足腰を痛めて動けなくなると、脂肪が付き始めてしまう

周りの痛みは身体を休める暇もない程、

肉体を酷使し続けた結果だったり、

運動時急に強い負荷を掛けた為 痛みが

生じたり、

加齢により周りの筋肉の衰えや

クッションの役目を果たす椎間板

摩り減り等によって痛みが発生したり、

あるいは 長時間座りっぱなしの

デスクワークなどで への負担が

掛かり続け、痛みへと繋がったり。

痛みが生じる要因は個々の状況によって

様々ですが、

いずれにしても1度痛みが生じると仕事は勿論、

日常生活に おいても、常に痛みという物は

付きまとうので 少しでも痛みや違和感を

感じた段階で 速やかに整形外科ペインクリニック

行かれる事を おすすめします。

私の実感として 体内の修復能力である

自然治癒力よりも日常生活の中で

蓄積するダメージの方が上回るので、

安静に過ごしていても

ほんの少しの歩行が、ほんの少しの座り姿勢が、

出来るだけ安静に過ごして

負担が掛からない様に日々 気を付けて

少しマシに なったかな?と

痛みの許容量に多少の余白部分が出来ていた

としても、それを上回る痛みを

生じさせてしまうので、1度でも痛みを感じたら

専門医に診てもらうのが、

その時点で最善の選択だと思います。

は牽引したり、温めたり、マッサージ

解したり、治療・リハビリを行って、

ひと時 楽になったとしても帰路に着く段階で

腰痛サポーターを装着して 周りを保護して

極力 負担を和らげる様に気を付けながら道中

ゆっくりと歩いたとしても、

20分~30分の治療時間が 帳消しに なったのでは

無いか?と感じる程のダメージが蓄積する、

と言うことは決して少なくありません。

を痛めてしまうと、どんなに気を付けて

対策を行ったとしても、歩行する以上、

どうしてもダメージが積み重なってしまいます。

病院に向かう段階でならば、その後に治療を

施してもらえるから まだ良いですが、

病院から帰宅する時点で痛みが強くなって

しまうのは、非常に困ります。

なので、大切なのは病院で治療を受ける事と共に、

普段の生活の中で、

出来るだけ疲弊や痛みに対するケアを施す事です。

病院での治療時間よりも、日常生活の時間の方が

遥かに長いので、病院以外の時間を

如何にダメージ少なく過ごすか?

と言う事を考えながら、日々負担を掛けない様に

生活するか、が大切に なります。

ここで、足腰関節部位を負担から守る上で何が

大切か?と言う事を考えてみると、

まずは整形外科ペインクリニックで『適切な

治療』を継続的に受ける事。

そして自身は日常生活の中で、極力足腰に負担が

掛からない様、関節サポーターや杖で

身体を支えながら過ごす事。

そして、それでも日々 生じてしまう、疲弊感や

痛みに対してマッサージなどで血流の鈍りを改善し、

炎症の原因を作らないようにする事。

そして、もう一つ大切な要素は 体重増加を

出来るだけ防ぐ事です。

とは言え、足腰が痛んでいるから余計な負担を

掛けない様に安静にして過ごさなければ ならないのに、

体重増加を防ぐ、というのは少々 矛盾してしまいます。

体重が増えるのを防ぐ手段としては、食事内容

見直しと運動による筋肉の衰えを防ぐ事が大事ですが、

足腰関節(特に)が強烈に痛むと、運動

行えないですし、運動が行えない、と言う事は

筋肉が どんどん衰えて行き、その代わりに

脂肪が 蓄えられて行きます。

嫌でも蓄えられてしまう脂肪を防ぐには、結局
食事内容を気にしたり、姿勢を気にしたりするなどの

意識が大切です。

そうして、常日頃から意識しながら過ごして
過度な脂肪による体重増加を防いで

出来るだけ健康な身体を保ちましょうね。

ダイエット用プロテインで健康に体型を保つ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です