日々蓄積する足腰のダメージが苦しい時は車椅子の使用を検討する

忙しい毎日を過ごしていると 少しづつ身体に

疲れが溜り、

身体が重くなり 怠さが付きまとう様に なります。

その身体の重苦しさは やがて関節部位にも

痛みとして現れ、

鋭い痛みを忍耐しながら 日常を過ごす様に

なってしまいます。

関節部位の 痛みの中でも 上半身は負荷を避けながら

何とか過ごす事が出来ますが、

足腰の痛みの場合は 起き上がる時、立ち上がる時、

座る時、歩く時、

と 何かと負担が掛かるタイミングが多い為、

痛みが生じる度に ツラい状況に耐える事を

強いられます。

足腰の痛みでツラい点と言えば、前述したように

朝 目が覚めて起き上がる時に痛みが生じて、

そこから立ち上がる時にも 苦痛が襲って来ます。

そして朝1番に トイレに行こうとした際にも

足腰関節に鋭い痛みが走りますし、

トイレで便座に腰掛けようと 腰を下ろすのも

杖や手すりに 掴まりながらになり、

立ち上がる時にも 手すりの存在が 必須になります。

そして朝食を済ませて

いざ出勤!と なる時にも 駅まで向かう道中で

路面の状況にも 悩まされる事になります。

と、いうのも 足腰を痛めると ほんの少しの

歩道の傾斜や、段差ですら 響きますし、

上向きの傾斜、下向きの傾斜と どちらでも

足首や膝に 大きな負担が生じるので、

この様に 足腰が悪化する前に 整形外科や
ペインクリニック
など通院して治療・リハビリを

行いましょう。

しかし、2か所~3か所ほどの治療時間だと

長くても20分~30分で 治療時間が終わってしまうので、

それ以外の日常生活に おける、足腰関節に掛かる負担を

如何に緩和するかが重要になります。

日常で関節に掛かる負担を緩和するには

各部位ごとの関節サポーターの存在が

非常に大きく役に立ち関節にも

精神的にも支えになります。

その中でも 足と腰の繋ぎ目である、股関節

負担が掛かり、

1歩1歩足を前に出す度に痛みが生じるのですが、

股関節サポーターを装着する事で足を

前に踏み出す際にも、

痛みを和らげる事が出来る様になります。

しかし、股関節と言うのは、膝関節や腰とは異なり、
サポーターを装着しても動きを制御する事は難しいです。

腰は周りから覆ってマジックテープで締める事で動きを
制限できますし、膝関節も膝の可動を制御しながら

歩く事が可能です。

しかし、股関節は、前後に可動する為、強めに締めて
装着しても、股関節の構造上、動きを抑える事は難しいのです。

股関節が痛い時は、当然 前後に可動する その都度、
痛みが生じてしまい、1歩1歩の歩みが苦痛になってしまいます。

杖や関節サポーターで対策をしても、痛みが強く過ぎて
どうしようも無い。

と苦しいのならば、サポーターで守って歩く、と言う事から
発想を変えて、車椅子を使用する、と言う事を検討するのも

自身の身体をダメージから守る上で大切だと思います。

背もたれ・座面の張りを調整できる車椅子→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です