腰部が疲弊した時に役立つ体圧分散マットレス

日々の労働や用事などで何かと忙しなく身体を
動かし続けて居ると、腰部や脚に疲労やストレスが

積み重なり、ただでさえ加齢で軟骨が磨り減ったり、
髄核の水分が減少して 衝撃に弱くなっているのに、

身体を酷使し続けるのは それに拍車を掛けてしまう
事に繋がります。

肉体的な疲弊で一番分かりやすいのは 身体の重苦しさや
怠さですが、そういう時には 筋肉内部で血流が鈍り、

乳酸・老廃物が排出されずに体内に残り続けてしまい、
そこから筋肉の痛みへと繋がって行くので、

『まだ少しでも余裕がある内に』マッサージやストレッチをして
少しでも血行を促進させましょう。

身体に違和感を感じ始めたら1番最初にするべき事は、整形外科を
受診して、自身の身体の状態を把握しながら日常で痛み対策を
施しながら気を付ける事ですが、

それでも、何となくで過ごせる日々はある時急に終わりを
告げてしまう事もあります。

足腰関節サポーターや杖を使用する事で、今までは騙し騙し
歩けていた筈なのに、突然状態が悪化して歩くのも、立ち上がるのも

座るのも寝るのも辛くなってしまうと、只でさえ不便を感じていた
日常で益々何もする事が出来なくなってしまいます。

肉体的に不自由さを強いられるようになると ご飯を食べるために
キッチンに行くにも テーブルに座るにも あるいはトイレに
行くのにさえ苦労が生じます。

室内だと手すりや杖に頼りながら少しづつ、少しづつダメージが
大きくならないように注意を払いながら移動する事が出来ますが、

これが例えば、出先の場合には少しづつ、少しづつと言うのにも
限界があります。

痛みというのは常に一定では無いので、1週間に1度くらいは多少マシな
状態の日、というのが訪れたりします。

マシと言っても関節サポーターを併用すれば何とか近所までなら
買い物に行けそうだな、くらいの状態ですが。

そうした時に普段は自由に動けない分、片道5分~10分程度の近所へ
お買い物へ行く場合にも『当然のように』痛みが生じてしまいます。

この場合は間欠跛行であることが多いと思いますが、片道5分程度の
距離なのに、ジワジワと溜まっている疲労感・痛みが突然強く現れたり
するのです。

5分程度の道のりが遥か果てしなく感じられ、その間、歩くのを諦めて
道端に寝る訳にも行かないので、歯を食い縛りながらどうにか帰宅しようと
歩を進めるのですが、

こうした時に急に尿意を催すことも たまにあるのですが、しかし、道中に
公衆トイレなど無い為、痛みに加え、尿意にも耐えなければならなくなります。

遥か果てしなく終わりの見えない帰路は ただただ苦痛でしかありません。

こうして激しい腰痛に耐えながら ようやく帰宅できた後が大変で、

痛みに耐え続けた分だけ 横になって解放された時の腰部へのダメージが
激しく現れてしまうのです。

なので、そのまま放っておいても痛みが無くなる訳では無いので、
温熱治療器を使って患部を温めてみたり、耐圧分散マットレスの上で

少しでも身体が楽になる様に過ごすしか無いのです。

やはり、こうした時に『身体を休める』『身体の疲れを癒す』という
観点に沿ったアイテムと言えば体圧分散マットレスが適している訳ですね。

腰を支える筋肉である脊柱起立筋が大きく疲弊してくると、腰痛の激しさも
どんどん増していくのですが、温熱治療器で温めて凝り固まった脊柱起立筋

解して、その後は体圧分散マットレスの上で身体を休めるというのが
疲労を取り除くには効率的だと思います。

身体の疲れを和らげる体圧分散マットレスはこちらから→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です