布団から起き上がれ無い痛みの時は電動ベッドを取り入れる

日々の疲労の蓄積や、加齢による軟骨の

磨り減りなどで関節周りの靭帯などが、

その部位を支えようと過剰に働いて

疲弊する事により、痛みが生じたり、

あるいは スポーツなどで急激な負担が

掛かったりなど、人によって

足腰に痛みが生じる状況、過程は異なりますが、

1度でも痛み出せば 仕事や日常生活に おいて、

大きな不便さを強いられる事は共通しています。

しかも、足腰の痛みと言うのは、腰部の

痛みから 足首、足底の足底筋膜炎まで

何処か1箇所が痛めば、その部位を守ろうと、

自然と重心が 身体の痛みがマシな方に偏ってしまい、

そうした 歪(いびつ)な重心で数日から数週間も過ごせば、

痛みがマシな方の足腰にまで 過度な負担が生じ、

そちらにも痛みが広がって行ってしまいます。

つまり、この悪循環を防ぐには、最初に足腰

何処かに痛みや違和感を感じた段階で、

整形外科に行き、問診で何処が どの様に痛むか、

というのを しっかりと伝えて、

その後レントゲンやMRI検査などで自身の現状を

知る事が大切です。

病名や状態を知る事で、病院での治療・リハビリ時間

だけでは、状態を改善する事は なかなか難しいので、

治療・リハビリ時間よりも 遥かに長い、日常生活

中での痛む患部への痛みを緩和させる

関節を装着したりと、あるいは自宅用の温熱治療器

患部を直接温めて 血流を促したり、

日常生活の中でのケアも行い易くなります。

日常での継続的に行える対策は例えば、

関節サポーター

・家庭用温熱治療器

・室内手すり

電動ベッド

この様に、身体を支えたり、疲弊した身体を

休めるアイテムですね。

日常で痛む部位への負担を軽減させようとする

意識と言うのは 非常に大切で、

常に意識をしながら 日々過ごして行く事で、

次回の通院日に前回受診時の状態よりも

大きく悪化している、という事態を避けられ、

毎回の通院の度に、

医師に その部位の治療に専念して行って貰えます。

と言うのも、毎回痛みが増減したり、日常生活

中で あっちにもこっちにも痛みが広がってしまうと、

今回は、右の膝の治療をして貰っても、その間に

最も痛む部位が変化してしまい、

次回は左のが強く痛んでしまっていると、

担当の先生も その都度、

痛む部位に対処するというよりも、原因を

特定する為に、

再びレントゲン撮影やMRI撮影をし、

暫く服薬で様子見をしつつ、

と なってしまうので、つまり、毎回痛む部位が

違っていたり、増減が激しいと、

絞った処置が出来ない為、結果として完治まで

時間を要してしまう様になります。

ですので、出来るだけ日頃から痛みが

広がらない様にケアをする、

という事が 非常に大切なのです。

足腰の痛みの原因は様々ありますが、先ほど

書いた様に足底筋膜炎もあれば、

足首関節痛、膝関節痛、股関節痛、そして腰部の

ヘルニアや脊柱管狭窄症、その延長線上で間欠跛行など。

私は様々な箇所を痛めましたし、今も苦しんで

いますが、

足底の痛みで ある足底筋膜炎も、日常に

不便さを強いられますが、

更に 個人的に厄介だと思うのは、部の

痛みだと感じています。

に強い痛みを抱えてしまうと、朝、目を覚ました時に
布団から身体を起こす事も出来なくなってしまいます。

なので、そうした自分自身の力では どうする事も出来ない
強烈な痛みに襲われた時、あるいは襲われる兆候があった時、

電動ベッドの上で寝るなどの対策を施しましょう。

電動ベッドならば、自分の腰が どれだけ痛かろうと、
リモコン操作だけで身体を起こす事が出来るので、

電動ベッドを取り入れると言うのは、非常に有効です。

腰が痛い時にも電動ベッドで安心して身体を起こす→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です