屈んだり、

などの動作が多い場合には、腰椎に痛みが蓄積し易く、

そして、負担が掛かり易い部位だけに、いざ痛み始めた時の

痛みも 強く現れるのだと思います。

腰椎は上体の動き(前かがみ、後傾、捻る)に対して、

何かと負担を被り易い部位である為、

痛みが強く現れた時には歩くのも、立ち上がるのも、座るのも、

寝るのにさえ、腰部の痛みに 耐えなければなりません。

椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症間欠跛行、腰椎変性すべり症など、

腰の痛みには 様々な原因があり、

腰の痛みは腰部に留まらずに、線維輪を突き破り、髄核が飛び出し

神経を圧迫してしまうと、臀部から股関節、膝~足先へと

痛み、痺れが発生してしまう事もあります。

この状態になった時に辛いのは、歩く時に腰部、股関節

膝関節辺りに 鋭い痛みが走ると同時に、痺れも生じる事です。

ですので、腰部が痛むからと言って、腰痛対策だけ

していたのでは、

場合によっては、脚にまで及ぶ痛み・痺れに対する

処置が遅れてしまうかも知れません。

なので、常日頃から 腰と同時に 脚を守る事も

意識したいのですが、

唯、関節サポーターや杖を日常的に使用して居ても、

日々ダメージは 積もりに積もってしまいます。

なので、サポーターや杖で守り、支えるだけでなく、

アフターケアとしてマッサージストレッチ

行う事も大切です。

筋肉が疲弊して硬くなってしまうと、血液の流れが鈍り、

炎症を起こして痛みが強くなってしまう

悪循環を繰り返してしまいますから、筋肉を解し、

血液の流れを促進させる、

という意識が、足腰を守る上で大切になります。

背中や腰の筋肉を解すストレッチアイテム→

日常生活で足腰への負担を軽減する

毎日の仕事疲れ等が積もりに積もって身体が

疲弊すると、

身体の重苦しさに加えて足腰に痛みとなって反映されます。

足腰の痛みと言っても、椎間板ヘルニア

軟骨の磨り減りによる痛みだったり、

足首を捻ったり、足底筋膜炎だったりなど

様々ありますが、

いずれの場合も仕事にも日常生活にも支障を

来してしまいます。

そうした時に、何とかダメージを大きくしない様に

関節サポーターを装着したり、

テーピングを施したり、どうにか対策をすると思うのですが、

足腰の痛み対策には路面状況や天候、季節ごとの

気候なども考慮しなければなりません。

地面が凸凹だったり、砂利道だったり、

急な坂道・傾斜だったりすると、

杖を支えにしていても、足への負担は避けられません。

とは言え、日常に おいて、直接的に足腰を支えてくれる

アイテムという事を考えた時に 杖の存在は欠かせません。

特に坂道・傾斜に関しては、どうしても路面の

角度に合わせて足底を地面にピッタリと

付けなくてはならないので、足首が痛い場合や

足底筋膜炎の足には非常にツラい障害物になります。

また、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、ぎっくり腰、

あるいは、別の原因で腰が痛む場合にも、

坂道や緩い勾配による大きなダメージを避ける事は難しいです。

ダメージが溜まれば溜まる程、検査と治療を並行して

何度も経過を診つつ行う為、

数週間~数か月は掛かってしまいます。

その間に主な痛みの原因を特定できた場合には

腰部神経根ブロック注射を打ったり、腰の牽引、

超音波治療や電気治療、マッサージ温熱療法など

様々な治療・リハビリを行って行くのですが、

そうして日々を過ごしている間にも、日常生活の中で

足腰に負担が掛かり続け、ダメージが日々蓄積して行くので

通院の度に自身の状態を医師に確認しつつ、日常に

おいては、関節サポーターなどを使い、

痛みを少しでも和らげる工夫が必要です。

脚や腰の状態が悪化してしまうと、間欠跛行の様に、

途中で歩けない程、痛みが強くなってしまうので、

合間に休憩を挟む必要があったり、と腰部の

痛みだけでも 関節サポーターの支えだけで無く、

杖を日常的に使用したり、自宅用の温熱治療器

温めたり、室内の場合は、室内用の杖で歩行したり

あるいは、室内用手すりで歩行を支えたり、

寝る時には 腰に負担が掛から無い様に

体圧分散マットレスにしたり、

と日常の中で様々な工夫が必要になります。

足腰を痛めてしまうと、非常に不便な日常生活

送る事になり、

辛い毎日を送る事で 思考もネガティブになりやすいので、

少しでも状態が良くなって来たらジョギングウォーキング

軽い重量でウエイトトレーニングを行うなど、身体を動かす事で

精神的にも気分を晴らす事をお勧めします。

4点で支える安定感のある杖で足腰を守る→