毎日の歩行で知らず知らずの内に痛みが蓄積してしまう股関節を守る

忙しい毎日を過ごしていると身体全体に疲労が蓄積し、

身体の重さや身体のだるさに繋がってしまいます。

それでも 尚も忙しい日々を過ごし続けていると、

重さ怠さだけでは無く、

疲弊感は 足腰関節部位に鋭い痛みへと変貌を遂げ、

現れ始めてしまいます。

そうなってしまうと 仕事は勿論のこと、

日常生活を送る上でも 非常に大きな負担に

なってしまいます。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を
軽減するには?

足腰の痛みと言うのは、重さが約5kgも ある頭部を

支える首から 緩やかなS字カーブを描く背骨へと伝わり、

歩行時や日常での負担・衝撃を骨盤仙骨まで受け流し、

そして股関節から両脚へと分散して 日々大きな負担を

感じる事無く 日常生活を送る事が出来ているのですが、

足腰関節部位の何処か1部位を痛めてしまうと

その衝撃・負担を受け流す関節の連動機能が

妨げられてしまい、痛めた箇所に どんどん負担、

痛みが蓄積してしまいます。

その後は、痛む箇所を庇いながら生活して行く中で、

数日間~数週間も その様な状態で過ごすと

一方を庇う あまり、もう片側にも疲労・負担が

積み重なってしまい、

やがて元々痛みが無くて 健康だった側の足腰にも

強い痛みが 生じてしまう様になり、

その箇所を庇う事により、別の部位に痛みが

散らばって行き、

それを繰り返して行く事で 結果的に足腰全体に

痛みが拡散されてしまうのです。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

そうなってしまうと 足腰各関節部位専用サポーターや、

などを日常的に使用し、

少しでも負担の少ない毎日を過ごそうと、色々な保護アイテムを

試して、自身に合う保護アイテムを探す様に なるかと思います。

私なりの経験談ですが、足首サポーター膝関節サポーター

だけでも充分、足への負担を和らげる事が出来るのですが、

それに加えて、腰痛サポーターも日常的に使えば

かなり歩行時の負担・衝撃は緩和できます。

足腰の痛みを軽減する為に、補助アイテムを有効に
活用するには?

しかしながら、それで充分か、というと 実は膝関節

腰周り以上に 股関節に対してダメージが

ジワジワ溜まっていたりするのです。

股関節は一歩一歩 足を踏み出す度に どうしても可動してしまい、

その都度、ダメージを負う事に なるのですから、

なかなか厄介ですね。

股関節にも股関節サポーターと言う専用アイテムがありますが、

股関節の動きを大きく制限することは出来ません。

股関節の動きを完全に封じてしまうと、足を踏み事が出来無くなり、

歩を進める事が出来なくなってしまいますから、

どうしても、多少 緩い作りになって居ます。

しかしながら、専用サポーターで ある訳ですから、関節の可動を

完全に制限できずとも、股関節の過度な負担を和らげる効果はあります。

なので、股関節サポーターを装着し、股関節の痛みを和らげる、

と言う選択肢は正解ですし、

股関節が激しく痛む場合は股関節サポーターを取り入れた方が

良いと思います。

日常で知らず知らずの内に負担が蓄積している股関節

歩行時の股関節を負担から守る股関節サポーター→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です