2本杖で腰を衝撃から守る

日々忙しくバタバタと動き回っていたり、

労働で毎日毎日身体を酷使し続けて

クタクタに身体が疲れるものの、

碌 ろく に休む暇も無いと、

疲労は毎日積み重なり続けて、グッタリと身体が

重苦しくなり、

身体の重苦しさから動くのも億劫になってしまい、

それでも生活の為に働き続けねばならず、

と言う日々を過ごしていると、肉体も精神も

疲弊しきってしまいます。

そういう状態で身体から警告サインが出ているのに

尚も 嫌々重い身体に鞭打って

身体を酷使し続けてしまうと、足腰関節部位に痛みが

発生し出してしまい、

痛みが強くなると いよいよ仕事も日常も不自由に

なる程、取り返しの つかない状態に なってしまうので、

出来れば早い段階での専門医による適切な治療を

受けた方が良いです。

痛みが日々積み重なり続けてしまうので、整形外科に

行くのが遅れるほどに状態が悪化し続けて

痛みが あまりにも強いと通院しようにも

向かうために、歩く事すら困難に なってしまいます。

なので、状態が酷くなる前に病院に行き、

対処しましょう。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、間欠跛行、

筋膜性腰痛などと診断されたら、

朝起きて布団から起き上がる事も、いずれ自力で

出来なくなったりする程の 痛みに襲われる可能性が

あるので、注意深く 日々の腰部の状態を

チェックしていることが大切です。

腰椎は上体の角度、捻り動作など、日常生活の中の

自然な動作で物凄く負荷が掛かってしまう部位なので、

疲弊しやすく、痛みも感じやすい部位である。

と、認識しながら日々 丁重に扱う事が大切です。

腰椎を丁重に扱う、とは どういう事なのか?と言うと

腰痛サポーターや杖などの補助アイテムを有効に活用し、

毎日積み重なり続ける腰部のダメージを少しでも

和らげようと日々 負担から守ることを指します。

車椅子でも日常的に使用しない限り、腰痛サポーターを

キツめに締めて腰を固定しようが、

杖を使い体重を分散させようが、どうしても腰を支える

筋肉である、脊柱起立筋が疲弊してダメージを

負ってしまいます。

杖を使って歩いても、結局ダメージが蓄積するのでは、

車椅子を使用する以外の腰痛対策法って無いのでは?

と、考えてしまいがちですが、私なりに辿り着いた

腰痛対策としては結局、

腰痛サポーターと杖の併用が腰への負担を和らげるのに

最も適している、と言う事です。

補助アイテムとしての その効果を高める為には、

『重心バランス』『姿勢』『歩幅』という

3つの事に対して意識を集中する必要があります。

そして、補助アイテムとして用いる腰痛サポーターも

幅広タイプで背筋を支えるボーン加工が

しっかりと施されているもの、杖は2本使用する。

という、幾つかの要素を組み合わせる必要が

ありますが、重心バランス、姿勢、歩幅と言う

3つの大切な要素は杖2本使用するからこそ

同時に意識した前進が行える様になります。

つまり、どういう事かと言うと、杖1本の場合には

どうしても杖の持ち手側に体重が偏ってしまい、

結果的に重心の崩れから来る身体の片側の過度な

疲弊に繋がり、寧ろ杖を使用する前よりも

状態を悪くしてしまう事も あります。

姿勢に関しても同様で、身体の重心バランスが

どうしても崩れてしまうが故に、

それに抗おうと上半身が前のめりになったり

場合によっては後傾になったりで、

先ほど書いた様に腰椎に多大なダメージを

与えてしまう結果に繋がります。

歩幅もまた、腰部の痛みに大きく影響するのですが、

杖1本の場合だと どちらか一方に偏りながら

歩かざるを得ない為、最初の内は まだ良いのですが、

腰の筋肉(脊柱起立筋)が疲労してくると

腰痛が激しくなる為、焦って歩幅を大きくしたり、

反対に慎重になり過ぎて 歩幅を極端に

狭めてしまいがちです。

この歩行時に痛くて歩くのが辛くなる『間欠跛行』の

状態は非常に辛いので、

落ち着いた精神状態では居られないので、ついつい

焦ってしまうのですが、

歩幅を大きくしたら腰部に響いて帰宅後のダメージが

とんでもない事になりますし、

腰を気遣って歩幅を狭めても、過剰に疲弊し続ける

時間が長引いてしまい、

この場合も帰宅後に凄まじい痛みに襲われます。

なので、私の経験上、これらの事を防ぐのに

腰痛サポーターと2本杖の併用が効果的だと思うのです。

2本杖の場合、身体の重心は基本的に中心から

ズレないですし、姿勢も通常は背筋を伸ばして居たり、

脊柱起立筋が疲弊して来たのなら、敢えて やや前傾

気味になり、脊柱起立筋の過度な可動を緩める、

という選択が出来ます。

これは2本で支えていて重心が中心から殆ど

崩れていないから こそです。

杖で腰への衝撃を緩和する→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です