腰が激しく痛んで動けなくなる前に準備して置くべきアイテム

が痛いと寝起きにトイレに行く事も、

座る事も立ち上がる事も歩行もツラいし大変です。

整形外科ペインクリニックに定期的に

通院して居ても、一朝一夕に治るものでは無いですし、

日常的ケアが大切に なります。

日常生活で神経を使う所と言えば、平坦な道は

もちろん、階段・段差の上り下りや

坂道・歩道の傾斜、抉れたアスファルト、

バランスが安定しない砂利道、

あるいは杖ゴムが少しでも削れていた場合、

スーパーに お買い物に行った時に、

ツルツルのコンクリートの床での支えが

効かない時などなど・・

何かと、足腰に負担が掛かる場面が多いですが、

こういった負担や衝撃を緩和・軽減する手段として

腰痛サポーター股関節サポーター膝サポーター

足首サポーターなどが あり、

これらを組み合わせて有効に使えば、何もない

状態で歩くよりも、

大きく負担を減らす事が出来ます。

しかし、そうやって日々 足腰への負担を

減らそうと意識して、

腰痛対策や足関節痛対策を施していたとしても

足腰(特に椎)への負担と言うのは、

完全にゼロに することは出来ません。

何故ならば、身体を一直線と考えた場合、上半身と

下半身との中心部にあり、

上体を前傾姿勢にしたり、後傾姿勢にしたり、

を捻ったりした時に

それらの動きを支える度に負担が生じますし、

下半身からの衝撃も1歩1歩の歩行の度に

ダメージが生じてしまうので、椎を全くの

無傷で過ごす、と言うのは非常に難しいのです。

では、あの手この手を駆使して 腰痛対策

施すのは意味が無いのかと言えば、

そんな事も無いと思います。

腰の痛みが強くなれば なる程、各部位関節サポーターや、無しで 日常を過ごしたとしたら、

に生じるダメージは大きくなってしまいますし、

少しでも身体を休めようとマッサージストレッチなどの

凝り固まった脊柱起立筋を解すように何らかの対策を

施さなければ、1日と持たずに

その場から動けなくなる程の、あるいは就寝から

目を覚ました時に、自力で起き上がれない程の

痛みをに抱えてしまうでしょう。

腰の痛みが爆発した時と言うのは、日常生活

おける、あらゆる動きに不自由が生じ、

歩行困難、布団から起き上がれない、と言うだけで

トイレに行くのも食事を するのも大変な苦労を

強いられます。

私の場合、布団から起き上がれなくなった時は、

2~3日ほど天井を眺めている以外、

何も出来なかったので、その間の栄養補給は

かろうじて動かせた手が届く範囲内に あった

蜂蜜を飲んで、痛みのピークを越えるまで

何とか やり過ごしました。

経験上、痛みがピーク状態のまま、延々持続は

しないだろう、と踏んでの判断だったので、

どうにか そういった緊急時にも落ち着いて

対策を施す事が出来たのですが、

これは長い期間、足腰の痛みを抱えて居たからこその

判断で あるので、もし、痛み始めて

幾らも日が経過していない段階で、動けない程の

痛みが襲って来たら、とても落ち着いて対処など

出来ないと思います。

もし、整形外科を受診していて間欠跛行,

椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,筋膜性腰痛などが

痛みの原因である、と診断された場合には

こうした事態に備えて、

事前に電動ベッドを備えて置いた方が

良いと思います。


何故ならば、電動ベッドというのは、自力で

起き上がれない状態でもリモコン操作一つで

に負担を掛ける事無く、上体を起こす事が

可能だからです。

起き上がれない程の激しい腰痛時と言うのは、

首を持ち上げたり、少しでを曲げたり、

を捻ろうとしたりすると、激痛が走り、

『これは危ない!』と感覚で判断できてしまう程の

痛みがを中心に襲ってくるので、自然と

それ以上の動きが出来無くなるものですが、

ところが、2~3日経過して、痛みのピークを

越えた状態の時、ゆっくりゆっくり、

ちょっとづつ時間を掛けて、身体を起こした時に

上体が60度くらいの角度に達した時に、

『あっ、ここまで来たら大丈夫かも』と言う角度が

分かるのですが、この角度に持って行くまでに

2~3日掛かってしまう位ならば、電動の力で

身体を起こした状態に持って行けば、

2~3日間無駄にせずに済むので、の状態が

明らかに通常とは違う、と自覚して居るのならば

電動ベッドを早めに日常生活の中に取り入れて

おいた方が良いと 私は経験上思います。

電動ベッドで腰の負担を軽減して楽に起き上がる→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です