足底筋膜炎が痛みだしたら腰も同時に守る

来る日も来る日も絶えず忙しい時間を過ごしていると
毎日のノルマに追われ 碌に身体を休める暇も無ければ

時間が無いあまり 身体のケアも後回しにして
しまいがちです。

しかしながら、忙しい日々の合間を見つけて
少しづつでもストレッチをしたり、マッサージを
するなり疲労で凝り固まった身体を伸ばしたり

揉み解したりしないで そのままの状態で忙しい日々に
身を投じ続けると 身体の疲労感は爆発し、

それが元で身体の重さ・怠さ・倦怠感が生じてしまい
何事にもやる気や意欲を失ってしまいます。

その様な身体全体に疲労感が現れた状態で尚も
忙しい日々の中に身を投じると 全体を包んでいた

疲労感は足腰関節部位に強い痛みとして
現れ始めてしまいます。

あるいは杖を使ったり、自宅でマッサージ器
温熱治療器を使い痛む患部を直接癒したりなどの

対策法が挙げられますが、過労が溜りに溜り
痛みが生じるのは何も関節部位だけではありません。

身体が疲労しても更に疲れを溜め続ける事で 足底にも
ダメージが蓄えられてしまうのです。

日常で『歩く』という動作は 毎日のように行うので
歩数が多いとその分疲れが溜まりますし、

身体全体の疲弊と言う身体からの警告サインへの対処を
後回しにしてしまうと 容赦なく足底の痛みが爆発して
しまいます。

足底の痛み、所謂『足底筋膜炎』という症状ですが、
踵付近から土踏まずの方向へと伸びる筋膜が炎症を
起こしている状態の事です。

足底の痛みというと実際に痛めた人以外には視覚的に
分りづらい為、物凄く痛がっていても理解されない事が
圧倒的に多いです。

骨が折れて居たり、打撲などで青くなっていたり、
発熱で腫れ上がって居たり等、他者から見て一目で

身体に異常が現れている。と視認できる状態とは異なり
ただ足底筋膜炎を患った者だけが足を引きずりながら
歩いたり、

動き始めに苦痛の表情になって居たり、と言う『だけ』なので
第三者からは『大げさに痛がっている』『気の持ちよう』

などで済まされてしまいます。

ここが非常に辛いポイントで、視覚的に分かりづらいため、
『痛くてどうしようも無いから病院に行きたい』

という訴えさえ忙しい職場だと通らないこともあります。

病院に行くきっかけを貰えない場合には、その状態で無理して
稼働し続けなければならず、無理して稼働すればする程

足を庇いながら動き続ける事で身体の重心バランスが崩れ、
足底筋膜炎だけでは済まずに、足首、膝関節、股関節、腰へと
痛みが広がっていってしまいます。

これが私が思う足底筋膜炎の最大の厄介な点で、早い段階で
処置をしないと身体のあちこちに痛みが広がり、やがては
歩行困難という事態にまでなってしまいます。

そうした時に足首サポーターをキツめに巻いたり、厚めのサンダルを日常的に履いたり、などの対策が日常において
大切です。

この時に気を付けたいのは、足底を庇いながら歩む事で
腰にも強烈な負担が生じている事を忘れない様にしたいです。

私の場合、実際に足底筋膜炎の対策ばかりしていたら、
結局一番痛みが強い箇所は過度な脊柱起立筋の疲弊により
腰部になってしまいました。

なので、足首サポーター厚めのサンダルで守ると同時に
腰痛サポーターを日常的に装着して日々生じる負担を
軽くして下さいね。

腰を守る幅広サポーターはこちらから→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です