足腰の痛みを各部位関節サポーターで和らげる

忙しい毎日が続くと 関節部位に疲労と

負担が蓄積し、いつの間にか足腰に痛みが生じ、

日常生活を送る上で、大きく支障を

来してしまいます。

足腰と言うのは、立ち上がる時にも座る時にも

そして、歩く時にも負荷が掛かり、

キチンとケアをして 労わらないと、

加齢と共に どんどん状態が悪くなって行って

1歩1歩の歩行が とてもツラい物に なってしまいます。

足腰に 痛みや違和感が生じ始めた段階で、

速やかに整形外科ペインクリニックに行くのが

その時点での最善の選択ですが、中々時間が取れずに

通院出来ない繁忙期などは、自宅で出来る遠赤外線療法や

各種関節サポーターなどで、少しでも痛みを和らげよう、

とする 意識と対策が大切です。

足腰の関節部の疲労・痛み、と言うのは、

通院出来ずに 治療出来ない日々が

長引いてしまう程に 痛みが積み重なって

しまいますから、少しでも行けるタイミングが

出来たら、通院する事を おすすめします。

ですが、病院での治療時間は 長くても

20分~30分程度で、通院も 週に1回か

2回行ければ 良い方だと思います。

ですので、大切なのは 治療以外の時間に

如何に 関節部へのダメージを 少なく過ごすか?

という事を考え、対策を施すか、です。

身体の構造上、頭部からの重み・重力・衝撃を

緩やかなS字カーブを描く背骨が緩和し、

骨盤・仙骨へ伝え、そして股関節から両脚へと

受け流し 分散する事で、

歩行時の 関節部に掛かる衝撃を ほとんど

感じる事無く、日々過ごせています。

しかし、足腰の何処か一部でも 痛みが

生じてしまうと、

このスムーズな関節の連動・伝達が妨げられ、

痛んでいる箇所に 強く負荷が 乗っかってしまいます。

そうなると、当然 負担と痛みが増すので、

1歩1歩の歩行の際に、

その箇所を庇いながら歩くことになり、

そうした日々を過ごしていると

今度は庇っている側に 重心が偏ってしまい、

身体全体の バランスが崩れ、

庇って居る側にも 痛みが発生し出して しまいます。

そうなると、足腰関節の あちこちに痛みが

拡散してしまい、

通院していても 完治まで かなりの期間を

要する事に なってしまいます。

ですので、少しでも悪化を防ぐためには、

先ほども 書きましたが、日常での対策が

重要になります。

腰痛サポーターで腰を守る→

腰痛サポーター、股関節サポーター、膝サポーター、

そして 足首サポーターという保護アイテムを

有効に活用する事で、日々の衝撃による

ダメージの蓄積を 和らげる事が出来ます。

各部位ごとの関節サポーターを装着して、痛む部位を
守る、と言うのは関節痛に悩む人が真っ先に思い付く

対策法だと思うのですが、今の時代ネット通販で肌に
影響が生じない生地の物を探したり、

メッシュ生地で通気性の良い関節サポーターを探す事も
容易なので、自身に合ったものを探してみて下さいね。

股関節サポーターで股関節を守る→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です