激しい腰痛で動けない時の対処法

忙しい日々の繰り返しで足腰に蓄積する

疲弊感や負担・痛み

 

忙しい日々を過ごして居ると身体が重苦しくなったり、その先には怠さ、
倦怠感だけでは済まずに、足腰関節部位に強い痛みとなって、日々の

身体への無理が反映されてしまいます。

足腰が強く痛み出すと仕事は おろか、日常生活にも支障を来して
しまうので、出来るだけ早い段階での対処が 大切になります。

早い段階での対処と言うのは例えば、腰の痛みが股関節や膝、足首等に
散らない様に先手先手で処置をする、と言う事です。

【24インチの大きめ自走式車椅子で足腰をに非常で生じる
負担から守る↓↓】

自身の病状に合った適切な治療を行ってくれる整形外科を探すのが
まずは1番大事なのですが、足腰の痛みと言っても原因の特定だけでも

レントゲンを撮ったり、MRIを撮ったりと時間が掛かりますし、それでも
椎間板ヘルニアなのか脊柱管狭窄症・間欠跛行なのか、筋膜性腰痛なのか、

あるいは別の原因なのか?など、検査と治療を並行して何度も経過を診つつ
行う為、数週間~数か月は掛かってしまいます。

 

腰痛治療の保存療法中に日常で掛かる負担を軽減するには?
 
例えば、骨と骨の繋ぎ目の髄核が加齢などで水分が減り、弾力が
弱まって飛び出してしまい、神経に触れ圧迫する事によって

痛みが生じる椎間板ヘルニアや、脊髄から伸びる馬尾や神経根が通る
背骨の中の空間が加齢などで狭まって行き、神経を圧迫する

脊柱管狭窄症で あったりした場合には、日常生活が非常に不自由な
ものへと変化してしまいますし、腰痛サポーターや日常的な杖の

使用は不可欠と なってしまい、いくら痛くて自力では歩くのが辛い
歩行困難の状態になって、補助アイテム無しでは歩む事が出来なくても、

補助アイテムに頼りすぎてしまうと、今度は元々の足腰を支える為の
機能、筋肉や神経系が どんどん衰えて行き、支える筋肉などが

衰えると、益々 骨や軟骨に体重・負担が乗りやすくなり、身体の
重心バランスが崩れ、痛みが強くなってしまいます。

重心バランスが崩れる事で足腰への痛みが強くなってしまう

 

とは言え、補助アイテム無しでは、既に歩行困難な状態で ある以上、
それは仕方が無い事なのですが、出来れば自身の筋肉が足腰を

支えるのに必要な分の筋力は 保ちたいものです。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

それは、足腰が痛くて歩けない状態の身体にとっては理想論にしか
過ぎないのですが、肉体の元々の機能が衰えれば衰えるほど、

痛みが強くなってしまう現状に抗う為には、医学上 効果的と
認められた痛み改善方法に縋るしか無いのです。

私は、腰痛対策関連の書籍などを読んでも、結局、ストレッチしたり
マッサージしたり、運動を行うと言う事ばかり書いてあって、

正直げんなりする事が多いのですが、(所詮、痛くない側の理想論、
机上の空論にしか過ぎないな~、と思ってしまうので)

実際に、布団から起き上がれないほどの痛みに襲われた時、あるいは
それに近い状態に常に悩まされている身体では、運動もストレッチも

マッサージも行える訳が無いからです。

しかし、杖や手すりを使いながらも 立ち上がり、歩き、座るのに
必要な最低限の筋肉を保たなければならない。

と なった時に、私なりのやり方としては、1週間に1度くらいは痛みが
少しマシだな、と言う周期が来るので、そう言う時に5分~10分で

行って帰ってこれる位の距離を歩いてみる事です。
 
肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋
 
歩くと当然、背中を支える筋肉である脊柱起立筋が可動してしまい、
この部分が疲弊してしまうと、痛みが強くなる訳ですが5分~10分で

行って帰ってこれる距離と言うのは脊柱起立筋が疲弊するギリギリの
距離感だと思うのです。(あくまで私の身体では、ですが)

それぞれに痛みの原因や症状の重さも異なるので、自身の身体に
とって 痛みを感じる手前のギリギリの範囲内で杖などを使い、

散歩してみるのが肉体の衰えを防ぐのに役立つと思います。

痛みが少しマシになる周期が訪れずに、これを行う余裕が無いほど、
腰痛が激しい日々が続くのならば要手術か、車椅子を日常に

取り入れる事を検討するのも1つの選択肢だと思います。

【ノーパンクタイヤだからパンクの心配をせずに安心して
移動出来る自走式車椅子↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です