車椅子の使用も視野に入れる事で足腰の負担も楽になる

毎日の仕事疲れ等が積もりに積もって

身体が疲弊すると、

身体の重苦しさに加えて 足腰にジンジンとした、

あるいは、鋭い痛みとなって 反映されます。

足腰の痛みと言っても、椎間板ヘルニア

軟骨の磨り減りによる痛みだったり、

足首を捻ったり、足底筋膜炎だったりなど

様々ありますが、

いずれの場合も仕事にも 日常生活にも

支障を来してしまいます。

そうした時に 何とかダメージを大きくしない様に

関節サポーターを装着したり、

テーピングを 施したり、どうにか対策を

すると思うのですが、

足腰の痛み対策には 路面状況や天候、季節ごとの

気候なども 考慮しなければなりません。

地面が凸凹だったり、砂利道だったり、

急な坂道・傾斜だったりすると、

を支えにしていても、足腰への負担は

避けられませんし、

とは言え、日常に おいて、直接的に足腰

支えてくれるアイテムという事を

考えた時に の存在は欠かせません。

特に、坂道・傾斜(勾配)に関しては、

どうしても 路面の 角度に合わせて

足底を地面にピッタリと付けなくては

ならないですし、

その時には で体重を支える比重も

大きくなります。

すると、どうなるか?そうして足腰の痛みを

多少なりとも緩和させようと、

足腰にばかり 気が向いて居たら、いつの間にか

体重を支える上で 大きな役割を担って居る

肘関節が疲弊して、炎症を起こしてしまう様に

なります。

足腰が痛むから、杖を支えに どうにか歩く事が

出来て居る状態で、を使用する時に

必ず負担が掛かる 肘関節が痛んでしまうと、

どうなるでしょう?

当然、身体を支える力が弱まり、支えが

弱まる事で、路面状況によっては

転倒のリスクも生じてしまいます。

これを、防ぐ為には 肘関節サポーターを

装着した上で疲弊している肘関節

外部から軟膏を塗ったり、もし、肘関節

炎症が激しい場合には、ビニールに入れた

氷を 肘に充てて、熱や腫れを抑える事が 大切です。

炎症が起きた時には、まず冷やして、腫れや

熱が引いたら温熱療法で温めて

血液の流れを促しましょう。

こうした流れで、1日の終わりにアフターケアとして冷やしたり、温めたりして居ても、

毎日、肘関節に過度な負担が 掛かり続けると、

やがてはで身体を支える事すら 辛くなるので、

その時は無理せずに、車椅子の使用も視野に

入れてみると少し精神的に 余裕が出来ます。

歩く以外の選択肢が無いと、足腰に加え、肘まで

痛めてしまう事で、どんどん精神的に追い込まれて

しまいますから、もう一つの選択肢を 増やす事で、

少し気分的に楽になります。

車椅子を日常生活の中で活用する→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です