腰痛が酷くなっていると感じたら日常で和らげる対策を施す

日々の過労やストレス腰痛が酷くなってしまった時、

日常生活に おいて、多大な影響が出てしまいます。

そうした時に、自宅でジッと大人しく安静に過ごして

居ても、どうしても負担が生じてしまう状況が

あります。

1つはご飯を食べる時。

食事をする為にはどうしてもキッチンやテーブルに

行かなくては行けませんから、自宅内で数歩程度ですが

移動が必要になります。

が強烈に痛い時と言うのは この数歩程度がとても

辛く、室内であれば 手すりや室内用のを有効に使い、

歩行時のダメージを出来るだけ少なく留める様に

気を付ける事は可能です。

もう1つは どうしても避ける事が出来ないトイレへの

移動ですね。

やはり、自宅内で数歩程度歩く必要があり、先ほどの

例と同じ様に、室内用手すりを有効に活用する事で

足腰を痛みから守ります。

そして、もう1つが大変で、移動する際に気を付けるだけでは

済まずに 移動してからが大変なのが お風呂に入る時です。

もう4月に入ってから10日も経過するのに、未だに冬場の

様な冷え込みを感じたりするので、

冷え込みが激しい日は汗を掻く事も無いので の痛みが

強く出ている場合には無理して お風呂に入らなくとも

大丈夫だと思いますが、

問題は これからどんどん暖かくなって行くでしょうから

ジッ、と安静に過ごして居ても 多少なりとも汗を掻くので、

の状態が酷い時でも毎日身体を洗いたくなると思います。

そうした時にが痛くとも 安全に お風呂に入るには

どうしたら良いのだろう?と言う事を考えたりしますが

まず有効なのはお風呂用の椅子です。

お風呂場と言うのは水分やシャンプー、石鹸で足元が

大変不安定な状況になって居るので、

立ちっぱなしで身体を洗おうと思うと危険を伴います。

ですので、まずは座って安定感を保つ事を最優先にして

着座して身体を洗う事がの痛みを小さく留めるのに

効果的な方法です。

これに加え、もし湯船に浸かろうと思うのであれば

湯船用の手すりと言う補助アイテムがあるので、

これを有効に使い 安全に、且つの痛みから身体を

守りながら入浴しましょう。

湯船で部をしっかり温めるのは血流を促し、腰の筋肉の張り、凝りによる背筋の筋肉脊柱起立筋)内部の

乳酸・老廃物の排出を促進させる効果もあります。

他にも患部を温めると言うのは、多少なりとも痛みを和らげる

作用もあり、椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症間欠跛行

筋膜性腰痛などの辛い症状に例え一時的にでも有効です。

お風呂で温めずとも温熱治療器と言うものが今では通販で

入手できる時代なので、入浴後に患部を温めて癒すことも

出来ます。

温熱療法で筋肉を温める→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です