腰の痛みから股関節や膝の痛みへと繋がる

腰痛の原因は骨の変形や 線維輪を突き破り
飛び出した髄核が神経圧迫する事で痛んだり、

脊柱管が狭まる事で神経根を圧迫して痛んだり、
あるいは接触性のスポーツで他者と激しく

ぶつかった事で急激に痛みが生じたり、など
痛みの原因は様々あるのですが、

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、間欠跛行、
腰椎変性すべり症などによる痛みで無い場合には

筋肉の疲労による炎症から来る痛みかも知れません。

日々忙しく働いていると どうしてもゆっくりと身体を
休める時間が取れなくて、疲労の回復も きちんと出来て
居ないままに

また新たな忙しい1日の中に身を投じる事になります。

そうした生活を繰り返していると、当然ながら身体全体を
疲弊感が覆い尽くし、重苦しさや怠さが身体の内部を
蝕んでいきます。

重苦しく怠い日々が続くと 意欲も萎んで行き、身も心も
重いまま これまでと同様の忙しさをこなさなければ
なりません。

そうした状態で相も変わらず多忙な毎日を送っていると
疲れも益々溜まり易くなり、身体の疲弊感は

やがて足腰関節部位の痛みへと転じてしまいます。

関節が痛み出したら いよいよ これまでと同様に、
と言う訳には行かなくなります。

足腰の痛みと言うものは 関節サポーターや杖を日常的に
使用したり、電動べッドや体圧分散マットレスなどで

どんなに気を付けて疲れを溜めない様に意識して過ごしていても
日々少しづつ、ダメージは積み重なり続けてしまいます。

少しづつ蓄積して行くダメージは日々足腰関節を蝕み、

日によっては急激に痛みが強く現れる日もあったりで正直、
日々痛みが強くなり続けて居る痛みに対して、

通院していても治療の効果は現れないし、保存療法と言うものに
対しての意味も見出せなくなる時もあり、

治療うんぬんよりも とにかく足腰の痛みをどうにかして欲しい。

と半ば自暴自棄の様に痛みから解放される方法ばかりを
模索する様になる事もあります。

しかし、緊急で手術を行うなどの状態でない限りは、依然として
ブロック注射を打ったり、リハビリをする日々が続くだけなので

結局は日常生活の中で、自身で各関節部位を守らなければならない、
という幾度も繰り返した結論に行き着くだけなので、

大人しく腰痛対策、足腰関節痛対策を施すしか無いのです。

腰の痛みが股関節や膝関節の痛みに繋がると言うのは、神経圧迫による
ものや、腰部を守ろうとして自然と重心バランスが傾き、

歩行時に足に多くの負担が乗る様になる事で股関節や膝関節周りが
過度に疲弊し痛みを発する様になる場合もあると言う事です。

そうなると、歩行時だけでは無く、身体を休められる筈の就寝時にさえ
痛み痺れが付いて回り、敷布団に触れている腰部・臀部に

強い痛み・痺れを感じる様になるので、体圧分散マットレスに
寝るだけで無く、腰部に折り畳んだ毛布を2枚ほど あてがい、

少し腰部を反らせるように就寝姿勢を作るなどの工夫が必要になります。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です