酷い腰痛時には車椅子を使い負担を軽減する

腰の痛みの原因は働きすぎて、部に疲労が

蓄積する事で、

血液の流れがスムーズに行われ無くなって

乳酸や老廃物が体外に排出されなくなって

起こる場合や、加齢により 骨と骨の間にある

髄核の水分が減少し、

弾力が低下した所で 何か衝撃を受けたり、

ダメージが生じる事で、

髄核の中身が飛び出して神経に触れ、

圧迫する事で激しい痛みが生じる場合、

あるいは接触性のあるスポーツで 人と

ぶつかって外的要因により 部を痛めたり、

ウエイトトレー二ングや肉体労働で重い物を

無理に持ち上げようとした為に、

に痛みを抱えたりなど、様々な原因、痛み出す

パターンが ありますが、いずれの場合にも

早急に整形外科に行き、自身の現在の部の状況を

知りつつ、専門医に適切な治療してもらう事が大事です。

の負担と言うのは、思わぬ速度で積もり

積もる事が あるので、

保存療法で日常的に如何にへのダメージの軽減を

意識する事が大切に なります。

特に、椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症筋膜性腰痛

などと診断された場合には

日常生活の中で腰痛対策が欠かせませんし、

歩行中に疲弊して動けなくなってしまう様な

間欠跛行の場合には、日常的に もっと

労わるべきだった、と その時になって

後悔してしまうので、ダメージを抑えられる所は

過剰な程に、対策を施しましょう。

とは言え、日常生活の中で腰痛サポーター

を使用して、きちんと歩行時などの

足腰への負担対策を行っていたとしても

毎日毎日ダメージは溜まり続けて しまうものです。

定期的に通院していても、日々 腰痛対策を施して

居たとしてもダメージは積もり積もってしまい、

その先には歩行困難と言う未来が待ち受けています。

歩行困難と言う未来を避ける為には、自身の状態に

あった処置を施してくれる病院・医師に出会う事と、

腰痛サポーターだけに留まらず、いよいよ

痛みが強くなりすぎて歩けないと言う不自由な状態、

もしくは、近しい状態になったのなら

車椅子の使用も視野に入れる柔軟さも

大切だと思います。

車椅子日常に取り入れると言っても、歩道には

緩い坂道(勾配)が沢山ありますし、

平面の路面だけなく段差も あれば亀裂が入っていたり、

凸凹の路面や、砂利道、そして溝の近くを通らざるを

得ない場合も あります。

車椅子の前輪は後輪と違い、非常に小さいので、

溝や砂利など、大きな障害物と なってしまいます。

ですので、今日車椅子を使い始めて、今日中に

自由に乗りこなす、というのは難しいですし、

ほぼ腕の力だけで勾配などにも対処しなければ

ならない為、筋肉も疲弊するし、

スタミナも あっという間に尽きてしまうので、

これは もう慣れて行くしか ありません。

なので、慣れるまでは車椅子を使ったから、

と言って腰痛による苦しみから

完全に解放される訳では無いので、ある程度の

我慢は 必要ですが、

そうした一つの選択肢として柔軟な思考で車椅子

日常生活に取り入れる、

と言うのも自身の身体を守るために大切な

考えだと思います。

自走式車椅子で足腰の負担を軽減する→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です