低周波マッサージパッドで気軽にマッサージをする

多忙な日々を送り、毎日ぐったり疲れて

碌に身体を休める暇も無く就寝して

朝を迎え、また多忙な1日が始まり、という

生活を繰り返していると、身体中に疲労が溜まり、

それが関節部位に徐々に及んで行き、やがて強い

関節の痛みへと発展して行くと、

仕事は勿論の事、日常生活にも影響が出始め・・・・

と、身体の疲労、特に関節部位や脊柱起立筋への

積み重なった疲労・ダメージというのは

1歩1歩の歩行の度に足腰に衝撃が伝わり、強い痛みが

生じる事によって近所に お買い物に行くのですら

ツラくなってしまいます。

特に、足腰の疲弊から来る関節痛というのは

厄介で、何処か1箇所が痛み始めると

その箇所を庇いながら日々過ごす様になり、

痛みが無い方に重心を傾けながら

生活をする事に なるので、その様な状態で

数日~数週間過ごすと重心の偏りから

身体の重心バランスが崩れ、元々痛みを感じて

いなかった側にも 疲労が積み重なり、

痛みが生じる様に なってしまいます。

そうなると、悪循環の繰り返しで、右が痛めば

左を多用するようになり、

左に痛みが強く出れば、右に重心

傾ける様になり、

そして、結果的に身体中あちこちに痛みが

拡散してしまう様に なるので、

出来れば、足腰関節各部位に痛みや違和感を

感じ始めた初期の段階で、

整形外科ペインクリニックに通院する事が

その時点での最善の選択に なります。

ですが、通院したからといって、今日明日に

直ぐに治る物でも無いので、

治療以外の日常でのダメージ緩和対策が

大切に なります。

その対策として、1つは足腰が痛む場合は

腰痛サポーター股関節サポーター膝サポーター

足首サポーターなどの各部位専用サポーターを

日常的に活用して日々の歩行や立ち上がる時、

座る時の負担を和らげる事が重要に なります。

椎と言うのは、日常生活の中での角度が

前傾に なったり、後傾に なったりしただけで

多大な負担が掛かりますし、更にの捻り動作まで

加わったら、益々 椎に生じるダメージ

大きくなってしまいます。

腰の痛みの原因として 間欠跛行,椎間板ヘルニア,

脊柱管狭窄症,筋膜性腰痛などと診断されたのならば、

日常の中で しっかりと腰痛対策・足関節痛対策を

行う必要が あります。

忙しい日常に追われ、対策を後回しにすると、

痛みが日々積もりに積もり、

やがて歩行困難に なるほど痛みが強くなり

不自由な日常を強いられる事に

なってしまいます。

しかし、どんなに意識してダメージを小さく

留めようと対策を施しても

日々生じる腰部や足へのダメージをゼロに

する事は 出来ません。

先ほども書いた様に、腰椎の角度が少し変わるだけで

負担に なってしまいますし、

歩けば体重が乗り、衝撃が足や腰に響くからです。

ですので大事なのは、日常的にサポーターや杖で

身体を支えるのに加えて、

その後のアフターケアが重要に なります。

アフターケアと言っても足腰、特に腰を

痛めている時はストレッチなど行えませんし、

激しく腰が痛む時にマッサージを人に任せるのは

ちょっと怖い気が します。

なので、痛くて動け無くても 半ば自動的に

マッサージを行ってくれる低周波パッドがあれば

マッサージの強さも調整できますし、痛みを

万が一感じたら直ぐに停止する事が出来るので、

気軽にアフターケアを行えるアイテムとして

おすすめです。

低周波パッドで気軽にマッサージする→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です