整形外科へ通院し、少しでも早く完治へ向かわせる

毎日忙しく働いていると、碌に身体を

休める暇も無く、ただただ身体全体に疲労が

蓄積してしまいます。

その身体全体を包む疲労感は、積もり積もって

やがて、足腰などの関節部位の痛みへと繋がり、

仕事や日常生活に支障を来し始めると、

いよいよ整形外科を受診し、

専門的な治療・リハビリを受け、少なくとも

数か月以上の通院生活が 始まってしまいます。

レントゲンだけでは実際の症状が分からなかったり

するので、別日にMRIを撮ったり、

主治医の指示に従い 少しづつ治療・リハビリを

行って行くため、かなり時間が掛かりますし、

その時々の治療が自分に効果が無い、と感じたならば

直ぐに 次の通院日に主治医に告げて、

別の方法を 考えて貰わねばなりません。

1つの病院での処置では 何も効果が無くて

次の病院に行き、其処でも効果を感じられず、

また次へ、という事を繰り返しているとイタズラに

時間が経過してしまうので、

1つの病院で改善が見られず、少しも状態が

良くならなかった場合には、

次は どういう治療を受けるべきか、医師に

聞いてから 適切だと思われる病院に移った方が

時間を無駄にせずに 済むと思います。

というのも、私自身、ここがダメだったから

別の病院を探して通院して・・・・、と言うのを

何度も繰り返していたら、歳月が イタズラに

どんどん経過して行き、

痛みも どんどん増してしまいました。

なので、治療効果を感じなかったから 次へ行く、

では無く、

『ここで効果が無かった場合には、どう言った治療を

受けるべきか?』というのを一応聞いてみると良いです。

聞いた結果として、『この病院では対処できないから、

もっと大きな病院で検査を受けて下さい』と なり、

紹介状を早い段階で書いてくれるかも知れませんし、

あるいは整形外科の範疇に無い場合は、

ペインクリニックへの紹介状を書いてくれたりもします。

なので、治療効果を感じない病院だったからと言って、

黙って別の病院に移るよりは、

今後どういう治療・検査を受けるべきか、

まずは聞いてみましょう。

そうして、設備の整った大きな病院へ行く事に

なるかも知れませんし、あるいは 先ほど書いた様に

ペインクリニック等へ行く様に なるかも知れませんが、

病院を移ったからと言って、

日常生活の中で気を付ける点は変わりません。

関節サポーターを併用して、痛む足腰の負担を

軽減するように心掛ける事、

あるいは、それでも歩行が難しい場合には車椅子

日常的に使うといった対策をして、

足腰へのダメージを避けましょう。

ガッチリとした幅広腰痛サポーターで腰を守る→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です