日常的に腰の負担を軽減させる

の痛みの原因としては、過労や加齢、

スポーツなどで急激な負荷が加わった時などが

主に挙げられますが、まず、私の場合も

そうなのですが、

労働で忙しく動き回って連日 身体が疲弊しきって

いるのにも関わらず、

尚も、無理に無理を重ねて、身体を酷使しきった

結果、から足まで あちこちの関節部位が

痛むようになったり、加齢で髄核の水分が減り、

クッション機能が弱まった時に、

何らかの衝撃を受ける事で、線維輪を突き破り

中の髄核が飛び出して、

神経を圧迫してしまう事で痛んだり、接触性の

スポーツで 他者とぶつかった時に

急激に痛みを感じたりと、この様に痛みが生じる

原因は 様々あるのですが、

上に挙げた例は、椎間板ヘルニア筋膜性腰痛

分離症などの症状ですが、

他にも背骨を通る脊柱管が狭まり、圧迫される事で

痛みが生じる脊柱管狭窄症間欠跛行

腰椎が前後にズレる分離すべり症など、腰痛と言っても

一括りには出来ない様々な部の状態が あるのですが、

何れの場合も、仕事は おろか、日常生活

ままならないほどの状態にまで

悪化してしまう恐れがあるので、

痛みや違和感を感じた段階で整形外科

行くなど、早めの対処が とても大事になります。

今までに腰痛が激しくなった時の日常での

対策として、階段の上り下りで生じる痛みに

対処するには どうするべきか?

と言う方法や、杖ゴムのチェックは日常的に

行った方が結果的にへの負担を和らげる事が出来る。

と言う事に ついて書きましたが、今回は姿勢に

ついて書いて行きたいと思います。

姿勢というのは、首の張りや肩凝りなどにも影響を

及ぼしますし、にも大きな痛みを生じさせてしまうのです。

背骨は元々緩やかなS字を描いている構造に

なっていて、直線で無いが故に、

歩行時やジャンプした時などの衝撃を上手く

クッション機能が働き、

上から下へと分散出来ているのですが、背骨、

痛めてしまうと、受け流す際の

連動が痛む部位で妨げられ、1歩1歩の歩行の度に

連動が遮断され、衝撃がガッツリと

その部位に乗っかってしまい、元々痛いのに、

より強力な痛みが歩行の都度、

襲ってくるので、これに抗う為には、

腰痛サポーター日常的な使用、

あるいは姿勢強制サポーターの装着などが

効果的です。

そうして日常的に負担を軽減させて、少しでも
楽な日々を過ごしましょうね。

腰痛サポーターで痛む腰を守る→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です