日々の過労の蓄積で足腰が痛み出したら まずは冷やして、そして温める

毎日の疲労が積み重なり いつの間にか 膝や腰に
痛みが生じ始めてツラい日々を過ごす事に・・と、

過労を感じつつも休む暇なく無理をしていれば
身体に負担が蓄積し各関節部位に強い痛みを
発生させてしまいます。

特に腰の筋肉(脊柱起立筋)の疲弊から来る炎症による
痛みは日々の生活に大きな影響を及ぼすので厄介です。

できれば、最初に関節に違和感や小さくても
痛みを感じた時点で整形外科ペインクリニックなどに

行ければ良いのですが、

繁忙期などで多忙な日々が続くと病院に行く暇も
身体を休める暇も碌にありません。

かといって連日忙しさのあまり、対策を出来ないで居ると
過労は どんどん積み重なり、それに伴い 関節各部位の痛みも

日に日に 増して行ってしまいます。

その中でも腰と足(股関節・膝・足首)というのは歩く度に
衝撃を感じて1歩1歩踏み出すのも大変になってしまうので

早い段階での対策が必要です。

足と腰を守る対策と言うのは腰痛サポーターを巻いたり、
股関節サポーター膝関節サポーターを装着したり

足首が痛めば足首サポーターで保護し支えたり等ですが、

これらのアイテムに加えて日常的に身体をケアする事が
家で出来るのがマッサージ遠赤外線治療器なのです。

遠赤外線治療器とは痛む関節部位を 直接熱で温めて
血行を促進し、血液の循環を助ける機器です。

例えば、捻挫などで痛みが発生し出した時は
炎症が起こり熱と腫れと痛みが強く出ますね。

この痛みが出始めた時が急性期と呼ばれる状態で
速やかな処置が必要になります。

まず発熱と腫れを抑える為に冷やす事が大切になります。

血流が増している状態ですので冷やす事で抑制し、
それを時間がある度に 繰り返すと3日ほどで

腫れと炎症は引いて行きますので、

今度は血液の循環が鈍り筋肉が硬くなっているので、
温めて血行促進して血の巡りを活発にする事が

大切になって来ます。

こうして温める事が完治に向けて大事なので
速やかな対応をする事で自身の身を守る事が出来ます。

温めて血行を 促す為に効果的なのが家庭用遠赤外線温熱治療器
なのですが、今の時代 病院の設備にしか無さそうな

アイテムが家庭用の治療機器として気軽に入手できるの
ですから びっくりですね。

とは言え、探せば中には こちらの様に↓↓かなり安価な温熱治療器も
ありますが、基本的には入手するのに一瞬躊躇ってしまう価格の物も
多いです。
送料無料の安価な家庭用温熱治療器はこちら→

何よりオンラインショップで購入したものは 早くても翌日到着と
いう物が ほとんどだと思います。

そうした時に 今すぐに実践出来る痛む患部の血行を促進する方法が
タオルを お湯に浸けて水分を絞ったものを患部に充てるだけ。

という非常にシンプルな方法です。

患部に直接 充てるので、熱すぎると火傷してしまう恐れがあるので
浴槽のお湯か、それより少し熱いくらいの温度設定の お湯でタオルを
絞ると良いでしょう。

但し、この方法だと気温にも よりますがタオルから温度が失われるのが
かなり早いので、その都度 同じ作業を繰り返す必要があります。

こうした作業の繰り返しを 面倒だな、と思う方は温熱治療器を
入手した方がストレス無く、温熱療法に集中できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です