痛む指先を支えるテーピング

日常生活を送る上で 日々の労働やスポーツにより

足腰関節に過負荷が掛かり続け、ストレッチ

マッサージ等のアフターケアが充分に行われていないと

毎日毎日過労が蓄積して行く一方で その関節部位や筋肉の

疲弊が やがて痛みへと転じてしまうと 仕事はおろか

何気ない日常の動作にも影響が出始め、不便さを

感じる様になってしまいます。

膝関節などガッツリ体重を受け止めている部位が

痛むと 大変不便な思いをするのは

想像に難くないのですが、腰などの大きな部位では
無くとも、痛めてしまうと 非常に歩行など

日常の行動に大きな影響を及ぼしてしまう部位が
あるのです。

それが親指関節の痛みです。

例えば ボールを蹴った時や、つま先が引っ掛かって
転んだ時、全速力で走る時に 力強く踏み出した

つま先にガッツリと負荷が乗っかった時、

親指関節、親指の付け根を痛める原因やタイミングと
言うのは 人により様々ですが、

小さな部位だけに軽く考えてしまいがちですが、
1歩1歩の歩行時にどうしてもダメージが生じてしまい、

その蓄積により更に悪化したり、あるいは痛いから、と
足先に体重が乗るのを避ける様に重心をズラしながら歩く様に

なってしまうと、別の部位が その分の体重を受け止める様になるので、

当然、通常より多く体重を受け止めるようになった筋肉は疲弊し、

やがて その筋肉からも痛みが生じる様になってしまう、

と言う悪循環に陥ってしまうので、『足先の痛みだから大した事ない』

などと思わず、きっちりと完治させる事をおすすめします。

足の親指を歩行の都度 生じる負担から守ろうとすると

素早く対応できるのはテーピングで固定する事ですね。

親指を反らすと痛む、と言う場合には靭帯が断裂してしまって居る

事も考えらえるので、テーピングで固定して親指の屈曲や反る、

という動きを防いでしまうのです。

必要なものは25㎜のテープだけで、テーピングの方法も

非常にシンプルなので、親指が痛い場合には直ぐにでも貼って

足先を守りましょう。

足の親指の様に歩行する度に どうしても屈曲して、

その都度痛みが生じてしまう箇所には、

テーピングで固定してしまい、動きを制限してしまうのも
一つの手ですので試してみて下さいね。

足の親指の様に、小さな部位は それに適したサポーターを
探すよりも、テーピングでクルッ、と巻いて固定した方が

手っ取り早いですし、且つ、自身の身体にピッタリ合った
程良い締め付け感で固定できるので、お勧めです。

痛む指を支えるテーピングテープ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です