足底筋膜炎の痛みを少しでも和らげる為に杖を使用する

忙しい日々を過ごして居ると、疲弊感や

負担が足腰に蓄積してしまう

 

多忙な日々を過ごして居る内に身体中に過労を感じて それでも尚、
碌に身体を休める暇も無いと腰部の脊柱起立筋が過度に疲弊したり、

膝関節が痛んだり、足底の筋肉が強張ったり血の巡りが滞ったり、
筋が炎症を起こしてしまい所謂 足底筋膜炎を発症したりすると

1歩1歩の歩行が とてもツラい物へと変化してしまいます。

そこで今回は足底筋膜炎になった時に、日常で どう対処しダメージを
少なく日々過ごすのか?と言う事に ついて、書いて行きたいと思います。

簡単にまとめると、使用するアイテムは杖と足底ストレッチ用の
アイテムとマッサージ器の3つです。

足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

では、それらを どの様に日常で活用するのか?に ついて、日常で気を
付けるべき点を交えながら紹介して行きたいと思います。

まず、1番直接的に身体の重さを受け止め、重心移動をスムーズに支えて
くれるアイテムで ある杖に ついて書いて行きたいと思います。

杖は足腰が悪い場合に、身体を支えてくれるアイテムで あるのは、誰もが
認識しているところですが、足腰の痛みと言っても、関節部位が痛くて

何も無しでは歩けない状態だから、杖で支える必要が ある場合と、足底の
痛みで 衝撃に対して、敏感になって居る足底への負担を軽減させようと

する場合に使うパターンが あります。

【安定感抜群の多点杖で歩行時に掛かる足底への負担を軽減する↓↓】

どちらも杖と言う支えが無くては、痛んで歩けないので、杖と言うアイテムを
重宝する様になっているのは共通していますね。

足腰関節はともかく、足底の痛みで杖は大げさでは無いか?と思う方も
居るかも知れませんが、足底筋膜炎の痛みを避ける為に本来の重心では

無い歩き方をしてしまうので、結果として そう遠くない未来に足腰関節
部位も痛める事に なってしまうので杖を使用するのは決して大げさでは

無いのです。

足腰を痛めた時に負担を軽減する為に選ぶ歩行補助アイテム

寧ろ、足底筋膜炎を軽く見ると、私の様に足腰関節部位の あちこちに強い
痛みが拡散されてしまいます。

しかしながら、杖を使用していても日常的に大きな障害物が幾度となく、
目の前に現れます。

その1つが歩道の傾斜(勾配)です。

 

勾配を上る時、下る時に どうしても

過度な負担が生じてしまう

降りる時も上る時も足首に角度がついて、踵から伸びる筋膜が大きなストレスを
受けて、強い痛みが 生じてしまうのです。

どうにか1番浅い傾斜角度から上り下りをして、ダメージを最小限に抑えたとしても
路面には更なる障害物が存在します。

それが路上に無数に散らばっている石ころの存在です。

足底筋膜炎で歩くのがツラい時は厚めのサンダルを履く/痛み緩和

BB弾くらいの小ささの小石でも痛みを感じるのに、ビー玉サイズの小石を誤って
踏んづけてしまった時には、悶絶する程の痛みが全身に響き渡ります。

歩道・路面には何処にでも、石ころが散らばっているので、足底筋膜炎で敏感に
なっている筋膜には強烈に響くので、視界に石ころを捉えたなら杖で上手く

支えながら重心移動を行い、避けて下さいね。

【安定感抜群の多点杖だからこそ安心して歩ける↓↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です