寝たきりに近くても行える腰痛対策

日々の労働や日常の細々した用事などで忙しなく
動き回っていると、気付いたら身体にドッ、と疲れが溜まり

身体が怠くて重い日が続くと ぐったりとして気分も
沈んでしまいます。

やる気が無くなってしまうと 一挙一動 総ての動作が
鈍く重くなり、身体に対するダメージが益々
積もり積もってしまいます。

疲れは やがて関節節々への痛みへと転じ、遂には仕事はおろか、
日常生活にも支障を来すほど痛みが強く現れてしまう様になります。

自身の身体に感じる違和感や痛みに対して初期段階で整形外科に
行くなど速やかに対処できると良いのですが、

行けなかった場合は勿論、行けた場合にも病院に行って
直ぐに完治、というのは足腰の場合は難しいので

通院に加えて日常で関節サポーターを装着したり杖を使って歩行時の負担を極力避けようとする意識が大切です。

自宅内で施せる腰痛対策として、ストレッチをする事で歩行や
労働で凝り固まった腰部の脊柱起立筋や股関節周りの
筋肉が解され、

疲弊した筋肉内部で滞りがちな 血行促進し、乳酸・老廃物を
排出する効果があり、更に筋肉が解されて柔らかくなる事で

関節の可動もスムーズになり、歩行時などのダメージも
ある程度軽減できる。

という事がよく腰痛や関節痛関連の書籍に書いてありますが、
これには一つ問題があって、そもそも自力で起き上がれ無い程の

強烈な腰痛が生じた時、あるいは それに近い状態になった時に
床に腰を下ろす事も出来なければ、前傾姿勢になる事も
出来ないので、

ストレッチやマッサージを行いたくても腰部の痛みで
『不可能』だという点です。

腰痛関連書籍に書いてあるから、と痛みの状態に関わらず
ストレッチなどを無理して行おうとすれば 痛みが和らぐどころか

益々悪化してしまい、いよいよ歩行困難などの日常生活に
大きな支障を来す様な強烈な痛みに襲われるようになり、

大変不自由な生活を強いられてしまいます。

なので、大切なのは本に書いてあるから、とか人に言われたから
とかの理由で試してみる前に 自身の身体の状態を鑑みることが
重要です。

自身の身体の状態と、そのストレッチなどの方法で良くなった
という本の例に載っている人の状態とを照らし合わせて自身にきちんと

当てはまるか否か?というのを まず考えてみるのが大切です。

腰痛の症状や痛みの発生原因は人によって全く異なるので、『この人は
効果を感じたから私にも有効である。』

というのは大概の場合、当てはまらないと思います。

何故ならば本の改善例など記載されている場合は軽く症状についいて
触れられているだけで、何処がどう痛むのか?の先の状態については

触れられていない場合が殆どです。

例えば、腰の右側が痛みに悩まされているAさんは、このストレッチで
改善した。という例は書かれていても、実際に腰痛に日々悩まされている
人は分かるかと思いますが、

腰の右側に痛みが生じている場合、腰の右側の痛みだけで済んでいるとは
到底思えません。

腰の右側(左側も同様)が痛いと歩行時に重心を痛みがマシな側
(この場合だと左側)に自然と傾けながら日常を送る様になってしまうので、

必然的に身体の重心バランスの崩れから、膝や股関節にも影響が出始めるし、
重心の偏りから日常で殆どの負担を受け止めている左側にも大なり小なり
痛みが発生している筈です。

わざわざ腰痛の書籍で嘘を書く事は無いと思いますが、嘘では無くて
記載されているのは実際の細かい症状を省き、大きい痛みが生じている部分に
焦点を当てて書いただけである、

という可能性がある事を忘れてはいけません。

何故そこまで慎重になる必要があるのか?というと痛みが生じている腰部
(その他の関節部位もですが)というのは非常に敏感になっていて、

不必要な負担を与えてしまうと、痛みがどんどん強くなってしまう恐れが
あるからです。

痛みが強くなるほどに、先ほど書いた様に歩行困難などの不自由な
日常を強いられる事になってしまうので、特に腰部については身体の状態を

鑑みて、痛みが強いと判断したのならば ストレッチなどは無理して
行うのは避けましょう。

では、せめて寝たきり状態以外に施せる腰痛対策は無いか?と言うと
温熱療法により、凝り固まった腰部の筋肉を解したり、血行を促す事で

老廃物の体外への排出機能を促進し、筋肉の状態を少しでも正常に
戻す事ですね。

血流の鈍りにより 老廃物が血液内に留まり続けたら、痛みも増幅して
いってしまうので、布団から動けない状態でも、温熱治療器を使えば

血行促進効果により 血流の働きを正常に近づける事は可能です。

殆ど寝たきりに近い状態でも せめてもの腰痛対策として行えるのが
家庭用の温熱治療器の最大の利点だと思います。

マットタイプの場合、上から覆い被せるだけですので、
腰を持ち上げたりなど、負担が生じる動作をせずに済みますし、

気軽に温め効果による血流の循環を感じることが出来るので、
ふと思い立った時に いつでも行えますし、お勧めです。

家庭用温熱治療器マットタイプはこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です