足腰関節は日頃から大きな負担を受けているので、ケアが大事

日々忙しく働いていると なかなか

自身の身体のケアをする暇も ありません。

そうした中で足腰が痛んだりすると、

関節サポーターの装着が日常に

欠かせなくなります。

身体は1歩1歩の歩行の度に衝撃を受けますから、

それを緩和する為の 対策として、関節サポーター

存在が無ければ 非常に不便を強いられます。

足腰の痛み と言うのは、足腰関節の何処か1か所でも

痛み出すと、

その部位を自然と庇いながら 歩くようになってしまう為、

重心を健康な 片側に傾けて 歩行するようになります。

そうした日々を数日~数週間も過ごすと、

重心の傾きから 身体のバランスが崩れ、

元々痛めていなかった側に 負担が掛かり続けてしまい、

そちら側にも強い痛みが生じる様になってしまいます。

その様に 一方が痛めば もう片方で庇い、

そうこうしている内に

元々1箇所だった痛みも あちこちに

拡散されてしまいます。

膝から痛みが始まったとしても 庇い続ける事で

足腰全体的に痛むほどに 悪化してしまうと

先ほども書いた様に、日常生活も非常に不便に

なってしまうので、

早い段階での対処が重要になります。

対処と言うのは、痛みや違和感を感じた初期の段階で

整形外科やペインクリニックに通院したり、

あるいは日常生活では各関節部位ごとの関節サポーター

装着したり、自宅で行える手段としてマッサージ器や

温熱治療器などで 患部を直接癒すのも おすすめです。

その様に、通院して治療・リハビリ時間以外で

日常で出来る対処法としては関節サポーター

杖の併用が、最も使用頻度の高い 支えになるのですが、

それでも足腰関節には どうしても負担が掛かってしまいます。

1歩1歩足を踏み出す度に、股関節が可動し、脚が地面に触れる事で
体重を支える為に足底から足首、アキレス腱、膝関節、股関節、

そして腰の筋肉である脊柱起立筋にまで、歩行の振動による

衝撃が毎回 伝わってしまう為です。

振動が仮に無かったとしても、これらの部位を 既に痛めている
場合には、股関節の可動による痛みは 必ず発生しますし、

足底筋膜炎の場合は 脚が地面に触れて踵から延びる筋膜に
テンションが掛かった時点で、悶絶するような痛みが生じますし、

足首やアキレス腱には体重が乗り、膝関節も鋭い痛みが走ります。

そひて腰の筋肉である脊柱起立筋は身体を支える為に、
細かく収縮と弛緩を繰り返しているので、

疲弊し続けて 痛みが強くなるので、やはり完全には防ぎようが
無いのです。

これらの筋肉や関節部位は、立ち上がる時、歩く時には
必ず負担が掛かる部位なので、

だからこそ日頃のケアが 大事な訳です。

貼るだけで何処でもマッサージ出来るマッサージパッド→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です