温熱治療器を痛む腰や患部に充てて血行を促す

日々忙しくバタバタと動き回っていたり、労働で
毎日毎日身体を酷使し続けて クタクタに身体が
疲れるものの、

碌に休む暇も無いと、疲労は毎日積み重なり続けて
グッタリと身体が重苦しくなり 身体の重苦しさから

動くのも億劫になってしまい、それでも生活の為に
働き続けねばならず、肉体も精神も疲弊しきって
しまいます。

そういう状態で身体から警告サインが出ているのに 尚も
嫌々重い身体に鞭打って身体を酷使し続けてしまうと、

足腰関節部位に痛みが発生し出してしまい、痛みが強くなると
いよいよ仕事も日常も不自由になる程、取り返しのつかない状態に
なってしまうので、

出来れば早い段階での専門医による適切な治療を
受けた方が良いです。

痛みが日々積み重なり続けてしまうので、整形外科に
行くのが遅れるほどに状態が悪化し続けて

痛みがあまりにも強いと通院しようにも
向かうために歩く事すら困難になってしまいます。

なので、状態が酷くなる前に病院に行き、対処しましょう。
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、間欠跛行、腰椎変性すべり症

などと診断されたら 朝起きて布団から起き上がる事も
いずれ自力で出来なくなったりする程の痛みに襲われる
可能性があるので

注意深く日々の腰部の状態をチェックしていることが大切です。

腰椎は上体の角度、捻り動作など、日常生活の中の自然な動作で
物凄く負荷が掛かってしまう部位なので、疲弊しやすく、痛みも
感じやすい部位である。

と、認識しながら日々 丁重に扱う事が大切です。

身体の状態によっては 自分はこんなに痛みを抱えていて
毎日辛い状態に耐え続けているのに、レントゲンやMRI検査の結果が

骨の変形や神経を著しく圧迫して居らず、整形外科の担当医師に
手術するほどでも無いし、注射やリハビリも施したのだから

これ以上この病院では対処の使用が無い、と言う事を
言われる場合も多いですが、そういう場合には整形外科では無くて

ぺインクリニックに行き、痛みを取り除く専門医に診て貰いましょう。

ペインクリニックの場合は神経をそれ程 圧迫して居ないから
そんなに痛い筈がない、と言う事にはならずに痛みの原因を

もう1歩踏み込んで探してくれるので、もう痛くて我慢できない。
と、日常生活に大きく支障を来し、何をするにも不自由さを

感じている状態ならば整形外科で別の病院を探すのに時間を
費やすよりも ペインクリニックを探した方が痛みから解放され、

身体にとって助かる結果に繋がるかも知れません。

それでも、受診~治療、即完治とはならないので、依然として
日常生活の中での腰痛対策などが重要であることは変わりありません。

疲弊しきった腰に有効なのはお風呂で湯船に浸かり、じっくりと
身体を温め、血行を促し疲れを取る事ですが、

腰の痛みが強くて 狭い湯船に入るのが辛いと言う場合に有効なのが
家庭用温熱治療器です。

温熱治療器の場合、大きなドーム型の物や寝転がるだけで全身温める事が出来る
シート型の物、あるいは分厚い生地素材で身体全体を包み込むようにして血行を
促すものなど、

様々なタイプの物がありますが、ぜんしんを温めると言うよりも、ピンポイントで
腰だけ、脚だけ、肩だけ、お腹だけ温めたいと言う方にピッタリなのが

丁度 腰回りだけ覆うサイズのマット型温熱治療器です。

乗せるだけで簡単に痛む患部を温め血行促進し、痛みを多少なりとも
緩和させる事が出来、楽にしてくれます。

患部を温め血行促進させる温熱治療器はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です