腰痛を和らげるには寝姿勢の負担を小さくする事

日々の労働やスポーツなどで過負荷により、
痛め易くなってしまいがちな足腰関節。

仕事をやスポーツを終えて帰宅したら身体が
ぐったりと疲れていて動くのが億劫でも

出来るだけストレッチやマッサージなどのケアは
行っておきたいものです。

ケアを行えずに疲れが溜まったまま 毎日毎日身体を
酷使し続けると、当然ながらガタが来てしまうからです。

しかも、足腰の場合は上半身の部位とは違い、歩くにも
立ち上がるにも座るにも、日常的の何気ない一つ一つの

動作で負担が上乗せされ、最初の内は少しの痛みだったものが
いつの間にか関節サポーターや杖の支え無しでは痛くて歩けない、
と言う状態にまでなったりします。

そこまで酷くならない様に まずは、痛みを感じた初期の段階で
整形外科を受診し、その時点での自身の状態を知る事が
大切です。

とは言え、治療には痛みの度合いなどを見極めるために様子を
見たり、服薬や湿布などで経過を見て行くという段階があって

よほど悪い状態で無ければ、暫く通院し続けて少しづつ、
その時々の足腰の状態を見て貰わなければならない為、

完治までに かなり時間を要します。

それでも骨が変形していたり、髄核が飛び出して神経を圧迫する様な椎間板ヘルニアの様な状態で もうどうしようも無く痛い、痺れが酷い。

という状態でないと判断された場合には結局、保存療法で経過を
見守る、という判断になってしまうので そうこうしている内に

足腰の痛みは日に日に悪化して行ってしまい、やがては杖を使用しても
痛くて歩け無い 歩行困難の状態にまで陥ってしまいます。

ここまで痛みが強くなってしまうと 朝目を覚ました時に布団から
自力で起き上がるのも腰が痛くて出来ずに、寝たきりの日々を

過ごさざるを得ないこともあります。

本来は寝る時に あらゆる疲労や重力から解放され、身体は楽になる筈
なのですが、布団が柔らかかったり 反対に硬くても疲れが取れないどころか

腰に疲労が生じてしまいます。

普段座っている姿勢、立っている姿勢、歩いている時にも腰を支える筋肉である脊柱起立筋が稼働していて、この部位が疲弊してしまうと、

内部で血流低下により乳酸・老廃物が留まり、排出されない為 痛みがどんどん
増すばかりになってしまいます。

なので、普段疲弊しやすい腰部を少しでも休めるために体圧分散マットレス
使用したりといった ちょっとした工夫が身体の疲れを取る為に大切になります。

きちんと身体の疲れが毎日取れていれば、腰も休まり 負担も少しづつマシに
なって行くので こうした身体を楽にする寝具や補助アイテムを有効に
活用して行きましょうね。

就寝が楽になる体圧分散マットレスはこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です